2016年06月07日

シルクワームの強制に成功

ぴんぽ〜〜〜〜ん



「はーい」




「あのう、すみません。通りすがりのものです。





つかぬことをお伺いしますが、お庭に生えているのは桑の木でしょうか?」





「ああ、そうですよ。桑の木ですけど、どうするんですか?」





「蚕を飼っていて、桑の木を探していたのですが、少し葉っぱを分けていただけませんか?」




「ああ、どうぞどうぞ。いくらでも持って行っていいですよ」



しばらくしておじさんがお宅から出てきて、しもべは摘ませてもらいました。

「顔も覚えたし、これからは許可なくもっていっていいですよ」

「ありがとうございます!突然すみません。助かりました!」






 摘んでいい桑の木げっとおおおおおおおおおおおお!!!!



血眼になって探したら、近所に一軒見つかりました。
しもべ、ずいぶん前も蚕を飼ってます、桑の葉っぱを分けてくださいって民家の庭先からいただいてたことがあったんですよ。
桑の木がどれか見分けがつかなくて困ってたんですが、実が成った後があったんですよね。よかった・・・あと近所のおばさんからも情報をいただけそうなので、もう何か所か桑の木の場所がわかりそうな予感です。
こちらのお宅から少しずつ分けてもらえることになりそうですが、小さい樹なので禿木にしてしまいそう。
もったいない。
今回ハチクラさんで買ってきたのはたったの10匹なので、落ちるか食べられるかしかないわけで・・・。


 というわけでこんばんわ。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
フフフ・・・なんて恥ずかしいやつなんだろうねしもべったら。
もうなりふりかまってられるか状態ですよ。なぜってぺろちゃん、まだ自発的にご飯を食べないからですわ。

無情にも旅へ出るタイムリミットは迫ってきてますし、だいぶ改善したとはいえ脱水気味なのもあいかわらず。
たぶんへろへろでご飯食べれないんでしょうなあ。
舌も血色が悪いのです。水を強制、強制ついでにシルクを一匹呑み込ませることに成功しました。
んで、今朝はいままで強制してきたヨーグルトの中身をまとまった形できっちり排出しておりました。体には力が戻ってきているのですが、省エネモードに入りすぎて動かないのです。動けないのかもですが。
点滴を打つべきか、打たぬべきか。
ストレスがかかりすぎてぺろちゃんしもべにも嫌ションするようになってしまいました。一回されただけなんだけど、へこみますわー。
そういうのを考えると、少しの間静かに落ち着かせておくほうがいいのかもしれないとも思ったり、脱水症状進みすぎで食べれないなら点滴打つほうが早いんじゃないかって思ったり。



 とりあえず、出かけてる間に動きがあれば撮影されるカメラを設置。


DSC_1747.jpg


動くとシャッターが切られて、外部から連続写真が見られるよ。っていうアプリを入れました。
カメラになってるのは前チャーン氏が使ってたふるいスマホ。
これをwifiに接続して充電しながら動かしております。
動きがあると通知が来るんだよ。

Rusuban Cam(留守番カメラ)


というアプリで試験運用してみたら案外いい感じ。
しかしぺろちゃん省エネモードすぎて今日半日以上シェルターに引きこもって動かなかったみたい。
逆に心配になったわ。ぺろは無事か?!って。
シェルターの中で星になったんじゃないかとかいろんな心配が駆け巡って、心臓がつぶれるかと思ったわ!
水も飲みにいってない、というのが外出先からも容易にうかがい知れたので、水強制に至ったわけですが。
そしてシルクも強制できてよかった。1匹だけでものみこんでくれてよかった。
明日の朝まで時差設けて水とヨーグルトは続けますわ。



DSC_1748.jpg

シルクの残りはあと9匹。全然自発的に食べてくれる気がしないよ。
そしてイエコの切れ端を与えてみるかも考えねばならないんだけど、脱水気味の子にはシルクのほうがいいとおもうんだよなあ。


気が重い。こんなに気が重いのに旅立つのか・・・時間遅らせて出るかなあ。
ほんとは深夜に出ようかと言う話だったんですけどもね。しもべの体も持つ気がしないよーーーー。


 旅先からはツイッターかなんかで随時何かあったらツイートしてこうとおもいます。
スマホからご覧の皆様はたぶん知らないとおもうんだけど、デスクトップ版の表示に切り替えるとこのブログのページにツイーとの窓が出ております。気になる方はそちらをご覧くださいまし。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう(´TωT`)ノシ


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 病院記録