2016年02月05日

ぺろのウンコアート講座

 ひなの食欲が復活したので、再度抱卵の可能性を考えてローチをひなに毎日与えることにしたぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。こんばんわ。
しもべはハチクラさんにつき1度行って、そこでローチのSを2カップほど購入してくるのです。
だいたい300ぐらいはいるはずなのです。
で、1か月の間にローチはだんだん成長してMぐらいのサイズになるのです。
Mサイズが出てきはじめるとそろそろ在庫数に余裕がなくなってきて、そしてひと月がめぐっていたのですがね。
二日に一度、3頭にあげていたのです。Sなら10ぐらい。Mなら5ぐらい。そういう感じで。
ひなはMを8ぐらいいれてもぺろんと完食してしまうので、次にお買い上げにいくのが来週の火曜日だというのに、ローチが尽きました。二日に一度なら、こんなことにはならないのに!!!!

予定が狂いました。でも、うちにはいるじゃないの。
もう1個使える餌が!!!


 というわけで、久しぶりにデュビアの出番がきてしまいました。
しもべはそもそも、デュビアがペットになりつつあってですね。
餌をあげて餌を食べているところを見て、なんだかほんわか癒されていたのですが、実際どのぐらいの数になっているのか見ておりませんでした。
でも昨日、把握するためにあけたのですよ。
そしたらさ。雌の成虫が20以上いるみたいでね。雄も10ぐらいはいるんでないかな。
で、中ぐらいのがちらほら、あとは小さな子供たちが大量に。そりゃもう大量に。
というわけで、今日15匹ぐらいつかまえてご飯になっていただきました。
ひなをはじめ、ちょろめろにも栄養をつけてもらいたいところだったので、とりあえずグラブパイをこねこねしてヤモたちのエサ皿へ入れ、そこに子デュビを投入。
子デュビがグラブパイを一生懸命かじってるところ、ひなが食べにくるみたいな構図を作ってみました。
見事にひなちゃん、ちょっと大き目のSサイズも完食。
めろもちょろちゃんも、大き目いれておいたのに完食。なんということだ。
餌が!餌がたりないよおおおお!!!



 さて、タイトルのぺろのウンコアート講座。
誰もきっと見たくないであろう、回し車ウンコアート。ご覧になってください。すいません汚いです。


DSC03770.jpg

 さて。普段はこんなにきれいな回し車で気持ちよさそうに眠っているぺろちゃん。
ぐうぐう、だらだら。一日中ここにいる日もあるぐらい。
どうも温度調節してるようで、冬場はここ、暖突の下なんだけどそんなに温度が高くなりません。
空間温度は23度が平均てとこです。
少し低めだけど今年はトラブルもないので、低めの温度でパネルヒーターの上は28度〜32度ぐらいの温度があるよーという幅で設定しております。
まあなんてかわいいのでしょう。

しかし、餌を食べた翌日。
グラブパイがちょっと水っぽかった場合にどうなってしまうのか。
しかもしもべが出かけている間にウンチをしてしまうと。










ばっちい画像が出ますので



★閲★覧★注★意★










DSC03771.jpg


うわああああぁああぁああぁああぁああっぁああぁぁぁぁっぁぁああ!!!!





 絶望したわ!なにしてくれてんじゃぺろ!!!
しもべがいなかったことへのあてつけかぺろ!!!
ひどいよ、とってあげるまでいつもは待っててくれるじゃないか!!!今日は出かけていたけどさ(´TωT`)
そしてぺろを回し車から下ろした際に、ぺろがほんのりウンコ臭かったのにもまた絶望しました。
普段はぺろちゃんのウンコとかお花畑のニオイだよーとか言ってるのにね!!!
なんということだああああ。
チャーン氏が見たら、たぶんいつも通りこういったはず。


「わあ、ぺろきたなーい!ウンチクセー>(゚∀゚ )( ゚∀゚)<ウンチクセー 」


 子供のような言い回しだけど、しもべもぺろを抱き上げて顔を近づけてみただけでウンコ臭いのがわかりましたのでね・・・。今日は丸洗いの刑じゃ!!!


DSC03773.jpg

DSC03774.jpg


ケロヨンを出す時間を惜しみ、今日は洗面所を軽く洗ってからの入浴となりました。
ぺろや、気持ちいいかね?
ウーン、グラブパイの水分量をこのごろ見誤るなー。困ったなー!


というところで今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年02月02日

めろめろアスレチックと冬の石老山

DSC_1191.jpg
ケータイアプリのゲームのガチャを、ミー太郎のしっぽで引くとレアが出る。
というジンクスを元旦から作ってくれたミー太郎と、東京の名酒 屋守(おくのかみ)のコラボ。
リアルヤモリとヤモリの酒。すごく私の目に優しいわ(´∀`*)ウフフ



 平地の雪は解けても、山の雪は溶けない。
気温が低いから。なのできっと残ってるとおもったんだ、近くの山の石老山も。
で、昨日の日付のヤマレコとかを見ていると残雪は相当あるらしいってことがわかった。急きょ今日予定があいちゃったので、これはチャンスだ!と急いで密林殿のお急ぎ便とやらでチェーンスパイクをぽちったわけだ。
朝届くように営業所止めにしてさ。
そのもくろみは見事うまくいって、ちゃんと8時に営業所いったら届いてたんだよね。
さあ、いこうか石老山に!
ちょっと怖かったのは相模湖のほうはやっぱり寒くて、道路凍ってるかも。残雪がいっぱいかも?ってことだったんですが、まあそんなに大変な感じでもなく。無事たどり着けましてね。


登山道のはじまりは雪がなかったんですがね。
どうも晩に新しい雪が少し降ったみたいで線を引いたように

DSC_1198.jpg

こんな風に雪がでてきました。
踏まれた雪もあるけども、その上から新しく積もった感じの雪でした。見た感じ、みぞれが凍ったようにも見えました。ぽろぽろ雪っていうのかな?
なんかいきなりこんなふうに雪になると、チェーンスパイクを使っていいのかわからなくなります。
だっていきなり現れたってことは、いきなり消えるかもなんだよね?
なだらかな斜面を登っているときはちょっとつけるのをやめときました。
なんか新しい雪のおかげで歩きやすかったです。

でもしばらく、雪と普通のべちゃべちゃの地面を交互に歩いてたら

DSC_1203.jpg

わっ、でたー!いっぱい雪だー!!!
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
これは履くしかあるまい!いでよー!簡易8本づめアイゼン!!!

DSC_1204.jpg

( `・ω・´)ゝ”シャキーン
とりあえず履いてみた。履きやすかった。そして歩きやすかったです。
爪が短いから雪なくなっても履いたままでいけるようでした。まあそれをすると泥だらけになるわけなんですが。いいんだそんなもんだ、と雪の上をざくざく楽しく歩いて、相模湖が見える展望台へ。
1時間ぐらい歩きはじめてから経ってました。装備がちゃがちゃ直したりしてたので休憩が長かったんですよね。
12時半だったのでお昼ご飯を展望台でとろうとおもったらね。

DSC_1206.jpg

なんか一番ここが積もってました。新しいのも古いのも。
でも、薄く雪があるだけだったベンチがあったので、ぽんぽん雪を払ってお昼ご飯〜〜!
もうその先行くかはお昼食べてから決めようとおもっていました。
あまり遅い時間になると、今の時期工事がいっぱいで来る途中も片側交互通行が多かったんですよね。
渋滞するよなあと憂鬱でした。なので、ここでおなかいっぱい満足したら下りちゃおう。
もう少し雪道歩きたかったら山頂へいこう、とボンヤリ考えながら

DSC_1208.jpg
おむすびとお味噌汁をすすってました。
気温は2度か3度ぐらいでした。風はなかったけど空気が冷たかったです。
中途で寒くなってきて、鼻水がじゅるじゅる出てきたりしました。
停滞すると風邪ひいちゃうなーと思いました。
フリースの下着にフリースの上着を着て、上にウィンドブレーカー代わりのカッパを着ていたワタクシ。
夏に富士山行くかって話が出ているので、後何が足りないのかが分かった気がします。
ダウンかもう一枚着るものがあれば調節できるかなぁ。何がいいんじゃろ。

結局、なんか頭も痛くなってきた気がしたのでここで下りることにして、テクテク着た道を引き返して駐車場へ。
そこからまたテクテク車を走らせておうちへと帰ってきましてね。
着たものを全部お手入れし終わったところなのでございました。
いやー空いてたな〜〜石老山。

 というわけでこんばんわ。ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
前置き長いぞひっこめコノヤローと言われてもー書きたいことは書くのさぁ〜〜!

 さて、表題のめろめろアスレチックとはなんでしょう。

それはめろの療養用ケースの中が、だんだんアスレチックみたいになってきたんですよ。

DSC_1193.jpg

こんな感じで。
エサ皿に行きやすいように鉢底ネットを追加。かくれがになるようにうがい用の小さな紙コップをチョキチョキ切ってシェルターに。
お掃除するときに、手じかなケースがなくて紙コップに入ってもらったら気に入ったのか出てこなかったので、小さいコップを入れてあげたのでございます。

DSC_1192.jpg

横からみるとこんなかんじ。
調度品を増やしたら活動範囲が広がったのか、めろは壁を登ろうとしてました。ちょっとすべってたけども。
でも何度も登ってはつるーっとすべって、また登ってを繰り返していたのでだいぶ元気が出てきた証拠かなと思いました。

 んでもって、産卵後食欲が減退しすぎてほとんどご飯を食べてくれなかったひなですがね。

とうとう復活です!
昨日エサ皿のところをウロウロ嗅ぎまわっていたので、もしかしたらと思ったのです。
お残ししたのが食べれないか、漁っていたのでした。
しかし残念ながら食べれるのがいなかったみたいで、速攻でローチを追加。
するとものの30秒で食べにきてくれました。ああ、ほっとした。
これでひなはヨーグルトから解放だわ。まあたまに舐めてもらうつもりですけどね。


というところで今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 山日記

2016年02月01日

うちの流動食の与え方講座〜

 おらんちのデュビたんが一生懸命からっぽのエサ皿の上で、残りかすのコオロギフードをもさもさかじれないかなーと、超待機してる姿を見て、日々ほだされてはコオロギフードと昆虫ゼリーを追加追加で入れていたら、とうとう月夜野さんのフードがなくなってしまった\(^o^)/
仕方がない、グラブパイをあげよう・・・。なんかデュビたん誰も食べてない餌なのに高待遇すぎじゃね?
もうむしろおらのペットになってね?
いやだってさ、だってあれ完全におねだりのポーズよ。一匹二匹じゃないのよ。


ままーおなかすいたよー。ご飯降ってこないよー!どうしようー。
あらごめんなさい坊やたち、今日は床材にぶちまけた乾いた麦茶しか食べるものがないのよ・・・
おかあさんがもっとおいしいものを探してくるからね!

そしてエサ皿へ向かうデュビア母、青年デュビア。

餌皿の底にわずかにこびりついたコオロギフードを見つけ、本能からむさぼるの図。



 なんという畜生なストーリーじゃろう。
と、その光景に勝手にアテレコしてはエサ皿にコオロギフードを補給する、ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。こんばんわ( ゚ρ゚ )ノ

 うちのデュビたちは鋭意繁殖に励んでいる様子。なんかいま開けてないんだけど、床面近くにはベビーが大量に出てる気がするんだわ。
量はかなり入れてるんですが、餌が消える速度が早すぎますわい。恐ろしやーデュビたんたちの食欲。
一体何匹いるのかわからない。おそろしやー!


 さて、前回の記事のコメントでニホンヤモリに流動食食べさせる方法撮影できたらアップしてくださいーというご要望があったもんで、撮影してみました。
ちゃんと撮れたと思うのでよかったらご覧ください〜





 この日はちょっと粘度の高いヨーグルトでございました。
ちょろちゃんいったん嫌がって口先のをこすって落としてますけどね。
だいたいこんな感じで巻き込んで食べてもらうやり方になっております。
顎の下にちょんとつけるのが大事です。口先につけちゃうと鼻の孔に入っちゃうことがあって危ないです。
自信がなかったら口の端っこ、おめめの近くになるのですがね。その辺でもいいと思います。
スポイトからの給餌の場合は口の端っこにつけてやるみたいですね。しもべはうまくできなかったので、あごの下にちょんになりました。
ぺろぺろはじめると舌が出ますので、舌にもっていってもらうように食べてもらいます。
ニホンヤモリは体が小さいので、マドラーがでかく見えますのう〜〜。そんなに大量には食べてもらえないので、補助食程度です。これに普通の給餌も交えておりますだね。

レオパフードでも同様ですが、レオパフードだとこんなにねばっこくならないです。使いやすいのはレオパフードかなと思います。
グラブパイは固まるように寒天みたいなもんが入ってるんでしょうね。それゆえ、低温で溶いてもなんかもったりしてしまうのです。量などは調整してみてください。
あと、このヨーグルトに追加で入れているのはネクトンレップというカルシウム剤。
これはビタミンAとBが含有されているカルシウム剤とのことで、とりあえず少量混ぜ込んでいたりします。
水溶性なので水に混ぜ込んで与えることもできます。産卵後の雌の回復などに役立つかなと思い、とっても高価だったんですが導入しました。
あまりとらせすぎてもよくないので、D3入りのネクトンのほうと交互な感じです。こちらもごく少量ですね。



というところで今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 17:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 生育記録