2015年12月06日

ちょろすけ、かりめろ、脱皮不全

 今日、チャーン氏は人生初のマルタイの棒ラーメンを食しました。
しもべも数日前に、人生初の棒ラーメンをしたところでした。
(ΦωΦ)フフフ… 山のお供棒ラーメン。これはおいしい代物だ。長らく愛されているだけあるわい。
あのパッケージの見た目から、どうやらとんこつ味だと思っていたチャーン氏。
醤油味だとわかってからは心持ぶーたれた様子で

「こんなのおいしくないよ!絶対おいしいわけないってo(`ω´*)o」

と言ってたわけですが、食べた瞬間。

「(|| ゚Д゚)なんだこれはっ!
やさしい塩気、とろみのついたスープ!そして追加投入したこのソーセージがまたいい味でッ!

うーーーまーーーいーーーぞーーーーー!」



君はどこの味王様ですか。中国まで走っていきそうな感じでおいしいおいしいと食べてましたヨ。

 そんなことがあったぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
みなさまこんばんわ。


 さて、異変に気が付いたのは、一昨日のこと。
ちょろちゃんが脱皮してたんです。バラバラと散らばった脱皮の皮。
ひななんかは見事に一本脱ぎをするというのに、ちょろちゃんの皮はばらっばら。
おおう、どうも脱げにくかったようじゃのう〜〜。ちょっと見せておくれな。

そういいつつ、ケースを持ち上げてシェルターでくつろぎ体勢にはいっていたちょろちゃんを下からのぞきこみますとなあ。

残ってんですよ。皮が。おまたと、指先に:(;゙゚'ω゚'):
しかも固くなってカピカピになってそうだったんですよ。
で、これはまずい。
焦っても気が付いたのは夜。翌日の仕事帰りにヨーグルト調達しなくちゃ!と思いました。
で、ヨーグルト買ってレオパフードをねりねりしつつ、ちょろちゃんを温浴。
温浴したあと、ほどよく常温になったレオパフード入りヨーグルトをなめてもらいました。

 餌は食べているのですが、この時期爬虫類の体からは必要なミネラルやビタミンが不足しがちになるようでしてね。
ミー太郎がお口ぐちゅぐちゅになったのもちょうどこのぐらいの時だったし、獣医さんの言を思い出しました。
油断してましたわい。乾燥しすぎているというほどの乾燥ではないのです。日々霧吹きやら加湿やらしてましたのでね。
脱皮不全を起こす、それはもうまぎれもない体調不良の証。
これがうまくいかないと、死んでしまうこともあるという怖い怖い脱皮不全。
ちょろちゃん、レオパフード入りヨーグルトをよくなめていました。
20分ぐらいかけて、なめてはウロウロ、なめてはウロウロ。
もういらない、口につけても自分で地面に口をこすりつけてイヤイヤするまで続けました。
んで、ちょろちゃんは合間合間に皮が残ってて見えてる部分があったんですよ。
指先のほうにとっかかりがあって、ひっぱれそうなところっていうのかな。
白く固まった部分を先のまるいピンセットでつまんでみゅーっと引っ張ってやったり、ピンセットの腹の部分で足の下を撫でて、指下板に残った皮がとれるように刺激してみたり。
ヤモは足の裏とても敏感みたいで、当たるとすごく嫌がるんですけどね。
皮残ってる足は、その感覚が鈍化してるみたいで触っても大丈夫だったんですよ。
それをやって、あとは加湿を強化した環境の中で餌を食べてもらって様子をみることにしました。
ここまで1セット。

 で、なーんかかりめろのほうも気になったので、しもべはかりめろのケースも持ち上げて下からのぞきこんでみたわけですよ。


するとさ。シェルターの中でべったりおねんねしてるかりめろの指先にも、まぎれもない皮が。
しかもよく診なくてもちょろちゃんよりひどい皮のお残しがあるじゃありませんか。
指一本丸ごと残ってる、かみすぎて指下板がえぐれて赤くなりかかってるところも見受けられ。
ていうか、脱皮の皮の残りがどこにもないぞ。いつこれ脱皮したのよ・・・・:(;゙゚'ω゚'):


キャアアアアアアッ!かりめろおおおお!!!!

おめえどうしたあああああっ!!!



真っ青、真っ青ですよしもべ。
かりめろの姿を見かけないのはでふぉになってましたし、油断しまくってました。だって餌はよく食べてるし、たまに脱走した餌にビビってビッタンビッタン飛び跳ねたりしてんですもん。
しもべが掃除で外に出そうもんなら、パニックを起こして脱走する始末。うちのヤモの中で、もっとも人なれしてない個体と化したのがかりめろ。難易度極大ですわい。★7つぐらいじゃないのん。
やっべぇ、このあと平和にかりめろのケアとかできるんですか?

でもさ、やらないといかんのですよ。
放っておくとひなの二の舞×2、うちのヤモ達は全員指ないよ!
みたいな状態になりかねませんぜお。
やれることはやる、大事なことだわい。
かりめろよ我慢しておくれ。
そういいつつ、ちょろちゃんに使った温浴セットを洗って、鉢底ネットの水気を少しふきました。
意を決してかりめろのケースから、かりめろを取り出すしもべ。
ぱにくってビッタンビッタン、おびえまくってビッタンビッタンすごい勢いでケージ内を逃げ回るかりめろ。
あまり壁チョロが得意でない現状であるというのに、勢いにまかせて登ってケージから飛び出そうとするかりめろ。
どうしてもしもべの手に乗りたくないと踵を返し、またケージの中に戻っていくかりめろ。
仕方ないから温浴用の鉢底ネットをかりめろの前に差し出しました。するとなんだか安心したかのように濡れている鉢底ネットに乗るかりめろ。

よし、乗った!!!今しかない!

かりめろが乗ったネットをそっとぬるま湯を張った桶におろしました。
最初こそビッタンビッタンとすごい速度で暴れまわっていました。暴れた拍子に残ってた皮のいくらかがお湯の中に飛び散りました。
で、しばらくすると観念したのか、ネットの上で半身浴をしながら落ち着きましてね。
安心はしてないんでしょうが、大丈夫だと分かった模様。

ちなみにここまで、写真などは一切ありません。取る心の余裕がなかったんですわい。
んで、しばらくかりめろにお湯の中でふやけてもらいまして、そっとネットごと持ち上げました。
すると濡れてるところよりはましと判断したか、しもべの手に乗ってきたのです。

おおおっ!このごろ触ってなかったかりめろが!乗ってきたァぁぁ!

よし、このままレオパフード入りヨーグルトなめるぞかりめろ!
そしてぺろぺろと、やっぱり不足してる栄養が入ってると感じるものがあったか、一口召し上がったあとには自分から舐めにきましてね。
こちらは30分ほどかけて、ゆっくりと少量のレオパフードを舐めてもらいました。
こんなにかりめろと接するのは、もしかしなくても生まれたてのあの時以来ではないでしょうかね。
そんな風に感慨深い思いにひたりつつ、足に残っている手ごわい皮の除去ができるか試しました。
試したけど、やっぱちょっと・・・固いんですよね。
出来る部分はやったけど、ふやかすほうが先かもしれないと思いまして、小さな環境に水にぬらしたコットンを敷き、シェルターをかぶせ、水をいれた別宅を作成。
シェルターに入ると自動的に湿ったコットンを踏む仕様にして、その下半分ほどにパネルヒーターがかかるように設置。

DSC03616.jpg

こんなかんじ。
これは今日、ちょろすけも見やすい環境に移動してもらって、二頭同時に紫外線あてられるようにした感じなんですよね。
温度としては23度ほどで、そう高くはないので多少湿度があがりすぎても大丈夫かな?と思いましてね。
この環境にしたらちょろちゃんのほうは、ちょこっと残ってた皮とれてました。数日続けてみようと思います。
レオパフード、二日に一度を目安に舐めてもらいます。
かりめろのほうも多少とれたものの、大きなところが残ってます。
指下板なので下手にいじるのも恐ろしい。浮いてくるまで待つしかないのか?!
ていうか、浮いてくるのか?!縮んで壊死する、という事態はなるべく避けてやりたいですが。

 これがあって、めろと久しぶりにふれあえました。

DSC03612.jpg

あら、男前だこと!
この時はとても落ち着いてハンドリングされています。
レオパフードで少し親密になったしもべとかりめろ。

DSC03613.jpg

かりめろはちょろちゃんより、少し鼻っ面が長いです。
それゆえワイルドな感じに見えるのかな?


 状況が動きましたら、追って報告していこうと思います。
さて、どうしたもんかな・・・。なんとか持ち直してほしいです。

 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録