2016年07月10日

カミュ、行方不明中

 脱走したニホントカゲのカミュ。脱走から丸三日が経過しております。
デッドラインです。72時間です。水がなければいかな爬虫類といえど、生きていられません。
現在我が家はカミュがおぼれないよう、ティッシュを詰めたお猪口で水場を複数設置。
出てきて水を飲んでほしい。
ケージ内にあった苔皿を居間に、エサ皿をカミュのケージが設置されている窓辺の近くに。
その隣にカミュが気に入って潜っていた植木鉢を。
各部屋に一か所ずつ、なんらかの水場を設けて置いてあります。

うちのカーペットは重くてね、いろんな家具に端っこを押さえられている仕様なもんで、浮いた場所というのがないのです。いけても限られた距離しか潜っていけない。人の手でどけるのも大変なのに、小さなトカゲがすべるフローリングの床をかきわけて入り込める余地がないのです。
一応隙間らしき部分をめくって確認はしましたが、いませんでした。
ソファーもすべてのマットを取り払い、隙間という隙間にライトをあててみてみましたがこれも見つからず。
放置してあった洋服なんかを一枚一枚振って、なにか挟まっていないか確認。袋状のものは全部中身をあらためた。
本やチラシの束の中、カミュの爪がひっかかりそうな材質の箱の中も全部出して確認した。
靴の中も見た。カミュが落ちそうな洗濯機の排水溝の穴はティッシュを詰めて塞いだ。


疑わしかったぺろちゃんたちのいるラックの後ろ側、まだ断熱材がついている状態だったので外すついでにベベが隠れ潜んでいないか確認したところ、そこには糞が落ちていた。乾いていたけど、まぎれもなく爬虫類の糞。

このごろめろもひなも脱走したことはないので、ベベのもので間違いないと思われる。
脱走した直後にここにいたのかもしれない。

次に、べべのケージがある部屋は畳の部屋で、餌部屋でもある。かまちゃんもここに住んでいる。
なのでそこを調べた。
実は4日ほど前に逃げてしまった雄のコオロギさんがいてね。
成虫だった。鳴くやつから順繰りに餌に使っていたので取り逃がしたときはしまったと思ったのだが、とりあえず交尾する相手もいないことだし、雌ではないので産卵される心配もないとそんなにがんばって消息を追っていなかったコオロギさんだった。
その彼の死骸が餌部屋で見つかったのだった。
半分体を食いちぎられている状態で。

両方の後ろ足が揃った状態の成虫のコオロギを狩れるのはベベ以外考えられない。
相手が大きかったから振り回したのだろう。そして食いちぎった。コオロギさんは体の半分を失って死亡した。
死骸は茶色く変色しており、うっすらと腐臭を放っていた。完全に腐ってしまうと死骸は真っ黒に変色するし、強烈なアンモニア臭を放つが、まだそこまで強いにおいではない。
体が大きいので腐敗が進めばかなり匂うはずだ。死骸を中心に虫も沸く。
やられてからそう時間が経過していないと思われた。
昨日か一昨日には、この部屋に侵入してたまたまほっつきあるいていたこのコオロギさんに出くわし、狩ったのだろう。
でも見つからなかった。
大きな家具がいくつか置いてあり、それを動かせなかったのもいけないのだろう。あとは押入れの中か・・・。
どうか生きていてほしい。あやまって踏みつぶすことがないよう細心の注意を払わなければならないが、とにかくどうか生きていて。必ず見つけるから。
あとは自力で動かせない家具の後ろ側と、押入れの中しか探す場所がないのだけど、明日は押入れを探してみることにする。

べべの痕跡をたどっていくのは難しいけど、痕跡が見つかるたびにちょっとした驚きがある。
特にデッケェコオロギさんを狩ったのか?!っつうのを見つけたときはけっこうたまげた。
どうかどうか、水と餌を見つけて、しもべが見つけるまでしのいでおくれ。


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録