2014年12月13日

口をこじあけるのが苦手な人のための

DSC02591.jpg
しもべの胸板にて、おくつろぎ中のぺろちゃん。
服の間にはさんでやりますと、隠れてる気分になっていいのかな?



 さて、なんだか年末になった感じがしてまいりました。
木枯らしはぴゅうぴゅうだし、職場が30年使ってるガスストーブの上で焼いたおいもさんがホクホクでおいちい季節になりましたのう。
ほんと、ガスストーブの火の上で焼いたイモってなんであんなにうめぇんだろ。トロリととろけて甘くてね。
これまで焼き芋がとても苦手だったけど、今の職場にきて焼き芋をごちそうになるようになってからというもの、好物になりました。

そういうわけで、こんばんわ。ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
二日三日も更新があきますと、なんだか久しぶりな感じがしますねw


 さて、ぺろちゃんに毎日お薬をあげていて、しもべさんはいろいろと思うことがあったのです。
だってさ、上手にぺろちゃんにお口を開けてもらう方法とかそういうの、どこを探してもそういう情報はなかったもんでね。
病院では、爪楊枝を使って口を無理やりこじ開ける方法を教わったんですが、これがまたうまくいかない。
それにかなりガッツリ保定してエイエイグリグリするのはちと気の毒だったのもあって、他に方法がないか探してたんですよね。
めりけんのブリーダーさんの動画かなんかで、赤ちゃんレオパに強制給餌?してる動画があって、それの口の開け方を参考にやってみました。
上手にできるようになるまでにはだいぶ時間がかかったし、この方法で落ち着いて口開けてくれるかは個体差がでかいとはおもうんですけども、誰かの参考になったらいいなっつうことで、しもべなりの方法をのっけとこうかなとおもいましてこんな記事をかいております。


DSC02592.jpg

まず、レオパはこういう背中からむんずとつかまれる持ち方をすごく嫌います。
天敵(鳥)に捕まったりしたときにこんなふうだから、身の危険を感じるんでしょうね。
ちなみに背中とか触ると、体をこわばらせるでしょう?たぶん背中にスイッチがあるんだとおもうんですだよ。
知らない人にこの持ち方をされると、高確率でぺろちゃんは嫌ションをしますだよ。
獣医さん相手に嫌ションしてましたが、たぶんあれは知らない人にされたからだとおもうのです。
これはしもべ相手ではしないので、信頼関係ってのは大事だなとおもう次第であります。


で、この持ち方だとぺろちゃんは落ち着いていられるのはわずか数秒といったところ。
この写真だと硬直してますだねえ。キョトーンとしてさ。
でもすぐ思い出したように暴れます。ひっくり返りたがって身をよじりますだね。
しもべにもぺろちゃんにもよくない体勢なのでしもべは考えました。


DSC02595.jpg

冒頭の包まれてる感じと似てますけども、こんなふうにタオルでぺろちゃんをふわっとくるみます。
すると隠れられてる感が少しあるのか、おとなしくしてくれます。
これだと強引に保定しなくても動きがだいたいとまります。止まらないときもありますがw
ふわっと包んでるので、あんまり背中にもタオルがあたってないのであります。

この状態のまま、しもべの胸板にぺろちゃんをのっけちゃってですね。

向かいあって見つめあった状態で


DSC02596.jpg

薬を持つ手とは別の手で、お口をこちょこちょします。
すんごい見づらいのは、しもべが左手でこちょこちょして、右手にお薬をもってるからですね。
右利きなのです。で、ぺろちゃんは、どうやら右側をこちょこちょされないと口を開けないようなのです。
これは個体によって違いがあるんじゃないだろうか。
左側をいくらこちょこちょしても、キョトンとするばかりでいっかな口を開けようとしなかったのですよね。
ぺろちゃんの威嚇スイッチは右側の口の周りにある特定の鱗じゃないかと推測されます。
逆鱗みたいなもんが口の周りにあるんでしょうなあ。

んで、こちょこちょされて嫌がって


DSC02599.jpg

こんなふうに、あーんと口をあけてくれます。
ちなみにこれは、威嚇のために口を開けているらしいですが、反射的にやってるみたいなんですよね。
あんまりこちょこちょしつこいと、遠慮がちにかみつくふりをしたりします。


 手なれてきたのでこのごろは数分でお薬をあげるのも終わるようになりましたが、最初は全然できなくて10分以上かかったり、チャーン氏とふたりがかりだったりしておりました。
長引けばそれだけ負担が大きくなるだろうということで、けっこうがんばりましたよ。

というわけで、わたしはこんなやり方でお薬をあげておりますだよ。
まだ投薬も続けるように指導を受けてマスので、もうちょいぺろちゃんにはお薬飲んでもらわなきゃいけないみたいです。
まだウンチは二日置きとか三日置きなのですよね。
あと2回ぐらいウンチをしてくれたら、ちょっともう一度病院にいってレントゲン撮ってもらおうかと思っております。
お腹の中にあった、カルシウムを含む何者かがちゃんと出たのかが気になるもんで。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


あなたのクリックが、ぺろちゃんの便意につながります(うそです)
みなさまの愛ある便意に感謝!いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村


posted by ポピ at 22:36| Comment(6) | TrackBack(0) | まめちしき
この記事へのコメント
とても参考になりました!
ずっと健康でいてほしいけどやっぱり生き物は病気したり怪我したりするものですからね、そんなときはそのように薬をあげるようにしようと思いました。
いやあ、ポピさんのぺろちゃんに対する愛情がこっちにまで伝わってきちゃいましたよ
Posted by TAMA at 2014年12月14日 09:42
僕も野生のヤモリを捕まえて飼っていて最近拒食ぎみだったのでその方法を使わせてもらいました。ありがとうございました。
Posted by たけ at 2014年12月14日 10:02
ぜひ覚えておいて参考にさせていただきます。
しかし威嚇とは思えないほど目がトロンとしてますね( ´∀`)石灰化物、なくなってると良いですね(*^^*)

あっ( ☆∀☆)ペロちゃんの写真こないだの帽子のに変わってる!やっぱり可愛いですね(ノ´∀`*)
Posted by かっさ at 2014年12月14日 12:35
>>TAMAさん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
今日はさっむいですねえ。さっむい中、ぺろちゃんはぶっとくてでかくてクッサイ(ノ・∀・)ノ = ●ウンコー!!を出してくれましたあ。
いやーよかったよかった。これでわたくしも枕を高くして眠れるというものであります。
てかぺろちゃんは私のブログを読んでいるんじゃないかしら。
書くと出すんですよね。だからウンコでないって書いちゃうんです(´∀`*)ウフフ
いつか自分ちの子にお薬をあげなきゃならないような時、あんま来てほしくないですけども、いつかその時にでも役にたつといいですのう。

この便秘用の流動パラフィンていう、油のお薬はですね。
口の中に放り込まないとあんまり効果がない系なんじゃないかと思いました。
消化・吸収がされないものらしいので、エサにまぶすと消化できずになっちゃうんじゃない?って思いまして。
腸の中のもんをツルツル流すというイメージらしく、どうしても口に放り込まないといかんかったのです。
普通の薬なら、コオロギにまぶしてあげたほうが楽なんですよね。
味は変わるけど食べてくれるし。ミロにはコオロギにまぶしてお薬あげてたんですけども、便秘にかぎってはちょっとそれができそうになくて、このようにあふれ出んばかりの愛と配慮をもってお口をあけてもらう作業が発生しちまったって寸法でしたw

おっと長すぎるコメントで申し訳ない!
というわけで、この技を使うことがありませんように祈っております。
Posted by ポピ at 2014年12月14日 21:00
>>たけさん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
寒波が来て神奈川はすごく寒くなりましたあ〜〜!こんな日はあったかい鍋でもつつきたいもんですね。
小さな野生のヤモでも、この方法は有効でしたか。
ちっさいヤモちゃんの場合は鼻っ面をかるーく往復ビンタするようにちょいちょい撫でると、やっぱ口を開けてくれるって話を聞いたことがあるんですけどもね。
ニホンヤモリだろうがレオパだろうが、ヤモはお口のどっかに威嚇するためのスイッチがあるんでしょうね。
お役に立ててよかったですよ。

拒食気味ってことなので、ゆっくりでも食べるようになってくるといいですね。
Posted by ポピ at 2014年12月14日 21:06
>>かっささん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
今日は寒いですねー!実はこの体勢になると、ぺろちゃんはワタクシの目をまっすぐに見あげてくるんですよう。
すんごいかわいいけど、さしずめ「ぺろはわすれない。おまえがぺろにいやなことをするっていうのを!」って言ってるみたいなんですよう。
だから、お目目トロンとしてるように見えて割と剣呑ですよw

今日一発糞をしたので、あともうちょい・・・来週の暇な時を見計らってでも・・・ちょっとレントゲンを再度取りにいってこようかなと思いました。
出てくれてるといいんですけどね!

お、かっささん、いつも気が付いてくださってありがとうございます。
微妙に紹介分に手を入れたりしております。ぺろちゃんとミロの分だけですけどね!
Posted by ポピ at 2014年12月14日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106376096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック