2015年11月20日

食いっぷりに癒される

esa-m7.jpg

 このごろデュビアネタが続きがちになっておりますぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
こんにちわ。
やー、しもべはどこへ向かっているのでしょう。
疲れていたり体調が悪かったり、なんて時にはぺろちょろのところじゃなくてですね。
すっとデュビアに足がむくんですよ。
恐ろしいですねえ。
そんで、餌をやるんです。207号室のヘビとトカゲとヤモリたちのTAMAさんの餌のあげかたがすごく参考になったので、それを実践しておりましてね。
その食いっぷりがすごいんですよ。
エサ皿に水を入れてね。その上に月夜野ファームのコオロギフードをサラサラ〜〜っとするんです。
気の早い子やおなかが減ってる子はその匂いに釣られて速攻で食べ始めるんですよ。

やだなあデュビたん、まだ入れ途中なんだよ?もうすこし待ってね。
などと話しかけながら、少しどかしてまたエサ皿へ。上のほうが乾いていて、下のほうは湿っている餌をデュビ達は一心不乱に食べ始めるわけです。
その静かで熱心なお食事をずーーーーーーっと、それこそ1時間でも2時間でも眺めていられるのですよ。
食事ってのはドラマがあるよね。
で、このごろエサ皿だけだとみんなで取り合いになるからね。
床面にも乾いた餌を少しまいてやるようにしてるんです。
するとそこにも樹皮の下に隠れていた子が寄ってきて、みんなでもぐもぐしはじめるわけです。
そういう感じで追加投入したりしながら、彼らの様子を観察するのがしもべのこのごろの癒しになっております。
チャーン氏は遠くでゴキジェットしたそうな顔でこっちを見ていますがね・・・。
餌として使うことはあまりなくなっているデュビたんですが、かなりペットとしてしもべの中で定着してきちゃいましたわい。
少しすくいあげては、パネヒの熱にあたためられたデュビたんの体がほんわかしているのに癒されてみたり。

 デュビアはなんでも食べてくれる生き物ですが、デュビアが好むといわれるバナナをうちのデュビアはほとんど食べてくれないのですよね。
食いつきが悪いんですわ。
なのでうちはコオロギフードや、あればかぼちゃ、ニンジン、出がらしのおちゃっぱ、しもべの食べているりんごのおすそ分けなどをあげておりますだね。おいしい野菜や果物は、たまのごちそう程度ですけどね。
その捕食力はすさまじく、翌日にはきれいになくなっております。

 卵パックをデュビアのシェルターに使っている方が多いとおもいますが、昆虫用の樹皮をシェルターにすると取り換える必要がほとんどなくて便利です。てか1年半ぐらい経ってますが一度もまだ交換しとりません。
非常食にもなるようだし。重ねておけば隙間に入り込んで、みんなでみっしりしておりますだね。
一年ぐらい前に環境を教えてくださった方に御礼申し上げたいです。
この環境にしてからかなり殖えるようになりまして、モリモリ殖えてマス。
あ、ちなみに出がらしのおちゃっぱはたべながら巻き散らかされてケージ内に落ちますが、これが乾いて床材を兼ねるようになっております。
匂いませんし、デュビアも潜れて安心する模様。
うちの環境はケージの底面にケージの形にあわせて切った鉢底ネットに、転倒してもひっかかりができるように荒いやすりで傷をつけたものを敷いておきます。
で、昆虫用の樹皮を8枚ぐらいかな。大小さまざまポコポコ重ねていきまして、その上に鉢底ネットのまるまってるやつをかぶしておきます。
上においたネットの上で脱皮したり交尾したり、縄張り主張したり縄張り争いしたり、体をきれいにしたりしておりますだねえ。
で、ケージの半分ぐらいにパネルヒーターで、下から温めて内部を乾燥させております。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


タグ:デュビア
posted by ポピ at 12:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 餌観察

2015年11月06日

餌昆虫のかわいさ普及委員会

DSC03532.jpg
噛み千切っちゃった左手。
壁チョロするときはこうして添えるだけ。
このお手手があるから、バランスがとれているんだね、ひな。


 昨日、ご飯屋さんに入ったんです。
たまにいく気に入っているご飯屋さんです。
そこでしもべはおひとり様で入ったわけです。お仕事のあとでおなかがぺっこぺこ。ご飯は大盛りで頼むぞとかいろいろ考えていたんです。
なんだかむしょうににんにく味のものが食べたいから、今日はにんにくソースのお肉料理食べちゃおうとかさ。
で、席に通されたわけです。4人用の席でした。
ランチの時間を少し過ぎてたからか、空いてたので広いところに案内されたんだなって思ったんです。

でもね、お茶が3個出てきたの。

で、店員さんにいうたわけです。こんなにお茶のサービスありがとうってさ。
すると店員さんは言うわけです。「三名様かと思ってました、すいません」
しもべ、内心汗だらっだら。オカルト脳だからさ。
オカルト脳なだけにヤビツ峠走りたくないとか言ってるんだからさ。

よくあるじゃないの、怪談に。二名で入ったのに一人分多い。というアレだアレ。
でもさ、一人で入ったのに二つも多いって何よ。何人連れて歩いてるわけ?!
どこの山でお持ち帰りしたの?!わからないッ!!!
ていうか、遭難者が出てるような山とか丹沢ぐらいしかないんじゃないの?!その程度に低く、そして安易な山にしかいってないはずなんですけどーーーーけどーーー。

そしてそのお店では、オーダーを聴き間違えられてにんにく味のお肉じゃなくて、なぜか酢豚を食べる羽目になりましたとさ。似てるよね、びーせっとと、でぃーせっと。

よくよく考えたら、別に体調も悪くないし、おかしな現象も起きないし、鬱々と沈み込んでるわけでもないからほんとにお二人様ぐらい連れて歩いてたとしても、まあいっか。
そんな風に思った秋の夜でございましたとさ。

 そんなわけで長い前置きを読んでくださいましてありがとうございました。
ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。こんばんわ。
本日はかわいいかわいいしもべ宅のデュビたんのお写真があるので、苦手な人は警告が出たらその先見なくていいんだよ。
見ていて思う餌昆虫たちのかわいらしさというやつを今日は記事にしようかなと思ったんですよ。


DSC03528.jpg
どっこいしょ、と小窓から出ようとするぺろちゃん。
このあと体をひねってシェルターの上に登って行きました。
尻尾が目に見えてブリブリになってきました。グラブパイ様様です。
体重は脇プニなしの76グラム。立派立派!!



 まずね、コオロギさんたちのかわいさを語りましょうか。
うちはゼリーとフードしか与えてないんで、彼らもたまに目新しいものが食べたいだろう。と思い、もいだ仲間の後ろ足をコオロギケースにぽーいってするんですよ。
すると、気が付いた子が前足を上手に使って、後ろ足をはさみこんでさ。
その場で一生懸命食べ始めるんですわ。
そういえば、エビをあげていた頃も似たような風景を見た覚えがあるンダヨね。
コオロギさんは餌を他の個体に奪われたくないって傾向があるようで、お気に入りのエビなんかも引っ張り出して物陰に持って行ってから食べていたな・・・前足でやっぱりはさんで。
それと同じことをもいだ後ろ足でもしているのです。時にはほかの個体と奪い合いをしたりしてさ。
1本の足に3匹が群がって引っ張り合いをしていたのを見たときには、仲良くしなさい!
と、もぎたてホヤホヤの別の足を落としてやったりしたものです。
しかし新しい足がそこにあるのに引っ張り合いに夢中で気が付かないのでした。君らの触覚は何のためについてんだ!などと餌箱を見ながらほほえましくなるしもべなのでした。


 デュビたんのほうは、餌を絞り気味・・・というより入れておくと翌日には空っぽになってるのです。
ミー太郎が食べ残したピンクマウスを入れて置いたら、翌朝には跡形もありませんでしたからね。
やはり彼らの食べる力はすごいもんがあるなあと思います。
飢餓と水切れに強い生き物だけど、それは耐えれるよってだけでお腹が空かないわけじゃない模様。
だけどもしもべもものぐさだから、デュビたんたちの生命力に依存して三日に一度ぐらいしか餌をいれません。
たまにリンゴの切れ端なんかをおすそ分けしたりしますし、そういうのも跡形もなく食べてくれるので助かりますだね。
ゴキなんだけど、しもべの目にはおかしなフィルターがかかってるのでファンシーな仕草に見えちゃうデュビたんなのです。

 で、今日はデュビたんに餌をあげたんですよ。
コオロギフードに水を垂らして湿らせただけのものです。
それにゼリーを新しくしてあげて、さあお食べ。
おっと、手がすべった。コオロギフードがお皿からこぼれちゃった!!!

と、次の瞬間。
さっきまでからっぽのエサ皿で「ごはんないなー」と待機してた大き目の子がとてとてーっと駆け寄ってきてですね。
こぼれたフードをむさぼりはじめましたのよ。

あらあら、気が早い子もいたもんだ。このごろデュビたんたちは安心しているのか、しもべが見ていても全然気にせず食べるのでよく観察ができます。
すると近くにいた小さな子も、こぼれたフードを一緒になって食べ始めました。
おお、すぐ上のお皿に、ご飯いっぱい入れたのに。そっちから食べるのかい?
まあいいや。よっぽどおなかがすいていたんだろうなあ。必死になって食べているなあ〜〜。などと思いながら観察を続けますと、しばらくして食べるものがなくなったのか小さなほうの子がそこから離脱。
エサ皿にご飯がはいっているのがわかったようで、エサ皿に登ってきたわけですよ。


おっと、ここからは閲覧注意ですぜ御嬢さん方。

ひなの写真が切れたら、すぐに次の写真がきます。成虫じゃないからグロじゃないけど、まぎれもないゴキ画像だからね。苦手な方はご注意を。


DSC03526.jpg
ひなは美しいレディーに成長したと思いません?
この大きさ、この雄大さ。
来年このぶんなら、再び産卵させてもいいかもしれませんね。



 さて、閲覧注意のかわいいデュビたん。


DSC03536.jpg

ほーら、超かわいいでしょう。
これ実際動いてるところ見るともっとかわいいんだわ。
デュビアはほかのゴキに比べると、触覚が短いんですよね。この短い触覚がフヨフヨピコピコしてるところなんかかわいすぎます。
食べ終わった後、自分の唾液で足についた汚れを撮る動作をしたりするんです。
きっとキレイキレイしてるんでしょうね。そんなところもたまりませんや。

こうしてお皿に登ると体が少し曲がるでしょう。
デュビアの外骨格ってけっこう硬いし、そんなに柔軟な体じゃないのに一生懸命まげてさ。
必死に餌の中に頭を突っ込んで食べる姿なんか、萌え死んじゃうっつうのよさ。
生き物がご飯を食べる姿というのはまったくもって癒されますよ。
たんとお食べよ〜〜(´∀`*)ウフフ

 ところで、我が家で飼育するデュビアたちはどうも好物と言われているバナナをあまり好んで食べてくれないのですよね・・・。なんででしょう?
私の上げ方が悪いのだろうか・・・。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 餌観察

2015年08月31日

怪談2015【脱走蟋蟀の怪】

※稲川淳二さん風にお読みください


夏が終わりますねぇ〜〜。

夏って言えば虫の声でしょ?涼やかでいいですよね〜〜。

リンリン〜〜リンリン〜〜ってコオロギやスズムシが鳴いていると、ああ夏が来たなぁ〜って思うでしょう。

ついでにセミもね。

あたしもね、二年前まではそう思ってたんですよ。

でもこのごろは違うんだァ〜。

奴らの鳴き声が聞こえてくるとねえ。ああ、もう成虫になっっちゃったんだなぁ〜早いなあ〜って、そう思うんですよぉ。

相方が怒るなぁ〜〜。うるさいぞー、コオロギが鳴いてるじゃないかー。早く処分しろーってネェ。

だからあたしゃ、コオロギの鳴き声を聴くと、とたんに憂鬱になっちゃうんだぁ。


ところでね、あたしんちのコオロギ置き場を見てくださいよ。


DSC03368.jpg


こんなふうにラックを使ってね、管理してるんだあ。

右がもらいもんの卵から孵化した3令ぐらいの大きさのちびコオロギでね。

左がMLぐらいのサイズになっちゃった、元Sサイズのコオロギなんですよう。

上の段はデュビアなんだぁ。

彼らは和室に置かれてるんですよね。人間の寝室とは別の部屋ね。


ついこのあいだね。なーんかおかしな音が和室から聞こえてきたんですよぉ。



ビッターン トトトト ビッターン



ってね。


なーにかなー?きのせいかなー?

そう思うでしょ?しばらくしたら、音が止んだんでね。

あたしも安心して気のせいってことにしてたんですよ。

でもまた、それからしばらくして同じように音がするんだぁ。



ビッターン トトトト ビッターン


やっぱりおかしいなー。これはなんの音だろうなーって、あたしゃみにいってみたんですよ。


するとね。このケースの前で、Mサイズぐらいのコオロギが、2匹。






ビッターン トトトト ビッターン って、踊るように飛び跳ねてたんですよ。



あたしはパニックでねぇ。

いったいどこから出てきたのか、わからなかったもんで。

このごろ逃げたやつらなんて、いなかったんですよ。

どっか潜んでたやつが、でてきちゃったのかなぁ〜って思ったんです。

それにしちゃあ、経った今脱走したばっかりってぇ塩梅でケージの前飛び跳ねてたんですけどねぇ。

そりゃもう脱兎のごとく逃げる奴らを、素早く無慈悲に捕獲したんですよぉ。

もう外にでちまったもんは使えないってことで、処分させてもらいましてね。

よーくみたら、大きくなったコオロギのほう、エサが切れてたんですよ。

あたしは思ったもんです、これはもしかしたら餌を求めて脱走したのかってね。

しかし、逃げられる場所やとっかかりなんてなかったんですよ。いくら見ても。ふたもはずれてなかったし。

本当に不思議でね。

不思議で不思議で、こんなこともあるんだなぁ〜〜って首をかしげながら生活してたらね。


ほんとに怖いのはここからなんですよ。

ここに一枚の写真があるんです。

見た人には影響が出る可能性があるんで、注意して見てほしいんですけどね。特に虫が嫌いな人は注意ですよ?


先にいっておくとね、これは卵から孵化した小さいコオロギしか、入ってないはずのケースの写真なんですよ。

















DSC03369.jpg



なんで、こんなに大きなやつが、この中にいるんでしょうねえ?

全員おんなじぐらいに生まれてるはずなんですよ。おかしいでしょう?


ね?世の中には、常識では計れないことが存在してるんですね。

次に体験するのは、あなたかもしれませんよ。






 皆様ご無沙汰しております。ぺろちょろめろひなミロのしもべポピでございます。
このあと、部屋を片付けて、ゴキホイを大量設置しましてね。
畳の遠くのほうに虫コナーズ的な噴射型の殺虫剤を撒きましたわ。んで、踏めば殺虫効果で弱ってゴキホイにかかるorどこかで弱って出てくるというのを期待しております。このケースからは離した位置に噴射しておきました。
フゥ・・・こええよ!!!!
この現象が起きてから、都合5匹ほど脱走兵が見つかっております。
まだ出るかどうかはわかりませんが、とりあえず前使ってたケースからめろひながいたケースに鞍替えしたんですよ。これで少しはましになりますかのう。
まだちょいちょい出てきちゃうかもしれませんが、ほんとになんでどうやって脱走したのかがわからない。わたしにはわからない。
そしてあのでっかいのが、ふたがしっかり閉まっていたはずのちびのケースに入れたという事実が、全然理解できません(;゚Д゚)

こわいいいいいいいい!こわいよおおおおお!

夏怖いッ!!!コオロギの動きが活発すぎて、奴らにとっての奇跡が起きててコワイッ!!!!


というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 14:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 餌観察

2015年02月05日

蚕のストック、よもやま

 先日読みました本

珍獣の医学

珍獣の医学
著者:田向健一
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




こちら、爬虫類両生類の病気に関する本なのかなーと思って読んだんですけども、獣医さんのお仕事全般に関するお話から、苦労されること、悔しい事などがつづられた本でございました。
すっげぇ面白かったんですけどね。
そこにかいてあったんですよね。

曰く

野生動物はしんどい状況に置かれると「こんなにつらいから、もう死んじゃお」と生きることをあきらめる場合がある。
なので、さっきまでとっても元気だったけど、あるきっかけで突然死しちゃう生き物ってのは一定数いるんだとか。

また、病気の診断というのはすぐ見てわかるもんでもないんだて。
いろいろ検査して消去法で診断を確定させないといけないんだて。
病気の名前を特定するってのが、動物の場合とても難しいってかいてありましたのう。興味深い話です。
なにせいろんな動物が来院しますでね。人間のお医者さんは人間1種類の病気みてりゃあいいけど、獣医さんは家畜からペットまで多様な生き物を診察せにゃあならんので、苦労はつきないみたいです。
面白い本でしたのでみなさんも是非。ペット飼ってるとやっぱし獣医さんに診てもらう機会も出てきますよね。
そんなときに間違わないようにいろいろ勉強できる本でございました。
ちなみにカエルツボカビ病に効くお薬を見つけた先生がこの方です。


さて、そんなこんなでこの本の宣伝がしたいわけじゃなかったんですけど、冒頭にかいた「こんなにつらいから、もう死んじゃお」というこれが今日の大きなテーマみたいです。
それはお蚕ちゃんたちのことだあ。
蚕ってとてもストックが難しいと思ってました。
で、このごろだいぶ落とさずに維持できるようになったのですよ。

コツみたいなもんがあるとすれば

・乾燥気味の環境に置くこと。
・温度は25度ぐらいの場所にすること。
・お掃除は二日に一度ぐらいは必ずすること(乾燥したシルクメイトがからみついて、新しい餌を食べれなかったりすると落ちる原因になるから)
・餌を一日一度は必ず補充すること。
・シルクメイトは極薄にして与えること

このへんを徹底すると、ほとんど落ちませんです。温室にしてから、温室にいれとくだけなんですけどね。
で、ふたはせずに蓋の代わりにお情け程度に排水溝のネットをかぶせてあげてさ。
保湿はしませんです。
あ、容器は100均とかで売ってるネギの保存容器を使ってます。
ざるがついてて楽ですよねアレ。

 超重要なんが、シルクはすっごい飢餓に弱いこと。
当たり前か。やつらは食べて大きくなることが仕事なんだからね。
餌が補充されないまま一日以上放置すると、あっという間に弱ってしまうのであります。
で、その後に補充した餌を食べたり食べなかったり。食べる体力が、なくなっちゃうのかな?
それであんまり手をつけずになんだかボンヤリシルクメイトの上をうごうごして、上を向くこともしなくなり、だんだんうごかなくなり、水っぽいぐんにゃりした死体になってしまうのであります。

食べれないなら、もう辛いから死んじゃお。


弱っていく姿を見ていると、なーんかそんな風に見えるんですよねえ。
単に、食べる体を維持する体力がなくなっちゃって、食べれないからどんどん弱るというデススパイラルに陥って弱っていくってだけなんでしょうけどね。
一日一回の給餌、というのがもう最低限の条件で、大きく育てたい場合は一日3回ぐらい、シルクメイトが乾いたころにまた入れて、また乾いたころに追加してを繰り返す感じになるのかなと思います。
そんなに急激に大きくしないでいい場合は、一日一回ぐらいでもなんとか生きててくれますが。
あまり温度を下げても、今度は餌を食べなくなってしまいますので難しいところです。
あとはシルクメイトが湿りすぎていても、すぐに弱っちゃいますね。
水分量との兼ね合いで極薄切りがいいみたいです。
桑の葉で育てるならそこまで苦労はしないのですが、この時期は手に入りませんもんねえ。

 というわけで、実は温室を導入してからこの2か月ぐらいの間、シルクを切らさずにストックし続けておりました。
なんとなくうまくいくようになったので、気が付いたことなんかを綴ってみました。
去年の今頃は、シルクのストックがすごく苦手でした・・・難しいなーって思ってました。
たぶん、シルクメイトでやるのが難しいんだとおもうんですよね。桑の葉ならそう苦労することないです。掃除大変だけどさ。
今年はなんとか、うまくできるようになりましたよさ。


というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。
いつも応援してくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村


posted by ポピ at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年08月17日

【閲覧注意】純白のごきぶり

DSC01860.jpg

毎朝9時から9時40分までの間はちょろケージ上部の紫外線灯が点灯する時間。
タイマーセットでちょろちゃんが起きてようが寝てようが、とりあえず電気がつくという仕組み。
その漏れ出た光が迷惑そうなぺろちゃんでありました。

DSC01857.jpg

このごろ尻尾が太くなってまいりました。
なかなか尻尾が太くなってこなかったもんだから心配してたんですが、成長期だったんでしょうね。
そういうわけでぺろちゃんはこのごろ尻尾に栄養を蓄えるようになりましたとさ。


 あんなぺろちゃんやこんなぺろちゃんを見ていると、どうにもすごくおいしそうに見えるんですよねえ。
わが家には「ぺろ焼き」という変な言葉があります。
別にぺろちゃんを串に刺して焼くわけじゃないのですが、そうしたいぐらいかわいいときのぺろちゃんに対して「あ”−−−ぺろ焼きしてぇーーー!」みたいな感じで使うのでございますよ。
まあ、実際しもべの目にはですね、回し車スヤスヤぺろちゃんがプリンに見えたりしております。
あーかわいくておいしそーーー!
ぺろプティング食べたいーーー!
と、毎日のようにぺろちゃんを愛でておりますぺろちょろのしもべポピでございます。
こんばんわ。

 本日の本題はここからでございます。
割としもべの友人知人がここを見てくれておりましてね。で、昆虫耐性のない友人にとっては、しもべの記事はデンジャラスなんだそうです。薄目を開けてスクロールし、今日は大丈夫そうだとかそんなかんじでですね。
なのでちゃんと閲覧注意を入れたり、このさきには昆虫があるよーと書いておいたりしようかなとおもった次第なのでありますよ。

というわけで、今日はデュビアのネタになります。
まずは漫画なのでそんなに嫌じゃないはず。

esa-m2.jpg

環境を変えてからしばらくして目撃したこんな光景。
びちょびちょコットンじゃなくて、うっすら湿ったコットンだったのでデュビアも詰まりやすかったみたいです。もちあげたって動きゃしなかったですから、脱皮のために少しふやかしてたのかなと思いますだね。

で、昨日1匹目の雄の成虫が出てきた報告をしましたけども、今朝見ましたらもう1匹、雄の成虫が羽化しとりました。
まあまあ真っ白な、脱皮したての美しさでした。
なんかですね、羽化する個体はいまのところ、樹皮の上に登って羽化してるっぽいですね。
残骸がそこにおいてあるもんでわかります。で、そのままそこで体を乾かしているみたいです。

ちょっとしもべがハンドリングさせて〜〜!と追いかけまわしてしまったので、逃げちゃってますけども、真っ白けのきれいな雄成虫を激写してきましたのでお写真をご覧ください。





癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ注意 癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ注意癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ注意癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ注意





DSC01903.jpg

ね?
キレイだよね!!!!!!

羽化すると頭にかぶってるヘルメット?のような部分も、形がかわってしまうんですねえ。
不思議だな〜〜ほんとに。
触覚も真っ白だし、でも目だけは真っ黒なんらよ。
それがまたたれ目のお目目なわけですよ(´∀`*)ウフフ

これはひどいことに、雄成虫もかわいいなと思ってしまいました。
羽化するまでは恐ろしかったけど、なんとかなりそうだあ〜〜!


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくみー!支援応援、お待ちしております〜〜
毎度ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブロ村
posted by ポピ at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年08月06日

【閲覧注意】デュビアの飼育環境が整ったヨ

閲 覧 注 意


デュビアの写真が今日の記事にはあります。

閲覧注意で( `・∀・´)ノヨロシクー


 禁煙6日目。
これは禁断症状なのか?!というようなことが起きたぺろちょろのしもべポピです。こんにちわ。
まず昨晩の夢と一緒にとった行動がすごかった。
しもべの寝ているベッドの横に、どうやら死にかけた具合の悪そうな人がたっていた。(夢だから突っ込んではいけませんw)
その人がふらっとしもべのほうに倒れ掛かってきたので、気配を察知してしもべはその人を受け止めた。
そして自分の横に倒し、肩をたたきながら

「大丈夫ですか?!大丈夫ですか??!」

と、聞き、脈を取り、脈がなかった。

で、どうしようどうしよう。私の知ってるお医者さんを呼ばなきゃ!

で、横で寝てたチャーン氏の肩をたたき「○○さん!!(知り合いのお医者さんの名前)○○さん大変だ!!!この人死んじゃうよ!!!!」

と、いったところで目が覚めたンデスヨ。

で、目が覚めてからチャーン氏が笑ってるんですよ。
どうもですね、すべての行動を実際やってたみたいなんですよ(;゚Д゚)

恐ろしいわー禁断症状!!

あとは、そんなわけで朝もぼけてたんですよ。
だからなのかね。化粧するの忘れてね。
仕事に出かけてシマッタンダヨネ・・・・・!!!!

おらのまがった肌にこの紫外線は致命傷になりますよ!!!

怖いデスねー禁断症状〜〜


 というわけで大変長い前フリにおつきあいありがとうございました。
ここから本題になりますでね。お覚悟ください。
虫嫌いな方はバックオーライで。

 前回のデュビア記事でご意見をお聞かせいただいた中で、鉢底マット+樹皮でやってみようと思いまして買いそろえました。
で、設置〜〜!

DSC01843.jpg

まだでゅびたんは入っておりません〜〜
なんかとっても清潔感があります。
樹皮は相当分厚くて重みがありました。これならデュビアがカサカサしても動かされることがなさそう。
安定感抜群。
エサ皿は昆虫のエサ皿コーナーにあった平たいやつで、プラスチック製なので腐らないやつでした。
そして洗えるから便利だなーと思って安かったし買ってみました。
どうでもいいことなんですが、うちのデュビアはトウモロコシが大好物(しかも加熱済みのやつ)。
北海道のおじちゃんが送ってくれた超オイチイのをおすそ分けしてたんですが、もったいなくて冷凍食品のスイートコーンに変えました。
コーン食いまくりです。

で、ここからです。入れてみました。デュビアたんたちを。

DSC01847.jpg

入りましたー。

いまは入れた直後なもんで、このようにしてどこに行こうか逃げ惑ってる感じですけども、全員樹皮の裏側に入っていきましたよさ。
で、みんなで一緒にみっしりしております。とてもおとなしいです。
このまま糞を撤去せず育ててみようと思います。
まだ繁殖できる個体はおりませんけども、あとひと月もすれば成虫が出てくるものと思って様子を見ようとおもいます〜〜

 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくみー!支援応援、お待ちしております〜〜
毎度ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブロ村
posted by ポピ at 17:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年07月28日

デュビアの床材


声を大にしてー

聞かせてくださいー

デュビアを飼育している皆様ー!!!

床材は何を使っていますかー?!!!???!!!


 もうすぐ歯医者へ行く時間。(ρw-).。o○ 仕事帰りですごく眠いです。
今寝るわけにいかないのでいそいそと更新をばしちゃおうと思いポチポチ文章を綴っております。
しかし眠気のあまりちょっと壊れております、ぺろちょろのしもべポピです。こんにちわ。

 昨日チャーン氏と一緒に市内をドライブしてまわってきました。
しもべ、かなり長い間運転をしていなかったので、ぼちぼち練習をはじめるかってことでですね。
無事なんとかいろんな場所にいって、たくさん車庫入れもして、気を付けながら運転もできたと思います。
帰ってこれてよかったよ(´∀`*)

んで、焼肉屋にいってランチをし、ホームセンターへ行っていろいろ生活用品を買い、ついでにデュビアの新しいケースと床材になりそうなかぶとむしの土をどさくさに紛れてカートに突っ込みましてですね。
帰ってきて設置したのでありますよ。デュビアの新しいケース(いままでより大きなプラケ)に土を入れてました。
これからやつらは増えるのであります。
増やしてちびも生まれるわけだし、大きなおうちをってことで。
でもね、しもべはいまいちデュビアと仲良くなれてないなと思ってたんです。
だってデュビア飼育している方の記事を読んだりしてると、エサを投入するとわらわらと食べにくる。って書いてあるけど、そんな光景は見たことがなかったんですよ(;゚Д゚)
これは床材がないからかな?
リラックスできないのかな、こんなツルツルすべる床じゃあ。と思い、土に潜るとか隠れる習性があるってんで、じゃあカブトムシ用の腐葉土を入れてみようかと思ったわけです。
これは正解だったみたいなんですけどね。実際ごそごそ潜っていく子がいっぱいいました。
餌もたくさんいれておいたけど、かなり減ってたので反応は上々なんじゃないかと思ったわけなんですが。

今日見てみたらさ、当たり前だけども、デュビアたちみんな土まみれなのよ(;゚Д゚)

これ給餌するときって、ぱたぱた土を払ってあげないとぺろちゃんが土食べちゃうよね?!

なんか藁みたいなの敷いてる方がいますが、あれはなにを使っているんでしょう?
よくわからないので、飼育している方でおすすめの床材があれば教えてください。
土はまだたくさんあるので、捨てるのはもったいないのであります。
継続して利用していけたら最高なんですけどね。
よろしくお願いします( `・ω・´)ゝ”


 というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくみー!支援応援、お待ちしております〜〜
毎度ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブロ村
タグ:デュビア
posted by ポピ at 15:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年06月30日

きれいなゴキブリ

 歯医者さんに通う日々を送っております、ぺろちょろのしもべポピです。こんにちわ。
昨日の晩、チャーン氏と飲み屋さんにいってしこたま生にんにくを食べてしまいましてな。
そして今日まんまとお口くちゃーい状態で・・・・歯医者さん、すいませんっしたーーーー!!!!
しもべからにんにくのニオイがするよう〜〜〜!

 さて、今日は記念すべき報告があるんですぞ。

それはね・・・


祝!デュビア手づかみできたよ記念


なんですじゃよ。

 ケースを開けて「どれどれーどこにいるだよー?」と漁ると、 癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ逃げ惑うくせに、お手手に乗せるととたんにおとなしくなります。
不思議だねえ〜〜。手があったかくて気持ちいいのかな?それともはぢめての場所だから怖くて動けないのかな?
ともあれ、つまみあげるとおとなしくなってかわいいやつらでございました。

 昆虫には脳というものがないのであります。
彼らの体は感覚器官と神経の集合体なのです。
神経はお腹側に通っていて、それぞれが独立して動けるので、どっかぶっちぎれたとしてもあんまし困らないようになってんのです。
頭部は栄養を取り入れる口と周囲の情報を得る触覚に目、肺はなくて体の節にあいている小さな穴から空気を取り入れて血液に循環させてるのであります。
ゆえにデュビアがおじけづくってのはないはずなんですがねえ。そう見える、萌えゴキ、それがデュビア・・・・
ゴキブリといっても、でっかいダンゴ虫みたいにも見えるし、脱皮したての顔みたらダイオウグソクムシにそっくりだったりして、いつも見るゴキブリとは見た目が違うので、あんまり気持ち悪くはないですね。

そんな構造してるから、頭ちょんぎっても体も頭も生きてるし、どっちもちょんぎったまま放置しとくと、一週間ぐらいは生きてるらしいですな。死ぬ時の死因は餓死なんだとか。
体液の流出も、一定量以上は出ないようになってるくさいです。すぐ止まるんですよ。
一回ぺろちゃんのために、くびちょんぱしたときは、持ち上げた状態だと体液がこぼれないように、水滴の形のまま体からぶら下がっていました。揺らしても落ちないの。
地面につけたらあっという間に流れ出てしまいましたけどね。
ほんとにすごいと思ったもんです。

イエコを首ちょんぱしたときは、初めてだったからすごく不思議だったんですけどね。
昆虫の詳しい本とか読んでみて、納得しましたw生きてるはずですわなー・・・
根本的に体の構造が違うんだもの。

脳がない、その状態で今自分に何が必要なのか判断したり、危機回避したりするという昆虫の本能には畏怖を感じてしまいます。


ああ・・・ここまで書いて思ったけど。

しもべの一般人の友達が、どんどん離れていく音がするーーーーー!


 2月のJレプで購入したベビーのデュビアたち。100匹いましたけど中途でちょろちゃんが食べ〜〜ぺろちゃんが食べ〜〜でだいぶ減って30匹ぐらいですかの。
まだ小さな子もいますが、すごく大きくなってきてる子も出てきました。
小さい子は2センチ未満、大きな子は3センチ強ぐらいかな?
ちょっと成長に差がつきすぎてますねw
大きくなってきた子の中に、体がギザギザしてきたのが出てきました。
フォルム的に・・・なんか羽生えてくるための準備してそうな位置が、ギザギザになってんですよね。
こいつらは全部、雄になるんだろうなあ〜〜〜と思いながら、放置気味にデュビアを育てております。
はやくベビー生まれるまで育たないかな〜〜!楽しみだな〜〜!


 というところで、今日はこの辺で。
読んでくださってありがとうございました!
みなさまごきげんよう( ´・ω・`)ノ~


くりっくみー!支援応援、お待ちしております〜〜
毎度ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村
タグ:デュビア
posted by ポピ at 16:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年06月25日

ちびコオロギの野菜

 空が〜〜空が黒くなってきましたー。
あと2時間だけでいいから雨降らないでほしいぺろちょろのしもべポピです。こんにちわ('A`)
洗濯物があああああ。
昨日も夕方、長らく空に轟音がとどろいておりました。
爆撃でもされてんのかというような音です。
ワタクシ、この世で最も怖い自然現象が、打たれたこともないけれど

おうちの中から見る雷は、きれいなきれいな空のショーですが、外出中に頭上で雷がくると「ヘイ!タクシー!」となるほど怖いのでございます。
頭の上に屋根が欲しくなるんだああああ。

昨日の雷はあまりの音量に、ぺろちゃんも少し怖かったのかお外に出てきてキョロキョロした後、水をペロペロ舐めました。アレ?別に怖がってない??

 さて、そんなぺろちゃんは今朝、しもべを見ると回し車の上で寝たままの体勢で、尻尾だけをゆーらゆら。
ずーっとふりふりしているので、興奮してるのか、または警戒してるのかだけど、警戒してるにしては体勢が寝たまんまだしなあ。ずいぶんやる気のない警戒だなあ〜〜。
なんだこれー。と思い、試しに視界から外れてみると、尻尾を振らなくなりました。
視界に入ると、やっぱり尻尾振りはじめます。
しばらく見つめあってみたんですが、なんとなく「ごはん」という文字が目の中にある気がしましてな。
そういや今日はご飯の日であるな。
昨日コオロギデュビアの世話したばっかりで、今日はデュビアでもあげてみるかのう。

デュビアの箱をもってきて、ゴソゴソ漁ってみると、2匹ほど脱皮したての神々しい白いデュビアがおりました。
やわかくてちょうどいいね(´∀`*)
見せてみると瞬時にくらいついてくるぺろちゃんであります。二匹あげて、まだなんか物足りなさそうなので小さめの普通のデュビアを見せたら、見せた瞬間ぱっくーん!
一日ぬいただけなのに、どんだけ腹減らしてるの?!
ちょろちゃんにもコオロギのSを5匹ほど補給しておきました。
ちょろちゃんは給餌三日に一度になっていて、ぺろちゃんは二日に一度ですな。
どちらも嬉しいことに食欲は旺盛。


 さて、長い前置きになりましたけど、今日はコオロギさんのはなし。
一度リセットして、新しく購入したちびたちに入れ替えて育てております。
Sを30匹、SSを60匹みたいな単位で買ったはずなのに、Sが60匹はいるんじゃないの?
SSも150ぐらい入ってそうだぞ?みたいな量です:(;゙゚'ω゚'):
いままで食べさせてたサイズが、もはやMだったらしく、Sがだいぶ小さく感じます。
SSはおそらく1令か2令でゴマ粒みたいですわ。
そんな小さなコオロギさんたち。硬い野菜だと食べずらいかな?と思って、ちょうど痛みかけたサニーレタスの葉っぱがあったのでちぎってあげてみました。

以下、虫の画像です。


まだ小さいので、そこまでエグくありませんが、苦手な方は注意シテネ!











DSC01632.jpg

薄いサニーレタスの葉っぱをみんなでかじるコオロギさん(S)
SSのちびすけたちには、床に小さくちぎった葉っぱを置いてあげたら、みんなではじからかじっていました。
葉先が薄いので、小さくてもかじれるみたいですね。
みんなで(○`〜´○)モグモグ〜

DSC01631.jpg

これは麦茶の出がらしを絞って、少し乾かしてあげたものです。
これも好物みたいですね。
ちびすけたちの水分補給に、おぼれなくていいかもと思ってあげてみてよかったですわ。

一番これに喜んでくれたのはデュビアでしたけどね。
盛り付けたお皿の中にもぐった跡がありました。
茶殻がしっちゃかめっちゃかに散り散りになって、喜び勇んで食べてくれた形跡がありましたw



デュビアはシャイなのでなかなか食べてるところを見せてくれないんですが、コオロギはかわいいやつらなのでこうしてすぐに反応をくれますね。
ういやつよの〜〜!


 というところで今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´・ω・`)ノ~


くりっくみー!支援応援、お待ちしております〜〜
毎度ありがとうございます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村
posted by ポピ at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年06月01日

コオロギ冷えてマス

 暑くなってきましたね。変な汗がとまらないぺろちょろのしもべポピです。
こんにちわ。

 このごろ気温が高くなってきたせいか、コオロギさんたちの本当の性能というやつを味わっております。
イエコの全力はいまからはじまるんですね。
これまでみていたのは気温が低くて弱りかけたコオロギさんたちだったのですね。
それでも速かった。
いままでだって充分速かった。

けど現在はさらに速い。加えて巨大化してきたやつらが速く力強く、そしてよく飛ぶ。
収拾がつかないけど、だいぶコオロギケージがくさくなってきたしちゃんとお掃除してあげねばなーということで、しもべは一念発起してお掃除をすることにした。
とりあえず1匹1匹捕まえて別の容器に移そうと思った。
しかし早いのでまぐれでないと捕まえられなかった(つд⊂)
200匹ぐらいいるんだから、こんなことやってたら日が暮れてしまうお。

考えたんだ。どうやったらこいつらの動きが鈍くなるかって。

おもいついたんだ。


冷蔵庫に入れて冷やせばいいじゃない。


動きが鈍れば脱走のリスクも減るしいいってことで、ケージごと冷蔵庫へぶちこんだ。
十分後見ると、コオロギさんたちはみんなひっくり返りかけている。
ひっくり返ってても安心していい。イエコはこれしきでは死なないんだ。
仮死状態のまま4〜5日冷蔵しててもびくともしないよ。

とりあえずおとなしくなったからコオロギを別のケースに移し替えてやる。
移し替えて少ししたら、コオロギが共食いをはじめるといけないのでまた冷蔵庫で冷やす。

を繰り返していたら、脱走兵を出すことなく今日は無事にケージを掃除することができた。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
ついでに相当でかくなってきたコオロギをぺろちゃん用に取っておこうと思い、別のケースに移して、冷蔵。
夜ごはんにあげるんだ〜〜。



コオロギ、冷えてマス。
そこのヤモリさん、1匹いかがっすか?



というところで今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´・ω・`)ノ~




くりっくひあー!支援応援大募集〜〜。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ

にほんブログ村
posted by ポピ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 餌観察