2016年07月23日

小田原レプタイルズさん、京都BOに出店されます〜

 みなさまこんばんわ、ぺろちょろめろひなミロカミュ、期間限定かまちゃんのしもべポピでございます。
今日はミー太郎を生み出してくれたブリーダーさんの小田原レプタイルズさんが、京都のBOに初出店されるってぇことで勝手に宣伝しようと思いました。
関東では出店されてますが、関西は初だそうですからね!
よけいなお世話?!いやいや、ほら、しもべはお迎えしてるから、多少なりともあるわけですよ。
たとえばミー太郎はぜんぜん好き嫌いがないけど、小さいころからいろんなもん食べさせてもらってるからなんだろうなぁ〜〜って思ったりすんですよ。
デュビアにジャイミルにコオロギは二種類だっておっしゃってたっけな?何を食べるにしても食いがいいよ。
ちょっと硬くてクリーミー系ににょろにょろクリーミー系にやわかたジューシー系と、多様に餌付けしてもらったから何を見ても躊躇ないですね。怖がらないっていうのかな。
このへん見習いたいなと思いました。
飼育しやすい子にある程度育ててから連れてきてくださってるっていうのかな。
ミー太郎以外のうちの子達は小さいころ来て、イエコを食い続けてしまったためフタホシを買ってもだーーれも食べてくれないんだけど、唯一ミー太郎だけが恐れずに食いついてくれたりするので、緊急時にフタホシしか買えなかった場合、しかし誰も処理してくれないという悲しい結果になったときにもミー太郎がいれば安心なのさ!

んで、飼育されてる環境もすごくいい感じだったからしもべ小田原さんにきめたー!ってしたんだもんね。

ちなみにお迎えした当日のミー太郎はこんなサイズだったぜ。

DSC02418.jpg

懐かしい。こんなに小さな時代があったのだった。
とはいえ、生まれて三か月ぐらいは経過してたっけな?
こうしてみると子供の頃はすごくパターンレスだったんだなぁ〜〜。やわらかそーだしキレイ。
脱皮のたびに模様がでてきて今は下の写真みたいになってますけどね。
こうした変化もまたレオパをベビーから飼育するってぇことの楽しみの一つですよね。
今の大きさは掌にはもう収まりません〜。

ジャイアントの親同士から生まれているので、でかくなるのは予想ができてたんだけども、凄まじい食欲とともに一か月25グラムだか30グラムだかのすごい増体をして、どんどん巨大化していって、大人になったミー太郎は長さが27センチ、体重は110グラムぐらいと大きな子に成長したわけです。
力も強い、そして気も強いけど。雄はこんなもんかのう〜〜なんて思います。
来た当初、ストレスで体調を崩したりもあったんですが、それもあっという間に治ってそれ以後は大きなトラブルもなくすくすく育ちましたんでね。

DSC03988.jpg

 しもべ家でトラブルが起きると、そっと助言をくださる責任感の強い方なので安心してお迎えできるのではないでしょうか。

DSC03981.jpg

BO京都ではみなさまにいい出会いがありますように〜〜。
小田原レプタイルズさんからお迎えしてよかったなーと思ってるので、ささやかではありますが応援させていただけたらいいなと思い、勝手ながらこんな記事をしたためました。
ミー太郎に会わせてくれてほんとうにありがとうございます。

明日の京都の気温は33度/24度。
暑そうですね。直射日光や蒸れに気を付けてかわいこちゃんを連れて帰ってあげてくださいまし。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記