2016年12月28日

2016年のおまとめ

 今年最後の更新となります〜〜(たぶん
みなさまご無沙汰しております。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ

さて、2016年も終わりに近づいてまいりまして、今年一年をちょっくら振り返ってみようかと思ってこんなもんをしたためております。
なにがあったかなー今年一年!
写真とともになのでスクロール大変だったらごめんなさい!
ではでは、レッツ振り返りスタート!


2016/1月

omata.jpg

omata2.jpg

・ニホンヤモリーズ、脱皮不全続出につき小さくて湿度を高めた別邸にて療養させる。
主にちょろちゃんとかりめろ。
めろもちょろすけも前腔孔からでたフェロモンワックスをつけっぱなしでビラビラさせてたので取った記録がある模様。

DSC03759.jpg
そして1/27日。ひな1stクラッチ。もちのろんで無精卵。
これ以後、産み続けること7クラッチ。
ひなの体調が悪くならないように気を遣いながら脱皮不全のお世話をするニホンヤモリーズエンドレス看病ゾーンがはじまる。
早く春になれ。



2016/2月


ニホンヤモリーズには流動食を与えつつ、加湿した環境下で脱皮不全に備えつつの日々を過ごす。
このときいった山で、しもべはバリルートの尾根に入ってひどい目にあう。
ちょろすけとめろに発情がはじまる。発情してもいいけど餌食って。

DSC03769.jpg





2016/3月


DSC_1313.jpg
このとき忙しかったか、春先のやる気のなさで更新を怠ったかで記事が4個しかねぇ。
近況によるとひなとひなたぼっこしたり、ハエトリちゃんとたわむれたり、ぺろとミー太郎を合わせたらぺろがミー太郎を噛んだとかかいてある。
このときはぺろちゃんの発情にはまだ気が付いていない。
というか5月の終わりまで気が付いてない。




2016/4月


DSC_1418.jpg
金沢からはちゃさんが来て、お会いしたようだー。
来年はしもべ金沢に行くぞー!というかアレだ、立山に行って帰りに金沢か富山でお会いしたいっ!
という計画を無謀にも立てていたりする。

P4120110.jpg
妙義山にも行ったらしい。時間がたつのは早いなあー。


DSC_1549.jpg
4/16日に、カミュを公園からさらってきた。新しい友達としてしもべ宅でカミュは飼育されることになる。
このときは秋口にはリリースする予定でいたが・・・。
最初は体調を崩しがちだったけど、環境を整えたらものすごく元気になった。
食って出して寝る、脱皮する。を繰り返してモリモリでかくなっていくであろー。




2016/5月


DSC04013.jpg
ひなの産卵は1月にはじまってまだ続いていたようだ。
6回目の産卵があったとの記録がある。

DSC03995.jpg
トウレプに行ってミー太郎に回し車を与える。速攻で回し始めるミー太郎。
ぺろちゃんの回す姿を見てたんだろうと思われる。
ある日ぺろちゃんとミー太郎をチャーン氏のお膝の上でエンカウントさせると、発情のハの字もなかったミー太郎がブルブル尻尾を震わせてぺろちゃんに噛みつきに行った。
このときぺろちゃんはミー太郎を拒否。思えばここの段階でぺろちゃんは抱卵していたんだろう。
しもべは気が付かなかった。
下旬の28日、おかしいな?と気が付いた時にはもうかなりヤバい状況になっていた。
ぺろちゃんの卵が詰まっていたのである。





2016/6月



DSC04039.jpg

ぺろちゃんの卵が詰まっている、というのがわかったのが5月下旬。
そこからは卵を出すために病院通いが続く。といってもあまり長くはもたない。
たったの三日でふくよかだったしっぽがガリガリになるまでになったのでやべーってことで。

DSC04057.jpg

sannrannpero.jpg

紆余曲折あったが、なんとか詰まっていた卵が出て、強制給仕と強制給水を行ってとにかく自力で餌がとれるようになるまで支援を続ける。

DSC04078.jpg


産卵から6日かかったけど、自力で食べれるようになるまで復活。
ピンチだったけどなんとか生き延びてくれた。ありがとう。


DSC04147.jpg
チャーン氏とは伊豆に行ってIZOOでエンジョイしたりニホントカゲをたくさんみたりしていた。
一息ついたあとは、テント泊デビューのための山を探しに大菩薩嶺とかいったりもしてるようだ。

DSC_1916.jpg





2016/7月


DSC04361.jpg

実家の庭でカマキリの子供を拾って、かまちゃんと名付ける。
グラブパイのかけらからはじまり、二か月かけて成虫にするまでの記録がこのへんからはじまっている。
同時にテント泊装備をそろえ始めた。
そろったあたりでカミュが脱走し、三日間行方不明になる。
どこかでつぶれておせんべいになってしまったり、干からびてしまっていないか心配で死にそうな日々を過ごしていたが、なんとしもべの枕のカバーの中から出てくるというミラクルなことが起きる。

DSC_1962.jpg

カミュが見つかったので、近場のキャンプ場でボッチキャンプデビューをして上半期を振り返ったりした。


DSC_2020.jpg
ついでに山小屋泊デビューもした。
そしてミー太郎は前月ぺろちゃんにかみついたあとから、発情して別レオパみたいに荒ぶるレオパになっていた。





2016/8月


DSC04464.jpg
中旬になって、いきなりぺろちゃんが1個だけ卵を産む。
だいぶ体系も戻ってきたし、かなり元気もよかったので安心していたらぽーんと一個だけ卵を産んだ。

DSC04443.jpg

何で一個なんだ?と思いつつ二つ目がないか待っていたけど、12月末になっても2個目は出てこないので、たぶんなかったんだと思う。
お盆あたりにキャンプにいって、楽しかったけどしもべカーの調子が悪くなりレッカーを呼ぶ。





2016/9月


DSC_2167.jpg
かまちゃんが成虫になり、どうも雌みたいだということで実家の庭に放つことにした。


DSC04526.jpg
かりめろとひなが2歳になり、ミー太郎の発情もだいぶおさまってきて、そしてカミュの発情が始まるという悪循環。カミュは雄だった模様。

DSC_2235.jpg

秋口に放つようにと思っていたが、どうにも手放しがたい。





2016/10月



DSC_2236.jpg

DSC_2268.jpg

10月の連休あたりで、西穂高岳のテント場までテントを担ぎ上げてテント泊をするということを行う。
大変だったけど楽しかったなあ。また行きたいなあ。
カミュを放つ決心がつかぬまま秋も深まってきて、気温が低くて餌食いが悪かったため加温することとする。


DSC_2309.jpg





2016/11月


DSC_2371.jpg

カミュを太らせるために温室へ入れた。冬眠スイッチが入りかけていたのだろうが、通常運転に戻りかなり餌をよく食べている。

DSC04609.jpg

同時に、ニホンヤモリーズに脱皮不全の兆候がではじめてきたのでグラブパイヨーグルトなどの栄養補助食品を使って体調を整えてやることにする。

DSC04639.jpg

登った山でオーブが大量に映った写真が撮れる。しもべびびる、ぺろは威嚇する。
けっこうハイキングしまくっている様子、玄倉ユーシン渓谷はきれーだった!

DSC04591.jpg





2016/12月


DSC_2531.JPG
トウレプでみかどさんとお会いして、三条の湯に誘ってみたところ色よいお返事であったので下見しに行こうと本気でテント担いで三条の湯にいくつもりでいたが、嵐が来て断念。
とても残念。

DSC04672.jpg
新しく買ったNangaのシュラフはいつ使えるときが来るんだろ。


DSC04693.jpg

DSC04681.jpg

ヤモイモ母さんとダイアモンド富士を見に高尾でハイキング!
12月はいまのところ平和に、そしてとても穏やかに過ぎているように思える。


 来年もきっといろんなことがあるだろうけど、できれば穏やかに過ごしていけたらいいなあ。
とりあえず山はすごく準備してたくさん気を付けて歩きたいと思います。

まばら更新の当ブログを今年も見に来て下さり、叱咤激励や楽しい交流をもってくださいましてありがとうございました。
深く感謝しております!
おかげ様で今年も全力で楽しんだ一年とあいなりました。
どうか来年もよろしくお願いいたします。


それではみなさま、今年のところはこの辺で。
よいお年を!!




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年12月13日

それっぽい考察〜ウンコ考

 山で心霊写真くさいものを撮影した後。
ぺろちゃんに新たなるステータスが加わりましてな。「霊感やもり」だの「お化け探知機能付きやもり」だの、「ぎぼぺろこ」だの。
で、「おうちきたなーい!むむぅ、これは霊障だっ!」とか、「おのどがいたいよー。霊障だ!!」とか、「やる気がでないよー。霊障に違いない!!!」、「ぺろたんがかわいいのもミー太郎がかわいいのも、全部霊障」みたいななんでもかんでもお化けのせいにしてしまう風潮が流行しているぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわ( ゚ρ゚ )ノ

 さてさて、レオパの飼育を始める前も始めた後も、レオパブログをめぐるのは日課みたいになってます。
でさ、見てると外に出してハンドリングするとウンコする子の話があるわけです。
うちもさ、ミー太郎をお迎えした直後3か月ぐらいの間は、外出すとミー太郎がおしっこする(たぶん嫌ション)、そしてウンコする(ガチウンコ)ってのがあったんです。
ぺろちゃんもほんの一回限り、ダイナミック粗相しちゃったことあったんですけども、ほんの一回限りの粗相でしたけんね。
たぶん我慢できず思わず出ちゃったんでしょうね。
これ数に入りませんよね?あ、病院で嫌ション、しもべの介護に愛想をつかして嫌ションはありますがウンコはないのよ。

でもミー太郎はチャーン氏の肩とかチャーン氏のひざとかチャーン氏の手とか、全部チャーン氏に対してしてたの。
毎度のよーにね。しもべにはなぜかしないのね。
で、ミー太郎はチャーン氏がどうも好きでない?模様。
以前こんな漫画にしてますよねえ。

かわいいもの係


これはいまだにそうですじゃよ。
全然チャーン氏のほうにはいこうとしません。気が向いたり行けるところがそこしかないと行くんですが、高確率でしもべの手のひらで無理やり踵をかえすんですよ。
こんなことすんのはミー太郎だけでして。ぺろちゃんはむしろチャーン氏のところにいたほうがおとなしくて落ち着くみたいなんですよねえ。
あとね、冬場にしもべの服の中で寝ちまうのはぺろちゃんもミー太郎もおんなじなんですが、圧倒的にミー太郎のほうが寝るの早いです。座ってておなかの上に下ろして、すると上着と寝間着の間をごそごそとはいずり始め、しもべの乳を首おきにして落ち着く体制になると、動かなきゃずーっと寝ております。
チャーン氏にはこれもやってくれないのです。

ウンコ爆弾を落としてくるってのはもう二頭ともなくなりましたけどね。

 まあ、こんな現象を見てて、ほかのおうちのレオパちゃんにも外でウンコしちゃう子がいるようだ。
雄に多いのか、警戒心が薄いタイプがこれをやるのかわかんないんだけども。
わかんないんだけど雄が多いように見えるんだよなぁ。


 レオパはハーレムを作って繁殖するっていう生き物みたいだし、雄同士だと殺し合いの喧嘩になるっていうのも有名な話。
雄は、これはおれのなわばり!入ってきたらぬっころす!
っていう主張をし、それを守ろうとする生き物なんだってのはわかるんだけど。
あとはあれだよね、自分が囲ったメスが別のオスにとられちゃうのを防ぐんだろね。
残す血統はおれのだけでいいんで、邪魔するやつはぬっころすみたいな。
あとはレオパはトイレを定位置に決める生き物でも有名ですよねえ。
理由はこれもわかんないんだけど、野性だとどうしてんのかな。
巣穴から見える位置でウンコしないのかな?
でもウンコしてあるとこは安全を確認できた場所じゃないのん?
ぺろちゃんなんかはわかりやすいよ、人が見てる時にウンコしたこと2回しかないもの!
そのうちのレアな1回があの漫画に描いたチャーン氏のおひざでってやつですよ。
あと1回は部屋暗くしてしもべ後ろを向いて、バックミラーでぺろちゃんがソワソワしてる時に覗き見たんですもん(変態か?!)、どうしても見たかったから。
ウンコしてるとこ、それぐらい見せてくんないですよ。ぺろちゃん警戒心強いみたいだし。
ぺろちゃんしもべに看病の時いじられすぎて、しもべのこと大嫌いですもん。
で、チャーン氏は安全圏だと思ってたのかな。そういうことか・・・・(´;ω;`)



 うちのミー太郎は明確にしもべとチャーン氏を区別しているようだしなあ。
どう思われてるのかはさっぱりわからないけど、チャーン氏のところでウンコしてた時はチャーン氏がよくわかんない木のようなもんだとおもってたのではないかのう〜。
そのウンコとしっこばっかしてた時期は来たばかりの時だったし、ミー太郎がチャーン氏を避け始める前だったんだもの。
嫌い始めたのは半年以上経過してからだったし、そのころは体格的にもう性成熟してたのですよ。100グラム越えの体格でしたからね。
そのあたりからチャーン氏のところには好んでいかなくなったんで。

寝床からもっとも遠い位置をだいたいがトイレとして決めてくれるんで、わざわざ外に出てやるってのが解せないんだけど、テリトリー広げる意味合いか、ケージ全体を巣として認識した結果外で出すと快適みたいな学習をしているのだろうか。なーんて思うしもべでございます。
野性のレオパの暮らしを観察してみたいもんです。
謎すぎる。おトイレが定位置ってのはそういう習性があるに違いないンダ。
野性でも定位置なのか、バラバラなのかどっちなんだろう。知りたいなあ〜〜!


 というところで。今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年11月30日

温室でのカミュ

 チャーン氏がおなかにくる風邪をひいていたようで、おけつが痛くなるほどトイレにこもっていたのを不憫に思ったしもべは、とっておきのアイテムをチャーン氏に差し出しました。
それは寝袋。2万円ぐらいする、上等な羽毛が入った、山じゃ夏用と言われますが自宅で使ったら立派な冬用の寝袋。たぶんうちにある寝具の中で一番タケェよという代物です。室温14度で、適温8度の寝袋はオーバースペックというものよ・・・私はこれに包まってソファーで寝たら暑いぐらいだったしのう(ΦωΦ)フフフ…
これに入ってねれば、少なくともおなかが冷えることはなくなるので安心安心。
と、チャーン氏に「はいごろーんしなちゃいー」などと赤ちゃんプレイを施しつつ、寝そべった大人を寝袋に詰めたわけです。
そして思いのほか快適だったらしい寝袋のとりこになったか、チャーン氏は翌日から自ら寝袋に入るようになってしまいました。しもべは布団がとられなくて安心、チャーン氏はおなかが冷えなくて安心。winwinでございますともハハハハハ。
一人分のぬくもりが消えたので保温力が下がってしまいましたが、そこはぬいぐるみのもっちゃん(ファーファみたいな熊のヌイグルミ)を体温で温め、腹の上に置いておくことでカバーだ!!!
なんかさみしいなぁ。と木枯らしに吹かれながらよくよく考えてそう思った、ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ。


 さて、威嚇しまくっていたぺろお嬢様、緊張しすぎて食欲まで減退してたのでちょっと心配してたんですが、このごろ落ち着いてきて今日たくさんご飯を食べてもらえました。
ほっとしましたぞ。

落ち着いてきたので冬眠させるか悩んでいるうちのカミュの続報でもお届けいたしましょうかね。


DSC04645.jpg
ライトが当たっているときのケージ。
どこにいるかわかりますか?この写真じゃわからないでしょう。まあ以前も書きました通り

DSC04646.jpg
エサ皿の下でぼんやりとたたずんでいるのがカミュ。この日は餌なしの日でございました。
まいにちやるべきか否かちょっと迷ってますが、いまのところ二日に一度ぐらいにしております。
忙しいと三日に一度になっちゃうんだけどねぇ。ごめんよう。

カミュが元気そうに紫外線浴びてるのをニコニコ眺めつつ、植物が日に日にモサモサしてくるのに恐怖を覚えつつ、もうその気になったらこの植物を伝って外に出れちゃうんですけど、土に潜りたい習性をもつニホントカゲにとっては植物に上るよりその土に潜って眠ったほうがいいようでいまのところ脱走はされておりません。

DSC04653.jpg
ほらー、姿をよくみせておくれー。

DSC04654.jpg
まだ肥え方が足りないかなあ。
今年は加温で過ごすようにしたほうがいいかねぇ。みんなと一緒にさ。

DSC04656.jpg

かっこいい横顔を撮影させてくれましたぞ。
ニホントカゲはほんとにきれいな生き物ですのう〜。

DSC04660.jpg
まだうっすらとのどがピンク色に見えるのですが、食欲は戻っているのでもう少し様子見して、結局加温越冬にしましたということになりそうです( ; ゚Д゚)


 ところで、週末はトウレプでございますね?
しもべさん行くかどうするか、けっこう迷っております。行くとしたら4日なんですが、買うものがさ



月夜のファームのコオロギフード


だけなんですよね・・・。あ、いやもしかしたらローチとかもかうかもしれないけど( ; ゚Д゚)
しかもコオロギフードはデュビアの餌なんだぜ・・・というどうしたらいいのかわからないものを買うんですよ。通販・・・するのもめんどくせぇぐらいで、だったらイベントいっちゃおうかなという気持ちでいたんですけどねえ。
どなたか来る人いましたら、声をおかけいただけますとしもべの迷いも消えようというものです。
会場でちょっとお話、などというウキウキイベントでもあればさくっと行けるんですけどねー。
メール(popipopi2983あっとまーくhotmail.co.jp)かツイッターのフォロワーの方であればダイレクトメッセージあたりでご連絡をいただけますと尻尾を振ってお返事かきます〜〜!

DSC04651.jpg
よろしくおねがいします〜


 というところで。今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年11月18日

みんな〜〜毎年恒例のコレたべよー?

 みなみなさま大変ご無沙汰しております。
ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ( ゚ρ゚ )ノ

このごろのしもべは、母が林檎買いに行くってので長野へのドライバーを務めてすごくいい紅葉を一緒にみさせてもらったり、オルフェンズを家事しながら一気見してみたり、チャーン氏にまとわりついてうざがられたり、友とハイキング行ったりとリア充?忙しくしておりましたとも。

 とりあえず、ここは素敵な場所だったのでってことでそのハイキングダイジェスト。
20年来の友あっこぷと一緒に行ってきました。

あ、きちんとしたレポートはヤマレコにアップしました。それはこちら→玄倉ユーシン渓谷(しもべレポ)

 西丹沢の玄倉ってところから渓谷沿いに歩いていくと、神奈川の秘境にある世界遺産級のきれいな景色がみれると評判の場所に到着します。
総距離15キロほど。長いよー。

DSC04578.jpg
丹沢湖から少し歩くと紅葉〜〜
きれーな水だーー!

林道を歩いていくんで、半分ぐらい舗装路ですがじゃ。
で、落石除けのトンネルだのロックシェードだのがいっぱい出てくるところです。

DSC04583.jpg

ここはライト不要のトンネル。向こうの景色が見えてます〜。

とことこ頑張って歩いていくと玄倉ダムの直前あたりに、ライトないと通行不可のトンネルが出てきます。
相当暗いです。トンネルが中途で曲がってるから全然光が入らないんだな。

DSC04584.jpg

とつげきすんぞー!ってなってます。
で、ここを抜けると

DSC04587.JPG

すぐこんな感じのロックシェード出てくるんです。
ここから見た景色もきれいだったなぁ〜〜。渓谷を見下ろすことができるんですぞ。
霧にけぶった紅葉がなんともいい味でした。

そんで、少し歩くと

DSC04591.jpg

こじんまりとした玄倉ダムが出てきまして、そのダムのお水がこのように。
ふしぎなことに真っ青になっておるのです。ほんとうに、ここだけ真っ青。
どうしてこんなふうに青く見えるのかは、よくわかんないんだそうで。お水の色は透明だけど、ここだけ青くみえるってぇことで、この色をユーシンブルーとか呼ぶらしいです。
紅葉とあいまって大変美しかった。仕事柄家に引きこもりがちなあっこぷを連れていった甲斐があったというものです。

おなかが限界まで減ってたので、ロックシェードまで戻ってお昼ご飯を食べましたぞ。
一生懸命おいしいものが食べたくて考えた結果

DSC04605.jpg

メスティンで炊いたご飯+オムレツ+金のビーフシチュー

という豪華ランチになりましたのでございます。
コーヒー淹れて飲んで、尿意を催して野ションした女二人旅でございました。


 まあこんなことをしてたんですじゃよ。
今後、避難小屋に止まってみようかなとか考えてんですけども、ぼっちだとさすがに怖いかもなぁなどと考えておりましてなぁ。三頭山避難小屋いってみたいなあ。(´ε`;)ウーン…どうすっべなあ。

 さて、本題でございます。お久しぶりのニホンヤモリーズ、全員集合でございますよ。
冬になると彼らは体調を崩しやすくなりますで、定期的にグラブパイヨーグルトのカルシウム増強版を食べてもらわにゃなりません。
みんなに出てきてもらって、ぺろぺろしてもらうのでございます。ついでに写真撮影。


<ハンドリング難易度 easy ちょろちゃん>

DSC04606.jpg

DSC04609.jpg

DSC04610.jpg

あらあら、かわいいですねぇ。
この子は出てくるまでちょっとだけ怯えますが、出てきちゃえばこの時期は人の手にべーーーったりになります。
ぺとんぺとんとおなかをつけて大好きなグラブパイヨーグルトを舐めてくれるんで楽です。
すでにちょっと指先に皮の残しの兆候があるので、気を付けてやらにゃなりません。


<ハンドリング難易度 Normal ひな>

DSC04615.jpg

DSC04618.jpg

DSC04620.jpg

ひなも出てきちゃいさえすれば、やっぱりべったりになっておとなしくなりますんで比較的楽です。
ただねぇ、この子はヨーグルトあんまり食べてくれないのでそのぶん時間がかかりますでなあ。
ぜったいに舐めないんだからっ!っていう強い意志を感じるのですが、結局しもべがちょっとだけ目を離してやったりすると後ろむいてぺろぺろすんですよ。
そこで強制的にヨーグルトを口元にもっていかず、根気よくつけて舐めるまで待つ。という方式をとっております。
意固地になってほんとに舐めなくなると困るもので、このごろはこうしてんですよねえ。


<ハンドリング難易度 Nightmare かりめろ>

DSC04621.jpg

DSC04625.jpg

DSC04626.jpg

出てきてくれるまでが超大変なかりめろ。
出てくる拍子に逃げられるパターンが多いので、慎重に・・・慎重に・・・。
めろが落ち着いてくれるまでちょっと待って、嫌がってるけどちょっとずつ手で壁に誘導し、壁を登らせながらしもべの手に乗ってくれるよう誘導すんですが、まあ時間がかかること。
手まで来てくれると「あったかーい」とデレはじめるのでこっちのもんなんですがねぇ。
そんでもって、ヨーグルトが好きなので、あげればそれなりに食べてくれるんですよ。できればそれでご機嫌を直していただきたい!
それでもけっこうばたつく子なので写真撮りにくかったですなあ。
めろがおとなしいととても心配になるので、このぐらい元気なほうがいいんですけどね。
栄養のたくわえが少ない感じですが、痩せ気味のほうが健康でいられる時間も長いみたいだしこのぐらいでもいいのかなと思っております。

あ、ひなについてはあのぐらいでいいと。しもべは思うのです。
なぜかと言えば雌は産卵があるからねぇ・・・産卵するとごりっと痩せてしまうので、余力を持たせた体格を維持してもらっておきたいところです。
去年は冬の終わりから抱卵が始まったと記憶してますんで、警戒を怠らずに様子をみていきたいと思っております。

現在餌は全員三日に一度。
ローチを2〜3匹でやっておりますが、いまのところ餌食いが悪いということもありませんねえ。むしろいいぐらいですねぇ。

 今年も全員無事に冬を乗り越えてくれるといいんだけど。


 というところで。今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年11月09日

温室のカミュとちょろちゃん3周年

 チャーン氏のいびきには2パターンあります。寒いとき、暑いとき。暑くて自分で脱いだお布団だけど、そのままでいたら寒くなっていびきをゴー。かけてやると( ˘ω˘)スヤァとなります。
そしてまた厚くなって自分で脱ぎます。寒くなってゴー。かけてやって( ˘ω˘)スヤァ
エンドレスですよ(´∀`*)ウフフ
それでも収まらない場合はストレスという診断が、長年の経験により出ております。
隣で寝ているわたくしはその都度起きてお世話してあげるのでございます。寝せろし。

 というわけでぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ( ゚ρ゚ )ノ

さて、まずはカミュを温室にぶち込んでその後のお話でございます。

DSC_2407.jpg

そのままの環境でぶち込んだので変わってないのですけども、エサ皿だけ試行錯誤の末このように、ろーちもコオロギもデュビアもカミュのしっぽにぴしゃっとされて吹っ飛んでも逃げられない少しだけ高さのある登りにくいものに変えてございます。
んで、上には紫外線灯があって午前中の3時間ほどこれがついております。
温室は現在平均温度が25度ほどです。常夏みたいな温度です。
この植物がある植木鉢のしたのほーーがカミュの寝床になっておりまして、たいがいそこをこちょこちょ掘ってやるとぴゅーんと飛び出してまいります。
土の下にはナラベルトがあるため、ほんのりとあたたかく、そして湿っております。
カミュはパネルヒーターをつけたらどんどん下へ潜っていきましたのでやはりあたたかい場所が好きなのでしょう。

温室に入れたことで一つ変わったことがあります。それは日光浴の仕方です。
お日様の光に充てていたときは、この環境ですとウェットシェルターにたてかけた木の皮のところに陣取って太陽の光を浴びていましたが、温室という人口環境の中では

DSC_2406.jpg

エサ皿の下で光を浴びる子になってしまいました。おそらく光源が近いからこうなってんだと思うんですけど。たぶん。カミュなりに調節してんでしょうかね。
エサ皿の下もあったかいので、あったまりながら光を浴びるというこの大変ものぐさな感じ。
ニホントカゲはそこまで紫外線の要求量が多くないみたいですが、果たしてこれで吸収できてんのかな?
しもべが来たので逃げの体制にはいっているところを激写しましたw

カミュの一日は、だいたい9時か10時ごろ起きだしてきて、こうしてエサ皿の下であったまりながらちょっと光にあたって、ちょっとご飯食べて、またここでちょっとあったまって午後になったら寝る。

という感じです。
ここにいる姿しか確認できないのであとの時間なにしてるのかわからないのですけど。
わたし、何飼ってるのかな!土かな!などと普段は思っております。


 えー。そしてですね。
本日でちょろちゃんと出会ってから、丸3年が経過したようでございます。時間がたつのは早いなあ。
ということはぺろちゃんもですね!忘れてたわけじゃ・・・ないんだぜっ!

DSC00351.jpg

子供の頃のちょろちゃん。ああん、この後ろ姿。ベビーだああああもう今ヤモベビーへの渇望がすごくて。
うちはもう収容人数がギリだというのに、ベビーみたさにひなとかけてしまおうかと考える始末。うわぁああぁあああちょろちゃんかわいいよおおおおおお!!!!


DSC00355.jpg

まだ来てから2,3週間てとこかしらねぇ。
懐かしいなあ〜〜

一年目の冬に温度不良で休眠スイッチが入ってしまって、拒食するということがありましたけど無事切り抜けまして、その後は特にトラブルもなく。
ちょっと冬場の脱皮不全を起こすことがあったという程度で育ってくれております。
すんごくおとなしくて性格がよくて、ちょろちゃんはほんとにすばらしいヤモでございます。
3歳ってぇと、もうヤモとしてはおっさんの部類にはっているのでしょうから、今年の冬も無事乗り切ってくれるようにお世話していこうと思っております。

DSC01596.jpg


DSC01712.jpg

ちょろちゃんや。末永く元気でいておくれ。
4年目も、よろしくね!


 というところで。今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 01:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年11月02日

カミュを温室にぶち込む〜簡易温室マイナーチェンジ

 本日二本目の更新でございます。
一個にまとめるとめんどっちいかなと思って分けてみますた。

失意のどん底のペロちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ

DSC_2364.jpg

ぺろお嬢様は懐にもぐりこんでじっとしております。
いっしょに天使と悪魔を見ているのでございますよ。

DSC_2363.jpg

これはその前の日に、ダ・ヴィンチコードをミー太郎と一緒に見てた時のですが、首があいたねまきだったので、人肌の上ばっかピンポイントでグルグルするもんだから痛かったです。
雌のぺろちゃんは全然爪もいたくないんだけど、ミー太郎の爪は痛いですわ。やっぱ体ががっしりしてるから、爪も丈夫なのかね。

 さて。ちょっと前に温かい日があって。その時にカミュがぶりっと大きなうんちをだしましてな。
おおう、残ってたのかカミュ。うんち残ってたのか!
うんちが出たからか、エサ皿からコオロギが消えてました。
その後、急激に冷え込みましたでしょう。
そりでカミュがちっとも巣穴の植物の下から出てこなくなっちゃってね。うんちも確認できず。
今日はいろんなことを考えたり思ったりして疲れてて、カミュも出てこないしちょっと心配だからということで、思い切って簡易温室にカミュをぶっこむことにしたのです。
冬眠してるということはないはず・・・です。なにせヒーターを敷いてたので。
赤玉土より黒い植物の土のほうが、濡れているけど粒子が細かいためかすごく保温力があるようで、指を突っ込むとほんわかあったかいんですよ。
あとはミズゴケを上に置いてるので、おそらくそれも保温力を高めてるんだと思います。

DSC_2370.jpg

ちょろちゃんとひなの間に、こんな風にしてカミュのケースを置きましてなー。

DSC_2371.jpg

温室に少しだけ細工して、紫外線灯を設置したのでございます。
こうしてやったら、ひなやめろたちのところにもあてにいけるじゃない!しもべったらあったまいいねー!
UV灯は昼行性用なので、ちょっとニホンヤモリーズには強いけども。
漏れてくる光だけでも体に取り込めるはずだしなー。

加温越冬を考えるならバスキングライトもちょっと考えないとだめかなあ。一部分だけでも30度に届く温度に昼間だけなってないと、中途半端で調子が悪くしそうだし。
タイマーで午前中3時間ほど照射します。


こんな感じで、ちとやってみようと思います。


 というところで。今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年10月25日

簡易温室2016


DSC_2348.jpg

フラフラとやってきたよ高取山〜〜
なんかおけつが痛いのよ〜高取山〜〜
持病の坐骨神経痛が出てきたみたいなのよ高取山〜〜

でもどうしても食べたいものがあったのよ高取山〜〜


DSC_2351.jpg

日清、カレーメシお湯でできる版。
自宅で食べて気に入って、これはスペシャルな食べ方をしたいとおもってきちまったのよ高取山へー。
え?それどこの山ー?

DSC_2349.jpg

東丹沢にあるんだよー。駐車場からすぐ登山口入れて楽ちんなんだよ〜〜

DSC_2352.jpg

カレーメシ、できたよ〜〜!
山専ボトルにお湯いれてきたからこれだけで食べれるよ〜〜!
カロリーも500キロカロリーぐらいあって、カレーだからおなかにけっこうよくたまるんだよ〜〜!
おお、満足満足!

今日登ってきたんだけどね。雨降ったの。
寒かったし。でもさ、みておくれ!

DSC_2354.jpg

このふざけた帽子がとうとう活躍するときがきたぜ!
レインハットなのさ〜〜。ゴアテックスてかいてあったで、でも2500円!
アウトレットで買ったらお買い得だったアイテム。
ペラペラで場所をとらず、くしゃっとザックにさして置けて便利。
しもべの姉ぺっちさんと色違いお揃い。



 さて、またしてもご無沙汰しております。ペロちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわ( ゚ρ゚ )ノ

このごろ簡易温室で検索されてる方も増えてきたことですし、しもべ家簡易温室の構図なんぞを乗っけておこうと思います。
かつて掲載した簡易温室は、ミー太郎がベビーだったとかぺろちゃんが便秘気味になりがちだったとかでけっこう気を使って温度を保つ工夫をしておりましたが、去年はもう全員温室にいる子たちはアダルトなので、そこまでガッツリと保温するこたぁねえだべさ。と思い暖房器具を一台使わずに稼働させております。

現在のしもべ家簡易温室はこんなかんじ。

DSC_2358.jpg


こんな構成になっとります。
暖突とパネヒの位置が重ならないようにするのがコツなんだぜ・・・ぺろちゃんのかつての便秘の要因その2ぐらいに、暖突の下にパネヒが重なっちゃってていぶされてそこに近寄らなくなっちゃって、消化不良による便秘が起きたことがあんですよ。
なんで、空間をあっためるとことおなかあっためるとこは別の場所になっとります。
こうしておくと、あったかいけどおなか冷やしたいときとかは回し車の下とかで寝てて、ゴハン食べた後だとかご飯これから食べたいときとかはシェルターのほうでスタンバってるんですよねえ。
こちらは20度を下回ったことはほとんどないのですが、とっても冷え込んでる朝とかに19度を数回みたことがありますね。
気になるミー太郎やぺろちゃんの発色が低温で落ちてしまう、って現象については起きてないと思います。
ずーっと20度みたいな状態だときっと色がくすむんでしょうけど、温度があがったりさがったりでちゃんと温かい場所や時があるならくすんだりはしないのだなあと、昨年見てて思いました。
冬季はちょっと代謝をおさえめに、んでご飯も抑えめに。
その代償は、発情でしたねぇ。思えば今年はそうでしたよー。
レオパんところは、室温+9度って感じでしょうかねえ。空間温度としては。暖房をつけて室温が上昇してるとレオパの棚も夏場ぐらいの温度になってますし、暖房を切ってお部屋が冷えてくると少しずつ温度が下がってきますね。


ニホンヤモリーズの段については、彼らは寒ければ温かい場所に陣取りますし、今はあたたかくなくてもいいって時は鉢底ネットのところでぽわっと張り付いてくつろいでたりしますんでそこまで厳密な温度調節はしておりません。だいたい20度ぐらいを目安に。パネルヒーターの上は28度ぐらいになってると思われますが、空間温度が低めになるのでかりめろがべったり状態になったりします。
そう、かりめろがとってもパネルヒーター大好きなので、冬になるとシェルターにこもりつつヒーターであったまるというヒッキーヤモリになってしまうのですよ。
これが実は結構怖くて、知らない間に脱皮して、知らない間に脱皮不全という悪循環を起こすことがあってですね。
なのでお日様の光に定期的にあててやるとか、ヨーグルトで調子を整えてあげるとかは冬場に必要な措置かもしれんですね。あとは湿度ですかねぇ。
今年はうまくいくといいんだけど。去年は二回か三回、みんなそれぞれ脱皮不全で湿度の高い別荘に移住みたいなことがありましたので。
休眠させるほど低い気温にならない我が家。10度以下の場所がないのでなかなか難しいんですが、加温して越冬するとどうしても低い頻度でも脱皮があるので、その都度きをつかわにゃなりませんのう。


 んで、これは温室とは関係ないんですけども。
ニホントカゲのカミュ、冬眠の準備に入っている模様ですが、うちで冬眠させるかどうするかかなーり悩みまして。なにせ土の湿度の管理がけっこーーーむずかしいんじゃないの?っていうアレです。
ベランダに出して断熱材とかでケージを覆って、土を10センチ以上敷いて、そりでもきっと土乾いてくんぞ?!
うちのベランダの日当たりのよさなめんなよ!
そんで、あらまあ土が乾いてるわ、おしめりをあげましょう。なんつってお水を霧吹きなりなんなりでかけてみると、温度下がりすぎてこんどカミュが死んじゃうのでは?!霜が降りたりしないの?!
ていうか、しもべの心臓は冬場いっぱいもつの?!
心配で胸がつぶれそうになるんじゃないのかな。いまだってなんかもう心配なんだもの。
ご飯食べないね・・・もう冬眠前だからだな・・いやどうしよう加温越冬に切り替えようかなみたいなこの揺れ動くしもべ心がさ。
中でカミュが干からびてるんじゃないか、カミュが植物の根っこに生きてるのに養分にされたりしちゃうんじゃないのか、どこまでやっていいの?!どこからやってはいけないの?!
やはり自然の環境で冬眠はさせたほうが、本人が適切な環境を選べるんじゃないの?!いやもうぶっちゃけ、冬眠環境を自前で用意できる自信がねぇよ。

まもなく冬がきます。もうほとんど日光浴もしにこないぐらい、カミュはおとなしーーーく植木鉢の中でおねんねしてるわけですが、完全に冬眠してるわけでもないのです。温かい日はバスキングしに出てきますけど、ほんの1時間とかで潜っていってしまいます。しもべも偶然バスキングしてるとこみれたーって感じです。あまりそういう姿を見られないのですよねえ。
発情があって、9月の終わりごろから餌をほとんどとってないと思われるので、もうちょっと食べてほしかったなという気持ちもあってですね。
体の色は完全に成体の雄に変わりましたが、まだたぶん小ぶりなほうだと思うので。
さぁて、どうしたらいいものか。放つなら11月に入る前がいいけれど、加温越冬に切り替えるか。
バスキングライトを購入して、温室に入れれば・・・。



悩ましい!!!!もう悩んでる時間あんまないかも!!!


 というところで。今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年10月05日

何度も釣られるミー太郎

 昨晩のこと。
しもべがおやつの乾燥バナナの嚢をガサゴソしていたとき。
ソファーでガサゴソしていて、ヤモたちのゾーンに意識を向けていなかったのですよ。
で、ガタっ!という音がしたのでレオパのほうをみたんですよ。
そしたら、結構距離あるにもかかわらず、ミー太郎がしもべの挙動に合わせて、ご飯を食べるしぐさをしていたのです。何もない透明な壁に向けてぱっくんぱっくんと。
その姿を見て、餌はまだ三日ぐらいしかあいてないがあげるかと重い腰を上げたのです。

しかしまあ、近くないのにあんなにコーフンして、ミー太郎をまずは落ち着かせなければなるまい。
待ちなさいね、という意味を込めてミー太郎のところに行き、鼻っ面に手を差し出して匂いをかがせましたのですよ。
するってぇと、これは違うとわかってくれるからなんですね。
なにするにしても、しもべの動きを一つ一つみてやがりますもんで、いちいちゴハンだ!ご飯が来るんだ!と過剰反応されちゃうと心苦しいですからね。

んで、まあ。ついでにミー太郎を外に連れ出したんですわ。おいでおいで、一緒にお前の飯を作ろうじゃないか。ということで。
いまおもえばーーー、この考えは間違っていたといえますけどもー。
しもべとしてはこういうのもあり。というか、これがぺろちゃんだとこんなことぁなかったんですよ。

なにがあったかご覧ください。

miro-m7.png


 おおおおお!ミー太郎!!!
蚊が刺したほどもいたくなかったんだけど、お前のあごが心配だよ!!!
さあ離すんだ!というか、数回呑み込もうとがんばっていたけど呑み込めないということであきらめてしもべの手のひらの肉を離したミー太郎。
落ち着きなさい。もうすぐできるから。と、出した指に次は噛みついてきた。こっちもやっぱり呑み込めない。
むせかえるようなグラブパイの香りが漂う室内で、ミー太郎は混乱しているのだ。
どこかにゴハンがあるというのに、どれがゴハンなのかわからないと!!!!!

なんということだー!
しもべはソファーに座ってミー太郎を膝に乗せた。すると、今度はしもべのパジャマのTシャツにかみついて一生懸命引っ張って呑み込もうとしている。
ミー太郎!!!
枕食べようとしたり布団にかみついたりしてたからおまえさん布に噛みつくのには全然抵抗ないんだな!!!!
引っ張っても引っ張っても伸びるばかりでいっこうに食べれる気配がないTシャツを離したミー太郎。しもべのねまきはミー太郎のつばに汚染されてしもうたぞ!なんじゃこの唾液の量は!!!
ご飯の匂いはするというのに、3回もフライングしてミー太郎のいらだちが最高潮に達したその時!!!
ほどほどに冷めたグラブパイを差し出すと、すさまじい勢いで食べにきたのでございました。

そんなことが、あったんですじゃよ。
ぺろちゃんは餌とそうでないものを区別しているけど、ミー太郎のざっくばらんな性格だと区別せずとりあえずかみついてみようみたいな性質っぽいので、ミー太郎と一緒にグラブパイを作るのはやめておくことにいたします。荒々しくてかっこよかったけど、しもべはお前のあごが心配じゃ。
もうやめよう、反省。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年09月30日

カミュ 性別判明

 かみゅーーー生きてるかー?
このごろあんまりゴハンたべてないだろー??どうしたー??調子わるいのかー???
カーチャンしんぱいですよー?
天気悪くてカルシウム足りてないかー??
気温下がってきたからゴハンいらなくなったんかー??
カーチャンしんぱいですよー???


 2週間ぐらい、こんな気分でいたぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ

拒食というほどのことでもないけど、あんだけ大食いだったカミュがほどほどにしか餌に手をつけないというのはおかしーなー。ってなってまして、このほどその理由がわかりましたよ・・・・

そりは昨晩のこと。定例になりつつあるカミュの生存確認のため、すっかりカミュの巣穴になってしまった植物の土を掘ってカミュを外に出した時の事。たまのことだし温浴でもさせるかと軽く温浴させまして、その後健康チェックのため小さな容器にはいってもらってね。
そんで異変に気が付いたんだわさ。


のどがピンク色になってる


ってさ。



DSC_2235.jpg

下からあおって撮影してるから変な色になっちゃってますけども、まぎれもねー婚姻色(  Д ) ゚ ゚
あの雄にしかでない婚姻色。発情してるとでるっていうアレ。アレね。


カミュは雄であったか・・・なーんか気が強い子じゃのう〜〜などと思っていましたが、男の子なら仕方ない!!!仕方ないよねうんうん。
本格的に秋に突入してきたので、ちょっと今後のことを考えねばなりますまいのう。

ベランダに出して土を厚く敷いたケースで冬眠をしてもらうか、元いた場所にリリースするか。
環境への順応を考えたら、リリースは早いほうがいいだろうしなあ。
気にかかってしまって何度も見に行ってしまいそうですが・・・。( -人-).。oO(・・・・・・うーん)
捕まえたときはまだ子供だったけど、現在は亜生体だし婚姻色出て雄だってわかっちゃったしほかの雄のテリトリーにうっかり放つとまだ小ぶりな子だから喧嘩したら負けちゃうだろうし。
放つ場所も考えてあげないとなぁ。うーんうーん。雌を探して連れてくるてのは無理だろうしなあー。
悩ましいーなやましいーーー!
永久にうちの子にしてしまうか、ここらでお別れするか悩んでおります。





 さて、ここからはしもべの日記でございます。
もう長いよーって方はこのへんでバックオーライでよろしくおねがいしますよw

DSC_2216.jpg

久しぶりに山にいったんですよ。やっと晴れてくれたからね。
涼しくなってきたし、とはいえこの日は暑かったですけども。気温30度まで上昇した日で、汗だくでしたわ。
戻ってくるのは半年ぶりぐらいになります、おひさしぶりの石老山。
石老山の近辺は熊が出てたらしくて、地元の方がこのごろようやく登れるようになったんだよっておっしゃってました。
子供たちは親が送り迎えしてたんだって。市街地に出ちゃったからねツキノワグマさん。
お話きいて熊鈴つけて歩きましたわ。


DSC_2218.jpg
皇太子さまが登ったプリンスロードになったからか、山頂まで3分の看板が新設されてました。


山頂へのピストンでだいたい往復7キロ半ぐらいの距離だったかな?
休憩やらなんやら含めて4時間ちょいぐらいで行って帰ってきました。
なにせ西穂の独標まで、ひとりもっちでいこうとしていて、だいぶ山登りしてないからどっかいったほうがいいだろうって思ってたんですよ。
いってよかったです。
登るのは、ジムに通って持久力が多少ついたからか全然いける感じだったんですが、下り方忘れてましたよ。
そして若干筋肉痛が出ました。
たぶん穂高のあたりも歩けると思う。たぶん。岩場はわかんないけど!


 あ、雨が長らく降り続いて、登山道がこんなことになっていたのでご覧ください。




水浸しです。川です。
そしてこの山は下のほうが奇岩の道っつって、でっかい岩がごろごろしててとても素敵な景観なんですよ。
岩から岩へ流れ落ちる水がちょろちょろしゃぱしゃぱとまあきれいだこと。
どこの庭園に迷い込んだかと思いましたが、庭園じゃなくてここは山で、まだ登り始めてから3分ぐらいしか経ってないのにこんなありさまで、登っていったら中途にあるお寺までずーっと川で、下りはこの道使うのやめようと強くおもったしもべでした。

DSC_2219.jpg
てっぺんで食べた手抜き飯。手抜きとは思えない旨さ!

DSC_2220.jpg
薄汚れてきたちょろちゃん人形とお道具たち。
薄くて軽いウルトラライトなタオルがデビューした日です



汗だくで下りてきて岐路についたしもべ、おうちに戻って着てたものを洗濯したりしてたら、オークションで落札したものが届きました。

それはコレ。

DSC_2242.jpg

なんだかわからないでしょう。
これはモンベルからかつて発売されていた、シートホルダーという商品。もう廃盤商品なので流通しておらず、探していたものが出てたので落札したんですじゃよ。
類似品にサーマレストからトレッキングチェアという商品が出ています。ただ、高いンダぁ。7千円ぐらいすんの。新品だと。で、モンベルのが一番安いのにすでに廃盤だというので探してたんですよさ。

どうやって使うかってぇと、テント泊用のマットを中に突っ込んで左右についてる紐を合体させるとですね。

DSC_2241.jpg

座椅子になるブツ。
本体だけだと布と支柱なんで300グラムちょいぐらいの重量です。たたんでしまうとコンパクトになりますだよ。

DSC_2239.jpg

前にテントでキャンプしたとき、椅子がほしいなあと思ったんですよね。
テントはもたれかかれる場所がなくて腰が痛くなったから、のんびりするなら椅子がほしいと思っていたのです。山のテンバでは使わないかもしれないけど(岩とかあれば問題ないから)、キャンプ場なんかじゃこういうもんは必要だろうと思って。
テントの中で本読もうとおもったら、長時間座っていられるものが必要でしょう。
で、各社こういう商品出してるんですよ。でも最初から座椅子として作られている商品は重たいのでございます。デカいし畳めないし。
どうせマットもっていくんだし、こういうほうがいいなーって思って購入。
うん、いい感じ。気に入った!
エアーマット用の商品なので、しもべの蛇腹マットは無理やり詰めてるけどな!!
経年劣化でポリウレタンの防水加工部分がベタベタしてたので、重曹入れたお湯につけて加工をひっぺがしべたつきを除去。
ほんとはシーラントとベンジンを溶いた溶液を塗ってやると再度の防水加工ができるっつうんでやってみようかなと思ったんですが、まだしてません。

台風と秋雨前線がうんちゃらかんちゃらで晴れ間がない日々が戻ってくるみたいですけども。
どうか3連休のあたりはなんとか晴れてほしい所存でございます。どうかどうか。行かせてくださいお願いです。
そしてしもべのザックはまだ届いておりません。お荷物のステータスを見るとどうやら日本へは届いているようで、通関待ちのようでございます。
これが届かないと行くに行けないので間に合ってほしい。通関抜けて配送業者の手に渡っちゃえばあっという間に届くというのに!ああ、待ち遠しい!



 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年09月26日

ヤモリが脱走したら

 あー、青空だーーー!
やった〜!青空見えたー!!二週間ぶりぐらいに見た気がする青空、うれしいな青空。
カミュがご飯食べてくれそうな青空!うれしいうれしいな(´∀`*)ウフフ

というわけでこんにちわ、ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。

 つい昨日、ちょろめろひなのおうちをお掃除したんですよさ。
んで、恒例のかりめろ脱走大会が催されましてね。20分かそこらで見つかって捕獲されたんですけどもね。
むちゃんこ心細そうな顔してたんですよ。ヤモリには表情なんてないんだけどさ。
目の奥が言ってるんだよ、ここはどこなんだろ、僕は誰だったんだろみたいなさ。
んで、なんとかなるさ。
夜になったら出口を探すんだみたいなさ。

そういうたたずまいでテレビの後ろの配線に隠れていたんですよ。
かりめろも、心細くなるぐらいなら逃げるなよとしもべなんかは思うんですが、驚かせてしまうとすんごい速さで脱走しちまうもんでまいったなーって毎度思います。

さて、そんなこんなでしもべは考えてみました。
脱走されないのが一番いいんだけど、どうしたって脱走されちゃうことはある。
なので逆に考えることにしたんでさぁ。脱走しちまったとき、どういう場所に好んで隠れるのかってさ。
するとそういう条件の場所を探すと、見つかる近道になるんじゃね?ってさ。

さて、次の図をみてくだしい。

yamori_dassou.jpg

これがしもべんちのリビングダイニングキッチンの図。
お部屋のはじっこにぺろちゃんたちのラックがあり、隣にTV台がある。
テーブルとテレビ台の間に座り込んでいつもしもべはお掃除をするので、逃げられる場所の開始地点がそこらへん。
で、ひなもかりめろも、ここから逃げると必ずTV台のほうへかけていくんですよ。
このTV台は背が低くて黒いんでさ。んで、逃げ込める隙間もあるし暗いからね。
んで、脱走都合3回のひなと、10回以上脱走しているかりめろはほぼTVの後ろの赤塗りしたゾーンで見つかっています。
壁ちょろしてるところを見つかったこともありましたけども、それは部屋が薄暗かったからだと今思えば言えます。

うちの場合ですけどもね。
ヤモが本気で逃げているときは、薄暗くて手近なオブジェクトがあればそこに身をひそめます。
んで、周囲の環境をうかがって別の場所に行けそうなら行く。という判断をそこで行うんだと思われます。
部屋が明るかったりするとまず壁には出て来ないと思います。特にアダルトになってるとそうです。
赤ちゃんヤモリはちょっと違うかなって思います。赤ちゃんの時はけっこう向こう見ずにちょろちょろ歩いたりしちゃいますからね。
ねぐらを探しながらうかつに歩いて人に捕獲される赤ちゃんヤモリは多いと思いますよ。性格もあると思いますけどね。

うちのTV台の後ろ側は電気機器をつなぐ配線の束があって、だいたいその束と壁の間で見つかります。
ひなはX-BOXの電源の上にいたこともあります。あったいもんね、電源て。

蛇足ですが過去にひなのケースの蓋を閉め忘れてひながいなくなったときも、温室内のすぐ上にあった紫外線ライトの上で途方にくれていたことがありました。
閉め忘れて気が付いて一日経過していましたが、ひなにとっては動くに動けない場所だったんだと思うのですよ。
周りは別のヤモリのケージ、上に行けば捕食者になりかねない怖いレオパのケージ。
下にいけばなんだかわからないお道具箱のゾーン。
前後には断熱材の壁とビニールの壁。
出たはいいけど行けるとこが見つかんなかったんでしょうなあ。
心細そうにライトの上で動けなくなっていましたよ。

そんなかんじで、逃げた後は周囲の環境を見ながらヤモは慎重に移動するようです。
かりめろは逃げるときは早いけど、見つかったときはものすごく慎重にちょろちょろ歩くんですよ。
だから捕獲も容易でございます。
逃げられちゃったよ、って時は

・身をひそめられる場所がある
・薄暗い
・壁の近く
・いきなり遠くにはいかないから近く

っていくらか条件を絞って捜索して、そんでもみつかんなかったら部屋の電気を一段落として壁に出てくるのを待ってみるとか、またはヤモが隠れやすくて好きそうなトラップを用意してやるなどで対応してみるといいんでないでしょうか。
落ち着くと高い場所を徘徊しはじめるので、ヤモが快適な高さにたたんだ傘を立てておいとくとかね。
狭いひだひだを主張させとけば間に入って休んだりするんじゃないかな(ΦωΦ)フフフ…
外に置いといた傘の間に、野生の子が入り込んでおねんねしてたことがあるんですよ(´∀`*)ウフフ


 ( ´Д`) <はぁー 
見つかってよかったぁ。毎度のことながら、脱走されると肝が冷えますわなー。
何度されても慣れませんが、脱走されまくったので、思えばほとんどここらへんから見つかるな。
ということに思い至ったしもべでございましたとさ。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 16:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 生育記録