2015年10月31日

ちょろちゃん、温浴する

PA300036.jpg
山を下るリアルしもべ。
歩き方がフワフワしているせいで、後ろから見ているととても不安になるらしい。
動画を見せてもらって納得した。
むかしから歩き方がドラえもんだと言われてきたけど、こんなとこでもドラえもんだったようだー



 来週一週間、祝日以外休みがないぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
まあ、たまは頑張る時も必要ということなのですよ。
頑張り終わったらまた山いくんだー。紅葉だ!宮が瀬は穴場だ!

 さて、昨日ちょろちゃんがね。脱皮してたんですよ。
ニホンヤモリの脱皮って、とっかかりが脱げたあとってさ。レオパみたいに脱ぎながら食べて跡形もないという感じじゃなくて、脱ぎ散らかして放置なことが多いんです。
トコトコ動き回って、皮が外れていくってののほうが正しいのかもですね。
で、どこまで脱げてるか把握しずらいのがニホンヤモリで、だから脱皮みかけたらチェックするようにしてるんですよ。

で、ちょろちゃんのおまたを裏側から見てみたらさ。
DSC03509.jpg

あるえ?前肛孔の部分に皮みたいなん残ってない??
なんだろ。これギザギザしてるし。
レオパでは聞かないわけじゃないお話、雄は前肛孔からフェロモンのよーな、ワックスのよーな物質を分泌して、縄張りを主張したりするらしい。
ただ、これが固まったりすると穴が詰まって大変なことになったりする。
温浴でふやかして溶かすとかそういう処置が必要みたいな記事を読んだことがあってですね。
で、ちょろちゃんのこのギザギザは、皮なのか分泌物なのかちょっとわかんなかったんですよ。

DSC03513.jpg

こっちはかりめろのおまた。
全員のケージお掃除したついでに撮らせてもらったんだけど、やっぱちょろちゃん何かが引っかかってあんなふうな皮の破け方したっぽい。
以前はこんなことなかったんだけどな。
皮が残ってるだけだったとしても、分泌物が出てて引っかかってるのかもと思ったしもべは、温浴させようかと思ったわけです。


DSC03511.jpg

ぼくは温浴が嫌いです。
水が怖いんです。


 昔むかしにちょろちゃんを温浴させたときに大暴れされたしもべ。
どうやったら不安なく温浴をしてもらえるかと考えた。
きっと、足場がない場所に浮かぶことになるから怖いんだろう。と思った。
体が濡れるのを嫌うのもあるんだろうけども・・・それだけじゃないと思うのです。

で、足場を作ってあげようとおもった。
なんかお湯にも浸かれて足場になる素材はないかなあ〜〜と思案していると、あるじゃない。
スゲェアイテムが。


DSC03518.jpg

神器!鉢底ネット!!



桶の大きさにチョキチョキ切って、浮かべてみた。
水深を調整してプカプカしないようにして、ちょろちゃんをまず鉢底ネット単体に乗っけてみた。
ネットは濡れていたけれど、躊躇なくトコトコ乗ってくれた。


DSC03519.jpg
どうして僕はこんなところにいるんです?


という顔をしているように見えるちょろちゃん。しかしお湯に触れていても、暴れたりしません。
それどころか、落ち着いた呼吸でじーっとあたたまっております。
あ、湯温は32度ぐらいをこころがけました。ぬるい!ってぐらいです。



DSC03521.jpg

落ち着いて温浴してくれております。時間にして5分ほどでしたが、動かずじーっとしてました。
ニホンヤモリは温浴を嫌う子が多いと思いますが、何かの折に必要な機会が出てくるかもしれませんので、こんな風にしてあげるといいかもしれません。
わが家のちょろすけはおとなしくて人を恐れない子なので楽なんですけどね。


DSC03525.jpg

ケージに戻してしばらくしてみたら、外れた皮が落ちていて、おまたはこんな風になっておりました。
全部とれるかはわかりませんが、様子を見てこうと思いますだねえ。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2015年10月29日

dream.png

 先日こんな夢をみたぺろちょろめろひなミロのしもべ、ポピでございます。
みなさまこんばんわ( ゚ρ゚ )ノ
今日もなんだか長いので、関係ないけど山の写真でもはさんでいくのでのんびり読んでくださいまし。


DSC_1061.JPG
一昨日の、よく晴れた宮が瀬湖。輝く湖面がとってもきれいー
大棚沢駐車場という無料駐車場から撮影。
ここから仏果山という山の登山口にすぐいける。



 夢ってさ、一瞬の間にぐるぐるいろんな情景を見るらしいじゃないですか。
で、内容はこれだけじゃおわらなかったんですよ。
なんと、こんだけでっかくなったんだし、憧れの「爬虫類と一緒にねんねする」を実行したんですよ夢の中でさ。
でもさ、普通のレオパサイズでも、すごくひんやりするではないですか。
首元に落ち着かれた日にゃ、延々そこが冷え続けるという現象が起きるでしょう?
ぺろちゃんなんかはそうなんですが、熱くなってきたーとなるまでひと肌であったまって、おなかがあったまって嫌になるとにょろにょろどっかにいっちゃうんですよ。
んでも、こんだけでっかいぺろちゃんを抱っこして寝てたらば、とにかく冷たくてね。
あっためてもあっためても温まらないでやんの。
屍を抱いて寝てる気分に夢の中でなってきたワタクシ。
なんだかとにかく、ぺろちゃんとふれあってる部分が冷たくてしょうがないのですよ。

そんで、苦しくなって目を覚ますと、ぺろちゃんが起きてしもべの耳たぶをじーっと凝視してるわけです。



餌を見る目で。


あわててぺろちゃんを離してとっさに考えたのはさ。
この大きさになったらどんだけ餌をあげたらいいのかとか、デュビアを一日何十匹も食べられそうな体になってるから今いる数じゃ全然間に合わないし、むしろこの大きさになったらラットだのホッパーだのをあげたほうが餌の効率いいんじゃないの?週1ぐらいでさ・・・。

ていうか身の危険を感じたんですけど。
ぺろちゃんしもべの耳に興味深々だったんですけど。
むしろこのまま噛みつかれてデスローリングでもされた日にゃ、耳もなくなるし指ぐらいもっていけそうな力ありそうだし、怖いんですけど。



DSC_1069.JPG

仏果山登山道の最後のほうに現れるロープ場。
ちょっとした垂直ののぼりがあったりして、バラエティに富んでいる。
低山だからって危なくないわけじゃないんだよね。
この山はとにかく浮石が多かった。
土砂崩れで斜面が崩れたりもしてましたし。




 爬虫類は心を持たない動物。
しかしぺろちゃんたちを見ている限り、ある程度他の個体(飼い主)のことを尊重しているようには見えるんですよね。
興味はないが、つきあってやる。興味はないしうれしくもないが、我慢してやる。
あくまでもこういうスタンスであるように見えるわけですよ。
しかしこれってあくまでも、今の大きさであったらの話でさ。
単なる夢の話なんだけど、妙なリアルさを感じたのはここからで、体が大きくなって攻撃できる相手が増えたぺろちゃんは、しもべの耳が餌に見えてた。
それは本能からの行動であって、ぺろちゃんは単にそこにあったお肉を見て食欲がわいただけの話なんですけども。
それでしもべは「ああ、永遠に交わることがない生き物同士なんだなあ、やっぱり」と、痛感しちゃったんですよ。
しもべも擬人化傾向のある人間じゃあるんですが、ここをはき違えると飼育の何かを間違える。

そんな風に思った、夢だったんですよう。

 最初はご褒美の夢だと思ってたんですけどね。
最終的には全然ご褒美じゃなかったんです。でも成長できた気がするからやっぱりご褒美だったのかな。


 あのしなやかな体が2キロ以上の体重と、強い力を伴ってぐにゃぐにゃ動く様だとか、おとなしく抱っこされていると思っていたけれど、その実「食べてもいいのかな?」と思案している顔で攻撃しようか迷っていた様だとか、冷たくてちっとも温まらない体だとか、なんとリアルな夢だったことでしょう。

最終的に、寒くて現実に目が覚めたしもべ。
チャーン氏に毛布を全部盗られて、寝巻一丁で震えてたっていう落ちだったんですよ。
おまえかあああああ!




DSC_1070.JPG
キレイな写真に見えるけど、ごらんよ、そのはしごみたいになってるところ。
木でできてて腐りかけてるんだぜ・・・(゚A゚;)ゴクリ
そしてその下には地面がないんだぜ・・・(゚A゚;)ゴクリ
でもそこの補強がないと、すんごい狭いの。



DSC_1071.JPG

低いお山だけど、登るのけっこう大変だったかも。
あ、ここはトイレのない山で、人生初の野しょんべんというやつを経験しましたのよさ・・・
おめでとうしもべ、初お花摘み!




 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月27日

お久しぶりの

 少しの間日常を楽しもう、ブログのことは忘れて。
そうして一か月と何週間かが経ちました。
完全にブログの事を忘れる日々が続いておりました。そして暇さえあれば山へいってました。
まだまだ登りますが、そろそろ存在を忘れ去られてしまいそう(いやもう遅い?)なのと、これ以上放置すると自分でもどうでもよくなりそうだったもので、ぼちぼち復活いたします。

みんなー!まってたかいー (ω・ )ゝ

アルェ、まってたー (ω・ )ゝ??

なんだい返事がないな、屍かい?屍なのかい?

そうかあ、もう誰も見に来てくれなくなってしまったんだね(´;ω;`)ウッ

誰も見てなくてもはじまります、どうぞよろしくお願いします。

 というわけで、ご無沙汰しております。
ぺろちょろめろひなミロのしもべ、ポピでございます。
みなさまこんばんわ。


DSC_1059.JPG


山にいくのはたいてい一人なので、寂しいからちょろちゃん人形を括り付けてみたしもべ。
尻尾におりぼんを縫い付けてかわいらしさと紳士度をアップさせてみた。

DSC_1060.JPG

落とさないように気を付けてるけどたぶん落ちないと思う。
ヤモリだもん。落ちちゃいけない!
登山中何度も何度も背中のちょろちゃんをモフモフする。
誰も歩いていない静かな登山道、獣の気配のする登山道。
でもここに少しだけ日常があって安心できる。




 低山トレッキングにハマってからというもの、次は何を山で作って食べようかと日々妄想するワタクシ。
山で食べるご飯てなんであんなにおいしいんでしょうね。
ただね、体調がイマイチだとそんなに食べる気力がわかず、でも食べておかないと下りがきついじゃん。
ていう時はこんな飯になります。

調理前
DSC_1072.JPG

調理後

DSC_1074.JPG

リフィル版のカップめんにインスタントコーヒーにオニギリ!
700キロカロリーぐらいとれたろうか?無理か?
あ、オニギリの中にまるごと豚のつくね入れたからたぶんいった!

大丈夫、これでも極上。ほんとなんでこんなにおいしいんだろう!


 さて、あとはみんなの近況をば。
といっても、ツイッターのぞいてくださってたらほぼかわりなく、現在我が家はとても平和でございます。

その平和ップリをお写真ともどもご覧いただきましょう〜。


まず、ひな。

DSC_1014.jpg

衰えることなきその食欲で、ここまで巨大化。
ニホンヤモリーズの中で最も大きい個体に成長しております。
ヤモイモ母さんとこのオーちゃんタムちゃんに追いつくかもしれないと思える大きさでございますなあ。
まだ彼女たちに比べれば小ぶりですけどね。かりめろとちょろちゃんがさらに小ぶりで、かつ小食だからですかのう。

DSC_1015.jpg

15センチぐらいあるんじゃないの?!
つうか体格がさ、いいからさ。その分迫力もあるんですよ。
たぶん産卵のために体に力を貯めておかなきゃいけない都合上、雌のほうが大食いになるんでしょうね。
で、たくさん食べるから大きくなるという。雄はそれがないので燃費重視の小食さんが多い印象。

DSC03501.jpg

餌を放り込むと、まだ途中だっつうのに食べにくるひなちゃん。どんだけ食べたいんですかあなた。
でもそろそろ小休止に入るかな?といったところ。
ひなはだいたいSを8匹ぐらい、一回で食べてしまうんですけどもね。
それを二日置きぐらいで給餌してますだね。
掃除するときに高確率で脱走。そしてソファーの下にもぐりこんでいき、何か思い直してこちらに戻ってくるということをこのところ2回ほど繰り返してくれてます。
ひなは知らないところにあまり行きたがりませんのう。戻ってきて手を差し伸べると乗ってくれるので助かってますけども、そんなことならはじめから逃げないでおくれよ。

対して小食のちょろめろ雄コンビは、5匹入れておいて二日置きぐらいですかのう。
このごろお残ししないんですが、たぶん6ぴきいれると残しちゃう、みたいなギリギリな感じです。
ちょろめろ二頭は絶対にしもべの前では食べてくれませんでね。
一回、小さいコオロギさんの足もぐのがめんどくて、ざらっとエサ皿に投入したやつが脱走してかりめろにコンニチワしにいったみたいなんですが、かりめろはびっくりしたのかすごい勢いでドタバタ逃げてパニック起こしてました。
引きこもり率も高く、そしてもっともビビりになってるかりめろでございました。
都合によりめろの写真がこのごろありません。バタバタする子なのでなかなか安定して写真が撮れないのでございますよ。


で、ちょろちゃんは

DSC03446.jpg

相変わらずの安定感。
お食事量も安定のS5匹でおなかいっぱい。
中世の貴婦人化なんかか君は。イチゴ3個でおなかいっぱいなんですのホホホホホみたいな。
Mは手をつけてくれないちょろちゃん。怖いのか?それともでかいのか?
ひななら余裕で食べるのに、ちょろちゃんは嫌みたいですね。
こんな個性もまた楽しい。ちなみにデュビアの幼虫は2令ぐらいまでなら食べてくれるんですがのう。
やっぱ怖いのかな。


 さて、レオパ二頭のほうは

DSC03470.jpg

このごろこんな目でしもべを見ているぺろちゃん。
どうやらしもべにハンドリングされてしまうのかどうか、探っている模様。
回し車にいると高確率で捕まってしまうので、しもべ達が活動している時間はこうしてシェルターから様子を伺い、寝静まったり出かけたりするとお気に入りの回し車でぺろーんとした体勢で寝ているというありさま。
嫌われたものよのう〜〜。
デュビアとグラブパイを併用してみた結果、ぺろちゃんの便通は圧倒的にグラブパイに軍配が上がります。
消化も速くおなかもよく動いているみたいで、グラブパイはぺろちゃんによくあってるみたいですね。

一方ミー太郎は

DSC03474.jpg

デュビアでもグラブパイでも便通はそう変わりなく。
むしろ食べるのがへたくそなのでグラブパイだと柔らかくて何度もアタックしないと食べきってくれないという弊害が出ております。
ミー太郎はデュビアだけでもいいのかも?
ただ、二頭に共通するのはデュビアあげるとあっという間に脇プニができちゃうこと。
やっぱ栄養豊富なんですのう。
給餌間隔は三日に一度まで落とし、今年は25度前後の温度で越冬するかなと考えております。
パネルヒーターの温度だけは32度前後で維持という感じですね。
20度だとさすがに低いからね。でも代謝が下がる時期ってのは、きっとどんな生き物にも必要なんだと思います。クーリングというより、長生きしてもらいたいという意味で。


DSC03491.jpg

お水飲むのかい?ミー太郎。
あいかわらず君はこの体勢が好きだねえ〜〜!


 というところで、久しぶりで長々書いてしまいました。
この辺で今日は失礼しときましょう。
読んでくださいましてありがとうございました。
それではみなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記