2016年06月01日

24時間が経過

DSC04067.jpg

平和で牧歌的な音楽が流れてそうなミー太郎。
いまぺろちゃんの状況がかんばしくないだけに、おまえさんの存在は救いだ。



 ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ。
投薬から24時間が経過し、状況に多少変化が表れております。

まず、ぺろちゃん一発目の卵を産みました。
カルシウムやら栄養やらビタミンのお注射が効いた模様。力がわいてきたぞー!といわんばかりに。

DSC04042.jpg
初産です。
こちらより次が問題DA。
巨大でやわらかい卵を産むためにぺろちゃんきばるきばる。
そりゃもう鬼の形相できばるんですよ。
鬼の形相というか、怪獣みたいになっておりました。
がおーーー!口をぱっかーーーとあけていきみます。
いきみとともにあふれ出る大量のおしっこ。うんこがあればウンコもでるぞ!
そのおしっことともにぺろちゃんは卵殻の一部?のような、カルシウムの塊のようなものを排出しております。

DSC04043.jpg
これが産んだ直後の写真。
まだなんか元気そう。しかし排出されるおしっこの量が多すぎる。おしっこか?若干粘性があるから、なにやら卵の周りについてる何かか?
回し車がべっちゃべちゃになって、産む気をなくすぺろちゃん。
しもべはそれを認めて産婆のように「はいっ!ただいまチェンジいたしますよ!!」とせっせと清潔なものに変えること4回。

DSC04057.jpg

おそらく脱水症状がでているとおもわれるぺろちゃん、水をがぶ飲み。
かかったな・・!そこにはネクトンMSAとネクトンREPを溶かし込んであるのさ!!!少しでもいいから、君の力になりたいんだ。さあ飲むんだぺろちゃん。


DSC04051.jpg

しきりに口の周りを舐めています。


DSC04064.jpg

尻尾をあげてとにかく産みたいきばりたい体勢。
産卵床は入ってるけどガン無視のぺろちゃん。というか、この回し車一時的に撤去するかな・・・
撤去したらもうちょっと産みやすいところで気張る可能性はあるから・・。
さっき獣医さんに相談したところ、産卵床だけにしたほうがいいかもっていうアドバイスがあったので、現在実行中。
ぺろちゃんは超ご不満そうだが、湾曲した地面で産むよりましだと思うんだよ。

DSC04061.jpg

苦しそうだ。


 彼女の消耗が激しいため、スパンは短いけど明日もう一度点滴にいくことにしました。
脱水が進んでいそうなのと、背骨とおなかの骨が浮いてきてしまったのもあり。
ぺろちゃんに力がまだあるうちに、即効性のある点滴の力を借りないと出ない気がするんですよ。
一応獣医さんに相談して、明日ということになりました。
ぺろちゃんはピンチであることに変わりないんですが、産もうとする意思を感じますのでね。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう〜。


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 病院記録