2016年04月22日

脱皮と温浴と皮むきと、師匠の言葉

 ブログをやっていると、その道を長らく歩いて経験と知恵と知識を積んだお方から、思わぬ激励をいただけるものでしてね。
ああ、やっててよかったブログ。ああ、親切が身に染みる!
ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。みなさまこんにちわ( ゚ρ゚ )ノ

 デュビアの飼育環境を教えてくださった師匠はぼんぼくらおさん。おかげさまでこちらの思惑を上回るほどふえてまっせーーーー!
そしてニホントカゲの飼育環境と方法を教えてくださった師匠は、カメレオンやヤモリのブリーダーで有名なTreemate上原さん。
treemateさんのブログを読んでる方はきっとよくわかってると思いますが、誠実で真摯な姿勢で生き物の繁殖と売買をされる方です。イベントに出てこられるときは要チェックですぜ!

いやもうほんと、ありがとうございます( ;∀;)
素人の私にはプロの言葉は説得力が違うんですよ!

環境の作り方やら飼育方法やらを教えていただけたので、まったくセッティングに自信がなかったワタクシはそれにどーんとのっかることにしました。

 まず、カミュの捕獲地はよく整備された、ヨーロッパ風の庭園と巨大な温室があるような大きな公園だったこと。
よくよく人の手が入っているけれど、生垣や植え込みの隙間からちょろちょろとニホントカゲやカナヘビが出てきては日光浴をしている。花はたくさん咲き乱れているし、虫もたくさんいる。
手をいれているけど殺虫剤などを撒いていないきれいな公園。
そこの土は腐葉土ではなかったです。どちらかといえば園芸用の土で、適度に湿っていました。
カミュは生垣のある少し傾斜のある花壇のはじっこ、土嚢の袋?がやぶけて、そこに大きな隙間ができていました。そこからちょろちょろと出入りし、日光を浴びにきていました。他にもそこにはカナヘビがいたりしましたので、彼らにとっていいねぐらだったんでしょうね。

 さて、腐葉土でセッティングしたものの、エサの管理がしにくかったり、土の管理もしにくかったりでやりにくいなーと思っていたしもべ。Treemateさんのお言葉を参考に、ちょっと環境を変えてみたのです。

ご指導の内容を要約しますとこんな感じでした。

湿った環境から採取してきた個体でも、飼育下では乾燥気味にしたほうがうまくいくことが多い。
幼体なんで湿度は与えたほうがいいけど、そもそもこの国は湿度が高いので湿った場所は一部でいいこと。
腐葉土より赤玉土のほうがダニの発生が起きにくく、エサを発見しやすいように開けた場所を作ること。
水入れはミズゴケを張ってやるとよく、苔を張るならなみなみと。
移動が容易なように、プラケのでっかいのがいい。
そもそもこの時期の外から採ってきた個体なら、加温はそこまできばる必要はなく、寒さにも強いから心配しなくても大丈夫。
外で日光浴させるなら、紫外線照射もそこまで必要ない。
あとこの子は思ったよりもベビーじゃない。危険な時期を脱した安心サイズ。


というような内容でした。
わざわざ資料を添付してくださったのでわかりやすかった!

それを参考にこんな環境を作りました。


DSC03964.jpg

 これは昨日の写真なんで蓋を外して紫外線灯つけちゃってますけどもね。

赤玉土を敷き、加湿のためにミズゴケを張った水飲み場と、白いお猪口は水入れ。
真ん中にはエサ皿を置いて、しもべお手製のくじらシェルターをドンと置いて、あとは樹皮を適当に敷いたりしました。

この環境にしたのが一昨日の朝。土に潜ってたカミュを叩き起こしてこちらの環境に入れ、天気が良かったのでベランダへ出しました。
しもべはそのあとちょっくら山へ。7時間後にベランダから回収。入れておいた10匹程度のローチは跡形もなくなっておりました。
天気はよかったけど気温はそう高くなりませんでしたので、なんとかなったなーって感じです。


 で、その日の晩。眠っているはずの時間帯になんか音がするのでケージをのぞくと

DSC03951.jpg

おや?もぐらずなにかやっているぞ?
よく見ると脱皮しているようでした。
明日、時間があるときに見せてもらおうと思い、その日は霧吹きをしてしもべも就寝。


 我が家の生き物たちは、脱皮をするともれなくしもべに状態のチェックをさせられるのでございます。
まさか来て一週間とたたず脱皮をするとは運の悪いやつめ!さあカミュ、どこにいっただ!

お、なんか落ちてるぞ?

DSC03952.jpg

おお、ウンコと皮が落ちているようだ。よしよし、おなかもお日様にあたって動くようになったみたいだしよかったよかった。

DSC03953.jpg

トカゲの皮って、ヤモとは違うんだなあ。

で、しもべは本人を探しました。
すると、お猪口の下に潜り込んで

DSC03954.jpg

丸まっていました。
あらやだきれいな色してるわ。かわいいわ。

んあ?んんんん????
お手手に皮残ってるね?

DSC03955.jpg

あんでまあ、こりゃあほぼ全部残ってるようなもんでねぇか。
やっぱり捕獲してきてからこっち、慣れない環境もあってストレスでバランス崩してるのかもなあ。
あとは湿度が足りなかったかな。やっぱりウェットシェルター入れてやるかな。
指がなくなっちゃったらさすがにいけないので、温浴してもらいましょうかねえ。


DSC03958.jpg


DSC03957.jpg

ふやけたので先の細いピンセットでやさしく引っ張ると取れてくれました。
でもやっぱり怖がるので、温浴したあとケージに戻して本人が手足をひきずりながら皮をなんとかしようとしているのを見て、ある程度皮がずれてきたらまた手に乗せてしもべがピンセットで取る。みたいな作業をしてなんとかとれた感じです。
虫ピンより細い指がとれちまったりしたらどうしようかと思いました。
怖いよー小さくて怖いよー。
うちに来て一度目の脱皮で、この子の健康状態を占うような感じでした。ボディはいけたけど手足が微妙だったなあ。脱皮する姿を見てからほぼ丸一日が経過してましたので、シェルターの下で丸まっていたのは途方にくれてあきらめた感じだったのかなと思いましたし。
今後はモリモリ日光浴してもらって、ドライシェルターとウェットシェルターを使って加湿を行いつつ徐々に大きくなっていってもらいたいもんです。

皮がむけたあとのカミュは土に潜ろうとしてたんですが、昨日は天気がよくなかったので外に出さなかったんですよね。雨降るっていうし。

なんで紫外線を少しだけ浴びてもらいました。
すると、

DSC03963.jpg

顔を出しております。なんともかわいらしいもんだ。
すんごい元気ですけどね。早い早い。そしてしもべのことはなんだか嫌いになった模様。
温浴は好きになったっぽいです。じっとして寝てしまいます。

DSC03965.jpg

ちょろちょろ活発に動き回っております。

DSC03973.jpg

おお、そこも気が付いてくれたね!
見ていたらここから水を飲んでおりました。

この環境でしっくりきてるみたいです。ご教授ほんとにありがとうございます(´TωT`)


 今日も天気がよかったので外に出て日光浴。コオロギも届きましたし、今日はコオロギを召し上がれ!

と、出かけている3時間ほどの間にコオロギを全部めしあがったカミュ。

DSC03974.jpg

お日様にあぶられて相当熱くなってしまっているにもかかわらず、くじらシェルターで体をあっためているカミュ。
持ち上げたら本人もくっついてきましたわ。

DSC03976.jpg

お水も飲んだようです。
よしよし、たんと食べて大きくおなり。



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~






くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録
この記事へのコメント
ポピ様、今晩は!

ちょっと褒め過ぎよ、照れるわ・・(笑)

そういえばカミュ・・ひょっとしてミロも?
こりゃ、家族も12匹揃えるっかねぇな・・

あたし?当然アフロディーテでしょ(笑)
Posted by treemate at 2016年04月23日 02:31
>>treemateさん

おはようございますー( ゚ρ゚ )ノ
次回のイベントでそちらからなんかお迎えできたらこのご恩に報いれるんですがねえ。
なんとも浅はかなことにカミュを連れて帰ってきたから増やすの微妙ですわ・・・どうすっべ。
グラテラの3030が余ってるんですが、これで何が飼育できますかね?!
お察しの通り、今後の名前はゴールド聖闘士からとっていくことになりました。ムウにもなりそうだったんですよ。

アフロディーテは黄金魂でかなり男前でしたよねぇ。
男らしいぜ兄貴!ってなもんでした。
そういや子供の頃、生まれた星座でヒエラルキーが決まってませんでした?
私デスマスクだったんで肩身狭かったんですよね(´∀`*)ウフフ
おとめ座がうらやましかったなぁ〜〜
今は一番デっちゃんが好きなんだけどさ!
Posted by ポピ at 2016年04月24日 09:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175001940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック