2014年07月04日

きたないごきぶり

 グレイズアナトミー病に羅漢して丸4日が経過しております、ぺろちょろのしもべポピです。こんばんわ。
あと数話で終わりますが、なんかもうもったいなくてね。見終わっちゃうのがね。おもしろいなーこのドラマー。

えー、今日はちょっとした豆知識ゾーンです。

そろそろゴキブリさんがすごく元気になる季節でございますね。
しもべの実家に数年前、黒ゴキ大発生したことがありましてね。
そんなときに駆除をお願いしましたのですよ。業者さんにさ。
したらもう、その年はどこもかしこも大発生で、業者さんが大忙しでね。
だからテストで罠置いて、ごきちゃん出ないようになるか試して、で、ちょっとしたらでなくなったのでお願いはしなかったんですよ。
その業者さんがきたときに、いろいろ聞かせてもらった話から、ちょっとだけ自分でも調べた知識も含めて、みんな大嫌いなごきちゃんの豆知識をお伝えしようとおもいます。

 えーと、日本に住まうゴキブリで、我々の生活に密接にかかわってんのが

黒ゴキブリ

チャバネゴキブリ

この二種類ですね。ちなみに寒冷地にはゴキブリはほとんどいないらしいです。
完全にいないわけじゃないけど、越冬できるかが肝らしいのでね。チャバネは屋内生活なので、北海道でもいるみたいですが。カメムシがいっぱいいるのはよく聞きますよね。
ニホンヤモリの生息地も、北は宮城ぐらいまでらしいですし。
豪雪地帯になると暖かい場所を見つけようとおもっても、軒並みどこも-2度以下とかになっちまうんでしょうかね。

よく雪が降る年は、カメムシが大発生したりするっていう虫の知らせがあるのは有名な話ですよねえ。
その雪が降らないところでは代わりにごきちゃんがいっぱいなわけです。
ちなみに神奈川でカメムシみたことほとんどないです。

 で、ごきちゃんにはいくつかの生態の特徴があるんだわな。
彼らは巣を作ります。

黒ゴキブリ→屋外の土のあるところに巣を作って、屋内に侵入してくる

チャバネゴキブリ→屋内の暖かい場所に巣を作って、そこで活動をする

チャバネゴキブリは寒さに弱いので、あったかい環境のところでないと生きていけないそうですだよ。
日本の冬を越すことはできないので、熱源のある環境で巣を作ってみんなで暮らす習性があるんだそうな。
そういうわけで、チャバネの生息環境は飲食店などの厨房が一番多いです。
ああいうところは断熱性の高いコンクリートの建物で、隙間が大好きな小さなチャバネが入り込める場所がたくさんあって、常に通電してる機械のおかげであたたかい。
逆に木造は寒くなるので、一般家庭にはいないんだって。

 実家に出たのは黒ゴキブリ。こっちのほうを詳しく聞きました。
まず彼らは宅内に侵入すると、数日間滞在します。
数日すると巣に一回戻るんだって。
で、また居心地のよかったおうちの中に入ってくるを繰り返すそうな。
彼らは仲間の糞を食べてコミュニケーションをとるそうで、ごみ箱とかの後ろやら、冷蔵庫の後ろなんかに黒くて小さな糞が落ちていたらそれは侵入されている形跡があるってことですな。
そこでみんなで糞を食べて「ここは居心地がいいよ。ごはんがいっぱいだよ」などと会話するんだそうな。
デュビアも糞を撤去しちゃいけないっていわれますわなあ。
糞でコミュニケーションしてるからなんだとおもいますだな。

ということで、その近くに罠のための毒の餌を置くんだて。
よく売ってる置き餌ですな。あれを食べると、ごきちゃんの糞に毒が混じります。
その糞を食べた仲間にも毒が入ります。
この置き餌は基本的に、数日かけてごきちゃんが死ぬようにじわじわと効いていく毒。
糞をしてくれないと意味がないかららしく。
入れ代わり立ち代わり入ってきても、毒入りの糞を食べることで、侵入してくる個体を減らせる。
という作戦らしいです。

ちなみに黒ゴキブリの雌は、卵を背中に背負って入ってくることがあるそうな。
それを唾液を使ってどっかものかげにはっつけて放置する。するとそれが二か月ぐらいかけて孵化するんだて。
だいたい30匹ぐらい生まれるらしく、1匹いたら30匹いるって言葉はこの辺からきてると推測しますw
黒ごきの幼虫は、黒いゴマ粒のようなころんとした小さな虫です。
背中に一点だけ白い点があるので、そんな幼虫みかけたら要注意です。
黒ゴキは成虫になるまでなんと足かけ2年かかるという話。デュビアより長い。意外でした。
幼虫の状態で越冬して、翌年の夏ごろにやっと成虫になるんだてさ。
ちなみに幼虫のときはみんなでみっしりと集まってるほうが好みのようで、逆に成虫になってしまうと個別行動を好む傾向にあるそうな。
冬場休眠をすることはないらしいですが、温度が低いと活動が抑制されるそうなので、みんなでものかげに隠れておとなしくしているんだそうな。
彼らは壁際5センチ程度の床面をよくうろうろしてるようです。あまり壁には登ったりしない。でも見つけるときってだいたい壁にいますよね。そして飛ぶんだ(゚Д゚;)
ゴキブリが好む場所ってのは、壁と家具などの隙間なんだて。
通り道はどこだろーと悩んだときは、壁際に糞がないか探すといいですな。


 ごきちゃんが出ちゃったーというときは、なるたけ食べ物を放置したりせず、しまっておく。
動物性蛋白質が大好きだから、ニオイをなるべく残さないようにする。魚も肉も大好きですぞ。
罠の餌を通り道に置いておく、その辺のことを徹底すると「ここはいい場所じゃないー」となって、いなくなりますぞ〜〜。


 長くなりましたが、ごきぶりの簡単なお話でした。
いやー黒ゴキ成長遅いんですね。意外で目からうろこ出ちゃったよ!
ちなみに、しもべが見たことがあるゴキの最大サイズは6センチぐらい?
厚みもはんぱなく3センチぐらいありました。もっかしたらヤマトゴキブリだったのかも?ちょっと黒ゴキとは違うフォルムだったんだよなあ。
育ちすぎてこんなに分厚いのかな?とか思ってたんですけどね。
ただ、残念ながらお亡くなりになっておりました。職場で見かけて、しもべが紙に包んで捨てましたw

 というところで、今日のところはこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~




くりっくみー!支援応援、お待ちしております〜〜
毎度ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村
posted by ポピ at 21:53| Comment(6) | TrackBack(0) | まめちしき
この記事へのコメント
ゴキサンにもいろいろなんですな〜。
私、昔デパートの地下で食品を売りに行ったことがあるんですが。
そのデパートには、申し訳ないが、もう帰りたくなるほどのゴキリンが居まして〜。一緒に行った社長におたけんでおりましたら、「あれはデパートゴキブリだよ」っと笑顔で言われたのが忘れられません・・・。
沢山おりましたぞ〜。:(;゙゚'ω゚')
おはぎとか入れてあるショーケース?の中にも侵入してたり・・・。
そのケースの中にあるおはぎを笑顔で買っていくお客さん・・・。
社長の背広のポケットにゴキリンがこっそり入る瞬間を見てしまったり。雑巾を洗うとその流しが詰まってって渦になってたんだけど、なにげに見たらゴキリンも一緒に回ってた。おおお〜恐ろしやっと思いながら帰ってきたのを思い出しました。
売り場の裏の店員さんが通る通路には
「保健所が厳しくなってきておりますので皆で気おつけましょう」と書かれてたのが忘れられない・・・・。
あ!今は、綺麗になったみたいです。そのデパート。結構有名デパートです。
Posted by はちゃ at 2014年07月05日 03:51
二年( ̄▽ ̄;)そんなにかかるんですね…半年もすれば立派な生体になってるのかとおもってました(笑)

チャバネはビジュアル的になんか似たようなのをストックしてるので平気になりましたが、黒はドキッとしますね( ̄▽ ̄;)お風呂とか戦えない状態の時に触角見えたりすると一気にリラックスタイム終了になります(´д`|||)

ぜひ参考にさせてもらいますね(*´∀`)
Posted by かっさ at 2014年07月05日 10:22
はちゃさん>
ギャー!
すっごい修羅場ですよその話・・・・つうか社長のぽっけにゴキリン入り込んでるとかもう私がみたらその場で「アアアアアアアア〜〜〜!」って雄叫びますわwwwww
デパートゴキブリとか、ブランドか!!思わずつっこんでしまいますねw
もうだみだデパートでおはぎ怖くて買えない!!!
わたし以前ホテルで仕事してたんですけどね、そこは二か月に一度の頻度で定期的に害虫と害獣駆除を深夜にやってたんで、そこはごっきーはでなかったんです。ネズミもね。
そういうところは安心ですよね。あぶないのって24時間営業の飲食店とかですかね。駆除する時間がないじゃないですか。
もうはるか昔の高校生の小娘だった頃、ファミレスでバイトしてまして、そこの粉チーズを開けると小さな黒いゴマより小さいなにかが混じっていてですね。
はい、チャバネの糞でした(゚Д゚;)
そこもよく出ました。味噌汁の中から出たりね・・・!
あ、そこはだいぶ前につぶれました!
Posted by ポピ at 2014年07月05日 22:31
かっささん>
でしょうー?わたしもびっくり目からうろこですよ。
黒ゴキは繁殖力も超強いし、モリモリ増えるときは増えると思っていたんですよ、いや思い込んでいたんですけどね。
思えば日本は一年の半分ぐらいは寒いし、その間は活動がにぶってるからあんまり成長できないんで、そういう環境下だと足かけ二年とかになっても不思議じゃないのかも。
それを調べたところが、なんと駆除をお願いしたダス○ンさんのところ。あそこの会社はゴキリン研究のチームがあるみたい。
とても詳しく書いてあって、面白かったですぞ。

子供の数が多いから、きっと幼虫の間にいろんな虫やトカゲのごはんになって生態系を支えてるんでしょうねー。
わたしはチャバネのほうが耐性ないかも・・・デュビアは雄の成虫が、黒そのものだからなあ・・・わたしは黒ゴキ耐性のほうができてしまいそうですw

おうちにゴキリン入ってこなくなりますよーにー。
参考になれば嬉しいですだ〜〜
Posted by ポピ at 2014年07月05日 22:40
ひゃーーーーーーーー(';')!!ほんとに目からウロコです!
この間Gがでて、この記事・・私のために・・・(自意識過剰)


あれからブラックキャップをこれでもか!ってくらい
配置しましておそらくクロGなので
効くことを祈るばかりです。なーむー(';')

いつも丁寧なアドバイスありがとうございます!
とても参考になります。ネットで調べてもでてこないことまで
書いてあるのでほんとうに感謝です◎
Posted by ふうさん at 2014年07月07日 10:40
ふうさん>

どうも〜〜!こんにちわでございますよ。
えと、そうですwG出て困っておられたふうさんのためにこの記事書いてみました。とりあえず、知れば対策もできるし、必要以上に怖がることもないかなーとおもって。
余計なことだったかもですけど、長々コメントするのもアレですしね(;゚Д゚)
わたしはずかしいんです(σ〃▽〃)σ
人様んちのコメ欄に長いコメントを残すのが・・・っ!
あとは、記事ネタにもよさそうだなーなんて勝手に思いました結果のきたないごきぶりでございましたw

わたしの書き込みも、いろんなところから拾ってきた情報と、わずかな自分の経験則から至った考えだったりするので、そこは人それぞれなところもあるとおもいます。
わたしはぺろちゃん一匹なので、いろんな個性のある個体がいるからしてですね。参考までと思っていただければ幸いですね。

ごまちゃんとつきあっていくうちに、いろいろ気が付くことがあるんでないかとおもいます。
応援しとりますだよー。ごまちゃんのおかーちゃん!
Posted by ポピ at 2014年07月07日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101259630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック