2016年04月29日

slitherにドハマり

 slitherていうオンラインゲーム(無料のフラッシュゲー)にドハマりしてますぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんにちわ( ゚ρ゚ )ノ

http://slither.io/

 ゲームはこちらからできます。なんかね、シンプルなんだわ。
オンライン対戦ゲームなんですわ。

行った先の画面にてけとーにローマ字の名前を入力しましてね。
はじめると

slither2.jpg

こんなちっちゃいミミズみたいなのが生まれます。
画面上の光のつぶつぶの上を通ると、ちゅるちゅる食べます。そして伸びます。
右クリック長押しで体を削って高速移動できます。最初だけ短すぎてできません。
どんどん伸びてミミズからおろちを目指せ!
顔が弱点で、顔がほかのプレイヤーの体にあたると消えます。
その消えた他のプレイヤーの体は大きな光のつぶつぶになって、それをちゅるちゅる食べるとどんどん巨大化します。
消えたプレイヤーの体の跡地が大変おいしゅうございます( ゚ρ゚ )
みんな大きな体になりたいので、みんな事故が起きるのを待っています。時に自分から仕掛けます。
PvPの対戦ゲーム、っつうのはこのへんにあるのです。時に起きる駆け引き、そして漁夫の利を得ようとする小さな体のプレイヤーたち。
大きくなってくると狙われ始めます。ちょろちょろ小さいのが体の周りをウロウロするようになります。
あいつーー、はやく消えないかなー。というやつです。

しもべ奇跡的に、その駆け引きに勝利している画像が撮れました。

slither.jpg
7人分ぐらいの事故現場です。
みんな早く食べたいから高速で突っ込んでくるのですが、こういう場所は衝突が起きやすいのです。
しもべはとぐろを巻くようにゆっくりと食べておりましたら、みんな勝手に自滅しました。オイチー!
面白いです。まったりしています。でも駆け引きがあるのです。そしてシンプルです。
お暇な時には是非。
超時間泥棒ですけどもw


 さて、ツイッターにアップしちゃったやつなんですが(動画撮るのが簡単でいいのです)、カミュがピンセットから食べてくれたお食事動画が撮れましたんでご覧ください〜〜





 食べてる時の、まふっまふっ!ってがんばってるところが大変かわゆいですなあ。
よく食べるのでおなかはぽんぽこりんだし、ウンチもブーリブリでよく出してます。
ベランダに出して日光浴を行ったら、なんかケージの中にタカラダニ様を発見しちまったのでやっぱり室内の窓辺でやってもらうことにしました。
窓を開けられるいい天気の日にね。

 ひなのほうは食欲がすごいので、まさかの6クラッチ目があるのでは疑惑です。
どこまで産むんじゃあひなあああ。もうやめろおおお!やめてくれえええ!
ってなっております。恐ろしい、ひなのポテンシャルが恐ろしいよおおおお(つд⊂)
しもべの心臓に悪いからもう産まなくていいのだけど、こればっかりはどうしようもないですな。
ご飯をせっせと食べて、栄養を補給しているようなので今後も見守っていこうと思います。

 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 07:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月26日

病んでる

DSC03978.jpg
日光浴をするベベカミュ。
お腹もぱんぱん!コオロギの許容量はだいたい一回2令15匹ぐらいの模様。
おいちかったかねー?おいちかったかねー?
ウンチもブリブリするといいよー。ぶりぶり〜〜ぶりぶり〜〜。

DSC03980.jpg
美しいねー。美しいねー。
お日様の光に照らされるニホントカゲってキレイねー。


 さて、先日しもべはチャーン氏を伴って、ハイキングに行きたかったのですよ。
ちょっと前に一人でいってきた景信山から城山ルートがなかなか行きやすくてちょうどいい距離だったし、景信山のお茶屋で山菜蕎麦とか食べたかったからね!
しかしチャーン氏はなかなか起きてくれない。朝8時を過ぎてもなかなか起きてくれず、布団をはがしてもちゅるちゅるーっと巻き取ってまたスヤスヤ寝入ってしまうので、仕方なくしもべは最終兵器を投入することにしました。

DSC03981.jpg

呼びましたかー?


おや、しもべのヤモTが写りこんでいますね(´∀`*)ウフフ

最終兵器、それはミー太郎でございます。
ミー太郎はチャーン氏の手には絶対に乗りに行かない子ではありますが、チャーン氏のところにダイレクトで降ろしちゃえば大丈夫なのでございます。
まあ、下ろすときに「ンギャッ」とかご不満そうな声を出すわけですが。

DSC03982.jpg
あらあら大きな子ですこと。
125グラムぐらいかな。体長27センチ。大きいですねえ。
このぐらいの重さがね。ちょうどいいのよね。

チャーン氏のお布団に投下しますとね。
テクテク歩き回ってね。チャーン氏はお布団であったまってるでしょう。
あったまってるからあったかくてね、活発に動くわけですよ。その重みがね、チャーン氏を覚醒させるわけですよ。

DSC03984.jpg

おっとここではミー太郎が自分の布団に降り立っていってますけどね。(ΦωΦ)フフフ…

ミー太郎はチャーン氏のまわりをトコトコと歩き回り、重みとミー太郎をつぶしてはいけないという気になってしょうがない状態がチャーン氏を包むわけです。心理戦です。
しもべを快眠に導くミー太郎の重みは、チャーン氏の覚醒にも役に立つのです。
無視できないこの重み、ミー太郎のひんやりした体温。そして顔に来ないでおねがいだから、ミー太郎の爪が目にでも入ると危ないの本気で。ごめんごめん起きるから。

そしてハンドリングタイム(チャーン氏にとってなかなかないミー太郎抱っこタイム)でウフアヘした後、起きる。
よーし今日は30分でおっきできたな!えらいぞチャーン氏!
しかし9時を過ぎ、山に行くというのはなんとなくもういいやーとなってしまったので、昼食に焼肉食べに行く、という運びになったしもべ家でございました。

 さて、タイトルの病んでる。というのはひなのことでございます。
5クラッチ目が発見されたのは脱皮の皮をみとめたからですが、その脱皮の皮は一見して健康体のヤモのもののようでした。ちぎれてびりびりでもなく、顔とかもうつるっと言った感で、おお今回はいい感じで終わってるな。よしよしチェックしようってチェックして、指先に残ってるようにも見えなかったんですよ。
ただ、こういう時が危ない。
そう、去年も何にも問題がなさそうな脱皮の後に指を噛み始めたんです。
何か残ってたんじゃないのかと思いましたが、思い返してもやっぱり問題はなさそうだったんですよ。

んで、三日四日してひなの指チェックしたら、噛んでるんですよ・・・ああああああああああ。
健全だったほうの指を1本。

で、現在。

DSC03985.jpg

消毒は数回、ただ消毒しても噛む噛む。
ここは変色して腫れちゃってます。そしてくっきりと腫れてるとこと腫れてないとこがツートンカラー。
同じ指でも色が全然ちがう状態に。おそらくここは落ちてしまうのではないか。という気がします。
前回は食いちぎってしまいましたが、今回はもげて落ちてしまう可能性が・・・。うううう。
餌食いは6クラッチ目があるとみまごうばかりのもので、デュビア3令幼虫とかけっこうでっかいサイズを6匹7匹ばっくんばっくん食います。
すごい勢いだあ。この食べっぷりだけが救いってもんです。
どうなるか、まだわかりませんがひなの様子はよく見ていかないといけませんですね。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年04月22日

脱皮と温浴と皮むきと、師匠の言葉

 ブログをやっていると、その道を長らく歩いて経験と知恵と知識を積んだお方から、思わぬ激励をいただけるものでしてね。
ああ、やっててよかったブログ。ああ、親切が身に染みる!
ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。みなさまこんにちわ( ゚ρ゚ )ノ

 デュビアの飼育環境を教えてくださった師匠はぼんぼくらおさん。おかげさまでこちらの思惑を上回るほどふえてまっせーーーー!
そしてニホントカゲの飼育環境と方法を教えてくださった師匠は、カメレオンやヤモリのブリーダーで有名なTreemate上原さん。
treemateさんのブログを読んでる方はきっとよくわかってると思いますが、誠実で真摯な姿勢で生き物の繁殖と売買をされる方です。イベントに出てこられるときは要チェックですぜ!

いやもうほんと、ありがとうございます( ;∀;)
素人の私にはプロの言葉は説得力が違うんですよ!

環境の作り方やら飼育方法やらを教えていただけたので、まったくセッティングに自信がなかったワタクシはそれにどーんとのっかることにしました。

 まず、カミュの捕獲地はよく整備された、ヨーロッパ風の庭園と巨大な温室があるような大きな公園だったこと。
よくよく人の手が入っているけれど、生垣や植え込みの隙間からちょろちょろとニホントカゲやカナヘビが出てきては日光浴をしている。花はたくさん咲き乱れているし、虫もたくさんいる。
手をいれているけど殺虫剤などを撒いていないきれいな公園。
そこの土は腐葉土ではなかったです。どちらかといえば園芸用の土で、適度に湿っていました。
カミュは生垣のある少し傾斜のある花壇のはじっこ、土嚢の袋?がやぶけて、そこに大きな隙間ができていました。そこからちょろちょろと出入りし、日光を浴びにきていました。他にもそこにはカナヘビがいたりしましたので、彼らにとっていいねぐらだったんでしょうね。

 さて、腐葉土でセッティングしたものの、エサの管理がしにくかったり、土の管理もしにくかったりでやりにくいなーと思っていたしもべ。Treemateさんのお言葉を参考に、ちょっと環境を変えてみたのです。

ご指導の内容を要約しますとこんな感じでした。

湿った環境から採取してきた個体でも、飼育下では乾燥気味にしたほうがうまくいくことが多い。
幼体なんで湿度は与えたほうがいいけど、そもそもこの国は湿度が高いので湿った場所は一部でいいこと。
腐葉土より赤玉土のほうがダニの発生が起きにくく、エサを発見しやすいように開けた場所を作ること。
水入れはミズゴケを張ってやるとよく、苔を張るならなみなみと。
移動が容易なように、プラケのでっかいのがいい。
そもそもこの時期の外から採ってきた個体なら、加温はそこまできばる必要はなく、寒さにも強いから心配しなくても大丈夫。
外で日光浴させるなら、紫外線照射もそこまで必要ない。
あとこの子は思ったよりもベビーじゃない。危険な時期を脱した安心サイズ。


というような内容でした。
わざわざ資料を添付してくださったのでわかりやすかった!

それを参考にこんな環境を作りました。


DSC03964.jpg

 これは昨日の写真なんで蓋を外して紫外線灯つけちゃってますけどもね。

赤玉土を敷き、加湿のためにミズゴケを張った水飲み場と、白いお猪口は水入れ。
真ん中にはエサ皿を置いて、しもべお手製のくじらシェルターをドンと置いて、あとは樹皮を適当に敷いたりしました。

この環境にしたのが一昨日の朝。土に潜ってたカミュを叩き起こしてこちらの環境に入れ、天気が良かったのでベランダへ出しました。
しもべはそのあとちょっくら山へ。7時間後にベランダから回収。入れておいた10匹程度のローチは跡形もなくなっておりました。
天気はよかったけど気温はそう高くなりませんでしたので、なんとかなったなーって感じです。


 で、その日の晩。眠っているはずの時間帯になんか音がするのでケージをのぞくと

DSC03951.jpg

おや?もぐらずなにかやっているぞ?
よく見ると脱皮しているようでした。
明日、時間があるときに見せてもらおうと思い、その日は霧吹きをしてしもべも就寝。


 我が家の生き物たちは、脱皮をするともれなくしもべに状態のチェックをさせられるのでございます。
まさか来て一週間とたたず脱皮をするとは運の悪いやつめ!さあカミュ、どこにいっただ!

お、なんか落ちてるぞ?

DSC03952.jpg

おお、ウンコと皮が落ちているようだ。よしよし、おなかもお日様にあたって動くようになったみたいだしよかったよかった。

DSC03953.jpg

トカゲの皮って、ヤモとは違うんだなあ。

で、しもべは本人を探しました。
すると、お猪口の下に潜り込んで

DSC03954.jpg

丸まっていました。
あらやだきれいな色してるわ。かわいいわ。

んあ?んんんん????
お手手に皮残ってるね?

DSC03955.jpg

あんでまあ、こりゃあほぼ全部残ってるようなもんでねぇか。
やっぱり捕獲してきてからこっち、慣れない環境もあってストレスでバランス崩してるのかもなあ。
あとは湿度が足りなかったかな。やっぱりウェットシェルター入れてやるかな。
指がなくなっちゃったらさすがにいけないので、温浴してもらいましょうかねえ。


DSC03958.jpg


DSC03957.jpg

ふやけたので先の細いピンセットでやさしく引っ張ると取れてくれました。
でもやっぱり怖がるので、温浴したあとケージに戻して本人が手足をひきずりながら皮をなんとかしようとしているのを見て、ある程度皮がずれてきたらまた手に乗せてしもべがピンセットで取る。みたいな作業をしてなんとかとれた感じです。
虫ピンより細い指がとれちまったりしたらどうしようかと思いました。
怖いよー小さくて怖いよー。
うちに来て一度目の脱皮で、この子の健康状態を占うような感じでした。ボディはいけたけど手足が微妙だったなあ。脱皮する姿を見てからほぼ丸一日が経過してましたので、シェルターの下で丸まっていたのは途方にくれてあきらめた感じだったのかなと思いましたし。
今後はモリモリ日光浴してもらって、ドライシェルターとウェットシェルターを使って加湿を行いつつ徐々に大きくなっていってもらいたいもんです。

皮がむけたあとのカミュは土に潜ろうとしてたんですが、昨日は天気がよくなかったので外に出さなかったんですよね。雨降るっていうし。

なんで紫外線を少しだけ浴びてもらいました。
すると、

DSC03963.jpg

顔を出しております。なんともかわいらしいもんだ。
すんごい元気ですけどね。早い早い。そしてしもべのことはなんだか嫌いになった模様。
温浴は好きになったっぽいです。じっとして寝てしまいます。

DSC03965.jpg

ちょろちょろ活発に動き回っております。

DSC03973.jpg

おお、そこも気が付いてくれたね!
見ていたらここから水を飲んでおりました。

この環境でしっくりきてるみたいです。ご教授ほんとにありがとうございます(´TωT`)


 今日も天気がよかったので外に出て日光浴。コオロギも届きましたし、今日はコオロギを召し上がれ!

と、出かけている3時間ほどの間にコオロギを全部めしあがったカミュ。

DSC03974.jpg

お日様にあぶられて相当熱くなってしまっているにもかかわらず、くじらシェルターで体をあっためているカミュ。
持ち上げたら本人もくっついてきましたわ。

DSC03976.jpg

お水も飲んだようです。
よしよし、たんと食べて大きくおなり。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~






くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年04月18日

ニホントカゲ、ベベちゃん温浴する

DSC03918.jpg
ぼくの寝床に何か用ですかー?




 昨日は全国的に強風が吹き荒れていましたね。
それでもチャーン氏は、仲良しのジョニーと日本酒談義をしながらヒルから飲む約束のためおうちを出発していきました。
あの風と雨です。傘は役に立たないだろうなーと思い。
チャーン氏がびちょびちょになるのは目に見えていたので、ドヤ顔でゴアカッパを着せました。
チャーン氏は「えーこんなの派手ではずかしいよー!」とか言ってましたが、「ヘーキヘーキ。本人が思ってるほど派手じゃないからヘーキ」と言われかっこいいヒューとか乗せられて着ていきました。
ついでにおズボンもしもべの撥水のおずぼんを着ていきました。
東レの特殊繊維だお( ´>ω・)b~☆ほら、濡れないじゃろう〜〜!
彼が帰ってきた時、しもべは爆睡してしまっていたので感想がきけず残念です。

というわけで、ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべ、ポピでございます。こんばんわ。

ニホントカゲのベベちゃん、カミュの観察をしてみました。
まずは昨日の姿。


DSC03922.jpg

午前中。恐らく8時ごろ。土の中から起床。豪雨と強風がたたきつける窓辺をじーっと見ながらひなたぼっこ(上に紫外線灯があり)


DSC03925.jpg

お昼頃。
暖突の下に置いたくじらさんの置物の上でバスキングしているようだ。
フムフム、かわゆいな。フムフム。


全体の環境はこんなん。

DSC03926.jpg


んで、エサ皿を認識してないくさいので、このあとしもべはローチを10匹ほど土に向けてばらまいた。
するとカミュはしゅっと土の中に潜っていった。
それ以上昨日は追わず、カミュは食べるかどうか?とほっておいた。
ローチは腐葉土でなら多少の時間は生き延びるだろうし、ダニが沸いた暁にはダニを食ってくれるに違いない。
アレ?食べないかな?ゴキは死骸専門だっけ???やっぱりクモかな??


 さて、ここからは本日。

まず。脱水症状になってたらやなので温浴。
しもべがおうちに帰ってくると、カミュはひなたぼっこしておりました。動きは俊敏。けっこうあたたまったみたいでした。んで、土に脱兎のごとく潜っていったので仕方なく掘り起こして捕獲。
ごめんよ。

DSC03935.jpg

あらかわいい(´∀`*)ウフフ
手の上に乗るとおとなしくなるのよねえ。
気になるのは、あごの下に黒い傷のような筋が二本。
入ってるの見えますか?これが傷なのかどうなのかが問題だ。土で汚れるような質感の体じゃないので、これはこの部分に傷があって黒く変色を起こしているのじゃないか。と言う風にみえるのです。

DSC03939.jpg

この写真でも見えると思います。左側のあごの下。(´ε`;)ウーン…。
さわると嫌がるんだよなあ。たぶん傷だよなあ。

DSC03941.jpg

エジプトの遺跡の壁画がこんな顔してるよな。と思いました。似てるよね。


しばしこうして観察という名のハンドリングをした後。

ベベちゃんをお風呂にいれてあげることに。
傷じゃなくて汚れだったらお風呂で落ちるとおもうので。

DSC03933.jpg

恐怖か、それとも気持ちがいいのかこの体勢で固まっておりました。
湯温は33度ほど。
で、お湯からあげてさらによく観察。
あごの下はやっぱり落ちてなかったです。傷でしょう。たぶん。

DSC03950.jpg

尻尾の先、線引いたとこから先は自切したところっぽいです。黒いラインがないのよさ。
ここまで骨があったならちゃんとくるんて巻きつけたりしてくるはずなんだけど。
それもないのでここは切っちまったんだろうな。と思ったのです。

んで、この子はいつ生まれたのか?と考えてみたときにですよ。
通常ニホントカゲが交尾して産卵する時期って5月とからしいんですよねえ。
今年は暖かかったし・・・と思ってみても、自切の後ここまで尻尾が再生していることなんかを考えると今年産まれたとは考えにくいんですよね。
だいたいにおいて、トカゲさんヤモリさんの卵は産卵から誕生まで40日はかかるわけで。それはあったかい時期だから40日でいけるわけで。寒かったらそもそも卵が死んでしまうわけで。
強い寒の戻りがたくさんあって、その間の卵?!というのはちょっと考えにくいですよねえ。
ということは、昨年生まれて越冬してきた。と考えるべきなのかな。

超小さい幼体で、生まれたてかとみまごうほどなんだけど。
がんばって冬を超えてきた。と思ってしもべは襟を正して飼育に挑んでいこうと思います。

しかし、昨日放り込んだローチ。土をゆっくりと彫り返してる時には見なかったんですよ。
あいつら小さいころは体が白っぽいでしょう。
黒い腐葉土の中に混じってるとわかりますよねえ。
いなかったので、食べた。と考えていいのだろうか・・・。(´ε`;)ウーン…
どれだけ捕食したか分かりにくいので、ほんとうはエサ皿を認識してほしいのだけど。
焦らずゆっくりやっていこうと思います。


DSC03947.jpg

緊張しながら寝ているようです。うつらうつらとする姿に癒されますなあ〜〜。


というところで、今日はこの辺で。
最後にぺろちゃんのサービスショットでお別れしましょう〜〜!

DSC03928.jpg

それではみなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年04月16日

新しいともだち

 サバ缶!!!
サバ缶が今空前の大ブーム!!!しかも水煮のほうね。

事の起こりはツイッターで流れてたこの方の投稿。




これをマネして作ってみた結果がこちら。





なんじゃこりゃーーー!!!
おいしいよおおおおおいしいよおおおお!!!!
で、サバの缶詰ってそんなに好きではなかったというか、サバが好きじゃなかったのに大好物に変貌。
一度はまるとしばらく同じものを飽きるまで食べ続けてしまう習性をもつしもべ。
今週一週間、毎日サバ缶食べてました。大根の葉っぱと炒めてふりかけしたりさ。おいしいね、なんにでもあうね?

というわけでご無沙汰しております。ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
こんばんわ。
九州、熊本を中心として大きな地震で甚大な被害がでていますね( ´・ω・)
月並みなことではございますが、被災地の皆様のご無事と、一日も早く落ち着いた生活が取り戻せるよう祈っております。


 今日は育つかわかりませんけども、というちょっと微妙な前置きをしなきゃならない新しい子を紹介したいと思います。
それはニホントカゲの幼体。体長は尾を入れて10pに満たない、小さな小さな尻尾の青いあのニホントカゲです。
一昨日になりますが、地元の公園に行っておいでおいでしてきたのでございます。

捕まえられたのがこの子だった、というだけなので大本命はカナヘビさんでございましたが。
キレイな青い尻尾が目に入り、一度は逃げられたもののまた同じ場所に戻って日光浴をはじめ、採取用にもっていったプラケにおはいりーって尻尾をかるくつついてあげたらちょろちょろと入ってきてくれたので、そのままさらってきたのですが。
いろいろと調べてみますと幼体の飼育はきわめて難しいとのこと。
野外で飼育したほうがいいとか、モリモリ食わせたほうがいいとか。とにかく早くでっかく育てて丈夫にしちゃったほうがいいとか、いろんな情報があるわけですが皆さん幼体は難しいというのです。
なのでちょっと、ちゃんと育ってくれるか心配なのですが、なんとかかんとか勉強しながらやってみたい所存なのでございますよ。

しもべが居る日は外にケージを出しますが、いない日は出せない(回収できないからね(;゚Д゚))ので紫外線灯などを買いそろえました。
タイマーで午前中点灯することになります。バスキングランプとか必要なのでしょうかね(゚Д゚;)
今パネルヒーターを敷いていますが、バスキングランプをつけるか、暖突のSが余っているのでそれを取り付けるか悩んでおります。
サーモは導入済み。この手の子はしたからあたためるより上からあたためたほうがいいのだろうか・・・。


おっと、そんなことより紹介しなきゃね。



DSC_1549.jpg

命名 カミュ

そしてすでにみゅーちゃんとか意味不明なあだ名で呼ばれております。
おそらくミー太郎と同じ運命をたどるこの名前。青い尻尾に冥衣を思わせるメタリックな黒と茶色の体色。
これはカミュだなや、ということで命名いたしました。


 チャーン氏はかねてより、新しい子を飼うならだれか野生に戻ってもらうよ!とかいっていて、現状「さようならかりめろの会」を開こうと思いますみたいなことを言っておりました。
しかししもべに

「何を言うのよ!全部あなたの子じゃない( ;∀;)」

「認知した覚えはないよ!ちょろちゃんまでです。ちょろちゃんだけいればいいです。
こんなにニホンヤモリ要りません。」

「ばかものおおおお!
この世に要らない子などおらぬわーーー (ノ`Д´)ノ彡┻━┻」

 という会話を経て、さようならかりめろの会は回避しました。
チャーン氏は、本当にやさしいヒトでございますな。

で。チャーン氏はたったの二日でベビーカミュのとりこになったようです。
本日の夕方、ベビーカミュをちょっとハンドリングしておりました。
昼行性のトカゲは夕方には土に潜るといいます。手の上でおとなしくしながら目をつぶって、うとうとと寝るカミュ。そして時折はっと眼をさまし、またうつらうつらする。その小さなお目目がとろーんとしていくのを見ていたチャーン氏はベビーカミュをケージに戻したあと爆睡したのでございました。
自分まで眠くなってどうするのだ。

DSC_1543.jpg


DSC_1545.jpg


どうか健やかに育ちますように。とりあえずうちに来て三日目。水は飲んでおりますし夜は土に潜って眠っております。
昼間はシェルターの下の土の中に潜るような潜らないような姿でくつろいでおるようです。
何分UV灯やヒーター類の設置が今日から。餌も今日届いたので、まだエサ食いについてはわかりません。
心配ですが、様子を見ていこうと思います。
ちなみに今日、ちょっとだけグラブパイヨーグルトをなめてもらいました。
ついでにこの子はしっぽの先端が再生っぽいです。
色や質感がちょっと違うのでおそらくそうかなって思います。小さな子ですが、いきなり自切して栄養を再生に回し、おなかまわりはぽんぽこりんになっている。土なんかを誤飲してそれが詰まっているんでなければ、ちゃんと野生下でたくさん食べてきた証拠だと思います。あ、今日尿酸とおしっこは確認。
ちょっと餌を見せてみようと思い、プラケに移動してもらったときに出していました。
環境に慣れて餌をとるようになってくれれば元気ですばしっこい姿をみせてくれるんでないかと思うのですが、楽観視しすぎてますかね?!

 というわけで、今後はこの子の様子もお伝えしていこうと思います。
しもべはニホントカゲについてはまだまだよくわかっておりません。先達の皆様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくおねがいいたします〜〜!



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 23:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 生育記録