2016年06月29日

ぼうけんのしょ〜静岡3、Izooはいずこ?

ライオン いません〜

キリンも いません〜〜

へびへびわにわに カメカメカメカメ

はちゅうるいに さーーわれるよー!

イズーはいずこだ?!

伊豆 伊豆!!!



 むちゃんこキャッチーな歌が流れ続けて洗脳される、知る人ぞ知る。というか爬虫類を飼育している方にとっちゃここにいかずしてどの動物園にいくんだ?!という、静岡県河津町にあるIzooへいってまいりました。
やっと更新できるぜー!

え?もう待ちくたびれてどうでもいい?

いやいや、いやいやいやいや。

そんなこといわずちょっとだけ付き合ってくださいよ(´∀`*)ウフフ

まあちょっとだけっていう詐欺ですね。なんか写真、撮りまくってたみたいでなんとか20枚ぽっきりに編集してきたんで、ちょっと付き合ってくださいよう。

 というわけで、更新まだかなーもう待ちくたびれてどうでもいいやー。という皆様、ご無沙汰しております。
ぺろちょろめろひなミロカミュと、かまちゃん(!?)のしもべポピでございます。こんばんわ。

今日はいろいろ写真がいっぱいなので、とっとといきましょうかとっとと。




 宿があった河津七滝温泉から車で15分のところにある、IZOO。
超有名な動物園。爬虫類飼育してたらここ知らない人もぐりねもぐり。
イベントにブラックマンバやわにさんを提供してくれているところとは知っていたけど、さてどういうところ?
体感型動物園、てかいてあるなあ。+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +
いってみてわかったんですけどね。そっかー、こんぐらいワイルドな飼育をしていい生き物なのかー。たとえばカメレオンとか。たとえば陸ガメさんとか。
いろんな工夫が見えた感じというのかな。しもべなんかはさ、爬虫類を飼育するって初めてだったからわかんないことだらけで過保護な部類に入るんだろうけどさ。
こんぐらいダイナミックでいいんだな。というそういうのを見て感じたのでございます。

では、さっそくお写真をご覧いただこうか!

DSC04184.jpg

入って速攻おでましのアルビノグリーンイグアナ。WC個体の模様。繁殖のためつがいで飼育中ってかいてある。
むちゃんこめずらしいんだろな。
レオパもワイルドのアルビノが市場に出るとバカみたいなお値段で争奪戦が始まるって話だし。


トコトコ進んでいくと、かめさんの水槽があってさ。その前でチャーン氏が一生懸命動画撮ってたんですよ。

ちょっとご覧いくださいな。



うおお。かわいそう!可愛いけど!!
チャーン氏がこの子を見て、激萌えしておりましてね。
そういや、しもべがごはんとかおかずとかぽろっとお箸から落っことしてしょんぼりしてるところとかも、すんげぇ大笑いしながら見てたりするんで、チャーン氏はこういうしょんぼりシュチュエーションが好きなのでしょう〜〜。

DSC04191.jpg

すごくおめでたいことです!!!
ミミナシオオトカゲのコーナーには、今は亡き仙石先生のお写真や逸話も。

DSC04199.jpg

すすんでいきますと、ウパさんがこうして通路の脇の池でフワフワしてましてね。
これは人影がきたのでこっち寄ってきた感じです。
手を洗ってほんのすこし触らせてもらいました。やけどとかしないのかな?ウパさんは。
・・・ドキドキしちゃいましたよ。

んで、トコトコ進みます。
どこにいるかわかります?これヘビさん。
DSC04209.jpg

毒蛇のガボンアダーというへびさんだそうな。擬態のためにこういうフォルム、こういう体色なんだて。
すごく上手!しかし噛まれたくないし会いたくないわ。

この子を皮切りに、毒蛇ゾーンのはじまりはじまりー。


DSC04210.jpg

ひときわでかいケージに入ってたのはブラックマンバ。
毒の強さは世界最強なのだっけ?美しい蛇です。でもとっても気性が荒いんだって書いてありました。
またあえてよかったよブラックマンバたん。

そして、後ろを振り向くと・・・

DSC04211.jpg

全部毒蛇さん。美しい陳列です。
人の歩く地面はヤシガラ。というか、カメとかカメレオンとか歩いてるからかな?
ご注意ください。カメレオンが歩いています、っていう注意書きがあるんですよここの動物園。

で、我々が見てたときは歩いてなかったんですが、この空間のはじっこにあった植物にな。

DSC04212.jpg

いたよカメレオン。
窓辺にはちび陸ガメ抱っこゾーンがあったりしました。
共存できる生き物は放し飼い。ワイルドだ。
ちなみにこの先、下の階に降りていくんだけどそこにも看板が。

曰く「ゾウガメが歩いていることがあります。ぶつからないようにご注意ください」みたいなことが書いてある。おらワクワクすっぞ。

DSC04220.jpg

コガネオオトカゲさん。張り付いておられましたぞ。
オオトカゲゾーンがあって、底を抜けますと。

DSC04223.jpg
あらあら(´∀`*)ウフフ
ぽんぽんがかわいらしいリラックスプカプカ コビトカイマンさん(´∀`*)ウフフ
どうして爬虫類のおなかは、こんなにかわいいのだろうか。
どんなに打ち解けても、なかなか見せてくれないおなかが見えると、萌えちゃいますよねえ?!

DSC04224.jpg

一緒に入ってたんだっけな?超巨大マタマタ。なにこの大きさ。1Mぐらいあったんですけど。


DSC04228.jpg
純白のアメリカアリゲーター。きっとこの子もすごく珍しいのでしょう。
きれいだなー。きれい〜〜!

DSC04225.jpg
フィリピン産と書いてありました。
イリエワニさん。フィリピン産の個体群がいちばんでかくなるんだて。
8.5Mの記録があるとか・・・こえーーー。人なんかまるのみだようーーー!
しかし、しかししかし。かっこいいなあ!!


DSC04236.jpg

メキシコ毒トカゲ。
見た目はかわいいんだけど毒の量がとても多いんだという説明がありました。

DSC04238.jpg
ミズオオトカゲさんたち。超リラックス中。
飼育すると人によくなれる。という記述がありました。しかしこの個体でもしもべよりでかいです。
抱きつかれたら腰が・・・!とか想像してしまいましたw

DSC04240.jpg
絶滅危惧種のヨウスコウワニ。
すんごくかっこいい顔してる。中国では国家1級保護動物なんだって。


ワイワイキャアキャア見て回って、ふれあいコーナーも平日だから全然余裕で全部触らせてもらえまして、かめさんの餌を購入してみんなでお団子みたいに固まってたゾウガメーズに餌をあげる体験もしちゃって。
というか6月の平日は、マジで快適ですなあ。

更に進むとゾウガメがたくさんいるゾーンに壱羽のタンチョウ?がいました。

DSC04243.jpg

怪我しちゃってるみたいでした。それでゾウガメと一緒に暮らしているみたいでしたね。

外に出て中庭を見ると、大きな池がありました。

そこにはたーくさんのミシシッピーアカミミガメと、謎の魚類が・・・。
黒くてでっかいんだけどさ。コイじゃないみたいなんですよね。
ちょうど掃除に来ていた係員さんに聞いてみたら、アリゲーターガーなんだそうな。

ああ、なるほど。この池は心無い人に捨てられたアリゲーターガーとカメの保護所なんだな・・・。

じゃあ。ご飯売ってるしあげてみよう!

動画でございます。よかったらご覧ください〜



ちょっと啓発ムービーみたいになりました:(;゙゚'ω゚'):
この押し寄せ方を見るとだいぶおなかが減っているみたいですね!もっとあげればよかったな。
かめのえさは100円。アリゲーターガーたちもばちゃばちゃしながら食べてくれましたよ。
係員さんのお話によると、別に人を襲うことはしないから大丈夫( ´>ω・)b~☆
アリゲーターガーっていわれるぐらいだから口の先っぽがとがっていて、鋭い歯があるけれども。
かめとも仲良く共存しておりましたとも。

この池の後ろ、振り向くと


DSC04249.jpg

まぶしい新緑に紛れて、カメレオンが暮らしていましたともよ。
カメレオンの樹だわー!

これはIzooのほんの一部のお話。
ダイジェストでお届けしましたが、たくさんの爬虫類が飼育・公開されておりましたよ。
是非、Izooに一度行ってみるといいと思います。とってもいい動物園です。
飼育員さんや係員さんも、知識が豊富な方々ばかりで楽しかったです。



  さてさて。最後に。

実は先日、実家の庭から拉致ってきた子がおりましてね。
ひと夏、しもべに観察をさせておくれ?とお願いして拉致ってきたのは



DSC04311.jpg

カマキリの幼虫、かまちゃん!!!!


生まれたてか、生まれて一回ぐらいしか脱皮してなさそうな。爪ほどの大きさの小さな幼虫です。
まだわが家の子デュビも餌と認識してくれず、コオロギさんは育っているので大きくてやっぱりタイマン張ると食われる勢いですので、現在はグラブパイヨーグルト、グラブパイなどを食べて生活しております。
いやまあ、しもべが「ほら、おたべよ?」とお口に持って行ってやるとまぐまぐーもぐもぐーってかじるんですけどね。
あらまあかわいいですのう〜〜。

DSC04320.jpg

かまちゃんや、ひと夏君を観察させておくれね。大きくなったら生まれた庭に放してやるからね!


 そして、もう一つ。
卵詰まりでやせ細っていたぺろちゃん。ハニーワーム中毒になったかとおもいきや、一匹ハニーワームを吐き戻した後コオロギ大好きぺろちゃんにお戻りになりましてな。

現在こんな体格に。

DSC04314.jpg

尻尾がだいぶふっくらしてきましたね。ボディは太っているように見えますが、次の卵があるくさいので太っているとはみなさないようにしております。
さて、卵あるのか?!ないのか?!
産もうとするそぶりがないのでないのかもしれないんですが、かなりわかりにくいですね。ぺろちゃんは。
ミー太郎も発情が収まってきたと思いきや、単にしもべの気のせいだったみたいです。
超絶ピリピリしておりまして、そういうときは凄まじい迫力です。
沸点の低いミー太郎の沸点がさらに低く・・・・!
さて、この子とあの子を掛け合わせるべきか、否か・・・。迷いますなあ。


 というところで、長らくのおつきあいありがとうございました。
今日のところはこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月23日

雨の山。大菩薩峠にいってきた

 カミュはどーーーーしても。どうしてもどうしても湿った土に潜りたかったらしいのですよ。
小さな鉢植えを日影を作るという目的のために入れて置いたら、その狭い空間の土を掘った形跡があったんです。
二度ほど。
で、ある日しもべがカミュを探してケージをまた掘り起こしていたら、どこにいっても見つからないのです。
どこさいったべ?どこにいるんだべ?
はたと、まさかなと思ったんです。
だってね、小さいのよこの植物の鉢。
でもさ、なんかフワフワしてんの、土が。
で、思い切ってずぼっと持ち上げてみたわけですよ。

DSC04307.jpg

やっぱりいたよ。しかも激リラックス状態じゃねぇか。このお手手はなんですかカミュ。
でも、根っこを掘り起こされて植物の葉っぱに枯れたところが出てきちゃってね。植え替えしました。

DSC04309.jpg

ふたまわりぐらい大きなとこにね。
湿った土と乾いた土、昼は乾いた土にいて、夜になると湿った土か湿った土の下の空間か、または苔の中にもぐりこんでいたりします。
カミュはそろそろ5度目の脱皮を迎えようとしておりましてね。ウェットゾーンを選べるようにしてやると、調子よく脱ぐみたいです。
あとはぺろちゃんの食べ残しのハニーワームを見せたら、食いついておりました。かなり大きいのにね。
見られてると食べれないのか、シェルターに持って行ってました。たぶんぶんまわしてちぎろうとするんでしょうね・・・。

おお、ハニーワームと言えば。




ぺろちゃんがハニーワームにすら食いつきが悪くなってまいりましてね。
せっかく動けるように冷蔵庫から出したのにもったいないので、ひなにもおすそ分け。Mサイズぐらいならぺろっと食いますわな。
ミー太郎にあげちゃうと中毒になってヤバそうですんで、ミー太郎には絶対にあげませんぜ。


 さて、みなさまこんばんわ。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
ちょっと静岡の記事、写真と動画のボリュームがヤバイんで編集しきれておりません。いったんおやすみして昨日いってきた大菩薩嶺っていう山の模様を軽くお届けします。
よかったらおつきあいください。


 まず、昨日の予報は曇りと雨・・・。あんまり振らないっていう話でしたが、山間部はどうかなーって思ってました。

DSC_1915.jpg

下りの談合坂SAで撮影した早朝の写真です。
ウホッ、山ヤバくね?

もう高速道路乗っちゃったからいくしかないんだけどさ。まあむりそーだったら下見ドライブでいいやー。という気持ちで行きましたともよ。

 しもべ、テントをとうとう購入する計画が浮上しました。
山岳用テントか、普通にキャンプできるテントか・・・。悩んでいます。

とりあえず今目をつけてるのはコレ。




予算内に収まって、よさげなのがこのぐらいだったという話なのですが。



テント泊ってさ。装備15キロぐらいになっちゃいますよね。
それを背負って自分は山を歩くことができるんかしら?というのが一番大きな不安点なんですよ。そんなに担いだことないもん。1泊2日だってそれなりの量になるよね?
んで、じゃあそこまで負担がないように、でも夏場の高山は気温が低くて過ごしやすいから避暑も兼ねて一泊ぐらいできないかな。と考えました。
標高1000M以上の山間部のキャンプ場を調べまくり、いくつか場所もピックアップしてあるんですが、いかんせん全部遠い。一番近くても清里とかになります。自宅から片道3時間はけっこう遠い。
しもべは土曜日にお仕事があって、終了は午後1時です。4時半に起床してそこから働いた後に3時間運転して、到着はどう考えても4時以降。そしてグダグダに疲れてるんだろ?
うーん遠すぎる。チャーン氏と合流してキャンプいこうぜーって考えると、自宅までお迎えに行く時間とかも考えると遠いのです。
こういう遠いとこのキャンプ場は、朝から動けるときに行きたいもんです。
もっと近くにはないのかな?と考えたときに、じゃあ山の登山口やその近辺にあるキャンプ場探そう。とあいなりました。
で、比較的手ごろな距離だったのがこの大菩薩嶺。うちからだいたい100キロ離れたところにあります。
ナビの試算によりゃあ、1時間半で現地まで着くことができるそうな。しもべは休憩もしたいから、きっと2時間ぐらいはかかるだろうとふんでましたけど、まあそのぐらいでした。

ここは車で標高1600Mまで登ることができる2000M峰であります。
日本100名山にも数えられ、大菩薩峠から大菩薩嶺までの稜線歩きでは見事な富士がみられるそうな。
その登山口には一つ目の山小屋、ロッヂ長兵衛というところがあります。
その近辺にキャンプ場があるというわけです。
で、そこから20分ぐらい歩くと2件目の山小屋、福ちゃん荘ってところがあって、そちらにもキャンプ場があるそうな。
標高が100M上がるごとに0.6度気温は下がります。風やら湿度やらの条件次第で体感温度はもっと下がることになります。
夏は涼しくて、きっと寝心地がいいに違いないのです。
下見っ!下見するぞっ!
ロッヂ長兵衛まで車であがって、駐車場に停めたらそこからキャンプ道具引っ張り出して、キャンプして、起きたら早朝お散歩するみたいに山にいこう!などと思ったのでございます。
下りてきたらふもとにある温泉に入って、かえろーって。しもべの体力的にも、楽なんじゃないかなと思ったのです。
夜はお肉焼いて、お肉をナイフでこそいで食べたい。憧れ・・・( ゚ρ゚ )
お酒も飲めるじゃないかっ!☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

あとは標高の高いところ、1600Mまで車をもっていったことは今まで一度もないので、そのお試しも兼ねておりました。
ぶっちゃけ天候悪くて登れなくても、登山口までいけてキャンプ場の様子みれたらそれで御の字という気持ちであったのです。


 で、駐車場まで着きました。
静岡で鍛えられたので、かなりぐにゃぐにゃ道路でしたけどがんばれましたぞ。
平日だったしすれ違う車もありませんでしたからね。


DSC_1916.jpg

こんな天候なのに人が来てました。駐車場でバッティングしたご夫婦にお願いして撮影してもらったリアルしもべ近影w
浮かれたザック(35リットル)を担いでちょっと大菩薩峠まで行ってみようかな。っていう気分になりました。日帰りにはでっかいね、35リットルは。
ちょろちゃん人形がいい位置につけられてお気に入りです。
そんなに遠くないらしいし。距離と標高差みてもとてもなだらかそうなのでいけるかなと思いまして。

天候は霧。かなりの濃霧で、車で登ってくる時も上のほうは濃いガスがかかっていて怖かったです。
ここからは歩きなので視界こんぐらいあればへいきじゃろーってことで。

DSC_1917.jpg

途中の景色。福ちゃん荘へ向かう登山道で撮影しました。
なんですかこの雰囲気は。ホラーゲームのサイレントヒルの世界に迷い込んでしまったみたいです。
違う世界のようだよ。
あのゲームだと怖いのは血まみれのセクシーナースとか、△の鉄の帽子かぶって大ナタ振り回してる三角様とかですけども。
ここだと怖いのは熊か・・・?出没注意の張り紙がありました。

てこてこ歩いてきて、福ちゃん荘に着いて、トイレがあったのでトイレ休憩。
まだ雨にはなっておりません。

DSC_1918.jpg

右にいったら大菩薩峠、左にいったら大菩薩嶺。っていう看板です。
今日は大菩薩峠にいくんだぁ!


DSC_1919.jpg

きれーな沢があったり。
登山道は超整備されてました。
想像よりずーっと歩きやすいんだけど、単調なので飽きてしまいます。整備されすぎですじゃ。
飽きるたびにツイッターしたり、ツイキャスという生放送ツールで山道放送試してみたりして暇つぶし。
ここは誰かときたほうがいいなー。飽きちゃう('A`)

つまんないよー(つд⊂)エーン
つまんないよーーーつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
霧が深くてまわりがみえないよー。゚ヽ( ゚`Д´゚)ノ。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚

中途に開けてベンチが置いてある場所があったんだけどさ。そこはきっと、富士山ビューポイントに違いないのですよ。
しかし天気は霧。そして時折雨。そういうわけで見えるはずもなく。
雰囲気を楽しむ感じでトコトコ歩いていくと


DSC_1922.jpg

峠ついたー!

このさき雄大な稜線が広がってるみたいだけど、今日はもうここでかえろー。
だってまた来るんだもん!
そんで、体調が悪い気がしててですね。頭がずくずくしてきたんですよ。
まさかまさかの高山病でしょうか?!
このごろちょっとおなかも壊していたし、季節の変わり目で体がついていってないので体調よくなかったのもあってね。耐えられないほどじゃないけど、危ないしかえろー。

あ、ご飯作らなきゃ!

DSC_1924.jpg

というわけで山ごはんタイム。パスタはぶっちぶちにちぎれましたが、ツナのペペロンチーノのスパゲティでございます。水に一時間浸しておいたんだ!加熱1分で火が通る時短レシピですぜ。
んで、パスタの戻し汁を沸騰させて、そこにコーンスープの素を突っ込み

DSC_1925.jpg

こんな感じの昼食。ちょっと時間は早かったけどね。
これからずっと先の山まで縦走するっていうおじ様お二人が、しもべのご飯を見て「このごろの山飯はカップめんじゃないんだねぇ!オシャレだねえ!」などとおっしゃっていましたが、いやオシャレか?!麺ぶっちぶちやぞ!
しもべさんは思ったよ、棒ラーメンがやはり一番だって。

なんにも見えない霧の中、ぼやーっとご飯を食べて、ぼやーっと休憩して、ぼやーっと休んで少し元気になってから山を下りました。
地面はべちゃべちゃだったけど、なだらかなので怖いところも全然なかったし登りやすくて下りやすい、大菩薩峠までの道でありました。

また遊びにこよー!

標高はけっこう高いとこですけど、手軽さや快適さ、整備されてる状況を見ると、高尾山を思い出しました。
トイレも無料だったのですよ。登山者の多さがわかりますわ。
だからこんな天気でも、不安感はそうなかったですね。
癒される山、という感じでした。


 帰りはふもとにあった大菩薩の湯という公営温泉に行って、お風呂に入って汗を流しちょこっとお昼寝して帰ってきたしもべでございました。
一日経過した今日、ちょっと肩が痛いです。ザックのフィッティングがうまくいってなかったのかな。
肩に負担がかかっちゃったみたい。もうちょっと調整してどうにもならなかったら、どうしましょう。
けっこう高い買い物だったんですけど・・・:(;゙゚'ω゚'):


 というところで、今日はこの辺で。
次回は静岡の続きを更新いたします〜〜。
それではみなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


タグ:大菩薩峠
posted by ポピ at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 山日記

2016年06月18日

ぼうけんのしょ〜静岡2 シティ中年、山の洗礼を受ける

 我が家で唯一の昼行性トカゲ、ベベカミュはぺろちゃんたちとは別の部屋におります。
日の光の入る窓辺のカーテン越しの光でいつも日光浴するんですがね。お天気よければ窓開けっ放しにして網戸にしちゃいますんで。

DSC04291.jpg

蓋は通気悪くなりそうだからしてないんですよ。
んで、コオロギさんを一生懸命食べてだんだん大きくなってきましたぞ。

DSC04296.jpg

DSC04303.jpg

そんなベベカミュ、そろそろ熱中症が心配な季節になってきたわ。
今回の旅行、いろんなとこでニホントカゲみたんだけど、みんな涼しげなところが隠れ家だったもの。
カミュも苔の下とかにもぐりこんでることが多いし、涼しいところを作ってあげたほうがいいみたい。

DSC04294.jpg
旅立つ前に大き目のプラ皿にミズゴケを敷いて、その上にハイゴケをのっけて湿り気が持続するようにしてみたんですよ。
植物の栽培は全然詳しくないので、こんなんでいいのかな?って思いつつ、いい感じに湿ったミズゴケと、その上で乾きにくくなったハイゴケは帰ってきてもちゃんとしっとりしてたんでよかったみたいです。


さて、どうやって冷やそうかなあ。
どうやって・・・。ケージの上に凍らせたペットボトルとか置いてあげれば、いい感じに冷えるかな?
冷たい空気は下にいくんだし。夜間はいらないけど、昼間が問題よねえ。窓から離しても気温は高いんだから、やっぱ冷やさないといけないよねえ。うーんうーん。

 というわけでぺろちょろめろひなミロカミュのしもべ、ポピでございます。みなさまこんばんわ。
今日は静岡の二日目の模様を・・・と思ったんだけど、飯の画像が大量でね?
あと昆虫の画像とトカゲさんなんだ!
なので、カミュの近況などを織り交ぜてみた次第です。

でははじめましょう。

初日の静岡でたらふく食べて飲みました。
しあわせをもとめて二軒飲み屋さんをはしご。チャーン氏もしあわせ、しもべもしあわせで、しあわせに浸りながらホテルへ戻りました。
宿泊したところ、すんげぇ安いのに設備はいいわ、大浴場はあるわ、朝ごはんついてるわで最高でしたよ。一人一泊4千円ぐらいだったんだけどさ。バイキングの朝食ついててさ。

DSC_1821.jpg

DSC_1822.jpg

朝からフォーが食べられてしもべは幸せ。カレーもあったよ、本格ベトナムカレー。でも辛くないやつ。
朝だから辛くないのがいい。ほんとにいい。味付けもおいしい。
フォー大好き。フォー大好物。癒されるなぁちょっとベトナム料理を織り交ぜた朝食。
さわやかレモングラスぅ〜〜。

 んで、しもべはおパンティを忘れてきたのもあって、100均にいきたかったわけです。
靴下もないしさ。洗ってみたけど乾かないかもなあと思って。
静岡市街地にあったおっきなビルに入ってる100均いってみたら、おパンティ置いてなかったんですけども、スポーツデポがあったのでそこでスポーツ用の下着を購入してみました。どうせ使うんだしここでいいやーってなりました。

んで、そこからは伊豆半島は河津町へ向けてゴリゴリ車を走らせました。
東名に乗って富士川SAに立ち寄ったら、ご当地土産の罠にはまりまして富士川で2時間つぶれることに(;゚Д゚)
まだあと1日あるのに生ものを買うチャーン氏。お店の人が一生懸命もつように工作してくれてよかったよ。
イカ墨ブラックっていう塩辛系の商品買ったんだけど、おうちに帰ってきてからイカ墨スパゲティ作ったらとってもおいしかったです。こうてよかった(´∀`*)ウフフ

そんで、沼津で高速を降りて伊豆縦貫道へ。そこからゆるやかな山道をどんどこ走ったけど、一般道なんでなかなか着きません。あと80きろもあるようー。
そしてチャーン氏が、下田にあるちょっと有名な酒屋さんに行きたいと言い出したのでございます。
時間もまだまだあるし、下田と河津はそう離れていないので30分ぐらいでつくじゃろーって思い、河津からさらに先の下田へ。
その下田への道がヤバかったんだわ。地元民の生活道路でありながら、下田へ抜ける道はそこか、海沿いを大回りするとこしかないっぽくてですね。
ほんで、入口に書いてあるのね。「大型車通行困難」てさ。
なんか嫌な予感がするっぺよしもべさん。これまではゆるやかで広い山道だったけどさ、それでも充分後続車にあおられてきたんだぜお。疲れているんだぜお。
しもべのUFO(車の意)は1.3リットルのかわいくて坂道が苦手な虚弱体質の子なわけ。その子に鞭打って一生懸命ここまで走らせてきたわけ。天城峠とか超えてきたわけ。
もう煽り防止の能面を車の後部座席にセットしようかと思ったぐらいじゃよ。
みんな「おいおい、こんなヌルいところで時速50キロかい?お嬢ちゃん!!もっとだせよ!!ほらほら、ここなら80キロはいけるだろ!!!」みたいな煽り方だったわけ。
でもしもべさん怖いから50キロでヒイヒイだったわけ。怖いしお疲れだったわけ。
昨日走ったみたいな一車線山道の予感が入口から漂ってくるわけ。入ってみるとやっぱりそうだったわけ。
そして地元民はそういうところ、とっとと抜けたいみたいなわけ。昨日のとこよりずっと交通量が多いから、すれ違えないところでのすれ違いとかも発生するわけ。
みんな毎日通行してるから、ライト点灯してる車とかほとんどいないわけ。もう漂ってくるわけ。「おいおい、こんなところでライト点灯かい?とんだチキンちゃんだなぁHAHAHAHA!!!」
そして通行困難て書いてあるのにいっぱい大型車が通行してるわけ。


(∀・∀)アヒォォ!!!!!


チャーン氏のせいじゃないけど、チャーン氏にあたるしもべ。
くそがぁああああ!!!なんでこんな道なんだよおおおおお!!!
もう疲れてんだぞくそがあああああああ!!!

煽られまくってたので待避所に一度入るしもべ。その後そこをヒィヒィ通過してなんとか酒屋さんに到着。
そして驚愕の事実が発覚するのだった。



酒屋さん、人気ありすぎて冷蔵庫に酒がない(|| ゚Д゚)



もう二人でさ


(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ




壊れました。
あの道を、もう一度通らないと宿にいけないというプレッシャーがあってさ・・・。
畜生、戻ってやんよ!!!
なんで途中があんなにめんどくさい山道なのに、主要道路の標示になってんだよおおお!って言いながら戻りましたともよ。シティ中年はまたひとつ大人になったのさぁ(´-ω-`)
帰りは道の様子がわかってたから、ある程度はさくさくいけましたけどもね。
相変わらず地元民にあおられてましたけどね!!
シティ中年ですいません。ご迷惑をおかけしております。


 ほうほうの体でなんとか宿に到着。今日は河津の民宿にお世話になるのです。
その前に、ちょっとだけ滝見に行こうぜ!ってなりましてね。

DSC_1823.jpg

これはカニ滝ってところで、こういう滝がここには7つもあるみたい。
清流がキレイで、自然にあっという間に癒されてしまいました。

宿に入ってお部屋に通されました。今日はどうやら、オフシーズンの平日ってことでしもべたちしかお客さんいなかったみたい。
宿には露天風呂が二つ、貸切にできるとこと、内風呂が一つあってね。
さっそくお風呂に入りにいきました。お湯がきもちいい〜〜。これからご飯だから、ご飯食べてお風呂めんどくさくなるまえに入っちゃおう!ってことでね。
チャーン氏とのんびりまったり暑い暑いっていいながらお風呂に入りましたとも。

 この民宿は、民宿なんだけどお食事部屋だしなのです。
お部屋までおかみさんが届けてくれるのだけど、自分で並べるんだよ!

DSC_1826.jpg
ド━(゚Д゚)━ ン !!!
なんか全部おいしかったです。味付けに品が漂う海と山の幸のお食事。

DSC_1827.jpg

オプションの金目の煮つけ・・・めっちゃうまかったです。そしてデケェ。
ビアーをもらって、そんで昨日静岡で仕入れたお酒を飲んで、もう食えない!!となるまで残さず食べてお布団を敷いて就寝。

朝になってチャーン氏と二人で朝ごはんの前にお風呂にいきました。
お布団をカウチ風のくつろぎソファーみたいにたたんで、朝ごはんを待っていると


うわあああああ(|| ゚Д゚)


というチャーン氏の悲鳴が聞こえたのでなにかなと思ってみてみると、部屋の真ん中をにょろにょろと巨大なムカデが歩いておりました。
ムカちゃんはお布団が入った押入れの中に入っていこうとしましたが、置いてあったマットレスに行く手を阻まれていました。
しもべ、ムカデは触ったことなかったんだけど、ティッシュを3枚とりましてな。

ムカちゃんの頭に近いボディのとこをむんずとつかみました。つかめるまでにちょっと時間がかかったけど、とりあえず噛まれたりせずにつかんでですね。

DSC_1829.jpg

おそとに出てもらいました。きみはいったい、どこから入ってきたのかい?いつ入ってきたのかい?
そして我々はよく噛まれなかったなと思ったのでございます。

ほどなくして
DSC_1830.jpg

なんだかほっとする朝ごはんが運ばれてきました。
ああ、おなかがぺっこぺこで困ってたんだ!うれしいな(´∀`*)ウフフ
ぺろっとたいらげて、そしてチェックアウト。
車をちょこっとおかせてもらって滝を見に行きます。

河津の7滝は、ななたきとは読まず、ななだると読むんだそうでね。
ひとつひとつに名前がついていて、たとえばさっきのカニ滝は、かにだると読むんだそうな。

整備された遊歩道をトコトコと歩いていくと、

DSC04159.jpg

クモさんがしもべの手に降り立ちました。キシャー!威嚇してるけど、かわいらしい。

7つ全部見て回るとこの後のIZOOの時間に響くので3つだけ見て回ることにしました。

DSC04161.jpg

ほんとにここの清流、きれいです。

DSC04164.jpg

初影滝

DSC04168.jpg

この滝のまわり、たくさん生き物がいましたよ。
とんぼさんに


DSC04176.jpg

日光浴中の雌のニホントカゲ。

DSC04177.jpg

オスも!
ちびちゃんもいたけど撮影できず。
岩の割れ目からみんな出てきて、天日干しするんですねぇ。
ほんとうに素晴らしい環境。
これに似た環境、しもべもベベに作ってあげられないかしら・・・。


DSC04178.jpg

出会滝の一つ。
ここは二つの滝が一つに合流して、大滝という一番大きな滝へとつながっていくとこなんで、見ごたえがとってもあったですよ。




DSC04179.jpg

大滝の一部分。下からみたかったけど、いける道がわからなかったので行きませんでした。

ここはきっと夏でもけっこう涼しいに違いないです。
とてもいいところでした。河津、またいきたいなあ。
このお宿の宿泊費は二人で一泊二食一万六千円ぐらい。リーズナブルなお値段かつかまいすぎないサービス、お食事もよくて評価はかなり高いところです。
ハイシーズンは予約取るの難しいと思います。
お宿の名前やらが知りたいって方はしもべの連絡用メールか、ツイッターのダイレクトメッセージあたりでこっそりご連絡いただければお教えします〜。


 さて、このあとしもべたちはIzooへ向かうことになるのですが、長くなりそうなので次の記事にしようとおもいます。
今日も長らくお読みいただきましてありがとうございました。
それではみなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月17日

ぼうけんのしょ〜静岡1、秘境の電車に乗ってきた

 ぺろお嬢様のウンコが行方不明だ。というか食べた量に対してしてる数が少なくない?
と思っており、今日みんなのおうちのお掃除をした際に、回し車もきれいにしたんだけどね。
そしたらさ、エサ皿の踏み台にしてた煉瓦のまわりに、大量のウンコと尿酸がコロコロとせきとめられるかのように溜まってたんですよッ!!!5発ぐらいッ!!!

(∀・∀)アヒォォ!!!!!

もうウンコしたならちゃんとしましたーって言ってよね!
しもべがウンコとる前に、邪魔だからって蹴落としてこんなにため込んでッ!!!みえなくてちょっと心配したじゃないか。
ミー太郎をみなさい、あの子は撤去されるまでてこでも乗らないのよ!!撤去した瞬間ノリにくるのよ!!
あまつさえ、掃除したら3分で乗りにきて、その上で餌見せたらジャンピングキャッチして食ったわよ。
段々ミー太郎もぺろちゃん化が激しくなってきたなと思ったし、なんかもうルビーアイ目が悪いですっていうのはガセかと思うようになってきたわよっ!
ああ、よかったよかった。ぺろちゃんはすごい速度で回復してるようでよかったよかった。
ついでに、ミー太郎の発情が収まった感じがしますよ。なんか餌を食べる量がずいぶん多くなったんですよう。
ちょうだいちょうだいって顔をします。そんで、ピリピリしてたのもなくなっておりますね。
ぺろちゃんが落ち着いたらミー太郎も落ち着いたのはどういう符号なのかな。

というわけでこんばんわ。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべ、ポピでございます。


 さて、しもべとチャーン氏は先週ぺろちゃんが心配だといいつつ2泊三日の旅行に行ってまいりました。
その模様を少しご紹介。まあ少しじゃないんだけどさ。
写真があふれ出んばかりにあるので、よかったらおつきあいください。

 旅行の朝。
早朝3時半、起きてしもべはぺろちゃんに強制給餌と温浴。
旅行の準備。チャーン氏を叩き起こさねばならない。ほんとは4時までに高速に乗って、深夜料金でいこうかなって思ってたんだけど、疲れ果てててそんな余裕なかったわ。
5時ごろようやく出発の手筈が整って、まずは高速道路に乗る感じ。
しもべの住まいは神奈川県の相模原というところで、最寄りのインターは横浜町田インターになるんだけどさ。
早朝だからサクサク進んで、高速乗って海老名SAでチャーン氏に運転をチェンジ。
そこから沼津までチャーン氏に運転をしてもらったんだ。
チャーン氏は目がとっても疲れやすい体質なので、長時間運転させちゃうといけないんだ。
普通の人の二倍や三倍は、運転すると神経を使っちゃうので、そこまでいったらしもべがあとは全部運転することになっていたんだ。
チャーン氏はがんばった!前日までお仕事で疲れていたのに、80キロも運転してくれたんだ。
しもべはヘロヘロだったので、ほんのちょっとおやすみさせてもらった。
今回の旅行の走行距離はざっと見積もって500キロを超えるロングドライブ。確定している山道は静岡から伊豆へ向かう道路。そのほかにもあるに違いないけど、よく調べてないんだっ。
これから行くところは、大井川鐡道の井川線っていう、千頭駅から接岨峡温泉駅へと向かう小さなトロッコ電車の通っている、とても素敵なところなんだ。
その始発にあたる、千頭駅までしもべたちは行こうとしていた。

むにゃむにゃしながらチャーン氏の運転でとりあえず沼津に着いた。
朝ごはん食べたい!!

DSC_1749.jpg

新東名沼津SAの駿河湾の恵みいっぱいなおうどんとおそばを食す!
なんかさくらえびがチクチクしていけないので、しもべはさらにコンビニで売ってたお肉をお口直しに食す!

そこからは運転を代わって、持ってきたおもしろいラジオの音声を肴にぺちゃくちゃしゃべりながらわいわいと島田金谷インターへ。
その後、千頭駅まで約45キロの道のりを、ほぼ山道みたいなところを走ることになったんだけどね。
うん、しもべはヤビツ峠を走りたくない怖いから。って言ってたとおもうんだけど、こっちのほうがたぶん怖い。昼でもライト点灯しとかないとヘアピンカーブばっかでミラー越しの対向車が見えないや('A`)
しかもほぼ一車線だしさ('A`)
しかしまだ、このときはグンマーで走った落石だらけの山道よっかましだと思ってた。あっちは動物も豊富だったよ?猿の群れが横切るの待ってあげたり、たぬきが道の脇歩いてるの見ながら、たぬきが轢かれてる姿もみたりしながら走ったんだからさ。
まだまだキングオブ山道にはなれぬな静岡よ!などと舐めたことを言ってたんだ。
どんどん登る、どんどこ下る。そして何個か峠越えたあたりで、河が見えてきた。たぶんこれが大井川ってやつだ!と思った。
一生懸命走らせること1時間。高速降りて時速60キロぐらいでいけるところは突き進んで、10時19分発の電車に間に合った感じ。

んで、大井川鐡道井川線の千頭駅へ到着。隣の道の駅の駐車場に車を停めさせてもらいます。
金谷から千頭へはSLが走ってて、千頭から先はトロッコ電車になりますのん。

DSC04096.jpg

トーマスが走ったりもするみたいなんだよ。

DSC04098.jpg

こういったローカル線は赤字経営のところが多いっていうけど、大井川鐡道はちゃんともうかってるんだって。
企業努力のたまものだよなあって思う工夫がいっぱいあったんだ。

DSC_1754.jpg

懐かしい切符を買ったよ!これはせっそきょうおんせんて読むの。
片道810円だった。これから一時間半ほど、電車に乗ることになるんだけども。
眠らないといいなーって思いながら、お弁当が買いたいなと思って聞いてみたら、10時14分着の電車に載せてくると思うって言われた。
間に合うからホームで待っててね。って言われて、言われた通り、金谷から来た電車にお弁当が乗ってきた。
どんなお弁当かな?と思ったら、おにぎりのお弁当か、おいなりさんのお弁当の二種類だった。小さくてシンプル。
おにぎり弁当を二つ買って、しもべとチャーン氏は電車に乗り込んだ。
だいじょうぶ、リュックの中にはおやつも詰まってるものね。

本当は、接岨峡温泉の先に三つ駅があるんだけれども、二年ほど前に土砂崩れが起きたみたいで復旧ができてないんだそうな。そんなに時間がかかるもんなの?と不思議だったけど、あの電車に乗ってみたら理由がわかったよ。崖っぷち走ってるんだもの、そう簡単に工事が終わるわけがないよねえ。

なのでその先にいくならバスに乗り換えになるんだそうで。
しもべたちの目的は、接阻峡温泉から一駅区間歩いて、奥大井湖上駅までいくこと。
奥大井湖上駅の後ろ側に休憩用のロッジが建っているので、そこでお昼を食べて折り返し帰ってくる。
50分程度の軽いハイキングができるので、そういうプランにしたんだ。

DSC04111.jpg

電車に乗って、川沿いを進んでいくよ。たくさん吊り橋がかかっていたんだ。
ゴトゴトーゴトゴトーキキーとけたたましい音を立てて、小さな電車が一生懸命走ります。
マジ絶壁、断崖絶壁のところを走ります。
なんだか+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +して、テンションマックスになってしもべは眠るどころじゃなかった。
こんなにドキドキする電車に乗ったの、久しぶりだってぐらい。

アプト式電車という、急こう配を登るために作られた電車を連結したり、山と川を吹きぬけていく風を感じてみたり、開けっ放しの窓からいろんな虫が入ってきて愛でてみたり、ちっとも飽きない。

DSC04121.jpg

平成14年に完成した、長嶋ダムが真正面から見えたりさ。すんごいカッコいい!!!
このスケール感はいってみないとわかんない。写真じゃ伝わらないんだよねえ。残念!

DSC04123.jpg

これはダム湖。

DSC04126.jpg

進んでいくと、レインボーブリッヂっていう橋を渡っていくことになります。


DSC04133.jpg
終点の接岨峡温泉(せっそきょうおんせん)駅へ到着〜〜。
アプトラインの車両は、小さくてかわいらしい。一生懸命ここに連れてきてくれてありがとね。
またあとで会いましょう〜〜!

さて、ここから4,50分歩いて一つ前の駅まで行くんです。
着いたらお昼だよ!楽しみ。

DSC04136.jpg

車道を歩いて大きな橋を見てみたり

DSC04138.jpg

滝の脇を通ってみたり

そんで、車道を逸れて山道へ少し入っていくと、奥大井湖上駅へと向かう分岐が出てきます。
そこを駅へ向けてトコトコと歩きます。
急な階段とかあってちょっとだけ危ないけど、スニーカー履いてれば全然歩ける道です。

その急な階段を下りていくと

DSC04139.jpg

突如広がる金網と橋。その先の小島に、目指す奥大井湖上駅がありますのん。
橋の上に歩道があって、そこを渡ることができます。
ここに来たかったんだよ!

DSC04141.jpg

わあ、高い!ドキドキする!

チャーン氏は高所恐怖症。しもべもけっこう高所恐怖症。
ここは地面が透けてないから、全然怖くなかったよ。歩ける歩ける!

DSC04150.jpg

40分ぐらいかるーく歩いて、奥大井湖上駅に到着!
駅の後ろ側に

DSC04149.jpg

小さな建物が建っていて、無料の休憩所なんだって。
ここに入ってお昼にしよう〜〜!とテクテク歩いていったら

おや?

DSC04147.jpg

おお、こりゃあニホントカゲのメス、成体じゃないのん!長いっ!
幼体の体色のまま生体になるメスがいるとは聞いてたけど、初めてみたよー。うちのほうあんまりみかけないからねえ。
尻尾が鮮やかなブルーなのは、敵の注意をここに引き付けるためにあるんだって話で、雌は卵もってたりして動きが鈍くなってることもあるから、ブルーの尻尾のままで大人になる子がいるのかもねえ。
キレイだなあ〜〜。大きいなあ〜〜。いい卵産むんですよー。

観察もそこそこに、おなかが減ってたので休憩所に入ってお昼を食べます。

DSC_1812.jpg

駅で買ったおにぎり弁当。
おやつも一緒に食べて、帰りの電車の時間まで置いてあったノートを見たり風景をみたり散策したりしておりました。

帰りの電車では、さすがに爆睡。よく寝た〜〜!

そこからは宿泊地の静岡駅前を目指すことになるんだけど、キングオブ山道はいまんとこ千頭から静岡へ抜けるルートになりました。
54キロぐらい距離あったんだけど、そのうち30キロ以上が山。そしてかなり長い距離一車線。
道は薄暗く、狭く、あんま車こないけど来るときは来る。全然対向車見えない。いつまで続くんだこのグネグネ道はぁああっ!
ライト点灯・・・怖いッ。
もうやだ・・・もうやだ・・・!って言いながら、立ち止まってもどうしようもないので一生懸命走ったさ。
シティ中年のしもべ、山の洗礼をうけまくってなんとか静岡市街地に到着。
山も怖いけど知らない都市の一般道もこえぇよ。ナビ様助けておくれよ!!!
そういう時に限って、ナビ様は適当な車線しかご指定くださらない。おねがいだから右に入っとけとか左に入っとけとか、残り30メートルしか余裕がないときに突然左に入れとか言わないでお願い。
という、ナビ困ったあるあるも体験しつつひぃひぃ言いながら宿到着!


お昼ご飯、そんなにたくさん食べなかったのでお夕飯は豪遊。
静岡は、海の幸いっぱいでおいちい!!

DSC_1816.jpg

疲れ果ててたんだけど、評判のいいのお店でおいちいお酒を飲んで、宿でお風呂に入って寝入ることと相成りました。
しもべ、うっかりさんなことにおパンティと靴下を忘れてくるという失態を犯して、コンビニに走ったりもしましたけれど、都市部だったのでなんとかなってよかったよかった。結果オーライ!


翌日は伊豆半島の河津を目指します。また明日もたくさんドライブだから、よーく寝なきゃ〜〜!

 そうして、一日が過ぎ去っていったのでございました。
もう少しこの日記、続きます〜。長らく読んでくださいましてありがとうございました。
今日はいったんおしまいといたします。



それではみなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月15日

卵詰まり、一連のまとめ

 一昨日の晩、恒例の寝落ち事案が発生。
とても眠かったけど、チャーン氏が帰ってきたら起きるつもりでいた。現にがんばって起きた。
うすぼんやりとチャーン氏がスーツのズボンを脱いでシャツ一丁になっている姿を見て、ああ今日もうちのチャーン氏はかわいいパンツ一丁姿でたまらないねー(ρw-).。o○
あ、脱ぐの手伝ってあげようか(´д⊂)‥ハゥ
いやいやむしろ手伝わせてください( ´O)η ファ〜
などと思いながら、またスヤァーっと眠りに落ちて、はと気が付いた。
いけない、こんなことしてる場合じゃなくて、ご飯作らないといけないんだったと。
さっきから大して時間が経ってないはず!と、時計を見たら、あら不思議。時刻は22時30分を過ぎたところを差していた(  Д ) ゚ ゚

ごめんよ、おなかへったろ。ってかなんか食べた?



そう聞くと、チャーン氏はゆっくりとこちらを振り向き、悲しそうな顔をしながら弱弱しく言った。





「空気・・・・空気食べた( ´・ω・) 」





(  Д ) ゚ ゚


実際はちゃんと食べてたんだけど、この回答に度肝を抜かれたぺろちょろめろひなミロカミュのしもべ、ポピでございます。こんばんわ。
なんというウィットでしょう。惚れ直したぜ!!!


 さて、来年もまた同じようなことが起きないとも限らないので、このぺろちゃんの卵詰まりに関してちょっとまとめを作成しようと思いました。
経過と対応と対策を自分なりにまとめてみようと思いましてね。
実は昨年もこのぐらいの時期に、軽く拒食のような、食べ少ない時期というのがあってですね。
その時期の前後がかなり食欲旺盛だったな・・・ってのを思い出したんですよ。
もしかするともしかして、去年も普通に発情して抱卵しかかって、体内に吸収されたのかもしれんと思ったんですよ。
今年は去年の食べ少ない時期を境に、しもべが夏の間かなり食べさせていたのでぺろちゃんもかなり体重が増加して尻尾もうんと太かったんで、今年はいけると踏んでの抱卵だった可能性があるのでございます。
まあ結局詰まっちゃったんだけどさ。

では、まとめていこうと思います。ごめんなさい。超長いし読みにくいです。
もうこれまでの経緯を読んでいる方は、立ち上げあたりから読んでくださいまし。






ヒョウモントカゲモドキ卵詰まりへの対応

(1)時期:
3月頃〜6月頭にかけて 食欲が増加しはじめたら危険なサインかも。
発情に気が付かなかったので給餌頻度は4日に1度と、冬場とそう変わらず。
内容はグラブパイかデュビア。
メスの年齢は3歳。名前はぺろちゃん。
排卵のサインは、獣医さん曰く経験を積まないとわからないらしい。
尻尾プリプリの時の体重は75グラム。



(2)発覚のきっかけ:
わずか二週間の間に、ふっくらしてた尻尾がガリガリにやせ細るまでになった。
食欲も減った。
特に2、3日の間で、鱗と鱗が接近しすぎて尻尾に溝みたいなんが出現。おかしいな?こんな溝みたいな線昨日はなかったぞ?!というのがきっかけ。
何かを掘るような仕草はなかった。
というか、ぺろちゃんにとっては回し車が産卵床を兼ねたため、回し車に乗って動くことが掘ることと同義だったように見えた。最終的になんだけど。

おなかの状態は不明瞭。卵があるのかないのか、たんなる脂肪だとしたら尻尾の細り方がおかしいし、食べていないのにおなかがふくらんだままもおかしい。

pero_onaka.png
内出血などを最初は心配していたが、のちに巨大な卵と小さな卵が詰まっていたことが判明する。

DSC04034.jpg

病院に連れて行く前に、尿酸だけか?それにしては色が黄色いな・・・
という物体のみを排出しているのを確認。
これは小さいほうの卵が中で破れて、卵黄が排出されていたらしい。



(3)対応:
病院へ連れて行きレントゲンとエコーを撮影。
レントゲンの写真がこちら。

DSC04039.jpg

コントラストを相当あげた状態で、ようやく見えた卵殻。小さい卵のほうは写っていない。
エコーでも巨大な卵が確認された。
カルシウムが不足してまともな卵殻が作れなかったようだ。育ちすぎ+体力を消耗しすぎたために詰まっていると言われる。


通院1日目→カルシウム・栄養剤・抗生物質を点滴。消炎剤と抗生物質を念のため与えるように言われる。
体重は65グラム

通院後1日→カルシウムが体に廻ったからか、いきみが激しくなる。13回も1日でいきんだ。いきむたびにおしっこや、わずかに残っていたウンチを排出。


DSC04042.jpg

小さくてしぼんだ卵も排出。こちらが出たことで少しおなかに余裕ができたか?

通院は3日に一度程度で、とか言われていたが、いきむことで一気に脱水が進んでやつれてしまったので翌日も病院へ行くことに。



通院2日目→カルシウム・栄養剤・抗生物質を点滴。1日目と同じ。今後の治療の予定を説明される。
産卵を誘発するホルモン・オキシトシンの投与を3日続けてした後、排出できなければオペになるといわれるが、相当痩せてしまっているので体力的にオペはおすすめできないといわれる。
オキシトシンを打つと逆に詰まりがひどくなる場合があるとの説明がなされる。
体重は61グラム。


通院後1日→薬が効いてくるまでの間はそっとしておいて、いきみはじめる時間帯からグラブパイヨーグルトの強制給餌を開始する。舐めさせる給餌で量はそう多くないが、栄養を分解するという動きがないと今後体が持たないと判断してそうした。

DSC04057.jpg
圧倒的に水分が足りないらしく、がぶがぶ水を飲む姿も確認される。
吸収率をあげるため、水に少量のポカリを混ぜてやる。

・産卵床を入れているにもかかわらず、無視されていたので回し車を一時的に撤去して産卵床だけにしてみたが、効果は全然なかった。
むしろニホンヤモリの世話をしに近寄って霧吹きを使う音を聞いた後に、自分の回し車が戻ってくるのか?!というようなリアクションをこちらに対して取ったので産卵床を撤去して戻した。

・この日は3回しかいきまなかった。おそらく出すものがもうないのだ。

・脱水症状の改善ができないか、とぺろちゃんに温浴を施す。日に2回ほど。
DSC04074.jpg
脱水症状が進行しすぎて肌にハリツヤがなくなり、しおしおなせいで水をはじかなくなったぺろちゃんの皮膚。
ぷりんぷりんだと水をプルプルとはじくんだけど、こうなるとしみこんでいくばかり。
もしかしたらこれを入れたら、ちょっとは吸収するかも?と思い

ジェックスERECTORYLYTE ミネラルチャージ

この水溶性のカルシウムとかミネラルとか入ってるサプリメントをお湯に少量混ぜてみたりした。
飲み水に混ぜられるカルシウムやミネラルが入った液体だ。
効果のほどはわからないが、とにかくいろんなものが体から抜け落ちているので吸収されたら御の字ということで。
注射の跡があるので温浴は・・・とためらったが、ためらっている余裕などないほどだったのと、ぺろちゃんが温浴にまったく抵抗を示さないばかりか、むしろもっとやってくれって感じだったのでガンガンやる。


通院3日目→オキシトシンの投与を開始してもらう。
同時に、ブログに情報をいただいた育ちすぎた卵の詰まりを解消できそうな、卵の中身を注射器で抜いてもらう。という対応を施してもらう。
獣医さんがエコーで確認しながら中身を1CC抜いてくれた。卵は一回り小さくなった。
体重は自宅で計測。59グラム。

通院後1日→3回ほどいきむが、やっぱり出すものがないようだ。回し車にもほとんど痕跡が残っていない。ちょっとしかおしっこでなかった・・・という感じ。
1日で出るとは思ってなかったが、ぺろちゃんの消耗の激しさがいきみの回数に現れている。


・栄養が足りない、舐めさせるだけの給餌じゃ足りないんだと思い、グラブパイヨーグルト、量をつっこまなきゃならん。と思い、シリンジで流し込む作戦に切り替えることにする。
一度に0.5CCずつ、日に2回か3回。消化のことを考えて8時間あけることにする。
とにかく食べてもらう。ついでに水も飲んでもらう。
水を飲む気が起きていないようで、シェルターから出てこなくなったためだ。
早朝4時ごろに0.5cc、昼13時過ぎに0.5ccずつ。水分多めに作ったヨーグルトをぺろちゃんに食べてもらう。


通院4日目→チャーン氏が休みだったので、説得して一緒に病院にいってもらうことにした。
とにかく不安だった。時間がない気がしていたのだ。彼はぺろちゃんが痛い思いをしているところを見たくないと言ったが、しもべが折れそうだったので引きずるようにして連れて行った。
チャーン氏にぺろちゃんが入ったプラケを抱えてもらい、混雑している週末の道路を細い抜け道を使ってガタガタと走る。
呼ばれて診察室に入り、獣医さんにぺろちゃんをお見せしようと蓋を開けたら


DSC04078.jpg

産んでた(  Д ) ゚ ゚

車の振動などで生まれることもある。という話で、オキシトシンの投与は中止。
栄養剤の点滴をし、卵の残りかすなどが体内にないかエコーとレントゲンで確認を行ってもらう。
ガスがおなかにたまっているように見える、今後の餌食いに影響が出る可能性はあるが、様子を見てください。
と言う話で帰着。
この日は大潮の新月だった。

体重は55グラム




(4)立ち上げ

産卵後1日目→早朝と午後に0.5ccずつグラブパイヨーグルト強制給餌。その後産んで点滴が入っているのでそっとしておく。


産卵後2〜4日目→8時間おき グラブパイヨーグルト1CC、水1CC、温浴日に3回。肌はまだまだしおしおだ。
まだエサを自分から食べに行く気は起きないらしい。
4日目の夜の給餌で、シルクワームを1匹呑み込ませることに成功する。


産卵後5日目→朝1回、グラブパイヨーグルト1CC、水1CC強制。温浴1回。
シルクワームを桑の葉と一緒にエサ皿に入れ、カメラを設置して様子を見ながら2泊3日の旅行へ

DSC_1747.jpg

DSC_1748.jpg

その日の夜、エサを自分で取っている姿が確認される。
実に5日もかかったが、ようやく餌を自分から食べる気になったようだ。
この翌日糞をしている姿も確認。

Screenshot1.jpg

産卵後7日目にあたる6/10日(金)に帰って確認すると、2日間で6匹を自力で捕食していることが確認される。
残りも見せたら食べた。
その後、コオロギを日に7匹程度与え、産卵後9日が経過した頃ピンクマウスを食べさせる。
1日あけてコオロギを3、ハニーワームを3〜5程度与えている。

産卵から12日が経過して、体重は60グラム。
餌食いは良好。ピンクマウスとハニーワームには反応がいい。コオロギとグラブパイは嫌々食べる。やわらかくて栄養がある餌を好むように見える。
デュビアはまだ見せてないのだが、どうなるかな?



(5)最後に、結果が出た今となってはああ大変だった。という感想だけが残る、生きた心地のしなかった1週間だった。

こういうことが起きると、一つ一つの自分の選択が正しいのか間違っているのかを常に問い、誰にも答えなどわからない現実と向き会わないといけなくなる。
こうなる、ああなっていく。という確定した未来はなく、一つ間違えばぺろちゃんが死んでしまうという危機感や不安感と、今やっていることが正しいのかどうかの答えを常に考え続けた1週間だった。

一つ言えるのは、ペットのことを一番考えてやれるのは飼い主しかいないってことで、戸惑ったり迷ったりすることは間違っていないということだ。
ゆらぐしぶれるし潰れそうにもなる。人間だから。
藁にもすがる思いゆえ、目が曇ることもある。冷静になれないこともある。
私はたくさんの人の提案や別の観点からの意見にたくさん救われたと思う。


このブログをご覧いただいている皆様に、心から感謝いたします。

また、この経験が来年のわたしや困っている誰かの参考になりますように。





 以上、長くなりましたがここらで締めくくりとさせていただこうと思います。
それでは、みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 病院記録