2016年07月29日

どようのうしのひ

 ウナギがたべたぁーーい。
しかしウナギがいなくなっちゃいそうだよーーー。絶滅しちゃいそうだよおおおお。
ウナギの不買運動でもしてウナギの資源の枯渇を防がないとどうしようもないよぉー。
少し我慢すればまたうなぎが食べれるようになるさ!って思ってたんですよぅ。
で、うなぎによく似せて作ったかまぼこのうな次郎とかいいなー食べてみようかなーかってみようかなー。ってスーパー行ったけど売ってネェ。
国産うなぎはやっぱうまい!ってうなぎが試食に出てて、おなか減ってたしもべ、試食してしまいました。
スーパーのでもおいちーなーうなぎ。おいちーおいちー。
やっぱりうなぎはいなくなってはいけないおさかなである!

で、このあいだテレビでやってたんです。ウナギの完全養殖の技術が確立されたという話。
そういや、斜め見しちゃってよく内容をみてないやー。ってなって、ぐぐってみたら出てきたのです。


国立研究開発法人 水産研究・教育機構 ウナギ統合プロジェクトチーム

というところで、研究され続けてきたウナギの飼育や生態解明の研究を読んだんですけど、ウナギはほんといろんな意味で難しいおさかななんだなぁと思ったんですよ。
たとえばシラスウナギから人工飼育してると全部雄になるとかさ・・・。
雌にするには特定の時期に特別な餌を与えないと雌になんないとか。
人工飼育下だとどんだけでかくなっても生成熟しないとかさ。
だから大きく育てても全然生殖活動しようとしなかったんだって。あと産卵場はどこだーとか。
卵を産ませられた!やったぜ!ってなっても今度は赤ちゃんうなぎが何食べてるかわかんないとかさ。
餌が分かったけど水槽に雑菌が少しでもあると全滅(  Д ) ゚ ゚
知らなかった。心が折れそうなぐらいハードモードのおさかなだったようです。
謎すぎたウナギのことがここまでわかってきたってのはとても大きいし、ほんとにすごいことだなあと思います。

そういう苦労を積み上げて、今うなぎの完全養殖の技術が確立されたようでございますよ。今、二世代目の仔魚が育っているところなんだそうで。
というわけで、土用の丑の日を前に。
食べたすぎてうなぎの研究を読んだしもべの感想文でございました。
そのうち我々の食卓に届くウナギは、完全養殖のウナギになっていきますよね?
ほんと、絶滅しないでほしい!
あーーーうなぎたべたいよおおお。うなぎいいい。
リンク張ってあるので興味あったら読んでみてくださいまし。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月28日

真夜中のリビドー

miro-m6.jpg


 ぺろちゃんが卵を詰まらせていたちょうどそのころ。
しもべ宅で起きていたもう一つの事件、それはミー太郎の発情。
全く様子が変わらないようにみえたんだけど、ぺろちゃんとちょっと引き合わせたところ一気に雄の本能が目覚めたらしく、その後1か月ちょいぐらい荒ぶるミー太郎と化しておりました。
まあこの漫画だと全く伝わりませんけども。しもべの心象風景も入っちゃってるのでミー太郎別レオパになってますね(´∀`*)ウフフ
普段のミー太郎がおっとりしてるからギャップがすごいすごい。
45センチのケージじゃこの子には狭いってもんですよ。
だいたい暴れだすのは夜間でした。しもべたちが寝静まると誇張でもなくどったんばったん音が聞こえてくるんですよ。
怪我しないかなと心配してたんですが、これを初めて見たときにめちゃめちゃ正確に障害物をよけていたので大丈夫みたいだなって思いましたw

そんで雄のおまたから出るワックスがこのころつまりそうなぐらい量が出てましたね。
今もちょっと出ますけども。
今はケージのお掃除をして匂いが消えたりしたあとに、ワックスが出てくる感じなんですよ。
おそらくここはミーのおうち!テリトリーだからね!ってフェロモンつけしてんだろうと思います。
この間軽く掃除して、回し車も消毒してきれいにしたったらおまたを地面にこすりつけるようなズルっ、ずるっって音が鳴る歩き方をはじめまして、しばらくそれで匂いをつけてまわってたようでした。
回し車は特に念入りにやってましたね・・・。

ぺろちゃんのことでいっぱいいっぱいでしたが、このとき何度かミー太郎のおまたのワックスをとる作業をしておりました。
詰まらせるとやっかいだからなぁと思って、活動が弱まる昼間などにハンドリングして、かなりたまってる感じだったら温浴したあと、湿らせて固く絞ったティッシュでミー太郎のおまたをゴシゴシこすってました。
やっぱり前足のところに手を入れて立たせて、ゴシゴシするんですけども、固くてガリガリ音がすんですよね。
ひっついてるから抵抗もあるんで、その抵抗感や音がなくなるまでやさしくゴシゴシするとそのうちぽろぽろとれてくれるんです。
ミー太郎、最初はびっくらしてましたが、実は不快だったようですぐおとなしくとらせてくれるようになりました。
ワックスがたまったり詰まりかけてるから、動き回っていたのもあるのかな、という気もしました。
回し車を買ってきて、初日で突然回し出したところからはじまり、ミー太郎の潜在能力と適応能力がとても高いことに気が付かされる今日この頃。


昨日と今日のツイートですが、とうとう掛け布団を実装しました。




寝るまであっという間。

で、帰ってきたら





うん、この手作りのお布団なんですが、パネルヒーターからの熱のあたりが弱めになるようにという意図もあっておいてるんですよねえ。夏場は温度が高めに出ちゃいますので。
掛け布団は少し厚みがあるから、潜ってくれないと熱は伝わらないかな?と思いましたが、上下を少しずらしておくことで温度差ができてそれはそれでおっけいなようです。
いやはや、この子はすごい子だなぁ。
と、しもべは思うのでございました。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれまんが

2016年07月27日

ぺろちゃん近況

DSC04375.jpg

かまちゃんがお食事中でございましたので撮影。
ようやくごはん食べる気になったんかかまちゃん。脱皮から三日くらい経っててちょっと心配しちゃったZE。

DSC04379.jpg

ちょっと光の加減が違うだけでこの悪魔感。やべぇ、目が赤いよかまちゃん。
怖いよかまちゃん。
ちなみにすでにおなかがぽんぽこりん。ゆっくり食べてるみたいですね。



 さて、おはようございます。ぺろちょろめろひなミロカミュ、期間限定かまちゃんのしもべポピでございます。

ぺろちゃんのこのごろの姿をお見せしておきましょう〜〜ということで写真朝っぱらから撮ってきました。

ほーらぺろちゃん出ておいでー。

DSC04366.jpg

しっぽふっくらしてきたんですけど、ちょっと食べなくなるとすぐしゅっと細くなってしまいますね。
ピンクマウスを盛れたのもあって、それの消化に時間がかかったけれどもちゃんとウンコになって出てきましたので安心。やっぱすごいなピンクマウス。ぷりんとしっぽが太くなりましたね。
で、安心できないし本人が食べたがってる時はなるべく餌を与えるようにしました。
デュビも食べてくれるようになったのでコオロギさんの消費も抑え気味にできております。交互に与えるかんじですかねえ。
体重は61グラム。やはり卵が存在しているためか、なかなか増えませんね。
んでもって、産卵までもうちょっと時間はかかるのかな?詰まってなければ。いやもう詰まるなよたのむから!

DSC04367.jpg

あら(´・∀・`) ヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!

DSC04369.jpg

嫌がりつつもお座り。いやもうごめんね、この子もうひっくり返されるのいやでいやでしょうがないみたいなのです。まあ強制給餌の時保定するとこれよりかはもちょっと穏やかだけどおなかみせてるのに変わりはないのでね。
ちなみにうちの場合は、しもべのおでぶなおなかにぺろちゃんを乗っけて、前足のあたりに手をいれてぴゅっと立たせるんですよ。
そするとまだ抵抗感がないので、その状態からお口の端っこをちょこちょここすってお口あーんさせる感じです。

DSC04370.jpg

いーやーーーという声が聞こえてきそうな感じ。
おなかを見せておくれぺろちゃん。
といっても、先日までけっこうはっきり見えてた卵がまた不明瞭になっちゃってね。
(´ε`;)ウーン…

んで、肉眼で見ると透けてみえる背中側を撮影。

DSC04372.jpg

全然写らなかったぜ!!!
肉眼で見るとおなかのしたのほーが色が濃くなってて、何かが入ってる感じがわかるんですよ。
前回詰まったときにも同じように色が濃くなっていましたし、同様の現象なのでいずれまもなく?産む感じになりますね。
今はまだいきんでいる感じじゃないですね。
詰まってていきみはじめるとうーんうーんおしっこがーうんちがーっていろんなもんが出ますし、本人も焦った空気を出し始めるのです。今回は本人が焦ってないのでちゃんとすぽんと産めるんじゃないかなって思います。いやどうだろう、もうあの悪夢は嫌じゃから、そう思いたいだけか?
まだ餌もほしがってますし、食べれるときに食べさせてやるのは大事なことですけんね。
ぺろちゃんがんばって産むのだぞ!!


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年07月23日

小田原レプタイルズさん、京都BOに出店されます〜

 みなさまこんばんわ、ぺろちょろめろひなミロカミュ、期間限定かまちゃんのしもべポピでございます。
今日はミー太郎を生み出してくれたブリーダーさんの小田原レプタイルズさんが、京都のBOに初出店されるってぇことで勝手に宣伝しようと思いました。
関東では出店されてますが、関西は初だそうですからね!
よけいなお世話?!いやいや、ほら、しもべはお迎えしてるから、多少なりともあるわけですよ。
たとえばミー太郎はぜんぜん好き嫌いがないけど、小さいころからいろんなもん食べさせてもらってるからなんだろうなぁ〜〜って思ったりすんですよ。
デュビアにジャイミルにコオロギは二種類だっておっしゃってたっけな?何を食べるにしても食いがいいよ。
ちょっと硬くてクリーミー系ににょろにょろクリーミー系にやわかたジューシー系と、多様に餌付けしてもらったから何を見ても躊躇ないですね。怖がらないっていうのかな。
このへん見習いたいなと思いました。
飼育しやすい子にある程度育ててから連れてきてくださってるっていうのかな。
ミー太郎以外のうちの子達は小さいころ来て、イエコを食い続けてしまったためフタホシを買ってもだーーれも食べてくれないんだけど、唯一ミー太郎だけが恐れずに食いついてくれたりするので、緊急時にフタホシしか買えなかった場合、しかし誰も処理してくれないという悲しい結果になったときにもミー太郎がいれば安心なのさ!

んで、飼育されてる環境もすごくいい感じだったからしもべ小田原さんにきめたー!ってしたんだもんね。

ちなみにお迎えした当日のミー太郎はこんなサイズだったぜ。

DSC02418.jpg

懐かしい。こんなに小さな時代があったのだった。
とはいえ、生まれて三か月ぐらいは経過してたっけな?
こうしてみると子供の頃はすごくパターンレスだったんだなぁ〜〜。やわらかそーだしキレイ。
脱皮のたびに模様がでてきて今は下の写真みたいになってますけどね。
こうした変化もまたレオパをベビーから飼育するってぇことの楽しみの一つですよね。
今の大きさは掌にはもう収まりません〜。

ジャイアントの親同士から生まれているので、でかくなるのは予想ができてたんだけども、凄まじい食欲とともに一か月25グラムだか30グラムだかのすごい増体をして、どんどん巨大化していって、大人になったミー太郎は長さが27センチ、体重は110グラムぐらいと大きな子に成長したわけです。
力も強い、そして気も強いけど。雄はこんなもんかのう〜〜なんて思います。
来た当初、ストレスで体調を崩したりもあったんですが、それもあっという間に治ってそれ以後は大きなトラブルもなくすくすく育ちましたんでね。

DSC03988.jpg

 しもべ家でトラブルが起きると、そっと助言をくださる責任感の強い方なので安心してお迎えできるのではないでしょうか。

DSC03981.jpg

BO京都ではみなさまにいい出会いがありますように〜〜。
小田原レプタイルズさんからお迎えしてよかったなーと思ってるので、ささやかではありますが応援させていただけたらいいなと思い、勝手ながらこんな記事をしたためました。
ミー太郎に会わせてくれてほんとうにありがとうございます。

明日の京都の気温は33度/24度。
暑そうですね。直射日光や蒸れに気を付けてかわいこちゃんを連れて帰ってあげてくださいまし。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月22日

かまちゃんは、たぶんハラビロカマキリ

 ぺろお嬢様の食性は、一個のものを飽きるまで食べ続ける傾向にある模様。
しもべもドハマりするとけっこうそういう傾向があるんだけど・・・似ちゃったのかしら?
卵詰まりのあと、シルクワーム→イエコ→ピンクマウス→ハニーワームときて、ハニーワームを1匹吐き戻した後からはコオロギを再び求めるようになり、それからずーーーっとコオロギだったんです。
たまのピンクマウスもコオロギ汁つけておかないと食べてもらえなくてね。
そんでさ、とうとうなくなっちゃったって昨日書いたじゃないですか。
でもぺろちゃんご飯が欲しそうな顔してんです。しもべを見るとお目目をクワッと開いて餌を見る目をするもんで。
で、しもべはダメ元で言うたんですよ。

「ごめんね、ぺろちゃん。コオロギさん今ないのよ。
でもご飯食べたいのよね?
デュビでいい?デュビいらなかったらちゃんと明日買ってくるから、今日はデュビ食べてくれないかな?
いらなかったら、いいんだよ。今日はなんにもなしだからね?」

と、申し訳なさそうにぺろちゃんに語りかけたんですわ。
で、やっぱダメ元でこれまでぷいぷいされてきたデュビアを見せたら、食べよったのですよ。
今までなんだったのかというぐらい、華麗に食いやがりましてな。デュビア食わなくなってかれこれ半年以上ですぜ。
ぺろちゃんに言葉が伝わったとは思えないけど、思えないけどさ。なんだコレ。

ちなみにミー太郎は何でも食べます。なんでも食べるのでうれしくも困っています。
このごろ自分が先にご飯をもらえないで、隣の住人が先だということにも気が付いた模様。
それゆえ、隣人の扉を開けているとそれまでスヤスヤ眠っていたのにガタッ!と起きだしてにじりよってくんですよ。
これはかつてぺろちゃんよりミー太郎が先だったときは、ぺろちゃんがやった行動だったんですけどね。
ミー太郎はぺろちゃんより反応が顕著で、ケージの壁越しにしもべの手があるだけで食いついてくる始末です。
エアーを召し上がっておられるようじゃ。
そんなスンゲェアッピールされたらしもべもご飯やらないわけにいかないじゃないですか。
代謝が上がってるので脇プニが出てくるほどじゃないという。そして毎日デュビアを召し上がっていただけるという。一日1匹だとたかが知れてマスが、ミー太郎はおなかがすいて仕方がないようなのでした。

ああ、ミー太郎と言えば。




枕をとうとう抱えて寝るようになりました。
なんというニート感。増加するニート感。かわいすぎでしょうミー太郎。

 というわけでこんばんわ。ぺろちょろめろひなミロカミュ、期間限定かまちゃんのしもべポピでございます。


DSC04364.jpg

 我が家に拉致られてきて2度目の脱皮を終えたかまちゃん。
脱皮するとゴリゴリっとでっかくなりますね。だいぶ幼虫からメタモルフォーゼしてくりーちゃーへと変身してきました。
初期から比べると3倍のでかさ。そしてぴょこぴょこすばしっこいですぞ。
ライフサイクルみたいなもんもわかってきました。

エサを食べておなかがパンパンになる→
三日ぐらい何にも食べない時期が来る(脱皮前)→
いつの間にか脱皮してでかくなっとる→
さらに一日ぐらいは何にも食べない→
最初に戻る

な感じです。餌を食べなくなる数日間はちょっと心配なんだけど、天井にひっついて避難しながら脱皮の準備してるみたいです。
できれば脱皮を見てみたいけど、かまちゃんが天井にいたのに対し、脱皮の殻は地面におっこちてたのでうすぼんやり天井にひっついたまま脱皮したんじゃないかと思っています。

DSC04365.jpg

どうも予想は的中してるくさく、かまちゃんはハラビロカマキリの幼虫ではないか説が濃厚になってまいりました。
検索したハラビロカマキリの幼虫の画像にそっくりだったので、たぶんあってるはず。
おけつをぷりんとあげてるし、おなかも横に広いからあっているはず!
男の子かな?女の子かな?
成虫になったらわかるはずだけど、かまちゃんはあと何回脱皮したら大人になるのかな!



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


タグ:カマキリ
posted by ポピ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録