2015年12月16日

検索ワードの海から

 ドッペルギャンガーというアウトドアメーカーがあって、そこからワンタッチテントなる商品が発売されておるのです。これをまずは買って、車に積んでチャーン氏とキャンプ旅行なるものをしたい。
どっかで日帰り温泉入って、ご飯はご当地のものを食べて、そんでもってキャンプサイトでテント張るんだっ!朝ごはんはワンバーナーでクッキングだー!
このテント、軽量化がほどこされているため1.9キロほどの重量で担いでいけるようです・・・おおう・・・登山でも一泊ぐらいならなんとかなるんじゃないの?
折りたたみ傘みたいになっていて、支柱は軽量ジュラルミン、インナーテントは蚊帳みたいだとのこと。ちょっと冷える日は寒いという噂もあります。穏やかな天候じゃないとだめか・・・!
キャンプで野宿スキルをまずは高め、山行ったら小屋泊で経験を積み、いずれはテント泊縦走を目指すぞ!
フフ・・・考えるだけならタダだし楽しいですよね。私は今日も元気です。
明日から寒くなるんだって・・・山いきたいなあ(´TωT`)

そういうわけでぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
こんばんわ。

 本日は、久しぶりに検索ワードを解析から見てみたらちょっと面白いワードがでてきたので思うところをご回答。回答になるかはわかりませんけども。


ワード1【尻尾をゆっくり左右に振っている時】

 この日はヒョウモントカゲモドキ関連のワードが多かったので、たぶんレオパの事だとおもうんですけど。
尻尾を左右にゆっくりと振る仕草は威嚇かな?と思ってました。
が、よく考えると威嚇するときって、お尻をぷりっとあげて高く尻尾をあげた状態で左右にゆっくり振ってるんですよねぇ。
これ以外にも、別におけつは上げないで左右にゆっくり、ほんとにゆーーーっくりにょろにょろと振ることもあるんですよねえ。
ニホンヤモリの威嚇もおんなじで、同じように尻尾をあげないでにょろにょろ左右に振ることもあるんですよねえ。このあいだかりめろにそれをされました。尻尾のさきっちょだけでにょろにょろされて、なんだろうと思ったんですよ。
あるぇ。これってなんかこっちに話しかけてきてない?サインじゃない?
ヤモリ特有のなんかルールがあるんじゃないのかな。

ぺろちゃんなんかはわかりやすくて、餌を見るとおしりを上げて尻尾もこころもち上に持ち上がって、しかもなんかピーンてなったりするんです。
レオパは興奮すると尻尾を小刻みにプルプルしますよねえ。あれの一歩前みたいな感じになるんです。
で、ぺろちゃんよりミー太郎が先に食べてるのを見つけるとミー太郎に向かって威嚇してたりするんですよ。
おしりを上げているのは興奮してテンションがあがっている状態なのかな?
としもべは勝手に思っていました。
しかし真相はやっぱり藪の中。
なんでかご存じな方教えてくださいm(__)m ←こういうことになるので回答になってないだろうと思って予防線を張っていた姑息なしもべであった。


ワード2

【にほんやもりはこうびちゅうはえさをたべないか】


 あ、はい。食べません。交尾中ってのは交尾しないといかんので他の事には全然興味を示さないはず。
特にオスはメスにかみついてますんでムリですね。
メスはわかんない。あーもうはやくおわんないかなーイライラ、みたいなときに餌を見たら動けないなりに興味を示すかもしれませんが、やったことないのでわかりません。
首をホールドされてますのでまず動けないかと思います。でもひなみたいに体格のいいこで、雄が小さい子だったりすると振り切って餌にいくかもしれません。ほんとこればっかりはその時にならないとわからないことですが、一般的には食べないと思いますだよ。
ただね、これが交尾が終わって抱卵中。ということなら話は別ですよ。
交尾終了→2週間ぐらいで産卵する
という流れになりますんで、速攻でガンガン餌を食べてガンガン栄養をとらせにゃあメスはすぐ弱っちまいますでねえ。
で、産卵間近になりますとおなかが張って苦しくて餌をとれなくなります。こうなるともう数日以内に産卵です。
もし産卵が始まらない、そういう場合は心配してあげてください。
何かがあって卵が詰まっている可能性があるからですぞ!


ワード3 【温室関連】

 これもこのごろすごく多いみたいですわ。
簡易温室の作り方は以前出してまして、今年も同様なので参考になりましたら。
中には光熱費のかからない簡易温室、というのもありますが、光熱費を押さえた簡易温室ってのはなかなか難しいですね。パネルヒーター一枚でなんとかするには室温の確保が必要なんですよ。
北海道や東北などの寒冷地だとセントラルヒーティングのおうちが多いって聞きます。
だからそういうとこだと外は雪でもおうちはぽかぽかなんで、そういう環境なら軽く断熱材で覆ってパネルヒーター一枚でもなんとかなるんですよね。
逆にあったかい本州の雪の降らない地域とかだとおうちの装甲も薄いじゃないですか。断熱材が壁にあんま入ってないとか、隙間風が吹いてくるとか。しもべが前住んでたアパートはサムかったです。
今のところは鉄筋なのですんごくあったかいんですけどね。暖房ほとんど使わなくなりましたし。
人は15度ぐらいの温度でも着込んでしまえば全然寒くないけども、爬虫類は寒いのでわが家はラックを断熱材で囲って、温室用のビニールをかぶせて、暖突のロングを一個に、パネルヒーター2枚とナラベルトを稼働させているだけとなっております。暖突のみサーモで管理。
室温が15度ぐらいの時、暖突に近いレオパケージの空間温度が24度〜27度ぐらい。(現在27度以上にならない設定になっています)
その下の段に置いてあるニホンヤモリゾーンで21度程度の温度を保てています。
更に寒くなってくると、もう一個暖房器具を取り付けることになるのかなと思いますが、今年はまだ出番がありませんね。
お住まいの環境によって、だいぶ変わってくるのですが、断熱材+ビニールで覆うなどして冷気を遮断すると暖突1基でもだいぶあったかく過ごせそうな感じですよ。
うちは去年と変わったのは、ニホンヤモリーズにナラベルトを使うようになったことですかねえ。
ナラベルトからの放熱もでかいので今年はもう1基の暖房いらないかもですわ。


ワード4 【口を開けている 威嚇】

 ヤモリの威嚇は二種類あって、尻尾を立ててゆらゆら振るのと、口をぱっかーしてシャーってします。
噛むぞー!噛むぞ!!!噛んじゃうぞー!!!です。
まだ相手と打ち解けてないうちに触ろうとしたりするとこれをやられます。あとは怒ってる時。
いつまでたっても打ち解けられないヤモリの一つに、トッケーヤモリってのがいますよね。あの威嚇の顔もまたかわいいのですが、本気で噛んでくるそうな。そしてすごく痛いんだそうな。
ニホンヤモリやレオパは噛んできたとしてもこちらが怪我をするほどではないけれど、ヤモリはあごの骨が弱いっていいますから、人間の指なんぞ噛んだら特に小さなニホンヤモリはあごがおかしくなったりしてしまいます。
なるべく噛ませないようにしましょうぜー。
しもべはひなにけっこう激おこプンプンシャーをされておりました。指噛み噛み時の看病中にね・・・
そういうときは今はやめておこう、って引いておりましたよ。

でもほかにも口を開けるときがあります。それは死んでしまう直前。
口をパカパカして苦しそうにしていたら、それはヤバイサインです。
しもべはかつて日光浴中にうっかりちょろちゃんを死なせかけたことがあります。
そんときのちょろちゃん、小さな体が熱くなりすぎてオーバーヒートして、パカパカ口をあけていました。
急いで涼しいところに移動させて事なきを得ましたが、あれは危なかったです。
日陰作ってあげてね。直射日光はだめだよと言われるゆえんはこの辺にありますだね。朝方、夕方が吉ですわ。紫外線は届いておりますからね。
あとは、保護した怪我をしたヤモちゃんが亡くなる直前、パカパカ口を開けたと思ったら、急に暴れ出して、静かになったときにはこと切れておりましたよ。


 とまあ、この辺と+してグラブパイ関連がとても多いんですが、これは割愛ですね。
しもべも出てすぐのころはよく使用感がどうか気になって調べていたもんで。何かお役に立てたら幸いでございます。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記