2015年04月15日

1個目、シェルターでーきた!

 すっかり更新をさぼる癖がついていけないぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
ドコモの提供してるサービスにある、アニメストアっつうのを利用しだしたらさ。
あら不思議、時間がないでやんの。
このごろみたのはね!刀語にねー、化物語にねー、ほおずきの冷徹にねー、そりからそりからー、ひぐらし!
おおかみかくしもみたしねー。
で、現在進行形でみてるのが屍鬼。すごい、オカルトモノに偏りすぎなラインナップ(´∀`*)ウフフ
あー懐かしい、屍鬼。最初に原作読んだのいつだったろう。
で、忘れた頃にアニメとはいえ内容をみなおしてみたらやっぱりおもしろいでやんの。
ハードカバーでもっている。初版だった。ガッチガチの小野先生のファンだもの。
しかし12国記はどこまで読んだか思い出せないワタクシでありました。だから最新刊が買えないでいるんだぁ!
小野不由美先生も好きなんだけど、しもべはダン・ブラウンも好きだぁ。
謎解きとかそういうのより、出てくる悪役がいいんだよう!

おっと閑話休題。長文すぎる閑話休題!!!
こういうのっていくらでもかけちゃうんだぁ。

 本題にはいりましょうそうしましょう。
しもべの制作してた1個目のシェルターが焼きあがったんだよう〜!


DSC02911.jpg

さっそくひなのおうちに入れてみた。
ちょーっと大きかったw
ちなみにひなちゃん、手前に見えている今まで使ってたエサ皿の中でウンチをする子になっちまった。
どうやらプリンカップのへりに抱きついて、プリっと中にするのが楽だと気が付いてしまったみたい・・・

DSC02912.jpg

どうせ常時コオロギさんを用意しとかないとまずい感じだし、別のエサ皿入れてみたです。
焼き上がりのときは縮むっていわれるから少し大き目に作ってみたけど、でかすぎたなあ〜〜。
あとはシェルターに模様いれてみました。これは色化粧いう技法なんだて。
色つきの土を水にといたもんをむちゃぺちゃ塗りたくっていくとこんなふうに焼きあがったときに模様になるという塩梅。彩色とはまた違うやり方で、素焼きに色を漬けたりするときに使ったり、釉薬をかける場合にも別の色合いが出ておもしろいんだて。
これはピンクの色化粧〜!
しかし土が真っ赤。土は赤一号、つうテラコッタ向けのもんにしてみたんですよさ。
水の抜け方とかはぼちぼち。いい具合に抜けていくんだけど、やっぱり水入れが浅かったなあ。もう少し深くしないとなあ。
もうちょっと土に慣れてきたら、ミー太郎のでっかいのも焼いてみないとですわいな。
いまぎゅうぎゅうづめだからね。


DSC02914.jpg

ちょろちゃんの凛々しいお顔で今日はおしまいにいたしましょう〜〜!


 そりではみなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


【自作シェルターへの道の最新記事】
この記事へのコメント
ポピさんご無沙汰してます〜(^ ^)
手作りシェルター(*^^*)いいなぁ♪素敵です♪(´ε` )いつかポピさんの手作りシェルターの販売があったら買います(^O^)今日ねポピさん、とってもチビチビなニホンヤモリちゃんと出会っちゃって。ポピさんのように生まれたてをみたことあるわけではないのですが、そう思うくらいチビチビで(>_<)かりめろちゃんを思い出しましたよ(^O^)過去記事、かりめろちゃんの再度読ませていただきます(*^^*)ひなちゃん、へりを使うこと覚えたんですね、おりこうさんですね♪(´ε` )
Posted by ニン at 2015年04月15日 19:36
>>ニンさん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
わはは、自作シェルターはまだ人様に使っていただけるような完成度じゃないので、もっともっと上手になってから考えますよさ。
嬉しいです〜〜!使っていただけるようなもんが作れるようになるといいんですけどねえ。

まだ土の伸び縮みとか焼いたらどのぐらい縮むのかとか、ぜーんぜん把握してませんし、水の抜け方やら、厚みやらとかいろいろ研究することがあるのでございますよ。
でもこうやっていろいろ考えるの楽しいし、ほかにも木上棲の多湿向けヤモのためのシェルター作ってみたいとか(クレスとかがーごとかのね)、なんか夢だけが膨らんでるんですよね。
彼らが樹につるした壺みたいなもんに隠れてたらかわいいなーとか、安心するかな落ち着くかな、水入れの代わりにれぱしー入れか?!などと考えてしまうのですw
力が伴わないのでまだ夢にすぎないのですが、いずれ技術が向上してきたら・・・・!なーんて思ってます(´∀`*)ウフフ

ところで、そのちびちびヤモちゃん。よく見つけましたね!!
生まれたてのかりめろは、尻尾を含めて全長3センチあるかないかぐらいでしたから、そのぐらいなら間違いなく生まれたて・・・!
しかし、時期的に見ていつ産卵されたんだ?!ってぐらい寒い時期だったんで、越冬してきた子の可能性もありますよねえ。
是非とも大きく育ててあげてくださいまし。
かわいい写真とれたら、ヤモ愛好会に貼りに来てくださいよ〜〜!
ヤモのベビーの破壊力はヤバイですよねえ(´∀`*)ウフフ
いまだけなんで存分に愛でてくださいまし。
Posted by ポピ at 2015年04月15日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119555999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック