2016年03月28日

隔週刊 飛び出せぼくらの手乗りドラゴン 創刊

 * ゚・*:.。.:*・゜+ d(*´∀`)b うそです +.:*・゜゚・*:. *

タイトルは、嘘です。というわけでこんばんわお久しぶりですいったい何年ぶりでしょうかね(´∀`*)ウフフ
あらやだあんた誰?そういう皆様も初めましてこんばんわ。ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。

今日は写真編集する気力がないので、KIAIで文章だけで乗り切ってやろうという所存。
目がすべるかもしれませんがよろしくお付き合いください。

 しもべ、ちょっとこのごろドタバタとしております。主に実家方面のご用事で。
ワタクシ山に入れません。おおう、こんな時こそ山にいきたい。一人になりたい。熊におびえながら、イノシシやニホンザルやシカにおびえながら山に登ってうめぇもんでも食って、よーし旨いもんも食べたことだしまだ山頂じゃないけど山頂ってことで下るかー!とかいうフリーダムすぎるハイキングしたい。
したいよううううおううううおうううう。
もうすぐ丹沢産地はヒルであふれかえるというのに、山にいけねぇよおおおお。桜が咲くってのによおおおお。

 フウッ。まあそういうわけで不満をぶちまけたところで、今日この頃のぺろちゃんたちの近況でも。

@ぺろとミー太郎

 二頭をエンカウントさせてみた。ケージの外で。
ミー太郎はなんか「こーこーはーーーどこーーーなんだーーーろううーーーー」みたいなゆったりとした仕草で似たような場所をぐるぐる回ってた。
いきたい、でもこの先は崖だ。どうしようおっこちるけどおとんもおかんも助けてくれへん。どないしよ。
と、ソファーの淵で四肢に力を入れてふんばって垂直に張り付くミー太郎。
で、戻ってこれないならなぜそこを降りようとおもったのか。と仕方なくしもべがミー太郎を上にあげてやると、さっきからミー太郎を餌をみるような敵をみるような交尾相手を見るような、とにかく獣のような目をしたぺろちゃんがしゅったーーーーっとにじりよってきた。
おおう、ぺろ子や。おまいさんとっても肉食系女子。よーし流石うちのお嬢様だで、しもべは鼻が高いぞよ。
などとニコニコして見ていたら、ふいにミー太郎の首筋をぺろぺろし、その後

カプっ

っとやった。

えーええええええええええ。
まあ、見た感じ甘噛みだった。かつてぺろちゃんはこうしてミー太郎とエンカウントした際に尻尾にかみつくということをしている。
ミー太郎のその後の脱皮は散々だった。あのときは尻尾が痛くてボロボロだったぜ!!!
なのでちょっと心配していたのだが、今回は甘噛みだったし、かまれたミー太郎も「んぎゅううるうううえう」と鳴いた後に後ろ足を使ってわんこが首を掻いてる時のよーな仕草でぺろちゃんごと払いのけた。
えらいぞミー太郎!男の子だぞ!っていうか逆でしょ?ねえ逆でしょ?
本来ならあなたがぺろちゃんの首にかぷっといって、尻尾もちあげて交尾に持ち込む感じでしょ?
なんであなたぺろちゃんを避けるようにはじっこばっかりグルグル歩いてたわけ?ねえカーチャンに説明してみな?ん??


ぺろちゃんもぺろちゃんでしょ?かみついちゃだめでしょ?なんでかみついたの?め!めだよ?
仲良くしなさい?ね?ミー太郎なにもしてないのに喧嘩売ってはいけないでしょ?

固唾をのんで見守っていたしもべとチャーン氏の期待は粉々に打ち砕かれ、発情してましぇーーーん。というのを裏付けるように食欲満開な二頭なのでありました。

 うち、レオパの繁殖はまだできそうにありませんよ。わはははは。
ってか、雌が雄を噛みにいっちまうのは、敵対行動ってことでいいのかな?
詳しい方、ご意見をお伺いしたく!



Aニホンヤモリーズのそれぞれ

 ひな、やっぱり4クラッチ目を産むの巻。
もーしかすると?なんですけどねえ。ほっぺの袋にカルシウムの備蓄がたまりすぎてくると、産むんじゃね?
小さくなるまで。とか思ったんですけど違います?違うかな。
去年は3回で止まりまして、備蓄されているカルシウムがなくなるほどでありました。
ただ、今回はまだまだ備蓄がございますし、食欲も衰えず。
やる気のない無精卵を産むかと思えば、回を重ねるごとに完成度が上がっていくひなの卵。
今回超きれいな卵でした。まあピンクになりようがないので無精卵は確実なわけですが。
前回の産卵後、衰えてしまっていたひなの食欲も、今回は産卵直後からばっくばっくと食べてマスんで心配することないかなと思います。

ただ、一度脱皮不全を起こしてしまうと同じ場所が癖になるような感じです。
しもべ、かりめろとひなを剥きました。
この、脱皮不全後に指先の皮をむく方法、ってののコツがわかったので、時間がある時にこれは別の記事でアップしようかなと思います。


めろは脱皮不全、指先に一部やはり残してしまいましたのでこれも速攻で剥きました。
剥くのはなるべくはやめがいい模様。よくむけましたーッ!!!
このごろ剥くのが趣味になりつつあるぜ!!!
ちょろちゃんはイイコに、ほんとに毎日イイコにしてます。
食欲が雄二頭、少し減っている模様。そしてお部屋には謎の白い物体が・・・ウホッ。やつら発情してやがるっ!!!


 そして最後に、我が家のデュビたちがすごい勢いで増えた。というより巨大化した模様。
無数の幼虫に親たちがカサつく音。すごい勢いで 癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサしてるので、ドナドナすることになりました。さようならデュビたん、いっておいでデュビたん。おいしくめしあがってもらうんだよデュビたん。
成虫を数頭残して、あとは無数の幼虫たちがまた半年後に大型化するのか・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
食べてくれる子がいない(幼虫はニホンヤモリーズの非常食)今、彼らはしもべのペットと化しておりますが、そんなこれまでごはんくれてたしもべに、威嚇おしっこするとか失礼極まりないッ!
と、ドナドナ箱詰め中に思ったのでございました。いやー、成虫のおしっこってさ、量が多いわよまったく!



 というところで、今日はこの辺で。
やくたいもない駄文におつきあい、ありがとうございました。
それではみなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年03月17日

ご無沙汰の近況報告

 先日、来客があるのでお客さんの寝室になるエサ部屋(ヒデェがそこしか部屋がないんだ!)を片付けていたら、奇跡の再会があったんだよ。

それがこちら。

DSC_1278.jpg

ハエ取りちゃん!!!ハエ取りちゃんじゃないか!!!
チャーン氏がラベルをはがさず、レアなのでストックしている飲みきった酒の酒瓶をひょいとどけたらこの子がピョーンと出てきたんですじゃよ。
君は数か月前に行方不明になったハエ取りちゃん・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
よくぞ生きていたな・・・。なんということだ!
しかしよくみなくてもすごく動きが鈍くてすぐお手手にのせられたところを見ると弱っているようだ。
この写真をツイッターに乗せてつぶやいたら、世の中っていうのは広いもんでハエトリグモを普及するためつぶやいておられる方が




 というアドバイスをくださいました。
しかし時すでに遅し。ハエ取りちゃんはどっかにいってしまって、綿棒でお水をあげて元気にしてあげるということができなくて、今あなたーはーどこでなにーをしていまっすっかーーーこーーーのそらーのっ続くばっしょーーーーにいますっかーーー。とひぐらしは鳴いてないけど郷愁にひたりつつハエ取りちゃんを思う、ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。


ご無沙汰しておりますーーー!!!!
ズッサー⊂(´∀`⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



 え?お前誰?あ、そうかあ(∀`*ゞ)テヘッ
もうかれこれ更新してなくて2週間ぐらいたつもんね(´∀`*)ウフフ
しもべも暇かといわれれば、そうだねえ。暇だったのかなあ。それなりにアレだったんだよごにょごにょ。
そんなぁ、忘れないでおくれよう。オバちゃんさみしいよう。
というわけで、このごろの近況を綴っとこうではありませんか。

まずは山。昨日いったばっかりの山。
それは大山三峰山てとこ。
ツキノワグマの目撃情報が一番多いという、清川村の煤ケ谷地区から登りました。
入っていきなりこの看板。

P3160009.jpg


P3160004.jpg

しもべ躍動感をもって歩きます。
背中のちょろちゃん人形は、この日は熊鈴の番人でありましたともよ。

ここは下のほうなだらかで、上のほうが急峻な地形、急登と鎖場と岩場とやせすぎの尾根が有名なところらしく、なだらかで歩きやすい素敵な林道の終点近辺に

P3160013.jpg

こんな看板たっててね。
いってやんよ!とこの上進んでいったらよ。

P3160014.jpg

へへっ・・・出やがったな・・・雪め!!!いってやんよ!!!
とはいきませんでした。この先トラバース箇所なんかがあって危険マークついてるところだったので、別のルートを選んで進んでみた次第。
ちなみにここらへんで、標高650M。低いけど北斜面は雪かぶってました。そして超寒かった。
更に上の尾根道まで出たらずーっとその先雪のありさま。そして急登。スベルし。
時間的にもあまり猶予がなかったのもあって、700M近辺で撤退してきたのさ。
つっても、三峰山へむかう稜線まで出られなかったので次はもっと早い時間から歩きはじめて、がんばってみたい所存でございますが、がんばっても12キロ以上距離があるみたいでちょっと長すぎるんだよなあ。
もうちょい体力ついてからのほうがよさそうです。
登りはじめが標高140M、いけたのが700Mちょいなので、いい感じで歩いてこれたんでないかな。
体力のないしもべとしては。この山、もうちょっとがんばったら登れるかもだ。
この先の一番楽しいところがいけなかったのでいい季節になったらもう一度登りたいです。


 さて、うちのヤモたちの近況でございます。
ツイッターご覧になってくだされば、かなりマメにつぶやいてるので新鮮味がないかもですが。
まとめ的な意味合いもこめて。


昨日のミー太郎。

DSC_1314.jpg

ほほほ・・・どこにいるかわかりますかい?
チャーン氏がねそべってタブレットでゲームしとりますでね。
そのチャーン氏にかけられた、黄色いタオルの下になんかいません?いるよね?ミー太郎ですぜ!
チャーン氏がホカホカだったので、ミー太郎を上に乗せてふんわりと軽いタオルをかけてやったんですわ。
するとミー太郎、少しの間ごそごそやってこの位置で落ち着き。そして





▂▅▇█▓▒░( ˘ω˘ )░▒▓█▇▅▂スヤァ…



寝たァアアアッ!!!

まあ、ミー太郎はあったかいところにいるとだいたい寝ます。あったかい手のひらでも寝ます。
もう手のひらには収まりきらないけど。まぶしくて目を閉じてるのかなと思われるかもしれませんが、どうやら光源に慣れたようでそんなに目をつぶりませんのですよ。
頭の上にまでオフトンがかかっちゃうと寝ないんですね。中でごそごそ動き回っています。
やっぱり顔は出してたほうが不安が少ないのでしょうね。
ミー太郎用にお布団型シェルターとか手作りしたらそこでスヤァってするんかしら。
尻尾の先と頭だけ出て寝てたらかわいい気がします。作ってみようかな・・・?うーんw


 さて、ニホンヤモリーズのほうですが。
前回ひながあんまり食欲がないって書いたと思うのですが。

復活しました。

きっかけはですね。ひな祭りの日です。
その日はとてもあったかかったんですね。で、しもべはお休みで用事をすませて帰ってきたところでした。
ふと、ひなを連れてベランダでひなたぼっこしようかなと思ったんですよ。
お日様の光を浴びたら元気でるかもな?と思いましてね。
紫外線をあててはいるけど、本物にはやっぱりかないませんやね。
で、抜身のひなを(?!)そのまましもべの手に乗せてベランダに連れて行ったんです。
プラケでやるよりダイレクト、そして安全に思えましたし、お日様の光はあったかいけど空気が冷たかったので、しもべの体温で暖をとれるかな?とか思いまして。


これは一昨日の写真ですが

DSC_1310.jpg

こんなふうにさ。影も作ってやれるし、いいかなと思いましてね。

心配だったのは脱走でしたが、まったくの杞憂でした。


DSC_1313.jpg

まるで置物。ニホンヤモリの置物になるひな。


DSC_1312.jpg

たまーーに地面を|д゚)こんな顔で見てるけれど、飛び降りたりはしません。
飛び降りてしまったら凄まじい速度で逃げていくことは想像に難くなく。なのでそれをされるとアウトー!ってとこだったのですがね。おとなしかったです。

このまま二人でじーっと、ほんの10分でしたがひなたぼっこをしたのでございます。

餌皿には餌が入っており、でも数日手をつけてくれてないのでエサ皿の餌に餌を入れている始末。
餌ゲシュタルト崩壊しそう。
しかし、その日の晩に見たらなくなってたんですよ。餌が!!!
ローチ数匹を入れてあったのが、跡形もなく・・・!

食った・・・!ひなが食ったよおおおおお。・゚・(ノд`)・゚・。

産卵からけっこう時間が経ってましたので相当焦っていましたが、日光浴が力をくれたとしか言いようがない現象でした。
ニホンヤモリは朝、お日様の光を浴びて元気になってから寝床に隠れて眠るという話もありますし、やはり彼らに紫外線は必要なんでしょうね。

というわけで、暇をみつけてちょろちゃんとかりめろもこの方法で今日光浴をしています。
ちょろちゃんは脱走の心配はまったくいらないけど、めろがちょっとバタつきますね。
そりでもベランダでまったりしはじめるとおとなしーーーくポカポカしております。
三頭一気には管理できないので流石に無理ですが、しもべが1頭ずつお外に連れて行って10分ぐらいずつ。
という方法でやっておりますだね。


そんなこのごろの、平和な日々でございました。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年03月03日

ヨーグルトでの強制給餌を行う理由

 ツイッターで質問をいただいて、140文字*10回とかのレスになりそうだったのでブログで回答させていただきたく筆を取ったぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。こんばんわ。

今日は文章のみでごめんあそばせー。長いのでご注意を。

 現在我が家は、ひな(雌1歳半)が無精卵を産卵して10日ほど経過しております。
産卵前はローチのMサイズを6匹〜10匹、ほぼ毎日完食し、産卵直前に脱皮。と同時に餌も食べなくなりました。
脱皮は失敗しており、温浴を行ってしもべが脱皮のお手伝いを行い、なんとか事なきを得ております。
ラバーマウスやクル病の兆候はまだ見られませんが、気を抜くとこれらの症状がいつ出てきてもおかしくない状態だと思っております。

 なぜそう考えるか。その根拠としては

1)脱皮不全を起こす→クル病の初期症状

これはもはやしもべの中では確定事項ですね。
ニホンヤモリは冬場でも、調子がよければ加湿しなくてもちゃんと脱皮できる生き物です。
なんらかの原因があって体内の栄養バランスが崩れているものと思われます。
その兆候が脱皮不全という形で現れると考えています。
これはレオパも同様の現象で、例えば尻尾をぺろちゃんに噛まれて、噛まれた場所が痛かったミー太郎のその後の脱皮は散々なものでした。全身の皮をボロボロにして全部ひっつけてました。
外傷や体調不良によって脱皮不全は起きます。
それはその個体に、脱皮を行うだけの力がない、脱皮したくない理由があるのどっちかなんですよ。
調子悪いと皮の浮きも悪くなるし、浮き方もおかしくなるんですよ。

気を付けていても冬場はヤモリの体内からいろんな栄養素が抜け落ちていきやすい時期です。
獣医さんからも冬場はビタミンAとBが欠乏しやすいので、餌のガットローディングにビタミン増強したほうがいい、というご指導をいただいております。


2)加温中で適度な代謝があるため、活動しているだけで体内の栄養を消費してしまう。

食べないということは栄養素がどんどん体からなくなっていくということ。
特にビタミンとミネラルは補給しないとあかんのです。
うちのひなはカルシウムを頬袋いっぱいにためこんだ状態になっていますが、産卵後というのは体のバランスが崩れており、カルシウムをちゃんと取り出せなくなってしまうことがあります。
カルシウムは心臓や臓器を動かすためにも使われる栄養素で、カルシウムをため込んだ頬袋からカルシウムを取り出せなくなると、骨から取りにいきます。
骨から取り出しにいった結果、骨がスカスカになって自重を支えきれず変形→クル病
その初期症状が尻尾がガタついてくる、であり、さらに進むとラバーマウスになる。ということだと考えています。

産卵後の雌ヤモリの死因について、貴重な資料をやもり通信様が開示してくださっています。
記事はこちら→(辛いご報告/やもり通信

ビタミンBの欠乏が原因でカルシウムを取り出せず、という原因が挙げられています。
これは産卵中だけに限った話ではなく、産卵中はカルシウムの消費量が激増するためにこの現象が起きやすくなる。ということと思っております。


 さて、長い長いこう考えている説明でしたね。

これらのことをしゃかしゃかーっとミックスしていくと、ヨーグルトで強制給餌をする。という結論に達するわけです。
加温中、冬場、産卵後に餌をほとんど食べていない(何かが原因で食べれなくなっている)、でも体内の栄養素は足りてるようで足りてないかもしれない。
放っておいてもいいことはなにもないです。
じゃあ吐き戻したりしないで済む流動食で、欠乏した栄養素を少しでも補ってやればいいじゃないか。

そこでヨーグルトですわ。
ヨーグルトにはタンパク質、ビタミンB1,B2、Aとカルシウム、乳酸菌などが含まれております。
で、消化によいのです。
液状なので舐めれる状態なら口の端っこに塗ってやれば食べさせることができます。
脱水気味になっているなら、液状なので水分も取れてさらにグッド。

プレーンヨーグルトを用意して、ついでに栄養をちょい足しします。

人口フードなら

レパシーグラブパイorレオパフード

生フード(?!)なら

コオロギの中身orローチ的なアレの中身orハニーワームの中身

あくまで中身だけ。外骨格は砕けないわ硬いわなので中身だけ。


栄養素をちょい足しするどっちかのフードと、カルシウム剤(D3入り、うちはネクトンMSAorネクトンREP)を少量加えて練り練混ぜ混ぜします。

で、小さなおさじや爪楊枝の四角いほうの先につけて、ヤモのお口のはしっこやあごの下にちょんとつけてやるとペロペロして舐めてくれます。
これを繰り返して状態が下がり続けるのを防ぐ目的で与えるのです。

ヨーグルトなどの流動食でも、ちゃんとした糞になります。
糞があるかどうかは内臓が動いているのかの重要な指針になります。


 ヨーグルトは民間療法みたいなもんです。でも理にかなったいい流動食だと思います。
しもべこのごろよく思うのはさ。ヤモリの飼育は情報がとても少ないです。
何事もなければとても強健ですが、ひとたびバランスを崩すとあっという間に星になるのがニホンヤモリです。
星になった原因や、そうならないためにどうすれば防げるか。
ヤモと飼い主は二人三脚で健康であるために足掻かなきゃならないんですよ。
野性から拾われて人のエゴで育てられている、それはヤモの責任じゃないからさ。
飼い主の責任だと思うの。
だから最低限足掻いて、わかったことは小さなことでも共有できるようにしていくのが大事でないかなと思うんです。
観察の記録ってさ、報告を積み重ねていくことが大事だったりするんですよ。

そういうわけで、こげん長文になりましたが回答になったでしょうか。
140文字×100レスぐらいになりましたね(´∀`*)ウフフ


 最後に、ひなの状況ちょっとだけ。
動きが鈍いです。鈍いひなはかわいいですが、怖いです。早く逃げ回るひなちゃんに戻ってちょうだい。

骨の変形の兆候はまだありませんが、まめに流動食与えないとマズそうな領域にシフトしてきました。
もしかして、産卵直前の糞が消化不良気味だったのが原因かもしれません。
ローチの中身がだいぶ消化されずに出てきてましたので。おなかの調子が悪いのかも。
現在は流動食を食べて暮らしています。念のため子デュビを入れてありますが、手をつけにいく気配はありませんね。流動食の糞なので小さいですが、ちゃんと形のある糞をしています。
色がヨーグルト色になっていることがあるので、それがちょっと気になっています。
脂肪が多いので与えすぎには注意が必要かな。
おなかのなかに3クラッチ目も見えていません。

現状はこんな感じですね。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年03月02日

置いてけぼりの登山道<丹沢・大山>


DSC03873.jpg

ぺろお嬢様はウンコをなさいました。
ウンコが写ってるのでちょっと自重してかくしております。

DSC03874.jpg

ウンコがあるので、回し車に登るかどうか迷っている様子で固まっておりました。
しもべがウンコをとってあげちゃうとね、逃げてっちゃうからこのまま撮影しました。




 富士山に登りたいねぇ〜〜。40歳までにはさー。と、友人がこのあいだ言ったんですよ。
我々30代も後半のアラフォーなお年なので、そうさのう〜〜いくかのう〜〜などと言ってたんです。
まあ計画だけはしてみよう、計画倒れにならないようにちょっとは練習もしないとなあ。
今年の夏は標高のある涼しい山に行きたいしなー!という野望をもっているぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
こんばんわ。

 しもべはここ一年ほど、軽登山なんぞをしたりして多少は山道歩いてきたのですが、友人はだいぶ長らく山登りなんてしてないみたいなので、山登りしにいこうぜ!と誘ってみたわけです。
一度登りゃー自分の状況は把握できるじゃろーって思ったので。
足りないものとか、登るって一口にいってもどんなことなのかとかさ。

で、高尾は丘!と友が言うので、じゃあ丘よりは山の大山いくか!となりました。
ただ、残念なことにしもべは駐車場ついてトイレに入ったらこの日の体調がこの後悪くなっていく。ということがわかりましてな・・・。
どうりで頭もなんだか痛いと思ったわい。イライラもしてたしなあ。
じゃあ下社まではケーブルだ!となって、ケーブルカーで下社まで。そこからは登山道を歩いて山頂まで。
とやってきました。

 ぶっちゃけ、下から上まで全部歩くと標高差は900Mあることになりまして、900Mは日常生活に支障が出る運動量なので嫌だったのですよ。
誰だ、高尾山に登れるようになったら大山がいいんじゃないの?あそこ初心者向けだよ!ハイキングハイキング♪
とか言った人は。みんな言うけどほんとにハイキングか?!
まあケーブル使うと500Mちょいになるので、ハイキングのちょっときついやつ。ぐらいで済むからそっちは初心者向けかな?と思いますけども。

DSC_1261.jpg
登山道こんなですけどね。
平均斜度がちょっときつめだけど、よく整備されております。
浮石とぬかるみに気を付ければ怪我などはめったにしないと思いますよさ。

DSC_1263.jpg

きつめの斜度だけど菊花山の登山道のほうがヤバかったなぁ。
狭いし急だし足置く場所が解らなかった分だけ。
というのがしもべの感想でしたよさ。

 しもべは歩くのがとても遅いんですよ。コースタイムの1.5倍みておくとだいたいその通りになる感じです。やすみやすみ行くので軽快な山歩きとは言い難いです。

同行した友人のかねぴはしもべの20年来の友です。旅行に一緒にいったとしても、行きたい場所がお互いあわなきゃそれぞれ行きたい場所に行く、一緒に思い出を共有?なにそれおいしいの?
という超スタンドアローンな友情を築いております。
これにちえぽんという友人が混ざっても、同じようなことになります。
その旅行の模様を聞いたチャーン氏は「それほんとに一緒に行く意味あるの?」と首をかしげる不思議な友人たちです。
やりやすいのでしもべはこれを気に入っております。

歩くのが遅いしもべに、果たしてかねぴは歩幅を合わせてくれるんだろうか。
そんなことを考えていまして、予測通りというかやっぱりというか、合わせてくれませんでした(;゚Д゚)
おいてけぼりにされまして、中途からしもべは

「一緒に来た人なんていなかったんや・・・(´-ω-`)」



 もういつも通り一人で登ることにしましてね・・・ああ、今日は空気が冷たいなぁ〜〜。山の上は氷点下だものねぇ〜〜(´∀`*)ウフフ
眺望がないからつまらないなあ〜〜。一人ぼっちだもんなあ〜〜。
何人もしもべを追い抜いていくぞ〜〜。でもだいじょうぶさ。歩いていればいつかてっぺんにつくんだもの〜〜。

DSC03876.jpg

わあ〜〜富士山だぁ〜〜〜!
キレイだなあ〜〜きれいだなぁ〜〜〜
一緒に来た人なんてやっぱりいなかったんや〜〜。20丁目付近まできたのにかねぴは影も形もないやー。
きっともうてっぺんに着いていて、一人で弁当でも食べてしもべが着いた頃には「遅かったねー!余裕じゃん!このぶんなら富士山もいけるいける!」とか爪楊枝しーしーしながら言うに違いないんだ。
しもべは歩ける気がしてないよ富士山なんて!!!これの3倍じゃん(つд⊂)




 さみしいよ(´;ω;`)ブワッ




 キレイに晴れ渡った空とは裏腹に、どんどんネガティブになっていくしもべの心。
いじけまくって引き返そうかと思ったけれど、なんとなく登り続けてしまったのでせっかくだからてっぺんまでがんばることに。
ちゅうとでかねぴにラインを送るも、送り先のアカウントがタブレットだったみたいで通じず。
アカウントが2個あることを知らずますますいじけていると、とうとう25丁目のヤビツルートからの合流までたどり着き。
あそこ気持ちのよさそうな尾根道だなー。ヤビツ峠、運転怖いけどがんばってみようかなあ。と思いました。

テコテコさらに登っていくと、とうとう山頂の鳥居が見え始めましてね。
そこで不意にしもべのケータイが鳴ったのでとると、かねぴからでした。

「ピポはいまどこにいるー?」

「鳥居がみえるー」

みたいなやり取りのあと、無事山頂にて合流。

DSC_1271.jpg

どうやらしもべより20分ぐらい前に到着していたようです。
そして思った通り弁当は先に食べてしまったようです。
まあいいんだ、しもべも今日は16丁目の追分ってところにあったベンチで、西尾のアルファー米にお湯を注いで、ここまでもってきたからすぐに食べれるし!!
さめちゃうとつまらないのでちゃんと保温バッグの中でお米を戻してあったので、ホカホカアツアツのドライカレーご飯が食べれましたとも!
それにフリーズドライのお味噌汁!
かねぴも残っていたお味噌汁を作っていました。

「あー!山の上で味噌汁、最高ッ!!!!おいしーーーー!」

いいリアクションが聞けて、しもべのネガティブな気持ちは収まっていきました。

食後のコーヒーを飲みながらおやつタイムも一緒にして、そこでぽつぽつ話をしたところによると
かねぴてきには

「富士山、これの3倍とか登れる気がしないよ〜〜」

が総評だった模様。
まあ山開きまで時間はあるので、しもべとたまに山に行って、トレーニングして決めたらいいんじゃね?ってところで落ち着きましたけども。しもべも全然登れる気がしておりませんわい。
往復15キロ、標高差1400Mって未知の領域だもん。泊まっていったとしたってさ。


DSC03882.jpg

DSC03878.jpg

ちなみにかねぴは、途中まで待っていたのだそうな。
で、しもべの極彩色のウェアが視界に入ったら「おいついたなー」と思って出発していたのだそうな。
それ永遠にしもべのほうからはかねぴが見えなくね?
そして中途からはほんとうに、待っていても全然しもべが追い付いてこなくなったのだそうな。
だから先に来てしまったとのことでした。大山は迷うような山じゃないのでこれでもへーきだったけど、迷いそうな山はこれじゃいかんなと思いました。
つっても、迷う山行く予定ありませんけどね(;゚Д゚)
次行くなら大倉尾根だしさ・・・いやまて、先に表尾根かな・・・いやいやその前に、大山を下から上まで全部登る・・・かな?



DSC_1253.jpg

ちょろ「ふじさん」


DSC_1259.jpg

「登れるといいね?」


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


タグ:大山 丹沢
posted by ポピ at 14:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 山日記