2016年05月18日

6回目の産卵とカミュの苔

 三日続けて更新だと?!すごいじゃないかしもべ!!!
やっとここのごろ、ブログに書きたいことが出てきたのは、しもべが少し元気になったからじゃないのかな。
などと思いまする。まあ、このネタでまた打ち止めになりそうなんですけどね。

 というわけでぺろちょろめろひなミロカミュのしもべ、ポピでございます。こんばんわ。


さて、ひなが6回目の産卵をしました。
その数日前に脱皮があったんですよ。普段は同時ぐらいなんだけど、今回脱皮のほうが少し早かったです。
肝心の噛んでた指なんですが、こんな風に落ち着きました。

DSC04005.jpg

キレイなヤモ色の肌になりましたね。
脱ぐときちょっとだけ出血したっぽいですけど。

DSC04006.jpg

ぼけちゃったけど拡大はこんな感じ。
指先潰れて先細りの指になっておりますが、指そのものが残ったのは僥倖でした。よかったよかった。
さて、元通りになるんだろうか。


 脱皮終わったし、産卵するだろうなそろそろ。という予感があったので、産卵前にちょっとだけグラブパイヨーグルトを食べてもらいました。ほんとにちょっとね。
もうヨーグルト見ると舌がペロペロ出ちゃうちょろちゃんとかりめろに比べたら、ひなは嫌々で大変なんですけども。食べてもらわないと疲労回復ができないのよひなちゃん!!ってなりまして。
しもべがヨーグルトを口にぺとっとつけますとね、ひなは我慢して舐めないんです。
しもべがどっかそっぽむいてるふりをしてる時と、スプーンなりシリンジなりが離れた瞬間にすごく急いで舐めます。頑固者だなあほんとに(´TωT`)

んで、昨日ケージの中にぁゃιぃ痕跡を発見しました。

DSC04009.jpg

なんか、やる気がなさすぎる卵を産んだ痕跡が・・・
卵殻の跡地みたいなのが流木についてて、キッチンペーパーには中身とおぼしき黄色い黄身の跡が・・・
裏からお腹見てても、片方ずいぶん小さいなって思ってたのです。
んで、その小さい片方を先に産んだ模様。
ひなのおなかをみると、でっかい本チャンの卵が残ってました。
今日か、または明日かで産むだろうと思ってみてましたらば


DSC04013.jpg

今日産みおわってました。こちらはずいぶんとKIAIの入った無精卵。

度重なる産卵でひなの頬のカルシウム袋がだいぶ小さくなって


DSC04007.jpg

以前は正面からみると、おたふくちゃんのようにぽこーんと存在感を放っていたカルシウム袋がしゅっとなくなっております。
ヤモ相変わっちゃったぞ。

DSC04008.jpg

しゅっとしてしまいましたのう〜〜。
ここまで頬袋の貯蔵が減ったので、そろそろ打ち止めにしてもらいたいものです。
そんで温存してほしい。お願いだからもう産まないでください(´TωT`)


 さて、ニホントカゲのベベちゃん、カミュのほうなんですけども。

脱皮を二度ほどしておりまして、そのたびに指先に皮の残しがあったのでどうしたもんかと悩んでおりました。

んで、トウレプに行く前の話です。
しもべは試しにウェットシェルターの中にミズゴケを詰めてみることにしたのです。
ぎゅっと詰めて適度に湿らせたミズゴケを、シェルターに詰めて出かけ、帰ってきて乾いていたので水を注いで湿り気がいきわたるように上からパフパフと押しました。
シェルターを片手に持ったまま、ベベちゃん〜〜とカミュをケージの中で探しておりましたが、どこにもいないんだわー。
あるぇ、掘っても掘ってもでてこないぞー。
かみゅーーーーどこいっただーーー!
ざっしゅざっしゅと土を掘るしもべ。ケージの内容物を全部出して手で掘りまくっても、いっこうに出てこない。
そこでやっと、しもべは片手に持ってたウェットシェルターを見たのです。
そっと水を潤沢に含んだミズゴケをどかしていきますと、いっちばん下の端っこのところに詰まるようにしてカミュが隠れておったのでございました。
あぶねーあぶねー。もっとガンガン水注いでたら、溺死させちまうところだったじゃないか。

そのヒヤリハットな出来事から一日経過して、また同じように適度に湿って、適度に乾いた状態のミズゴケになっている時。シェルターのミズゴケをどかすと、やっぱりそこにカミュが入り込んでいるのです。

それでこのぐらいの湿り気と温度、あと厚みがあると安心するし快適なんだな。
と考えまして、トウレプで緑の苔をこうてきたのです。

で、ヤモイモ母さんに苔の扱い方を教えていただき、素焼きのお皿の上に乗っけて


DSC04012.jpg

こんな感じで設置してみました。朝晩苔に霧吹きしてさ。
ミズゴケは、ウェットシェルターに入れっぱなしだと運用しずらくてしょうがなかったのでタッパに移してしまいました。
密度や厚みが足りなくてこちらは使ってもらえてませんが、今日自宅に帰ってきて、苔に水をあげよーっと。と霧吹きをしていたところ。


DSC04011.jpg

おおう、カミュ。
こんなところにいたのかYO!
気に入ったか?ここ気に入ったか??
ここばっかいちゃだめだぞ?ちゃんと乾いたとこにもいきなさいよ?ここ冷えるんだからね??
などと言いながら、エサ皿が空になっている様子を見てしもべはニッコリ。
次の脱皮はこれでうまくいくことを祈ります。さてさて、どうなりますやら。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年05月17日

回し車がウンコ車になる問題の個人的見解

 おおミー太郎。生まれる前から回し車を回していたかのように、当たり前のように回し車で遊ぶミー太郎。
もっと早くに入れてやればよかった、もっと早くに。まだ二日しか経ってないのに、あんなに楽しそうに回し車に出勤して、あんなに活き活きと!
と思うぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ。

 さて、回し車を入れると高確率でそこがトイレになる問題が、ミー太郎にも発生しましたヨ。
/(^o^)\ナンテコッタイ
しかしこれには理由があると思うのです。どのレオパでも、ほぼ回し車がトイレになってしまうのです。
よく聞く話です。
で、しもべは思うのです。

レオパダンスなる奇妙な踊りを踊り出すことがありますよね。
わちゃわちゃーと、たっちして壁に手をこすりつけ、バランスを崩してぽてっと地面に着地する。
この動作を繰り返している光景は、レオパ飼ってるとよく見る光景だと思うんです。
いままでじっとしてたのに突然動き出してそういう動作をする。
そしてウンコ皿の上でふんばる姿を。
ミー太郎ではこの約二年間、嫌になるほど目撃した姿でございます。
逆に回し車が入ってるぺろちゃんは、踊ることはありません。なぜか。

 レオパはウンコをする前に、踊るんですよ。
腸の動きを高めるために踊ってんです。たぶん。
しもべはこの踊りをウンチング体操と呼んでおりますが、このウンチング体操は、回し車を入れることによってなくなるんですよねえ。

回し車を回す→腸の動きが活発になる→便意を催す→ウっ!→ウンコ完了

みたいな流れかと思います。見ててそう思うんだわ。

レオパは定位置にトイレを定める生き物ですが、このトイレの位置のさだめ方には一定の法則があります。
それは


寝床から一番遠いところ


に、定めるってぇこと。
シェルターが寝床になっている場合がほとんどであろうとおもいます。
すると、そこからもっとも遠い位置にトイレを定める傾向にあります。

回し車を入れる前のミー太郎のトイレはやっぱりシェルターから一番遠いケージの角でしたし、ケージが変わる前のミー太郎のトイレ位置もそうでしたね。
ある程度離しておきたいようです。

で、ここで回し車ですよ。なんでトイレにもいいのよさ。と考えると、回し車って中空にあるじゃない。
シェルターから近くても、位置は中空になるからやっぱり遠いって認識になんでしょうね。
自分の目線に入ってこないのでトイレにしちゃうのも好都合。

そんな理由から、回し車を与えるとそこがトイレに変わるんだろうな。と、しもべは思うのです。


 回し車を入れることは、賛否両論あると思います。
たとえば指飛びの原因になること。すきまが多少あるので、指をはさんで怪我することがね。
これはキッチンペーパーを張ることで防止できます。
どうせトイレになるんだから、キッチンペーパー貼っといたほうがいいんだヨ。おしっこも出るから水分吸ってくれて大参事になりにくいですし。

爬虫類は運動する生き物ではない、というのもうなづけます。
アダルトになれば、エサを絞りますからね。そのぶん彼らは体力を温存しようとしてどんどん動かなくなります。
いま、餌が週1から2ぐらいで、特にぺろちゃんの温存傾向が強くなりました。
子供の頃はあれだけ回し車にべったりだったのに、このごろはウンコしたいときしか乗らないです。
レオパは自分でどうするか判断してますんで、ハマりすぎてオーバーヒートするほど動いたりってことはないのですよ。
あとは、回し車の場所は空間温度はあっても地熱はないので、そう暑くないってことかなあ。
ドライシェルターの代わりになるんですよね。

夏場になって代謝が上がってきたのでこれから給餌頻度をあげる予定ですが、そうなればまた少し動くようになるでしょう。
つうか、すでにぺろちゃんが痩せてきているので代謝に対して餌が足りてないものと思いますが、軽いダイエットと思ってまだ給餌頻度は据え置きで。


 で、ぺろちゃんに早いうちから回し車を与えた結果、これはよくなかったと反省するところが一点あります。

それは


胸の骨が曲がったこと


命に別状はないのですが、湾曲した回し車の上でよく眠っていたため、成長中の骨がそれに合わせて変形してしまったのではないかと考えています。
これが産卵に影響するかはまだわかりません。何か生活するうえで、影響が出てしまったら。という危惧は常にあります。今のところ問題は起きていないってだけで(;゚Д゚)

なので、幼体のうちから回し車を与えるのはおすすめしません。ある程度育ってきて、骨が丈夫になってからなら大丈夫じゃないかなと思います。
ミー太郎は間もなく2歳になりますが、そこからでも充分興味を持って使いこなしましたのでね。

与えるサイズは、大き目がいいと思います。
小さい回し車を与えるぐらいなら入れないほうがいいと思います。
体長よりひとまわり小さいぐらいがちょうどいいと思う。ほんとは大きいほうがいいけど、直径がでかくなればなるほど巨大化するからスペースとの折り合いがつかなくなりますよね。
体長23センチのぺろちゃんには21センチの回し車を。
体長27センチのミー太郎には25センチの回し車を、で設置しました。
うちのケージは幅45、奥行き30、高さ35なので、この大きさが限界ですなあ。
もともと回し車を入れるためにこのサイズを作ってもらったので、想定内ではあるんですけどね。


 回し車入れてみたいなー、でもどうなるのかなー。と思っているそこのあなた。
そこがトイレになってもいいなら入れるといいですよ。断言できる、そこがトイレになると!!!
ウンチング体操する子は、高確率でこれを使うと思います。
回し車を使うことで起きる危険な事や生体への影響などを考慮して、与えるか決めてくださいましな。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年05月16日

トウレプ2016

 朝、起きてしもべは使い捨ての丼容器にデュビアを詰めた。
おまえたち。あっという間に増えやがって。
だから使ってくれそうな知り合いの方のところに、お弁当として差し入れするからね。お入り、お入り。
ごきぶり弁当ダヨー。って渡すの。たぶんウケると思うんだ。

 デュビたちに普段使っている樹皮を一枚入れて、切ったキッチンペーパーを敷いてどんどん入れる。
成虫から優先的に、さあどうぞ。さあさあ、お入り。
容器の中にデュビアの密度が増えてきて、カサカサ音が激しくなった。そのあたりで、容器からぽとぽと零れ落ちそうになる子が増えてきた。うん、そろそろ限界かな。
大きな容器じゃないし、差し入れだからこれぐらいでいいかな。
ふたを閉めてひと段落。しもべは用意しておいたお手製の掛け紙をかけた。
白いコピー用紙に、縦書きで「お弁当」と書いて、ハートマークに見えるようにデュビ成虫の雌雄一対の絵を描いた。
その下に、「は虫類専用」。

仕込みは上々。ヤモイモ母さんへのお土産も包んだし、さて行くか!

トウレプへ。

 というわけで行ってまいりました、東京レプタイルズワールド2016へ。
ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ。

 ヤモイモ母さんが先に会場についていたので、連絡をとりあいながら合流。
一年ぶりにお会いするヤモイモ母さんはあいかわらず美人で女神のようなオーラを放っておられました。
ついでにツイッターでコミュニケーションしてる方に会えるかもしれないからってんで、自分の着ているサイケデリックな、柄が全部かえるウィンドブレーカーを晒して、見つけたらお気軽に。とツイッター上に伝言を残しました。
人が多いイベントなので見つかれば御の字ってとこだしあまり期待はしませんでしたが、なんとヴェーさんがお声をかけてくださいまして、しもべ嬉しすぎて漏らすかと思いました。
わざわざ探してくださって、お手数をおかけしました。ありがとうございます。
次はいっぱいお話したいですね( ´>ω・)b〜☆

用意していったお土産もちゃんと渡せて、笑いがとれてしもべは幸せでございましたし(´∀`*)ウフフ


 さてさて、イベントの写真は水まんじゅうのかえるさんしか撮影しておりませんので、ぱぱっと感想っていうか雑感を書いておきます。

人は11時ぐらいはまだまだ歩ける感じで、12時過ぎてきてごった返してきましたね。
会場が通路を挟んで2つに分かれていたのでけっこう広くてぎゅうぎゅうづめで通れないってことはなかったです。
おおむね快適。
恐ろしいことに、活餌が月夜野ファームさん以外では、シルクを扱ってる店舗以外でほとんどみかけなかったこと。
ヤモイモ母さんもローチを探しておられましたが、見つからなかったんですわこれが。
/(^o^)\ナンテコッタイ
デュビアも活餌としては売られてませんでしたね。餌ヤモリはいましたけども。

しもべはカミュのイエコ、先月250匹取り寄せたものがほとんどいなくなってしまったのもありまして、月夜野ファームさんで購入するという目的がありました。
それともうひとつ探していたのが三晃商会さんのサイレントホイール25。
ぺろちゃんのはサイレントホイール21で、かつてそれを購入したときには25は発売されておりませんでした。
これはミー太郎用の回し車として購入する目的で探し回っていましたが、やはりないわけです。
しかして、三晃商会さんのブースには、プレゼン用の現物がありまして、声をかけたんです・・・

「すいませ〜〜ん!そのサイレントホイール、売り物もってきてませんかー?」
と、でっけぇのを指さして言ったんです。
すると、社員さんが言いました。

「あっ、現物になりますけど、それでよければお安くしときますよ!」

ときめきましたともよ。
なんという商魂!!!痺れたぜ!!!

しかして、テグーサイズのケージにとりつけてあったもので、足をもってきてないとのことでした。
なんという残念なことでしょう。足がないとうちのケージには入らないのですよ。
ただ、25センチのスケール感は実物をさわらせてもらってよくわかりましたので、見つけ次第どこでもいいから買う。と決めました。
お騒がせしたのを謝って、ヤモイモ母さんとワイワイ見て回ってお互い一番探しているものが



ない


という結論に達したのでランチタイムへ突入。
お話楽しかった・・・(*´д`*)ハァハァ
あっという間に時間は流れ、解散30分前になりました。

最寄りの東急ハンズの実験コーナーに、シリンジ売ってるはずなので強制給餌用グッズとして買おうとなりまして、東急ハンズへ。
そこでタイムリミットになり、解散となりました。
ヤモイモ母さん、しもべと遊んでくれてありがとうございました。今度は山にいきましょう!
いただいたお土産も、苔が育つように祈っててください。枯らしませんように・・・
窓辺で容器にいれたまま置いて、観察しております。


その後しもべはその一つ上の階にあるペットショップへ寄り、帰路へとついたのでございました。










━―━―━―━―━―━半年後━―━―━― ━―━―━―





DSC03988.jpg

おお、ミー太郎や。
お土産いっぱいあるぞよ。特にお前さんのためにゼニをはたいてかってきた遊具があるぞよ。

ミー太郎も一緒に紹介しておくれ!









★本日の戦利品★


DSC03990.jpg


フヒヒ・・・けっこうかっちまったぜ・・・
一番高かったの?サイレントホイールだよ・・・4千円もしたんだ・・・
あったんだよ。ハンズの上のペットショップに。値引きはなしさ!!!

これで・・これで使ってくれなかったらしもべは・・・・・(つД`)・゚・゚。゚。ウワァァァァン
たださ、確信みたいなものがあったんです。
ぺろちゃんの回し車を掃除したあと、外に出してたミー太郎を乗っけてみたら、回しそうだったのです。
よくウンチング体操もしてますしね、立体活動をしたそうな仕草もします。
でもねえ、体長27センチのミー太郎には21センチは小さかったんだ。
せめて25センチはないとまずい。
大分前に30センチを見せてもらって、やっぱ直径の大きいモデルってなでっかい動物が使う想定だから、奥行きも半端なかったんです。
30だとうちのケージの高さを超えるし、ケージの半分を回し車が占領することになってマズイんで、中間のサイズを探していたんですよ。このごろになって発売されたようで、買うなら今しかない!ってなりましたね。


他にも苔を買って来たりしたのですが、写真撮るの忘れた(;゚Д゚)

まずはサイレントホイールをあけてみようかな!

ぺろちゃんのやつと並べてサイズを比較してみましょう。

DSC03992.jpg

オレンジ色が直径21、隣が25ね。

デッケェな・・・、入るかな・・・。入るはずだ・・(゚A゚;)ゴクリ


DSC03993.jpg

奥行きも比較してみましょうね。
あらやだ奥行きもデケェじゃないの。(゚A゚;)ゴクリ

じゃあ、ケージに入れてみましょうかね・・・




DSC03995.jpg


(゚A゚;)ゴクリ


このままの構成じゃ、全部入りきらないなあ。
ミー太郎も、圧迫感があるのか降りてすぐにシェルターに隠れてしまいます。


DSC03996.jpg


やはり、このぐらいの奥行きでちょうどいいのかもなあこの子なら。ちゃんと踵をかえすこともできるし、この上でまるまることだってできそうだ。
ぺろちゃんには21がスケール的にもよくあってるし、体長より気持ち小さいぐらいがきゅうくつな感じがしなくていいみたいだ。


このあと、ミー太郎の様子をみながらケージの内容物を精査しました。
しもべは考えることにしておるのです。ミー太郎がいつもいるシェルターの中から、サイレントホイールがどう見えているのかを・・・。
前に向けていればミー太郎が乗っかっていたら可愛い姿がすぐ見えていいけれど、それは人の都合なわけです。
ミー太郎が使いやすいようにしてやらねばなあ、と行きついたのが


DSC04002.jpg

この置き方。
見えますでしょうか、ミー太郎は回し車の足の下におります。
かつてぺろちゃんがひんやりしたいけどまぶしいのが嫌で、回し車の下でよく寝ていたのを思い出します。


こんなふうにね!

DSC04004.jpg


よし来た、これだ!!!!
あごのせしてキタ――(゚∀゚)――!!
これもう鉄板パターンです。よく見た光景。きっとこの子は使うに違いない。

一週間もあれば慣れて使う姿が見れるに違いない(ΦωΦ)フフフフフフフ…



ケージのセッティングが終わり、ミー太郎が早くも落ち着いてくれたのでもう一つのレオパをセッティングする場所を探しました。

もう一つのレオパってのは


DSC03991.jpg

このキーホルダーです。
前日に売り切れてしまい、徹夜で作ってきたとおっしゃっていました。
血と汗と涙の結晶のこのキーホルダー。できればぶら下げて歩きたいけど、なくしてしまいそうでね。
いつも見える場所に置いておきたいと思ったらこの場所に落ち着きました。


DSC04001.jpg


電気の傘の下。紐になってもらいました。
しもべ人形と一緒だよ(ΦωΦ)フフフ…


DSC04000.jpg

どこから見てもかわいいねえ(´∀`*)ウフフ



 くたくたになってたので、早目に眠って今日はお仕事、4時半に起きたしもべ。

その目に飛び込んできたものは








 早すぎでしょう?!
もう電気つけたら回ってましたので、ついさっきから回しましたって状況でもなく・・・
しもべが用意をする朝の一時間回し続け、チャーン氏が仕事に行くために起きる次の一時間も回していたそうな。どんだけドツボにはまったんですかミー太郎くん。

ミー太郎は肝の据わったレオパだなぁ、と常々思ってましたが、肝というより適応能力が早いとか、おばかさんだと思っていたけど案外かしこいとかそういう子なのかなと。
ミー太郎の新しい一面を垣間見た明け方の感動でございましたとさ。

 もうちょっと報告したいことがあるのですが、この記事が倍の長さに伸びそうなのでそれはまた次の機会とさせていただきます。




 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 15:53| Comment(6) | TrackBack(0) | イベント

2016年05月12日

徒然近況

 デュビどもよー!喜べー!
おまえたちが大好きな麦茶の季節がやってきたどー!

で、絞って水気をある程度切った出がらしの麦茶と、月夜野ファームのコオロギフードをデュビにあげてみたわけですよ。
まあいまだかつてない群がりようで面白いこと。
麦茶をさらに盛り、その上からコオロギフードを振りかけてあげたんですが、中に何匹かコオロギフードを被った子が出ちゃいましてね。
でもそういうことはこれまでも何度かあったし、でも汚れたままの子って見かけないよなーそういえば。
なんて思いながら観察をしていたら、背中のコオロギフードを他の子が食べてました。
背中にかぶった子は一生懸命餌を食べているところで、ななめっていたので食べにくかったのかすぐ食べるのをやめてしまいましたけども、こういうわけだったんだなあ。デュビアスゲェ。

 というわけでご無沙汰しております。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわ。

本日はこのごろあったことをダイジェストに絵日記にしてみたのでよろしければおつきあいください。


 まず、今日あったことー。
ぺろちゃんをケージから出して温浴をさせようとおもったんですよ。
このごろデュビアを食べたい欲が出てきたようで、デュビアが餌になっているんですが、デュビアに変えたら便通が滞ってるんですね。二頭とも。
なので温浴しようとおもったんだけど、実は今日しもべんちは15時まで断水してるってことを思い出して、ケージの前で逡巡してたんです。
ミー太郎はお布団の上でぐうぐう寝ていたのですが、ピクッ!と起きまして


miropero1.jpg

ぺろちゃんをガン見しながらこのように熱いリアクションを取り出した。
これまでぺろちゃんにはまったく興味を示さなかったミー太郎が、ぺろちゃんを見ている。
ぺろちゃんを見て外に出せ音頭を踊り出した!!!
おおおおお、とうとうミー太郎に春が来たのか?!春?!もしかしてほんとに?!
交尾いっちゃう?などと思いましたが、ウンチでないのに交尾はあるまい、と踏みとどまったしもべ。

 で、数時間後。
ニホンヤモリーズに餌をやろうと給餌をしていると、やっぱりお布団の上で寝ていたミー太郎が超反応。
さっきと同じ超反応。

アレ、さっきのアレってもっかしてこうだった?

miropero2.jpg


しもべはがっかりしたぞよ。お前はいつになったら春がくるのかのうミー太郎。
という出来事でございました。

 次はニホントカゲのベベちゃん。
二週間で脱皮するようで、だから脱皮できてるかちゃんと見てるんですがお手手がうまくぬげないらしいのです。
環境の中には湿った場所を設けていますが、それでも不十分なようでして。
(´ε`;)ウーン…どうしたもんかなあ。
で、温浴。

温浴したあと




こんなふうにしてティッシュにくるんでふやけた手袋をピンセットで剥いてました。
あらかた剥けたけど、指先の上のほうに皮の残りがあってですね。
下のほうはとれてるんだけど上に残ってる。針金のようなお手手なのでこちらで剥くのを躊躇してしまいました。
で、温浴してもらってケージに戻し、数日それでとれるか様子をみてたんだけどやっぱとれない。

しもべ、ベベの皮剥きもだいぶ慣れてきましたが、お手手はやっぱり触られるのが怖いみたいでね。
ベベちゃんはこんなリアクションをしてくれます。

kamiyu1.jpg

濡らしたティッシュで指をちょいちょいこすっているとぴとっと胴体にお手手をつけてしまうのです。
かわいらしいけど今はやめろ!!!!剥かせろおおおおお!!!
ベベもよーくわかっているみたいで、本格的に皮がとれはじめるとおとなしーくなるんですけどねえ。
取れる前はこうしてイヤイヤするんですよねえ。
だいぶとれてきましたが、環境を見直す必要があるようです(´TωT`)

しもべは考えております。隙間がいっぱいある石、または石垣のように組んで隙間を作った石に、苔活着させてそこで脱皮してもらえないもんかと。
どうやったら上手にできるかを考え中です。そもそも、べべのケージに入れているくじらさんのシェルターは、実はヤモイモ家にもっていくはずのもので去年作ったものでした。
でも訪問までに出来上がらなかったんですよ。ちょっと焼きが特殊で、素焼きせずに焼き締めっていう、いきなり本焼きする手法をとったんです。
で、焼き方も窯に藁を詰めて作品と一緒に焼くって方法だったのです。
こうやって焼くと、粘土の塊が岩になるんですよ。重量もあり、水への耐性も強くなり、水槽に沈めるに十分なものができるだろうと思って作ったものなのです。
釉薬をかけずに作っているのでテラコッタとは違った趣の焼き上がりになるんですよさ。
これをイモリの宮殿のアクセサリーにやはり使っていただき、しもべはべべのために何か苔で脱皮の助けになるものを作ろうかと思います。
トウレプにいくつもりはなかったんだけど、やっぱり行くか!ってなりました。
いい石、売ってネェかなあ(?!)
山の近くで拾ってきてもいいのかもですけどね。山から拾ってくると、物議を醸すからさ。


 最後に、ひなが6クラッチ目を・・・やっぱり抱卵しておりました。
なんてこった、もうやめてくれよひなーーー!としもべの内心は修羅場です。
ひなが食べているのは、デュビアの1令ではありません。3令ぐらいまで育ったやつです。
1令と3令って、大きさにだいぶ開きがありますよね?デュビア飼育してみるとわかるんですが、3令ってでっけぇのよ。
たよりない小ささではなく、おなかとかもプリッと肉のついた1センチ弱の大きなデュビアを一回に7匹とかぺろっといくので、おかしいぜって思ってました。
思っていたけど卵って、おなかの下に降りてくるまで見えないのです。昨日、降りてきているのが見えましたのでしもべは頭を抱えました。もうやめろ、やめてくれー!って。
卵が見えてきたので間もなく産卵であろうと思います。
その後の脱皮がとても怖いのですが、よく観察していこうと思っております。
ああ、大変だ。ひなの産卵が止まんないよおおお。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 23:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年05月05日

ベベの脱皮としもべの高尾近郊ルート感想

DSC_1615.jpg
2日か3日前のベベカミュ。なんかくすんでるなーと思い、脱皮くさいので夜叩き起こして温浴。
カミュは温浴が好きなようだ。
ついでにチャーン氏の手の上にいると、危機感を感じないのか逃げない。
しもべの手に乗るとすごい速度で逃げようとする。/(^o^)\ナンテコッタイ



 昨日、ニホンヤモリーズのケージを掃除してるとき。
かりめろ大脱走。しかしチキンなかりめろは埃が積もったソファーの下から動こうとせず、しもべにつつかれて出てきた次第。
なんというか、脱走する時は本気のヤモダッシュなのに、捕獲するときは逃げ足が鈍っているのですよ。
きっとおんもの怖さで脱走5分で心細くなっているに違いない。ういやつめ!
などと思う、ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ。ご無沙汰しております。

 このごろは主にかりめろばっかりなんですが、逃げられた時に家具の下とか見るじゃないですか。
そんときに「あー、積もってるなー。そういやこのごろ動かしてなかったなー。掃除するかー」となるのですよ。ヤモが脱走したときじゃないと診ないっていうのはすごく問題があるとおもうけど、めんどくせーから掃除あんまり見えないとこしないんですよねぇ。
めろの脱走はよかったのか悪かったのかw

 さて、本日高尾のあたりを一人でプラプラほっつき歩いてきたんです。目的は高尾山の権現茶屋で、天狗ラーメン食べること。だけど朝早いのでお店開いてなくてってなると悲しいので、遠回りしていくことにしたんですよ。

駐車場に戻ってきたときに、あーーーつかれたーーーなーーーーと思って万歩計を見てみたら13キロぐらい歩いちゃってました。
さくっといけるはずだったんですが、いかんせんゴールデンウィーク。季節も気候もいい日よりだったので、高尾山は激混みでしたな。
しもべは今回、日陰沢というところにある林道の入口に車を停めましてね。
7時半についてるのに、満車になりそうな感じでしたよ。連休っておそろしいわー。
日影沢から城山へと至るルートの一つに、道標のないバリエーションルートがあるようだったのでそこを使って城山に行こうと思ったわけです。
7時半とかけっこう早い時間なのに、日影沢林道のルートはかなりの人が歩いていきましたのでね。
バリエーションルートっつっても、しもべが知ってるバリルートは道がないとこばっかだったから、それに比べれば道しるべがないだけの普通の登山道じゃねぇか。と思いました。なんて歩きやすいのでしょう。

DSC_1619.jpg


あ、道しるべみたいなもんはあった。

DSC_1621.jpg

木にかいてあるけど。
ここはどうやら城山東尾根コース、とかいう名前があるっぽかった。あるっぽいけど公式ではないのかな?


 んで、今日はこのごろ高尾界隈かなりほっつき歩いてるのもあって、いくつかしもべが通ってきたルートの感想っぽいもんを述べていきたいと思います。
山のぼってみたいなー、でもどこいっていいのかわかんないなーなんて方はご参考になすってくだされ。

あ、山でのしもべの戦闘力は、スチール聖闘士ぐらいです(わかんねーよ)
かなりひ弱です。南とか北のアルプスあたりに4泊5日テント泊縦走とかできちゃって、お風呂とか一週間入らなくても心が乱れず、山から下りてくると10キロ体重が落ちてるヨ。ナルゲンの広口には柿の種がいっぱいだし、歩きながら砕いたポテチを胃に流し込み、疲れたときには練乳をチューブからちゅうちゅうする、というような方はゴールド聖闘士ぐらいの戦闘力だと思います。
海外の高峰とか行く方はもうポセイドンとかアテナっていっていいとおもうの。しもべはそう思うの。
つまりしもべはごくごく一般的なオバちゃんハイカーです。

まあ、今日撮影してきたお写真とともに興味のある方はなんとなくお読みくだされ。


<独断と偏見に満ち溢れた高尾周辺ルートの感想>

@高尾山 エコーリフトから一号路、山頂
 初めて一人で登ったコースがコレ。
とにかく初心者ならコレ。楽だし、山嫌にならないヨ。トラウマになるぐらいなら楽しちゃえYO。
で、茶屋で団子とか食べて、薬王院お参りしてご朱印もらってさ。高尾のご朱印帳は何個もかわいいのが売ってるんで、ご朱印デビューするなら高尾からはじめるといいよ。
あ、天狗ラーメンも食べるといいよ。そしてエコーリフトで降りて下のお店でお蕎麦とか食べたらいいんじゃ。
観光だけど面白いよ!

服装はなんでもおっけい。舗装されているし整備も行き届いてる。階段を登って降りれるかっこならなんでも大丈夫。
でも汗冷えして風邪を引いたのは、内緒だよ!


DSC_1622.jpg
城山東尾根ルート上のちょっとだけ開けた景色のところ。
森林浴は気持ちがいいよー



A高尾山 6号路
 次に登ったのはココ。沢沿いを進んでいくと琵琶滝っていうきれーな滝があって、滝の修行の場所になってるみたい。とてもなだらかで歩きやすいけど、山頂付近が階段地獄だ!最後だけがんばれ。
一番癒されるのはココ。やっぱり沢の音とか水とかっていいよね。
すべりやすいので運動靴or登山靴でいくことを推奨。
乗り物使うルートとは違って、下から上まで自力でいくのでそれなりの準備を。
あと狭いので混雑する時期によっては登りオンリーになってたりするのでよく調べましょう。


B6号路、琵琶滝後方から1号路へ
 琵琶滝の後ろ側に抜ける道がけっこう面白い。
岩がごつごつしてガレ場があるので、ちゃんと地面をグリップできる登山靴などで行くことを推奨。
ただ、行ってみた感じそこまで大変じゃないかな。雨の後数日間は岩が濡れていたりするだろうから、そういうときはつるっとすべって危ないかもしれません。
登山道は広いけど傾斜はきつめ。ただし短いので30分ぐらいで1号路との合流に着いちゃう。


DSC_1629.jpg
城山東尾根で咲いていた、じゅうにひとえ、というお花。
立派なカメラを携えたおじさんが花の名前を教えてくれて、ついでに「ブーケになってるね、かわいいね」
と微笑んでおられた。
おっちゃんかわいいよおっちゃん(*´д`*)ハァハァ



C4号路からいろはの森
 4号路おもしろいなーと思いました。橋があったりするんだよね。
登山道は狭い。狭いので混雑する時期は行列というか渋滞が起きる。
その分自分のペースでは進めないのでご注意を。
あとは雪降ったりするとここがヤバイ登山道と化すみたい。天候次第なので、地面の状況などをよく考えて装備は選んだほうがいいと思う。
イロハの森は傾斜がきつく、くだりに使うのも登りに使うのもかなり難儀すると思う。
ここはグリップの効く登山靴が安全。登りもくだりも滑る場所がある。
傾斜のきつさゆえか、安全面に配慮したかとにかく階段が多い印象。
それをつづら折りに進んでいく感じ。見下ろすとすぐ次に行く道が見えているけど、高低差がスゲェー。
いろはの森ルートは日影沢へ抜ける林道につながっていて、バス停の日影沢からはJR高尾駅へのバスが出ている。
お休みの日は臨時便増発してるから比較的使いやすいかも。


DSC_1635.jpg
やせいの にほんとかげ が あらわれた

薬王院の裏手で見かけた子。
うーん、頭にきずみたいなのがついててかっこいいなあ。
きみ、脱皮かい?それとも怪我しちゃって、るろうに剣心みたいな十字傷がついちゃったのかい?
それにしても、でっかいなあ。ベベカミュもこんなに大きくなるのかなあ。
楽しみだなあ〜〜


D小仏バス停から小仏峠→城山
 距離短くてそんなにきつくない、いいハイキングルート。時間がないときにおすすめ。
森林浴がきもちいい〜〜。飲める水場があったりする。
小仏峠は相模湖からもあがってこれる合流の場所で、たぬきの置物が置いてあります。有名だよね。
そこまで上がるとあと一息、城山の山頂は目前だー。
城山山頂ではぜひともなめこ汁(250円)をご賞味アレ。おいちー。
山頂は広くて宴会してる人とかいる。しもべもチャーン氏と友達と三人でささやかに宴会をしました。
実は小仏城山が一番好き。
山頂よるのめんどくせー、と思っても、なぜか足が向く場所。
ピストンでも高尾や景信山へ抜けてもどっちでも使える便利な場所
割とすべるところとぬかるんだところがあるので、スニーカーよりは軽登山靴推奨。


DSC_1631.jpg
城山のお茶屋さんでは、アイスとか売ってる。
かき氷食べると驚きのサイズで出てくる。
ドリップしたコーヒーを冷やして、アイスでも提供してくれる。
なかなかうれしいお心遣い。
今日のおやつはアイスコーヒーとピノにしてみたんだけど、寒くなったので持参してたフリーズドライの雑炊を追加で食べた。食べ過ぎか?!いやいや大丈夫、すぐ消費するから!




E小仏バス停から景信山→城山
景信山と城山の登山口、近いのでどっちでも選べます。
今日は一山、ふた山したいなーって思ったら、景信山から登って城山にいけばいいのさ。
余裕があったら高尾へ行けばいいのさ。
景信山の登山道は、急傾斜だなーというところとなだらかーなところがバランスよく配合されていて、疲れるけど飽きなかった。あと尾根歩きが長いので、尾根歩き好きな人にもおすすめ。
景信山から城山へも尾根歩き。歩きやすかった印象。
ここは急傾斜があるので登山靴を推奨。登りはいいかもしれないけど、くだりが怖そうだからね。


F日影沢から城山東尾根のバリエーションルート

最初がきつくてあとが楽なコース。
最初の1時間ぐらい急登が多かった。標高500メートル越えぐらいでやっとこ少しなだらかになってくる。
アップダウンの少ない高尾界隈の登山道じゃあ、珍しいのかな。アップとダウンがある。
登山道は狭い、けどとても歩きやすい。ちゃんとした道がある。
一期一会のおじさんのお話じゃあ、冬場は落ち葉で道が埋もれることがあって、不明瞭になるという噂。
不明瞭でも迷わない気がするけども、地図はきちっと見て歩こうと思った。
距離が長いうえに人が少ない。動物のウンコが落ちている。大きさ的に熊かもしれなかった。
立ち入る人が少ないためか、希少な植物がホイホイ咲いていたりするルート。

DSC_1624.jpg
蘭マニア垂涎と、立派なカメラを携えてお花を探していたかわいいおっちゃんが言っていた。
エビネという蘭。根っこがエビみたいだから海老根っていうらしい。
場所や座標を晒さないでください、SNSやブログに位置が特定できる状態で載せないでお願い。
見つかると、とってっちゃうんだよ、海老根はどろぼうされるんだ。
と嘆き悲しむおっちゃんかわいいよおっちゃん(*´д`*)ハァハァ




 こんなところですかのう〜〜。
しもべの覚書も兼ねております。稲荷山コースとかいったことないから、今度はそっちにいってみようかなあ。
高尾は低山ですが、ルートがたくさんありまして、歩きごたえのあるところもたんとあります。
楽しみ尽くそう高尾山。と思ってまだまだ歩こうと思います。


DSC_1642.jpg

帰ってきたらカミュの脱皮も始まっておりました。
思うんだけどね、ニホントカゲ、おなかの鱗だけみると、お魚に見えるんだヨネ。
あらまあおいちそうなお魚のお腹、とベベをひっくり返して思いましたよさ。
べべの総排泄腔の上にある、鱗を見たんです。
レオパやニホンヤモリにもある、あのへのじの鱗。
あれがカミュにもありましてね。もしかしたら、カミュは雄かもしれませんよ。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 21:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 山日記