2016年06月04日

【祝】産卵

 えー、ご心配をおかけしております。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわ。

 もったいぶってもしょうがないので、結果からお知らせいたします。



祝ぺろちゃん、産卵ッ!!!!




しかも病院で(  Д ) ゚ ゚



 ポピさーん。と呼ばれて診察室に入り、先生にご挨拶。プラケの蓋を開けた。
開けたらぺろがなんか踏んでる。


(つд⊂)ゴシゴシ



なんか、豆腐みたいな物体を踏んでいる。



(つд⊂)ゴシゴシ



DSC04078.jpg


たまっ・・たまっ・・・・た・・・たたたたたた



卵ぉぉぉぉおおお(  Д ) ゚ ゚


せ・・・せんせいっ、ででで出た。出た。卵ッたまごたまたまたまンゴオオオオォ!!!




なんか壊れた感じで連呼してしまいました。
人間て、心底驚くと「ででででででたー」とか言っちゃうんだなぁって思ったんですよう。


 それを見た獣医さん。今日は違う先生だったので話の引き継ぎをした状態で、誘発剤の投与をしようとしてたらしいんです。
脱水症状をおこしてるのもあるから、点滴もしてもらおうと思ってね。
受け付けから15分ぐらいで診察室入ったわけですが、待ってる間には卵とかなかったんで、ほんの数分の間にひねりだしたものと思われます。
なので、予定を変更。消耗してるので点滴の投与と、卵の残しが体内にないかを確認することになりました。
レントゲンとエコーで調べてもらったら、卵は残ってないとのこと。
ただ、小さいほうの卵があった位置にガスがたまってるみたいだって話で、これがどんな影響をもたらすかわからんって。今後の餌食いに影響がないといいんだけど。ということ。

いろいろお話を聞いていたんですが、よく見ててもぺろちゃんの今回の抱卵はかなりわかりにくかったろうって話で、片方が小さくてもう片方がでかすぎる卵ってことで。
いずれも卵殻が薄くてやわらかく、排卵も抱卵もわかりにくいイレギュラーなパターみたいだねえ。って話でした。
んでもって、さらに続きの怖い話として、レオパは本来2個同時に卵産む生き物なわけですが、まれに1個、ないし3個産むパターンが存在するらしいのでございますよ。
異常な抱卵をしたぺろちゃんなので、3個目がないともかぎらないという話で・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
やめてくれぇ。
3個目が存在している場合、すぐに排卵してまた卵が降りてくるので、今後餌をちゃんと食べてくれるかがキモになるとのこと。
今は産む時期でないと体が判断すると、卵も吸収されていくんだけどねー、どうかねー。
って話でした・・・。
我々は来週旅立つ予定があり、そんときまでなんか様子が変だ。ってなったらうちで預かりますよ。本来はペットホテルやってないところなわけですが、おかしいなら相談してくださいって言ってくださったので心軽くなりました・・・
いくらかかるか聞いてないけど(涙目)
しもべが餓死するからどうか餌を食べておくれぺろちゃん!!!!


 んで、余談ではありますが、更新のなかった2日の間いかなる処置と対処を行ったか記しておきます。

まず、コメント欄にて小田原レプタイルズ様よりとても参考になる情報をいただきました。
全文を引用させていただきます。

ご無沙汰しています。
うちでは、過去に卵詰まりを起こした個体が2匹いましたが、いずれも、排卵誘発剤を注射してもらうとともに、大きくなりすぎた卵の中身を、外から注射器で抜いて、排出しやすくしてもらい、無事に排出できています。
参考になれば幸いです。



この処置方法を聞いて、現状やれるもっとも穏便な方法なんじゃないかとしもべは思いました。
そんで、獣医さんにこんな情報をもらって、こういう結果になったようなのでやってみてもらえませんかとお願いしました。
やったことないけどーやってみるかーっていうのと、卵管を傷つけてしまう危険性はあるよ。という警告のもと、でもやってみなきゃはじまらんのでお願いしました。
その後、1CC分の卵の中身を無事に抜いてもらい、エコーで内容を見ると卵は一回りちょいぐらい小さくなっていました。
その後、誘発剤を打ってもらいました。

帰宅後、6時間ぐらいしてぺろちゃんの動きがにわかに活発に。
あいかわらず回し車の上でいきんでいます。いきんでるんだけどなんか行きみ方が変わったって言うかね。
省エネいきみっていうの?

sannrannpero.jpg


かわいすぎるんだけど笑えないのよ状況が状況だったからさ!!!

んで、回数的にはこれが3回。いずれも排出には至らず。全部おしっこだったわけです。
しもべは頭をフル回転させて考えましたわ。
でっかい塊が少し小さくなった。具体的には1CC。
なので、1CCはおなかにモノが入るだろう。もしこれで出なかった場合。最終的にはオペになるわけで、体力が絶望的にたりねーんじゃないのかと思うに至ったわけです。
更に午前中、点滴パワーで元気になってたのでぺろちゃんは水をがぶ飲みしてた。
その水もだいぶ出したみたいで、おなかには何ももうものが入ってないと思われる。
最後に舐めたヨーグルトも、ほんの少量のウンチとして排出されちゃったみたいだ。
これまでは舐めさせる強制給餌だったけど、生ぬるい。
明日の朝と昼はシリンジでおなかに流動食を強制的に突っ込んでいかないと、点滴だけじゃぁ体が持たないと思ったんです。
んで、病院で点滴と薬の投与か・・・相談しないとな先生に。脱水症状も進んでるから、温浴もしとかないとな・・・。
ニンゲンと同じなんだと思います。脱水が進むと、水を飲む気にならなくなるのってさ。

DSC04074.jpg

これが温浴中のぺろちゃん。
背中がテカテカしてるのわかりますでしょうか。
本来レオパは水をはじく皮膚をもつ生き物ですが、こんなふうにびちゃびちゃになります。

DSC04076.jpg
クリックで拡大表示

わかりやすいのでこれはでっかい画像でつけときますね。
てっかてかの沁み沁みになります。
まるで干しシイタケのようです。

しばらく時間が経ってから再び温浴すると、見事に水をはじくようになりますが、間接的に水分を補ったにすぎず充分ではないと思います。足りないことは見ていてよくわかってんです。
キッチンペーパーを一回のいきみでびしゃびしゃにするほど水分出しちゃうんだから。

 で、今朝は仕事にいくため4時半に起きてぺろちゃんに強制給餌。ぺろちゃんのお口の逆鱗に触れてアーンさせた後シリンジでグラブパイヨーグルトを突っ込む、1回0.5CC程度。
その後抗生剤と消炎剤を飲ませました。

出かけて、戻ってきて昼。
注射を打った後はしばらく強制給餌するのが難しくなるので昼も同じようにシリンジあーん給餌。
そのとき、しもべはん?って思ったんですよ。
ぺろちゃんの総排泄腔がふくらんでるの。ウンチだと黒いふくらみになんだけど、なんか白いふくらみが、あるなーって。

それを続けるつもりでした。明日も明後日も。
いま、新月の大潮で動物にとってはいい方向に働くだろう、という時雨さんからの情報も受けて、それまでにけりがつかなかったときのことも考えておかなきゃなって思ってそういう行動を行っていました。


 そして冒頭の病院で産んだに戻るのです。
先生曰く、車に乗せられてガタガタ揺られてくると、その振動で産んじゃうこともあるんだよねー。
あとイヤイヤー!やめてよー!と体に力を入れて出ちゃうこともあるとか。
いい方向にいってくれてしもべは大きく息をつきましたとも。

やっと、やっと安心して寝れるよおおおお。

餌を食べてくれるようになるまでは気が抜けませんけども。
強制給餌はまだ続けます。流動食を流す、流すか舐めさせるかの反応を見て、給餌のほうも考えていきます。


ブログを読んでいただいている皆様には、ご心配をおかけしましたこと。
あたたかく見守り、応援をいただきましたこと、深く感謝いたします。
もっとも危機的な状況は抜けたと思っています。
立ち上がるまでが問題なので、もう少し落ち着くまで時間はかかるかと思いますが、まずはお礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。


DSC04079.jpg

もうすこし、ぺろちゃんが元気になるまでどうかよろしくおねがいします。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう!


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 18:35| Comment(18) | TrackBack(0) | 病院記録