2014年06月30日

きれいなゴキブリ

 歯医者さんに通う日々を送っております、ぺろちょろのしもべポピです。こんにちわ。
昨日の晩、チャーン氏と飲み屋さんにいってしこたま生にんにくを食べてしまいましてな。
そして今日まんまとお口くちゃーい状態で・・・・歯医者さん、すいませんっしたーーーー!!!!
しもべからにんにくのニオイがするよう〜〜〜!

 さて、今日は記念すべき報告があるんですぞ。

それはね・・・


祝!デュビア手づかみできたよ記念


なんですじゃよ。

 ケースを開けて「どれどれーどこにいるだよー?」と漁ると、 癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ逃げ惑うくせに、お手手に乗せるととたんにおとなしくなります。
不思議だねえ〜〜。手があったかくて気持ちいいのかな?それともはぢめての場所だから怖くて動けないのかな?
ともあれ、つまみあげるとおとなしくなってかわいいやつらでございました。

 昆虫には脳というものがないのであります。
彼らの体は感覚器官と神経の集合体なのです。
神経はお腹側に通っていて、それぞれが独立して動けるので、どっかぶっちぎれたとしてもあんまし困らないようになってんのです。
頭部は栄養を取り入れる口と周囲の情報を得る触覚に目、肺はなくて体の節にあいている小さな穴から空気を取り入れて血液に循環させてるのであります。
ゆえにデュビアがおじけづくってのはないはずなんですがねえ。そう見える、萌えゴキ、それがデュビア・・・・
ゴキブリといっても、でっかいダンゴ虫みたいにも見えるし、脱皮したての顔みたらダイオウグソクムシにそっくりだったりして、いつも見るゴキブリとは見た目が違うので、あんまり気持ち悪くはないですね。

そんな構造してるから、頭ちょんぎっても体も頭も生きてるし、どっちもちょんぎったまま放置しとくと、一週間ぐらいは生きてるらしいですな。死ぬ時の死因は餓死なんだとか。
体液の流出も、一定量以上は出ないようになってるくさいです。すぐ止まるんですよ。
一回ぺろちゃんのために、くびちょんぱしたときは、持ち上げた状態だと体液がこぼれないように、水滴の形のまま体からぶら下がっていました。揺らしても落ちないの。
地面につけたらあっという間に流れ出てしまいましたけどね。
ほんとにすごいと思ったもんです。

イエコを首ちょんぱしたときは、初めてだったからすごく不思議だったんですけどね。
昆虫の詳しい本とか読んでみて、納得しましたw生きてるはずですわなー・・・
根本的に体の構造が違うんだもの。

脳がない、その状態で今自分に何が必要なのか判断したり、危機回避したりするという昆虫の本能には畏怖を感じてしまいます。


ああ・・・ここまで書いて思ったけど。

しもべの一般人の友達が、どんどん離れていく音がするーーーーー!


 2月のJレプで購入したベビーのデュビアたち。100匹いましたけど中途でちょろちゃんが食べ〜〜ぺろちゃんが食べ〜〜でだいぶ減って30匹ぐらいですかの。
まだ小さな子もいますが、すごく大きくなってきてる子も出てきました。
小さい子は2センチ未満、大きな子は3センチ強ぐらいかな?
ちょっと成長に差がつきすぎてますねw
大きくなってきた子の中に、体がギザギザしてきたのが出てきました。
フォルム的に・・・なんか羽生えてくるための準備してそうな位置が、ギザギザになってんですよね。
こいつらは全部、雄になるんだろうなあ〜〜〜と思いながら、放置気味にデュビアを育てております。
はやくベビー生まれるまで育たないかな〜〜!楽しみだな〜〜!


 というところで、今日はこの辺で。
読んでくださってありがとうございました!
みなさまごきげんよう( ´・ω・`)ノ~


くりっくみー!支援応援、お待ちしております〜〜
毎度ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村
タグ:デュビア
posted by ポピ at 16:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 餌観察
この記事へのコメント
こんにちはー(*´∀`)
歯医者は慣れてるので平気ですよきっと(笑)(^ー^)

一般の友達には引かれちゃいますよね、うちもニホンヤモリ→ヒルヤモリ→今回のと、大きいのになるにつれてコオロギのサイズも大きくなるのでだいぶ引かれてます(笑)
手でそれつかめるの!?とか言われますよね( ̄▽ ̄;)
Posted by かっさ at 2014年06月30日 17:51
はじめまして。(^−^)
昆虫の身体講義ありがとうございます。
ずっと前のイエコの足の自切節も目からウロコで、ためになりました。
そういえばあそこをピンセットで挟んでも自切しない子は活きがよろしくないように思います。

この時期、イエコは蒸れて落ちてしまいます。
この記事もすごくためになりました。
でもまだデュビアは無理です。どうしてもGに見えて…。(>_<)

手でさわれるなんて、ぺろちょろごはんへの愛が深いんですね…。
(*^_^*)

Posted by おき at 2014年06月30日 19:32
かっささん>

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
今日歯医者さんで根っこツンツンしてもらってたときに、ちょっと歯茎もつつかれちゃって痛かったですだ。(腫れを確認するためにわざと軽くつついてたらしいんですが)
ムギーッという謎の悲鳴をあげちまいましたw
慣れてらっしゃるとはいえ、ほらー。エチケットじゃないか〜〜!なんて思って悪かったなーと思いましたw

かっささんちの、あの例の大きなあの子・・・!
衝撃すぎたのでそちらに書き込みにいきますけど、けっこう大きさがありそうなので餌も大きいのになりそうですよね。
とうとうかっささんちもフタホシの最大サイズをストックするのですね?!
いやいや、ワタシはデュビアを押しますぜ!なにせでかくて栄養いっぱいだからね。
デュビア鳴かなくておとなしいし、普段はみんなでみっしりしてるだけだから害もないですぞ〜〜

わたしはフタホシの羽サイズは、デュビアより怖くてつかめない気がします。やつらは顔も若干怖いです。
口がいっぱいあるんだもの(´;ω;`)ブワッ
手づかみできるとはかっささんも強者ですな〜〜!
Posted by ポピ at 2014年06月30日 23:13
おきさま>

こんばんわ〜〜!初めまして!書き込みありがとうございますだよ〜〜!
わたしも本でこういった情報を読んだ時に、目からうろこでした。
すげー!コンピューターみたいな情報の処理の仕方してるのかなー虫ってすごいなーふしぎだなー!なんて思いましてね。
究極にコンパクトにまとまった命の形なのかなーって思っちゃいました。

言われてみれば、あの自切節をつついたりしても足切ってくれない子は動きが鈍かったりしますね・・・・!
あんまり意識してなかったんですが、思い返せばそうですね。
今目からうろこが〜( ;∀;)
そういう子が増えてきたなーと感じたら、コオロギ弱ってるなーとかいう指針に使えそうですね。
有意義な情報ありがとうございます゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

蒸れて落ちたイエコたちなんですけど、わが家のはちょっと様子が変だったんです。
蒸れから来る病気なのかわからないんですが、体が妙に白かったり、脱皮の皮を残したままおかしな形の体になっちゃってたりでね。皮つけたまま歩いてる子のをとってあげたりしてたんですよ。
フタホシよりは蒸れには強いけど、乾燥気味のほうが調子はいいようなので、お水を使わずに水分を野菜だけにしたりして、食べきれる少量をあげるようにしてみたら、今度の子たちはいまんところ蒸れで落ちることはなくなりました〜〜!
ぺろちゃんのお腹壊した原因はこれか〜〜?って薄々思ってましたが、餌変えたとたん治ったのでやっぱりコオロギだったのかなと。

あ、デュビアはわたしも最初はダメだったんですよ。
最初は小さかったから大丈夫でしたけど、大きくなってきてからはけっこう気持ち悪いなーなんて思っていました。
でもお世話してるあいだに、だんだん慣れてきて、そして克服してしまったのでございますw

と、お初の方が久しぶりだったのではしゃいで長くなってしまいました。
よろしければまた遊びにきてくださいましね!
書き込みありがとうございました〜〜
Posted by ポピ at 2014年06月30日 23:29
はじめまして(^^)
最近レオパの魅力に取り憑かれ…飼いはじめました。
周りに引かれるかとおもいきや、割とみんなかわいいかわいいゆってくれます(^^)
ただ、餌を説明するとどんどん引いていきます…(笑)
わたし自身も虫は苦手なので、そんなふうにいつかなりたいです(笑)
Posted by ふうさん at 2014年07月01日 00:04
ふうさん様>

 はじめまして〜〜!こんばんわ!
書き込みありがとうございますだよ〜〜!

レオパはかわいい生き物ですよねえ。
見た目もかわいい、仕草もかわいい、おとなしい、慣れる、丈夫だ!
おトイレは覚えるわ、ちょっとアホだから動いてない昆虫でも慣らせば食べてくれるわで、飼いこむ人間にとって利点ばかりのほんとにいいペットリザードだとおもいます。
うちの爬虫類苦手な母ですら、触らないけど見てるぶんにはかわいいかわいいと言ってくれますもんね。
動物病院に連れて行ったときに、うさぎさん飼いの方とかもかわいいかわいいと・・・
(´∀`*)ウフフ うちのぺろちゃんは誰が見てもかわいいんだわ・・・
などとしもべとして鼻が高かったですねw

ただ、餌がみなさん敷居が高いですよね。
わたしも実はそうだったんですよ。
飼育に踏み切るまでには二年ぐらい時間がかかったんですけども、そのほとんどを「昆虫を飼えるか。扱えるか」って悩みで費やしてました。そんなわたしですらここまで慣れたので、ふうさんもいずれ何かのきっかけで吹っ切れる時がくるんじゃないかな〜〜
なんて思います。
ちなみにわたしの慣れたきっかけは・・・ぺろちゃんが便秘して、ちょろちゃんが拒食したときでしたね。
調子崩してるときって心配で、手を尽くそうとしますから、その時にコオロギの首をちょんぎって中身を絞り出したりですね・・・(キャー!)
ハニーワームをちょん切って中身を(ry
あの作業は、今やれといわれても、たぶんまだおえってなりますw
そんときの心境は「わたしがやらなきゃ誰がやるんだ?!」だったんで、そこで飼い主の昆虫取扱いスキルが一段あがっちまったんだとおもいます。

レオパちゃんを大事にしてあげてくださいましね〜!
がんばってください!

今日はお二人もご新規さんが来てくださって、うれしくて舞い上がりました〜〜!
またよろしければ遊びにきてくださいな。
書き込みありがとうございました〜!
Posted by ポピ at 2014年07月01日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100865245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック