2016年02月19日

落ち葉とぬかるみの下山道<菊花山 後篇>

DSC_1237.jpg


gezan.jpg


DSC_1240.jpg


おけつとちょろちゃん人形が泥だらけになりながら、無事下山(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

いやー、怖かったです。やべーなオイって思いましたもん。
だってここ最近誰も歩いてなさそうじゃない?
踏み跡がない。いやまて踏み跡あったらこんなに落ち葉積もってねー。
ちぎれたロープを一回見ただけ。ほんとにしばらく誰も来てない気がする。
今まで歩いてきた登山道には、落ち葉なんぞなかった。雪があってもちゃんと土が露出してる場所があった。
でもここはどうだ。見渡す限りの落ち葉じゃねーか。
しかも落ち葉が深すぎて、ストックが刺さってくれません、ほんとうにどうもありがとうございます。
やわらかくてお豆腐のような腐葉土の地面がところどころにゲリラ的にあったりしてですね。
木々の根っこもまた、信頼していいものかわからない。
しもべの体重がかかったら引っこ抜けそうな木もあったりしてさ。倒木も多かった。ついでに雷で焼けた木もあった。
どこに足を置いていいのか全然わからなくて、滑ったらもうあきらめて⊂(_ _⊂⌒⊃ ドテッ ってなるほうが安全ではないか。と思ったのですよ。
おけつでずっさーと滑って、ストックなんかは当然止まるように地面に刺してるけどとまらねー。というのを何度か繰り返してやっとまともに歩ける傾斜と地面になったなと思ったら、倒木が登山道を塞いでいたので、低い松の木の間を這うように進まなくちゃいけなかったりしてですね。
最終的に、冒険になってしまいました。楽しかったんだけど、楽しかったんだけどヒヤッとかいうレベルじゃなかったです。
一人ぼっち、ってのが心細さを加速させてくれましたぜ。
でも、誰かと一緒にいくと、軟弱になっちまう気がするので、一人でがんばるって時も必要なのだよなあと思いました。

まあ、たいして怖い体験じゃないのですが、状況が把握できないところをなんとかして来た、という経験はいい糧になったんじゃないかなと思いました。


DSC_1243.jpg

下山して車が通らない車道をてくてく歩きながら、おむすびを食べました。
どこかで食べてもよかったんだけどね。
そんで、大月駅の近辺で名物のおつけ団子、というお味噌汁を食べて帰ろうと思ってお店に入ったら、なんとまさかの売り切れ(  Д ) ゚ ゚
半べそでコーヒー飲んで帰路についたのでございました。


 というところで、今日はこの辺で。
めろひなの報告は次の記事にでも。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 15:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 山日記