2016年05月31日

疑惑は現実へ

DSC04036.jpg
シェルターの中でこんな体勢で寝ていたらしいミー太郎。
どかしたらお手手がぽてっとしていてかわいらしい。
おおミー太郎、サカってる場合じゃなくなったぞ。ごめんなミー太郎。
カーチャンのお手手やトーちゃんのすね毛ならいくらでも噛み千切っていいからよ。
我慢してくれな。



 ご心配をおかけしております。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
みなさまこんにちわ。

本日、病院の予約をとって診察をしてもらいました。我が家のかわいい姫、ぺろちゃん。
まず、こうなるまでにしもべが認めていた事象を箇条書きで記します。

・4月の下旬ごろ。餌超食べたい顔してた。尻尾プリプリ。
おでぶさんになるからと餌はまだ絞り気味。4日に壱度程度、デュビアorグラブパイを給餌

・5月の中旬頃、餌食いが極端に悪くなる。おかしいな?でも4日に壱度ぐらいは食べてくれている。
ソフトシェルの大きなデュビア、1匹とかね。いつもならこんなもんじゃない。

・同時期から、尻尾が細くなっている。どうしたことだ?と思っていたが、致命的なまでに細くなっていないのと、ぺろちゃんのおなかはふっくらしていたので問題ないか?と考えていた。

・5月下旬にかけて、みるみる尻尾が細くなるのと同時に、おなかも皮のあまりが出ているのにしゅっと小さくならない。いよいよおかしい。餌食いもよくない。グラブパイヨーグルトの給餌をたまにするようになる。

・お腹の影をよく観察すると、片側には脂肪のような白い大きな影ができている。
もう片側の影はとても小さく、いびつな形をしているように見える。
見えるが、卵であるかはわからなかった。


DSC04034.jpg
グラブパイヨーグルトを与えると、一生懸命回し車の上できばっている。
そして少量、このようなものを出す。
はじめは脂肪の多い尿酸なのか?脂肪分が多い餌のあとの尿酸というのは、たまに黄色いことがある。
が、これは全部が黄色い。ひながやる気のない無精卵を産んだときの中身によく似ている。
病院で卵黄であることが判明する。


DSC04035.jpg
昨日の晩、脱皮があった模様。
脱皮の皮はがんばって食べたようなので、おなかに何も入っていないわけではないようだ。
脱皮が元気のバロメーターだとすれば、ちゃんと残しもなく脱げていたので悪くはないのかな?と一瞬考えたが、エサを見ても何も反応を示さないのはおかしいと考えなおす。

 で、病院へ。
撮影の許可をもらったのでとりあえずレントゲンの写真。


DSC04039.jpg

これがぺろちゃんのおなかの写真。
コントラストをあげないとわからないんだけど、とても薄い卵殻が右側に写っている。
これが巨大で、3センチ級の卵。
対して左側は卵殻は写っておらず。
超音波エコーでもこの部分は黒く空白として写っていた・・・何があるのさここに・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
しかし排出されていた卵黄は、こちらから来ているのではないか。
片側は異常な卵、卵の中身がおなかに出てしまって腹膜炎を起こしてしまう可能性があり、抗生剤と消炎剤を処方される。
で、巨大な3センチある卵は薄い膜でしか卵殻が写らないあたり、とてもやわらかいのではないか。
卵殻ができちゃってるから吸収も期待できないかなあ。って話。
これがちゃんと産めるかは、わからない。
体力的な問題で開腹するのもためらわれる。できれば開けたくない、と先生。

骨に異常はないか、と聞くと、「骨もへんなんだよー」とのお答え。
それはしっぽに異常が現れており


DSC04040.jpg

曲がっています。ぺろちゃんの尻尾。
カルシウムが不足したことで尻尾の骨が曲がったんだろう。というお話でした。

 ワタシはこの子に何をしてやれるだろうか。

とにかく栄養をとらせること。

おなかが圧迫されて苦しいから食べれないのはわかるので、少量でも栄養のある食べ物を与えること。
これはアレか・・・グラブパイヨーグルトにカルシウム増強して蜂蜜でも入れてみるかな。
これによりきばる力が増えてきて産んでくれるかもしれませんし、ぺろちゃんの総排泄腔を卵が通過できずに詰まって死んでしまう可能性もあるわけで・・・。
なんともいえないってのが正直なところ。
今回は診察の終わりにビタミンと栄養剤とカルシウム剤と抗生剤の注射を打ってもらう。
ぺろちゃん激おこして先生を噛もうとする。あんな激おこのぺろちゃん初めてみた。
このごろきばりすぎて回し車でおしっこしまくってるので、おそらく嫌ションがでなくてこうなったものと思われる。
しもべになんかは威嚇でもなんでもない、あまーい口の開け方だったんだなあ。
ちゃんとしもべを敵じゃないと認識してくれてんだなと感動する。

しもべは気づかなかった。ぺろちゃんが発情していたことに。
もっと食べたい顔してるときに餌をあげていれば、こんなに苦しい思いをさせずに済んだかもしれないと思うと後悔してもしきれない。


DSC04041.jpg
注射のあとのぺろちゃん。
「もうぺろはうんめいをうけいれることにするわ・・・」
弱弱しいです。
爬虫類の皮膚は伸縮性がないので、背中がぽこっとしてます。
ここにお薬を打ってます。時間経過とともに少しずつ吸収されていきます。




様子をみるっつっても爬虫類は結構長いこと抱卵する個体がいるということで(病院の亀は2年卵もったまんまという話・・・)、定期的に注射に連れて行く感じになるでしょう。


 ということで、うっすらと感じていた嫌な予感は厳しい現実となってしまいました。
ぺろちゃんが卵産んでくれるように、しもべはなりふりかまわず足掻こうと思います。


最後に、今回の病院は、再診料にレントゲン、超音波エコーに4種混合のお注射、お薬の処方合わせて14000円ほどでございました。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう〜。


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 14:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院記録

2016年05月28日

細くなった尻尾

 昨日は浮かれてお祭りムードの更新をしましたが、今日はちょっとけっこう深刻かもしれないお話です。
まだ病院連れて行ってないのでなんともいえないんですけども。
まだ仮定の話ですけども。

 ここ二週間ほどで、ぺろちゃんの尻尾が劇的に細くなったんです。
昨日より今日のほうが、細くなったのが丸わかりになる程度に。
三日前にデュビア二匹食べてるのになんでこんなに、細くなったんだろう。と、しもべは思ったのです。
そして餌を拒否するぺろちゃん。
4日に一度ぐらいの頻度で食べさせていたし、普段だったら尻尾に影響なんて出ないのだけど。

餌を拒否し、おなかの皮もたるたるになっているのに、見た目お腹の大きさが変わらないぺろちゃん。
なんか変だ。なんか変だぞ。
そして時折回し車に乗っては、回すことをせずにじーっとして、降りる。
ということを繰り返すぺろちゃん。
食べたものの排泄はちゃんとされていて、昨日立派なうんちぽんをしたばっかり。
ただ、その前のうんちぽんはとても小さかったのです。ソフトシェルデュビアの成虫に近いサイズを食べさせていたにもかかわらず。その割にはとても小さい糞。
そんで、シェルターに引きこもるぺろちゃん。
回し車にいかず、シェルターに体を預けてあったかくない場所にいるぺろちゃん。

変だ。変だぞ。ぺろちゃんどうしちゃった?

で、しもべはぺろちゃんのお腹をじーっと上からみたんです。
するとさ、おなかの下のほうの黄色が濃い場所があるんですよ。なんか入ってて黄色が強く見えてるみたいな感じなんです。
皮がそこだけ黄色いわけじゃないっぽいの。

で、下からみたんですけどもね。
上手に写真とれなかったから、絵にしたの。


pero_onaka.png


白いところと黒いところがあって、白いところは卵だとはっきりわかる感じではなかったんですが・・・
どうも左右の大きさが違いすぎる。
無精卵の場合、ひなのときもよく見たんですけど、左右の大きさが違うことがあるから、そうなのかもしれないんですけども、しもべが気になっているのは黒い影のところ。
普通レオパのお腹はこんなに大きい範囲、黒い部分あったっけ?そんななかった気がすんだけどな?
あるぇ、内出血とかそういう系?
ミー太郎、おまえのお腹ちょっと見せておくれね。とミー太郎のお腹を見てみても、男子と女子は体の構造も皮の厚みも違うようで、ミー太郎の腹は血管が見えなかったんですよ。

だいぶ体力を消耗してるくさいのでヨーグルトをちょこっと。
カルシウムとビタミンを増強した薄いグラブパイヨーグルトを少量舐めさせました。
もしこれが内出血だった場合は、もろ刃の剣なわけですが。
そして急激に尻尾が細った理由を考えると、抱卵してるんじゃないのか。というのがしっくりくるわけなんですがね。食欲がないのも産卵間近、または卵が詰まっているから。という。
地面を掘るそぶりなんかまったく見せてくれなかったので、しもべも抱卵してるのか?というのがよくわからない状況なんですけども、よしんばこれが卵だったらと考えると恐ろしいです。
そして内出血のダブルパンチみたいな。
季節的な一過性の拒食気味、というものであればいいんですが、それにしてはしっぽが細る速度が早すぎるんですよ。
病院に早めに連れて行こうと思います。卵ならレントゲンで一発でわかるはず。
内出血なら獣医さんに見せてみればあっという間にわかるはず。その他の原因があるにせよ、栄養剤の注射などを行ってもらえるはず。ちょっとどうしたことかなと心配しております。

とりあえず現在の考えからできる対処をケージに施して静かにさせています。
ミズゴケを敷いた産卵床の設置、撤去していたカルシウム皿の追加。水にサプリメントを溶かす。
あとはヨーグルトの強制給餌を少量でも行っていく、これで病院まで様子を見てみます。


追記:体重を計りました。69グラム、ぺろちゃんの尻尾プリプリのときの体重が75グラムぐらいだったので、6グラム程度体重が落ちたことになります。
これだけ見るとまだ深刻な事態ではないように見えますが、やはりおなかの黒いところが気になります。


 というところで、今日はこの辺で。
経過はわかり次第記事にいたします。



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

【速報】発情!

 ついさっきの出来事。
チャーン氏のおひざの上にはミー太郎。まったりしている。
イヤイヤだけど乗ってしまえば落ち着いたものよ。
そこにしもべがぺろちゃんを連れてきた。
ミー太郎、ぺろちゃんに気が付いてぺろちゃんの体に鼻先がふれるたび

ぺろっ ぺろっ ぺろっ

とニオイを嗅いでいる。

その様子はいつもと違った。いつもならぺろちゃんを見るとどっかに逃げていくというのに、体をながーくしたまんま一心不乱にその匂いを嗅いでいる。

「ああっ・・・!なにこれ・・なにこれ!!!」


チャーン氏が悲鳴を上げた。チャーン氏のひざの上でミー太郎の尻尾が小刻みに震えていたのだッ!


これは、ついに来た!こんなところで来た!


ぺろちゃんはしもべの手の上からチャーン氏のひざに降りた。そして匂いをかがれるままになっていた。
そしてミー太郎がついに、ぺろちゃんの首にかぷっとかみついたのである。

心中穏やかでないのはチャーン氏だ。


「やめてよぉー!こんなところでやめてよぉー!!」


なにせ自分の膝の上で交尾が始まっちゃうかもしれないんだから、そりゃあおろつくのも仕方ない。
しもべは冷静に冷静に「いや、そのままにしとけ。大丈夫、横漏れしたりしないって( ´>ω・)b〜☆(何が?)」


「いやだよぉ!やめてよぉ!汚れちゃうよぉ!」


だってしょうがないじゃない。降ろせないじゃないこんなときに。
自分の心配もしつつ、ぺろちゃんの心配もするチャーン氏。なにせ自分の膝の上という超至近距離でぺろちゃんがかぶーっとやられているんだから。


「ああっ、こんなにかみつかれて、ぺろちゃんかわいそうっ!痛そう!かわいそう!
こらー!ミー太郎離れなさい!!!」


完全にお父さんになっているチャーン氏。
ミー太郎はそういわれてもホールドを解かない。
ぺろちゃんが抵抗を始めた。
後ろ足でミー太郎の頭を蹴りはじめる。その姿は「いやーっ!ぺろ今いやだっていってるでしょー!やめてよミー太郎くん!やめてったら!」と言っているようである。
まあその割にはあまり抵抗してないんだけどさ。
しばらくこう着状態が続いて、ミー太郎はあきらめてぺろちゃんを離した。
ちょっと場所がよくなかったね( ´>ω・)b〜☆
次はちゃんとケージに下ろしてやるからな!


 おお、なんか一度だけは繁殖しとこう。って思っていたのが実現しそうな予感です。
ミー太郎は間もなく2歳、ぺろちゃんが今年で3歳。
二頭とも脂ののったいい年齢ではありませんか。
旅行を控えているのでもう少し先になったら、もう一度チャレンジしますかのう。

さて、ピンクマウスでも取り寄せるかなぁ。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年05月26日

ソフトシェルを見つけろ

DSC_1429.jpg

 我が家のアイドル、ぺろちゃん。
そのぺろちゃんがご飯をなかなか食べてくれなくなっておりました。
ブリブリだった尻尾がホッソリとしましてな。そりゃもうほっそり。
でもおなかまわりの脂肪はでっぷり溜まってまして、ぺろちゃんの場合は脂肪がたまる順番てのがあって、

お腹まわりが溜まりきってはじめて、尻尾に貯蔵がはじまる

みたいな感じだったです。
使う順番は逆みたいで、だからおなかの周りに脂肪がついてればとりあえず尻尾細くてもなんとかならぁ!
って思っておったのでございますよ。
でもこのごろ、おなかも皮がぺにょっと伸びてきたわけです。おおう、とうとう腹回りまで使い始めたかあ。
こりゃどうしたことだー。
デュビア見せても、一瞬食べる気になって、その後食欲ゲージがギューンと下がっていくのが見てわかるのです。
グラブパイは今食べてくれませんでなあ。ミー太郎もそうみたい。デュビアが今おいしいみたい。
んで、まあしもべはこうなった原因を考えてみたんです。

二週間ほど前でしょうかね。
しもべ宅のデュビたちが羽化ラッシュだったんですよ。新成虫誕生の瞬間。そして誕生したはなから「ゴメンヨっ!」って言いながらぺろちゃんとミー太郎にあげてたんです。
真っ白で神々しくて、困り顔のデュビアたちを。
羽化したてのデュビアであれば、雌の成虫だって食べれるわけです。外骨格が固まったらてぇへんだっつって、食わせておったのですよ。
「そーら、ごちそうだぞう?」ってね。

そして、いつしか羽化ラッシュは終わり。
小さい幼虫が樹皮の上に置いてある鉢底ネットの上で脱皮して、たまーに白いデュビアを見かける程度になったのです。
そのころからかなあ(´-ω-`)
ぺろちゃんが餌に興味示さなくなったのってさぁ。
ミー太郎は付き合って食べてくれてるみたいだったですねえ・・・普通のデュビアを。
でもねえ、ぺろちゃんは、白いデュビアが出てこなくなってから何の餌にも興味を示さなくなったんですヨ。

で、昨日の明け方。
ピンセットだけぺろちゃんに見せてみたら、いつになく食べる顔をしたので、小さくても白いのと、普通のデュビアをもってきて給餌。
最初に普通の、次に白いの。でやったらちゃんと食べてくれたんです。

今日もそんな感じで小さいの二匹でおなかいっぱい。いや、食べたい気持ちはありそうなんだけど、ノーマルデュビア見せるとやる気がしぼんでいくのがリアクションでわかるんですよ。
どういうことなんだぺろちゃん。ついでにミー太郎も、一匹目がノーマルだったからっていきなりやる気なくすんじゃない!
貴重なごちそうっていったじゃないかヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


DSC03981.jpg

 今日からデュビアケージの前でしもべは脱皮乞いの舞を踊ることになりそうでございます。
どんどん育て、どんどん脱げよー!
あんなにもらってもらったのに、ゴリゴリ増えやがってまたケージ内がカサカサしまくってるじゃないか!
その前に、コオロギとかはさんで舌のリセットかけるべきなのかねぇ。柔らかいのがお好みで、かつやわらかいグラブパイがいやなんだから別の昆虫で試すべきなんだろうと思うんですけどねぇ。
定期的に餌に飽きるイベントが発生して、参りますなあ。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年05月25日

ねぞう

DSC04017.jpg

このごろのしもべ家のリビング。
人が寝静まっていると回し車が二台同時稼働する光景が見られるようになった。
カオス。
自転車発電の工場みたいに見えるけどさ。
つくってんのは、ウンコなのよね。



 静岡に、いきたーーーーい。
いや、単に旅行で行くことになったんだけど、どこにいこうか迷ってて、迷ってるけど行くことにしたのねん。
伊豆へ行くか浜松方面に行くかでだいぶ変わってくる、とっても広いサイレントヒル。
大井川鉄道の写真みたら、ごっつい乗りたくなったし、以前おきさんに教えてもらった梅ヶ島温泉もいきたいし、でも大滝への道が今ふさがれちゃってて行けないって話なので今回はやめとくかってなったり、Izooは外せないだろうとおもいつつ、いやいや大室山いくべぇアーチェリーしようぜ!とか、シャボテン公園いってカピバラさんみようぜ!
とか、久能山東照宮か富士浅間神社いこうぜ!だとか、あっちもこっちもいきたいところが満載。
でもどれもこれも離れてて、範囲や時間は限られる。悩ましい。
静岡いったら、これはいっとけ。というおすすめあったら教えてください。検討してみる!
場所によるけどさ。浜松方面までいくように今考えてないからなぁ。
1泊目は沼津に泊まっておいちい海鮮と居酒屋いってのむべぇ、というお話をしております。深海水族館もいくんだぁ。シーラカンスッ!シーラカンスッ!
二泊目は伊豆かなぁああああ(´ε`;)ウーン…
伊豆ってとっても広いよのぅ。熱海はけっこういったから除外で。伊豆高原か、南伊豆か・・・うううう。
悩ましいー。

と、+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +の旅行の予定を組んでいるぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんにちわ( ゚ρ゚ )ノ

カミュの環境に緑の苔を置いてあげたその後のお話でございます。

帰宅したあと、夕方にカミュを探しますとこのごろ高確率で


DSC04018.jpg

このフッサフサの苔のどこかに隠れてんです。
前の記事のお写真だと苔の下にもぐりこんでたんですけどもね。使い方がよくわかったみたいでして

この苔を皿から持ち上げますとな。



DSC04024.jpg

このよーにして、苔に上半身を突っ込んで爆睡してんです。
しもべは初めてこの体勢を見たとき、死んじゃったのかと思ったです。微動だにしねぇのよ。
初めて見た日はもっとシュールだったの。
丸まってなくて、かわいいあんよとおまたと尻尾がピーンて出てたんですよ。


DSC_1712.jpg

しばらくして起きたか、何事か?と出てくるカミュ。

朕の眠りを妨げたのはたれじゃ。

と申されておるようです。
うちの小さな竜神様じゃのぅ。ってかお腹の色と鱗の並び方が、お魚みたいなんだよね。
プリプリのお腹を見ていると、ヨダレを禁じ得ないしもべでございます。


DSC_1714.jpg

かわいい竜神様じゃのぅ〜〜。


 ここから這い出したあとも、涼しいっていうのに苔皿の下にもぐりこんでいたり、毎日のように苔の中で寝ているのでなにかなぁ〜〜と思ったら


DSC04025.jpg

脱皮でした。きれいにつるっと一本脱ぎしてますな。尻尾だけど。
で、前回、前々回と脱ぎきれていなかった指先なんですが、飛んでしまいました(´TωT`)
爪が飛んだだけなのか、指が飛んだのかカミュが小さすぎてよくわからんのですが、明らかに指が飛んじゃったとこもあるのです。ああああ。ごめんよおおお!
カミュ好みの湿気ってのがわかったので、苔は維持していこうと思います。
現在カミュは加温なし(あんま寒いとパネルヒーター入れたりする)、プラケースは窓辺に置いて、ふたをせずに風を通す感じにしとりますだ。
そんなこんなで、カミュの飼育環境の調節はこれでおっけいかなと思います。

まだ小さいんだけど、来たときより一回りぐらい大きくなった気がしますよ。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 13:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録