2015年11月20日

食いっぷりに癒される

esa-m7.jpg

 このごろデュビアネタが続きがちになっておりますぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
こんにちわ。
やー、しもべはどこへ向かっているのでしょう。
疲れていたり体調が悪かったり、なんて時にはぺろちょろのところじゃなくてですね。
すっとデュビアに足がむくんですよ。
恐ろしいですねえ。
そんで、餌をやるんです。207号室のヘビとトカゲとヤモリたちのTAMAさんの餌のあげかたがすごく参考になったので、それを実践しておりましてね。
その食いっぷりがすごいんですよ。
エサ皿に水を入れてね。その上に月夜野ファームのコオロギフードをサラサラ〜〜っとするんです。
気の早い子やおなかが減ってる子はその匂いに釣られて速攻で食べ始めるんですよ。

やだなあデュビたん、まだ入れ途中なんだよ?もうすこし待ってね。
などと話しかけながら、少しどかしてまたエサ皿へ。上のほうが乾いていて、下のほうは湿っている餌をデュビ達は一心不乱に食べ始めるわけです。
その静かで熱心なお食事をずーーーーーーっと、それこそ1時間でも2時間でも眺めていられるのですよ。
食事ってのはドラマがあるよね。
で、このごろエサ皿だけだとみんなで取り合いになるからね。
床面にも乾いた餌を少しまいてやるようにしてるんです。
するとそこにも樹皮の下に隠れていた子が寄ってきて、みんなでもぐもぐしはじめるわけです。
そういう感じで追加投入したりしながら、彼らの様子を観察するのがしもべのこのごろの癒しになっております。
チャーン氏は遠くでゴキジェットしたそうな顔でこっちを見ていますがね・・・。
餌として使うことはあまりなくなっているデュビたんですが、かなりペットとしてしもべの中で定着してきちゃいましたわい。
少しすくいあげては、パネヒの熱にあたためられたデュビたんの体がほんわかしているのに癒されてみたり。

 デュビアはなんでも食べてくれる生き物ですが、デュビアが好むといわれるバナナをうちのデュビアはほとんど食べてくれないのですよね。
食いつきが悪いんですわ。
なのでうちはコオロギフードや、あればかぼちゃ、ニンジン、出がらしのおちゃっぱ、しもべの食べているりんごのおすそ分けなどをあげておりますだね。おいしい野菜や果物は、たまのごちそう程度ですけどね。
その捕食力はすさまじく、翌日にはきれいになくなっております。

 卵パックをデュビアのシェルターに使っている方が多いとおもいますが、昆虫用の樹皮をシェルターにすると取り換える必要がほとんどなくて便利です。てか1年半ぐらい経ってますが一度もまだ交換しとりません。
非常食にもなるようだし。重ねておけば隙間に入り込んで、みんなでみっしりしておりますだね。
一年ぐらい前に環境を教えてくださった方に御礼申し上げたいです。
この環境にしてからかなり殖えるようになりまして、モリモリ殖えてマス。
あ、ちなみに出がらしのおちゃっぱはたべながら巻き散らかされてケージ内に落ちますが、これが乾いて床材を兼ねるようになっております。
匂いませんし、デュビアも潜れて安心する模様。
うちの環境はケージの底面にケージの形にあわせて切った鉢底ネットに、転倒してもひっかかりができるように荒いやすりで傷をつけたものを敷いておきます。
で、昆虫用の樹皮を8枚ぐらいかな。大小さまざまポコポコ重ねていきまして、その上に鉢底ネットのまるまってるやつをかぶしておきます。
上においたネットの上で脱皮したり交尾したり、縄張り主張したり縄張り争いしたり、体をきれいにしたりしておりますだねえ。
で、ケージの半分ぐらいにパネルヒーターで、下から温めて内部を乾燥させております。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


タグ:デュビア
posted by ポピ at 12:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 餌観察
この記事へのコメント
ポピ様こんばんは☆

昆虫用の樹皮ってなんですか汗
最近デュビたんデビューしましたが、イマイチ全然わからず、虫カゴに入れたまま、キッチンペーパークシャクシャしたやつ入れただけ、餌なんてグラブパイ入れたりしてるだけなのですが…

リンゴや小松菜入れても食べる形跡が無く…心配なのもありまして。

おはぎさんコオロギより好きみたいでもしゃもしゃしてるのでこのままデュビたんで行こうと思うております。

結構虫カゴ小さいので大きい方が良かったりしますか?今下にフン溜まってどうしたものかとなっております…
Posted by ぴゅん at 2015年11月20日 22:51
>>ぴゅんさん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
デュビでびうおめでと〜〜!
おはぎちゃんも気に入ってるみたいだしよかったですね。栄養あるしクリーミーだからデュビアうちの子みんな大好物です。ほんとにいい餌ですよね。

んで、樹皮ってのは

天然樹皮 昆虫のくつろ木 容量約1リットル

これで検索すると出てきますよー。一袋に3〜4枚入ってて、180円ぐらいじゃないかな。ホムセンのかぶと虫コーナーとかにも売ってるはずですよ。
デュビアは蜜飼いしたほうが安定するんで、数が少ない間は小さいプラケでおっけー。
んで少し増えてきたら大きいプラケにして、あとは数を調整しながらですかね。かなり殖えるまでに時間がかかると思うので、安定供給できるのは一年先とかになりそうですけど(;゚Д゚)

デュビアの適温は30度ぐらいなんで、あったかいとこにおいてあげると大きくなります。低温だと活動が鈍るし繁殖もしなくなりますんで、増やしたくないときは低温にしちゃっていいとおもうんですけどね。
そりでも成虫になるまでに半年はたっぷりかかると思います。

あとは乾燥した環境においてやらないと、粉ダニっていうすごく小さなダニがついてデュビアが大量死したりします。
下にパネルヒーターしいておけばそれはほとんど起きないので、湿らせないように気を付けながらなら大丈夫です。

デュビアは森林にすんでて、腐葉土とか動物の死骸とか食べて暮らしてるゴキブリさんなので、樹皮のほうが見栄えもいいし落ち着いて暮らしてくれるっぽいですよ。

あと、糞なんですが撤去しなくても大丈夫です。
匂わないでしょう?匂わないはずです。デュビアの糞にはデュビアが生きていくのに必要なホルモンやバクテリアが含まれていて、それが堆積しているほうがコロニーが安定するんですよ。
その糞が床材の代わりになりますから、あんまり降り積もっているようなら半年に一度ぐらい少し捨てて、ぐらいでいいと思いますよー。

まあいっぱいかきましたけど、そうして飼育してるとだんだんリンゴや小松菜も食べてくれるようになると思います。

あとは数匹成虫を入れてみると、一気に食いがよくなったりしますよ。うちは成虫が出てきてから、全体的に小さい子たちもよく食べるようになった気がするんで。成虫の果たす役割ってでっかいなあと思いました。
Posted by ポピ at 2015年11月21日 00:23
ポピ様こんばんは☆
返事遅れてすみません汗

色々とありがとうございます('∀`)
いやはや何をどうして良いやら全くわからなかったので勉強になりました☆

成虫は3匹くらいいるので温度上げたら大丈夫そうです♪パネヒないので電気毛布付けてますw
29℃くらいだったので良しとしますw

最近うちの子が凶暴化してきまして、1日餌抜くとペットシーツ噛んでグシャグシャにしてしまいます涙

そしてう○こをわざとか!って感じでケージに直接されてます汗

まぁ、尻尾もぷっくりして来たので良いのですが笑
Posted by ぴゅん at 2015年11月22日 23:57
>>ぴゅんさん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
おはぎちゃん元気そうでよかったですね(´Д⊂グスン
たまーに吐き戻すぐらいなら、食べ過ぎたオエッ。って感じだろうから大丈夫だし、このごろはそういう現象もとんとご無沙汰みたいだから安心して見ておりますよー。
尻尾もプリッと・・・ほろり・・・おおおはぎちゃん!!
環境が落ち着いたってことだとおもいますだよ。ほんとよかったなあ。

生き物って、本能的に栄養のあるほうを食べようとするっていいますし、おはぎちゃんもデュビアの栄養がよくわかってるんでないですかね!
電気毛布!あったかければモリモリ食べてくれるようになりますよさ。
デュビアは総合的に栄養バランスのいい昆虫のようなんで、このまま飽きずに食べ続けてくれることを願っておりますだよ〜〜
Posted by ポピ at 2015年11月23日 21:17
お久しぶりのコメントです。
私のデュビア飼育方を広めてくださってますね😄
ちなみに我が家の餌はうさぎの餌と人参、秋の安売りで買った昆虫ゼリーのみで育ててます。
奇形も少なく順調です。

ではまた!
Posted by ぼんぼくらお。 at 2016年04月21日 16:22
>>ぼんぼくらおさん

おはようございます(゜ρ゜)ノ
師匠!我が師よ!うちのデュビアはこの環境にしてから増えまくりで悲鳴があがるほど繁殖捗ってます。
教えて下さってありがとうございました!
師の教えを布教していきたい所存です。

コナダニとかもでなかったのですが、加温切ったら出てしまったので一年ぶりにお掃除です。
いやはや、こんだけメンテナンスサボっても大丈夫な環境は凄い!ほんとうに感謝です!
Posted by ポピ at 2016年04月22日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168185066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック