2015年12月19日

やもりのしぐさ

(ΦωΦ)フフフ… ハハハハ!ハッハッハッハッハッハ!!!
やっちまった。寝ぼけ眼で書き途中の記事を投稿しちまったい!!!
朝見たら投稿されてやんの!というわけで急いでいったん非公開にしたものを、加筆修正して再びアップロードいたします。
いやーめんぼくないめんぼくない!
というわけで読んじゃった人もいたかもしれませんが、以下完成品をよかったらお読みくださいまし。






 ワタクシは一度いいと思ったものを崇拝する傾向があります。
崇拝するメーカーには様を付けて呼びます。
現在はサーモス様(弁当箱と水筒。山専用ボトルは山専ボトル様)、イワタニ様(ジュニアバーナーと鍋とガス)、モンベル様(コッヘル)。

これに現在、マルタイ様が追加されております。
棒ラーメンスゲェよ。熊本ラーメンのとか食べてみたけどおいしすぎでしょう。アレほんとにインスタントなんですか?!という味。というわけでどっか登って棒ラーメンたべよ。
などと思っているぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。こんばんわ。


 そういや、当たり前のように見ていたけれど実は不思議なやもりたちの仕草について。
分かる範囲であげてみようかなと思います。
飼育を始めて3年目に突入する今日この頃でございますゆえ、だいぶ彼らのしぐさもわかってきた気がするんですよね。

まずはしっぽ編。

1、尻尾を高くあげてゆらゆら振る

威嚇しております。怒っております。
ちかよらないでよ!と言っているのでございます。たぶん。
慣れてくるとしなくなります。自分に危害を加えないとわかっているから威嚇はしなくなるのです。
ニホンヤモリもレオパもこれは共通の模様。


2、尻尾でぴしゃんとたたく

 さわらないでよ!の近接攻撃ですな。
うちはよくミー太郎が肩に乗ってる時に、しもべが顔を傾けたりするとソフトにソフトにぴしゃっとされます。
なんかあたったな。ぺちって当たった気がするやわらかいものが。
そんな時はたいていミー太郎はしっぽでしもべのほっぺをぺちっとしておるのでございますよ。
邪魔しないでよ、だとかさわらないでよ、だとか。
トカゲさんたちはもっと荒々しいですよねえ。イグアナなんかだと固い鱗の鞭のよーな尻尾を全力で振ってくるから足に当たれば切れるという話です。
恐らくトカゲさん共通の近接攻撃でしょうなあ。
ニホンヤモリたちは、餌が近くにいて体にさわってきたりするとぴしゃっと尻尾で振り払ったり弾き飛ばしたりしていますね。


3、尻尾の先が小刻みにプルプルプルッ

レオパによくある現象。興奮したときにみられるようです。
オスは発情すると尻尾ブーンと振るわせたりするみたいですね。ミー太郎のはいまだ見たことがありません。
テンションのあがる餌をみせると、尻尾がプルプルプルッと震えて餌に食いついてきたりします。
うれしかったんだな・・・と思えてほっこりしますね。
ピンセット給餌の、しかもグラブパイ相手でもぺろちゃんなんかは尻尾ブーンすることがあります。
どんだけ腹減ってるんだぺろちゃん。


4、求愛の動作

めろとひながいちゃいちゃする時の動作が特徴的で、オーちゃんタムちゃんリンコちゃんのヤモイモ家の雌3頭相手にもやはり同じことをしていました。
この動作の前に、雄が尻尾をカクカクとゆっくり振りながら、不思議な声でケッケッケと鳴きます。
かえるさんの鳴き声にちょっと似てマスが、もっと独特な感じです。
メスはその声を聞いて、尻尾をぴろぴろぴろーっと振るんですよねえ。
この写真だけじゃわからないので以前撮影した動画もはっときますね。

DSC02895.jpg








次、体全体で表現するぞ編。

1、リラックスしているとき

DSC03642.jpg

これ、ニホンヤモリの超リラックスした姿。
右手が後ろ行ってどこかをつかんでない状態になってますよね。手のひら上むいてると最高潮なんですけどね。
これめっちゃリラックスしてます。張り付きながらこの体制のときもあります。
手足が伸びきってるっつうのかな。

DSC02808.jpg
レオパの場合はこんな感じ。
まあよくあるだらりん寝ってやつです。油断しきってますぞ〜〜!


2、緊張してるとき

 手足をピーン!と伸ばしてます。
あたりを伺う、身を高くして手足を伸ばして立っているなんてときは緊張してます。

DSC00177.jpg
この写真がわかりやすいかも。緊張状態です。

ニホンヤモリもおんなじように、慣れない相手だとべったりしませんぜ。ピーンてします。

 ニホンヤモリははじめのうちは掌を怖がるんですよねえ。小さな生き物なので、握りつぶされる本能的な恐怖があるんでしょうか。
なんで、しもべは最初の頃は手の甲を見せてハンドリングしてましたねえ。
慣れてくると手のひらでも全然落ち着いてくれるようになるんですけどね。


最後に、いまだ謎な行動が


1、踊ってるような仕草をする



DSC_0858.jpg

DSC_0859.jpg

 これ、諸説ありますよねえ。しもべはいまだにわからないのです。レオパダンスはなんで起きるのか。
何らかのご不満によりケージの片隅にやってきては立ち上がって外に出たそうな仕草をしながら、壁にもたれかかってにょろにょろしてる様が踊ってるように見えるので、レオパダンスとか言われてんですけども。

 わかってるのは、例えばケージを丸洗いしたとき。
いままでのテリトリーのニオイが消失したような場合。
ぺろちゃんはもうめったに踊ることはないのですけど、来たばかりの時はよく踊っていましたよ。

 ミー太郎は初期の環境が狭すぎたのか、暑かったのか(でも暑いところに好んでいたんだけども)、蒸れていたのか(背の低いアクリルケージは蒸れやすいので)、頻繁に踊ってたんですよね。
これは大きなケージに変えることで起きなくなったのです。
それゆえしもべは環境の中に何らかの不具合があって、そこから逃れるために踊っているのではないか。という解釈をしております。
ストレスフルな環境から脱却したいがために、ただし透明な壁を認識できず前に進めないためジタバタしているという感じってのかなあ。

ただね、これもちょっと釈然としないとこがあるんですよねえ。


DSC03308.jpg

これ壁、わかってますよね?!ここでも踊ることあるんですよ。
ここで踊ってる姿をみかけたら、たいがいウンコなんですけどね。
うちのケージはパンチングボードやら、前扉のレールやらがあるのでたぶん認識しやすいんだとおもうんですけど。
でも、歩いていて壁にぶつかってる。ってことはないので、やっぱしどこからどこまでが自分のテリトリーなのかはよくわかってるはずなんですよねえ。
ぺろちゃんなんかはよく見てマスから、ミー太郎が壁の向こう側でご飯をもらってるとき、じぶんのケージの壁までにじりよって威嚇したりしてますが、決して食べにいくようなことはないのですよ。
あくまでも見てるだけなんで。で、ちゃんと自分のところに餌が来ると自分のほうを見るのです。
やっぱりなんかありますよねえ。


ハラヘッタ、飯をクレ。
ココイヤダ、ニゲタイ。
便意ニヨリ、ソワソワダ。


このへんが、しもべが心当たりのあるレオパダンスの原因ではなかろうかと思っています。
しかも、たぶん踊り方違いますよ。ああ、もっとよく見ておくんだった!!!
たんに印象の問題かなあ。
しかしよくわかりません。謎いです。謎いだけにおもしろいです。



 さて、長いもんをお読みいただきましてありがとうございました。
 今日はこの辺でおいとまいたします。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 18:43| Comment(4) | TrackBack(0) | まめちしき