2016年01月20日

しもべ宅、全体的な近況

 このごろの口癖は


P1150168.jpg
「嫁のいう事を聞かないと、ひどい目にあーーーーーう!!!!」

です。

 というわけでこんばんわ、ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。

今日は日記もいいとこなので、前回載せきれなかった鋸山のお写真とともにお届けいたします。
適当に読み流しながらS兄さん撮影のお写真見て言ってくださいまし。
あ、上の写真は観音様の顔をしたしもべじゃないですよ。
ちゃんと本物の観音様ですよ!


 きっかけは些細なことでした。チャーン氏は寒くなると寝るときに靴下を履いたまま寝る人です。
晩に新しい靴下を履いて、そのまま起きて会社に行きます。
なのでいつも履いている靴下をそのまま使っていたのです。
駄菓子菓子。しもべ、友人に聞いた事を思い出したのですよ。
人間とは、足の裏で体温調節をする動物だ。という言葉です。
たしかに足が熱いと不快だし、布団脱ぎたくなるよなあ。
というわけで、チャーン氏に勧めたのです。おうち用のふわふわしてやわらかい靴下を履いて寝なさいと。
さすれば熱くなったら足をごしょごしょすればすぐ脱げるし、寒さを最初のうちだけ防げる。
いつも中途で暑くなってチャーン氏は布団を脱いでしまうのです。
その後「朕は寒くて暑いのである。不快である。どうにかせい」というニュアンスのいびきをかきはじめるのでございますよ。
これはもう長い付き合いなので、そのいびきの原因はしもべにはわかってしまうのです。
仕事が大変な時のいびきとは全然違いますのですよ。
なのでまずは布団をかけてやるでしょう。寒いのか?じゃあ布団をかけよう。
するとチャーン氏は足が厚いせいですぐに布団を自分からぬぐのです。
脱いだあとしばらくするとまたぐがーぐごーとイビキをかくのです。
このままいくと風邪をひくのも時間の問題だから、やっぱりこの靴下を履かないといけませんとしもべは説得して、このごろはやわらかいおうち用の靴下を履くようになりましたのですよ。
しかし普段の癖というやつで、どうしたことか寝るときに外用の靴下はいてるときがありましてね。
一旦履いてあたたかくなってるもんだから脱ごうとしません。
それを見て出たセリフが、冒頭の嫁のいう事を聞かないとひどい目にあーーーう!です。
昨日の晩は仕方がないので寝ころんでゲームしてるチャーン氏の足から靴下を引っこ抜いて、自宅用の靴下をはかせてやりました。
あらやだしもべったら過保護なんだからっ!
それもそのはず、暑くて寒いが繰り返されるとチャーン氏の布団を奪っていく勢いが増すのです。
流石にこの寒さ。大雪が降ったり寒波が来たりの寒さの中で布団を取られたらひとたまりもありません。
しもべは昨日から絶対に奪われることのない布団・・・そう・・・寝袋を寝床に持ち込みました。
まあ、ゲーセンの景品にあったやる気のない化繊の寝袋なのでたいして暖かくはありませんでしたけどね。
ないよりまし。朝起きたら凍えていましたよりはまし。
そういうことで毎日これから使うことになるでしょう。



P1150073.jpg
遺跡と化した石の回廊の先で撮影した、切ったはいいけど置き去りにされた石の上に自生した苔。
冬でも尚青々と。すごいなあ植物って。




 寒さ、と言えば。
わが家の温室の温度が徐々に下がってきて、現在ぺろちゃんたちレオパゾーンの空間温度は低いときで21度。
高くても25度程度となってしまいました。
ニホンヤモリーズのゾーンは18度〜21度程度。かなり低くなっています。
現在まだ暖突ロング1基しか動かしていません。
もう1基の暖房器具を今年使ったものか、ちょっと迷ってましてね。
生き物には冬が必要だ、と思ったからなんですよねえ。

 ちょろちゃんたちのゾーンはもう休眠スイッチが入るギリギリのラインなんだけど、二日に一度給餌すると全員餌は完食するレベルで食欲があり、排泄も問題なく、脱皮不全も改善され、ひなの腹になんか卵っぽい影が見えてる気がしないでもないんだけど(?!)、まあなんというかとどこおりなく冬をみんな過ごしてるっぽいんですよ。
パネルヒーターあるから室温が下がっても、彼らはあったかい場所にいてくれるんで全然平気みたいだし。
てか、おきさんちのぽにこちゃんも、ヤモイモ母さんちのタムちゃんも、ニホンヤモリーズの妙齢の雌を抱えるお宅では抱卵してるっていう報告が相次いでましてね・・・まさかひなもじゃないよね?
って見てみたんですが、なんかうっすら卵みたいな二つの怪しい影がおなかにみえてんですよ。
ただ、小さかったので卵かどうかはわからなかったのです。
しもべは見なかったことにしました。疑惑を抱えながらいつも通り給餌しようと思ったのです(;・∀・)
だいじょうぶさ、抱卵してるからローチ10匹以上入ってても全部完食しちゃうんだとかじゃないはず。いつもの事だもの!
それにちょろちゃんもかりめろも同じ数食べてるもの!!!
内心かなり焦っておりますが、様子を見ます。


P1150159.jpg
切り取られた場所に水が溜まって池ができている。
この山にはこんなふうに穴がいっぱいある。
防空壕のような穴も道中いくつも見かけた。


 ミー太郎とぺろちゃんについても、レオパの温度帯としてはかなり低いんですが、低いなりに別段問題はおきていないのですよね。体色が黒ずんでくるって現象も起きてません。
ぺろちゃんなんか回し車の上で寝てるぐらいですしね。温度は23度とかなのにね。
シェルターのある場所が床があたたかい場所なので、そこにいることももちろんあるわけなんですが。
もう少しこのままの状態でやってみようかしら?と思ってます。
クーリングしてるわけじゃないんだけど、代謝を押さえた期間を作ることは長生きしてもらう上で大事なんじゃないの?って思ったわけです。
もう1基の暖房の電源は、2月になってから考えようかな・・・!


 そんな風に思う今日この頃でございました。



P1150165.jpg
曇天の山肌。
もはや神殿の領域。
人の業と自然の業を時が調和していった結果得られた景色。
きっと雨上がりに天使のハシゴがでたら、またきれいに違いない。




とりとめもない内容になりましたが、今日のところはこの辺で!
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
それは、嫁「が」酷い目にあってるのでは?;
あと、「足の裏で体温調節」ってのはもしやソースは私???
だとしたら、私がよく聞いたのは「赤子は」が頭につくので、大人にも適用かはわからんですが…とりあえず、靴下なしで湯たんぽか電気アンカの導入をオススメする。
Posted by SENO at 2016年01月20日 23:08
>>SENOっち

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
おお、そうそう。SENOっちが言ってたの覚えててよく印象に残ってたんだよー。
そんで、割とそのあと意識してたらなるほどなーと思うことが多かったの。
やっぱ足の裏かー!ってね。
チャーン氏が寝てるとき、さむがってたり暑がってたりするときってたいてい足が出てるor足が出てない(すごく足が暑くなってる)っていう状況も後押しして足の裏で体温調節説にいっぱい納得したんだよ。
人間は足の裏が一番汗っかきっていうしさ。
湯たんぽは蹴落とされそうだから、電気あんかかねえ。
それがなくてもお布団に入ってさえいればあったけぇんだけどのう〜〜。
このお布団を脱ぎ散らかすってのが改善されると解決するんだけどw

そういや、ヨメがひどいめにあってるの間違いか・・・そうか・・・ワタシひどいめにあってるよなあ!
寝袋着て寝る姿を見たチャーン氏は「ポピがミノにこもっていく・・・!」と大笑いしてるよ。
あ、いまいち寒いからって寝袋に着る毛布着て入ったら、暑すぎて自分で寝袋脱いでた(  Д ) ゚ ゚
死ぬかと思った!
ちょっと寒いぐらいがいいのかもね!!!
Posted by ポピ at 2016年01月22日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172388236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック