2016年06月02日

失う覚悟、失わない覚悟

 病院から戻ってまいりました、ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわ。
本日、大変辛気臭い内容になることをまずはお詫び申し上げます。
しもべは感情の起伏が激しいほうで、それがもろに文章に出ますんで、超絶辛気臭い内容になりますごめんなさい。
苦手な方はバックしちゃってね。


 点滴の投与から丸二日の間で、ぺろちゃんがいきんだ回数はおよそ16回。
産卵床をいれてあるにもかかわらず、ガン無視を決め込んで回し車でしつこく産もうとするぺろちゃん。
それゆえ回数が把握しやすかったのもあるが、その都度毎回おしっこを垂れ流すため脱水症状が加速していた。
昨日の晩排出したのは粘度の高い液体とカルシウムのような白い何か。
もう出すものがなくて内臓からなにかしぼりだしてんのか?何が起きてるんだろう。
しもべは危機感を募らせていた。
それに合わせてぺろちゃんの体は、背骨が浮き上がり眼窩は落ちくぼみ、腹の骨が浮き上がり、腰骨まで浮き上がるしまつ。
いきむことで急速に体の水分と体力を失っていくのが見て取れた。
経口摂取でどうにかなるレベルを超えてるな、しもべは思って病院に電話をした。先生の判断を仰ぎたかった。
結果、今日点滴を打って脱水の改善や体力の補強のためにとにかく行くことになった。
昨晩のぺろちゃんの状態はヨボヨボだった。
ひとめでヤバイとわかる状態だった。

しもべは温浴をこころみた。
すると、普段水をはじくはずの皮膚がべっちょりと濡れそぼってしまった。
まったく水を弾かず、とにかく濡れている。ぺろちゃんはおとなしくお湯に浸かっている。
しもべは湯温を調節しながら、ゆっくりとぺろちゃんの背中に水をかけてやった。
15分ほどしたところで、ぺろちゃんが外に出たい仕草をしたので温浴を終了。

乾きすぎていたようで、しみこんでいくのがよくわかった。

今朝、起きてしもべは再びぺろちゃんに温浴を施した。
するとぺろちゃんの皮膚が再び水をはじくようになったのである。
温浴によって脱水症状の改善はある程度できる。経口摂取でどうにもならない場合に有効。
それを実感するに足る現象だとしもべは思ったのだった。



 さて、病院で先生にほそくて長い綿棒でおなかをほじくられたぺろちゃん。
おなかをほじりながらぺろちゃんの卵の位置を確認。
卵の位置はまだ下がりきっていないとのこと。
総排泄腔近くまで降りてきて、卵のさきっちょでも見えれば卵に穴を開けて中身を出し、ひきずりだすという荒業が使えるんだけれども、そこまで降りてきてない。
あまり総排泄腔から遠い位置でやっちまうと、卵管まで傷ついてしまう。
卵管を傷つけると今度は腹膜炎の危険性が出てくる。いいことないのでまだ無理だ。
ではどうするか。
まずはぺろちゃんの体力の消耗が激しいため、カルシウムと栄養剤の点滴をするつもりでしもべは来院していた。
もちろんそれを打ってもらうのが先決なんだけども、卵管の収縮を促すオキシトシンを打つという方法がある。
3日間まで連続で投与、または半日入院して何度か投与。
しかしこれは、投与すると逆に詰まりがひどくなる危険性を伴ってしまう。
そこで詰まればもうオペでしか取り出す方法がなくなる。
しかしぺろちゃんが痩せてしまっているせいで、オペはリスクを伴ってしまうだろう。
麻酔、手術、その後の意識の回復から立ち上がりまで含めて、すべてにリスクが伴ってくる。
オペに耐えられるのか。
高額な治療費もかかる。20いくかどうか、とおっしゃっていた。

この三つの段階、三者三様のメリットとデメリット。
しもべ家は来週旅行を控えている。これで行かないとなるとチャーン氏に申し訳が立たない。
立たないが、いざとなったらダメージはあるにせよその選択も致し方ないのか。



 ぺろちゃんは今日病院行きのプラケに詰められるのに抵抗しなかった。
むしろ落ち着いて連れて行かれた。

弱っているのもあるが、彼女はわかっているのだ。
先生にひっくりかえされてお腹をほじくられていても、痛いのを我慢してじっとしていた。
ほじってる時、いきんでいたのを先生は感じたと言っていた。
さて、私はどうすべきか。安全策をとるならカルシウムと栄養の点滴を続けて様子を見ること。
しばらく様子を見てだめならオキシトシンの投与、それでもだめならオペ。
なにもせずにいれば、衰弱死が待っているだけだ。

私はまだ、ぺろちゃんを失う覚悟などできていない。
しかしそれぞれのリスクを考えれば、最終的にオペをせざるを得なかったとき、私はそこで命の選択を迫られる。今生の別れになるかもしれないからだ。

現状は膠着しているし、アクションを起こさなければ状況は動かないところまで来ている。
ぺろちゃんにまだ力があるうちに、やれることをやるべきか。
失う覚悟と、失わないための覚悟。
腹をくくれ、ためらっている場合かと自分に言い聞かせる。


オキシトシンの投与を、明日から開始してもらおうと思う。時間がない。試す価値はある。
その先にあるものがとても怖い。
打って幸いであったと喜べるのか、やはりだめだったかと落胆するのか。
でも、なるようにしかならない。


泣けて泣けて仕方ないのだけれど、失わないための覚悟として、この文章を綴りながら腹をくくった。



私はまだ、ぺろちゃんを失いたくない。



にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 17:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院記録
この記事へのコメント
大丈夫…きっと大丈夫ですよ!
ぺろ姫はこの山をきっと乗り越えてくださいますとも!
ポピさんとぺろ姫の絆の深さをわたしは信じております…!
Posted by komama at 2016年06月02日 18:30
ご無沙汰しています。
うちでは、過去に卵詰まりを起こした個体が2匹いましたが、いずれも、排卵誘発剤を注射してもらうとともに、大きくなりすぎた卵の中身を、外から注射器で抜いて、排出しやすくしてもらい、無事に排出できています。
参考になれば幸いです。
Posted by 小田原レプタイルズ at 2016年06月02日 22:42
ポピさん こんにちは!
こういう時って人間がしてあげられることを精一杯してあげるだけですね。
ポピさんは最大限の努力をなさっていると思います。
ぺろちゃんも頑張っていますし、ただただ無事をお祈りしています!!
Posted by ヤモイモ母 at 2016年06月03日 13:05
>>komamaさん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
ありがとうございます。ぺろちゃん今がんばってます。
小田原レプタイルズさんの内容を参考に、卵の中身を抜いてもらいました。
それで促進剤を打ってとにかく出そうと一生懸命です。
どうかでますように、私も祈っております。
Posted by ポピ at 2016年06月03日 22:05
>>小田原レプタイルズさん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
ご無沙汰しております。
大変参考になりまして、獣医さんに方法を提案して実行してもらいました。
ありがとうございます。現状できる一番いい方法じゃないかと思いました。

やったことないけどやってみるかってんで、中身を1CCばかり吸い出してもらいました。
卵の大きさは一回り半ぐらい小さくなったみたいです。その上で促進剤を打って、現在効いてきたのか一生懸命いきんでおります。
おなかの圧迫感が薄れたのかちょっとだけ元気になりましたが、水分の排出が激しいので飲んだお水も全部でそう。
明日の朝になってぺろの干物ができてたらどうしようってちょっと怖いですが。
あと、ぺろちゃん1個目の卵産みましたが、どうも中で卵が割れていたようで、卵黄の排出がまだありまして、片側はおなかのなかに卵黄だけを残しているっぽいです。こっちもまだ問題か・・・!ってなってます。
卵管が炎症をおこさないように抗生物質も与えております。
できればこれで出てほしいです。ほんとにありがとうございます。
Posted by ポピ at 2016年06月03日 22:10
>>ヤモイモ母さん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
ありがとうございます。

介護疲れで眠りこけてしまいました。寝不足だーーー!
ぺろちゃんのおなかの中から、卵の中身を抜いてもらったのでちょっと楽になったのと、促進剤の効果でそわそわ産もうと一生懸命やっているところです。
がんばれぺろちゃん。なんとか出してご飯食べような!
ぺろちゃんのおなかをマッサージして卵降りるように押してあげましたら、ぺろちゃんはおなか露出するの嫌いなんだけどおとなしくしてましたよ。
彼女は自分の現状をよーく理解しておるようです。
なんとか出てほしいです。
Posted by ポピ at 2016年06月03日 22:13
今が1番疲れが溜まってるでしょうが、正念場ですね。頑張ってくださいm(_ _)m
幸いにも新月の大潮の時期ですので、野生動物にとってはプラスに働くと思います(レオパ以外の生き物は色々飼ってきましたので)
遠いですが、愛媛から精一杯ペロちゃんの無事をお祈りしております。

追伸、小春ちゃんはハニーワームのおかげで体力と落ち着きを取り戻してきてます。尻尾が太くなり始めました。カルシウムをダスティングすると嫌がるので、今はハニーワームだけで与えています。
小春が精神的に落ち着いたら病院に連れて行くつもりです。
Posted by 時雨 at 2016年06月04日 00:39
>>時雨さん

こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ
祝!介護からの卒業ッ!!!
新しい記事を更新いたしましたので、ご一読いただければと思います。
時雨さんのおっしゃっていた、新月の大潮というのが6日まで続くようだ。
と潮カレンダーを見て確認しました。
そんで、そしたらそこらへんまでにけりがつかなかったら次の行動を考えなくちゃいけないよな。
って思っていました。結果が出るまでは行動や決断がゆらぎやすいんですよね。
揺らぐときにこうした情報は、決断を後押しする糧になってくれます。
とても助かりました。ありがとうございます。

小春ちゃん、ご飯食べてくれるようになってよかったですね。
私もハニーワームを使おうかなと考えはじめました。ピンクマウスにするか、ハニーワームにするか・・・特に旅行があったりもして、留守にするのでピンクマウスに寄ってますが、病み上がりにステーキを与えるようなもんだからハニーワームにしとくかなあ・・・って。
悩ましいです。

病院に連れていって、レントゲンなりを撮ってもらうと卵があるかないかは一発でわかることが多いです。安心を買うっていう意味でも、心配なときは確認してしまうのが確実です。お金はかかりますけどね。
何事もないことを祈っております。
Posted by ポピ at 2016年06月04日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175539116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック