2014年05月25日

蚕と桑の葉

 今回も画像なにもなしの記事でお届けいたします、ぺろちょろのしもべポピです。おはようございます。

まずは私の体調ですが、熱下がりません〜〜!
ほっぺの腫れと歯茎の腫れについては、だいぶ落ち着いてきているんですが、痛み止めを切らしますとこの膿んだ場所の炎症のせいで(首まで腫れてたのも関係してるんでしょうかね)発熱しまして、動けなくなってしまいます〜〜
歯医者さん曰く、ほっぺの膿袋?も自壊しそうなところがでてきたから、そこからではじめると楽になるよー

っていってました。この腫れが引ききるまで私は解熱剤とお友達ですだなー。
今朝は悪寒もないし少し楽だなーなどと思って、熱計ったらきっちり微熱がでてやんのー。ぶうぶうー
お洗濯もしなきゃー。おうちのお片付けもしなきゃー。で解熱剤飲んだっす。
さあ、動けるようになったっけ、ブログもついでに更新じゃー!


 ええと、今日はちょっと餌観察ていうか、餌のエサについての雑感を記してみようとおもいます。

 前回蚕を使ったときは冬場だったので桑の葉が手に入らず、シルクメイトでの飼育をしました。
結果大量に落としまして、もうシルクはいやじゃー!とトラウマになる始末。

で、今回桑の葉で飼育しているのですが1匹も落としてません。
全部スクスク育っていて、しかも生育速度がすごくゆるやかに見える。
なんかストックも楽。

 シルクメイトは桑の葉の成分にいろいろ+された練餌だから、蚕が肥え太って栄養もいっぱいになって、すごくいい餌ができるんでしょうけども、成長がすごく早くなってしまうのじゃないかなと思いました。
だから一日シルクメイト食わせただけでごりっとでかくなるんだろうなあと。

 桑の葉の場合は、シルクメイトの3分の一ぐらいの速度になってますね。
毎日たくさん葉っぱあげてますけど、一日でみんなで食べつくしてしまいます。
それでも大きくなるかといわれれば、ちょっとだけ?大きくなったね。そんなかんじです。

二つのエサを比べてみると、蚕のする糞にも違いがあります。

<シルクメイト>
糞がすごく水っぽい。その水分と蒸れで病気発生→死亡
蒸れないように通気をよくするとシルクメイトが乾いて蚕が食べなくなり、飢えて弱って死亡
シルクメイトにとりつくためにたくさん糸を出して、その糸と自分の糞がからみあい、不衛生になりがち。
こまめな掃除が必要になり、掃除を怠るとやっぱり死んじゃう
あとシルクメイトはくさい

<桑の葉>
糞はカラカラのポロポロ。乾いている
桑の葉にとりつくのに蚕はほとんど糸を出さないので、からみあったりすることもない。
カラカラした糞なので、上に桑の葉をかぶせて餌を補充するだけでも、糞だけ下に落ちていく。
掃除も水気がほとんどないポロポロの糞なので楽。
桑の葉はいい匂いがする。蚕もにおわない。


 シルクメイトで蚕が黒くなってふにゅふにゅになって死んじゃうってお困りの方は、桑の葉で飼育してみると楽になるかもしれません〜〜。
ただ、桑の葉が茂ってる時期限定ですけどねえ。
あとは一度桑の葉を食べた蚕は、シルクメイト食べてくれなくなるってことなので、そこだけご注意ください。わたしはゆうに2週間分あるので、とりあえずそのあいだは桑の葉食べさせてあげられそう。
あとは野に生えてる桑からもぎってこようとおもいます(´∀`*)


 というところで、今日はこの辺で。
まだまだしもべの虫歯は落ち着きませんが、来週から仕事に出ますので今日いっぱいはおやすみ気分を満喫しようと思います。
それではみなさま、ごきげんよう( ´・ω・`)ノ~


くりっくひあー!支援応援大募集〜〜。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ

にほんブログ村
posted by ポピ at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年05月16日

繭、開封!

 ぺろちゃんが好き嫌いをしていて困っておりますぺろちょろのしもべポピです。こんばんわ。

なにが好き嫌いって、コオロギには反応するものの、食べる直前までいってやっぱやめるんですわ。
そんなに君はハニーワームが食いたいのですか。
で、しもべがハニーワームを取り出す容器をゴソゴソ漁り始めたらですね。ぺろちゃんは固唾をのんでしもべの様子を上目使いで観察してるわけです。
わざわざケージの手前までよってきてね。
で、すべてのハニーワームがほぼ硬い繭の中にはいってしまいましてな。
そういうわけで開封することにいたしました。

さなぎのほうが栄養あるって聞いた事あるから。
そしてやつらはなかなか羽化しないので、いまどうなってるか見たかったから。

 いざ、開封!
すると、こげ茶色になっているさなぎが出てきました。
お、よかった。ちゃんと生きてるみたいだ。

んで、変態の最中らしくてですね。七割が硬い蛹。のこり三割が芋虫の形してました(;゚Д゚)
そして、芋虫部分が動きやがる。
おお、こりゃーぺろちゃん食べるかも。

そう思いましてあげてみましたらね。食いました。
固そうにしてましたけどね。
食い終わったらすかさずコオロギを差し出しました。
今日は騙されて1匹だけ食べてくれました(;゚Д゚)

あんだけ熱い視線で芋虫を求められますと、あげたくなっちまいますが、下痢したら困るのであげたくありません。
残念ながらもう芋虫の形したやつがいなくなっちゃってるので、しばらくさなぎ食ってもらいますだ。
ぺろちゃんのために開封したさなぎが1匹残ったので、ちょろちゃんのケージに放り込んでみました。
これも小耳にはさんだ話、ニホンヤモリはハニーワームのさなぎも食べるらしいから。

 さて。なんとかせんとーとおもいまして、Jレプに行くことにいたしました。
ちょろちゃんのエサとして、小さなシルクを買ってくる予定でしたけど、ぺろちゃんにも中くらいのシルクを買って帰ろうと思います。
シルクならたぶんまだ食べるだろうから。
まあ、だめだったらまた餌抜いて、それでもだめなら活デュビアと追いかけっこしてもらおうかとおもいます。

というところで、今日はこのへんで。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~


くりっくひあー!支援応援大募集〜〜
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ

にほんブログ村
posted by ポピ at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 餌観察

2014年05月09日

ミシミシ音がする

 たのしい旅行の後はすっからかんに燃え尽きてしまうぺろちょろのしもべポピです。こんばんわ。

今日は簡潔に。文章だけだからなるべく簡潔に観察したことを申し上げます。

まずね。ハニーワームさんを金網ついたプラスチック容器に入れたの。
下側を食い破られないように、2重に重ねてね。
で、羽化してもらいたいもんで、そこに拾ってきた小枝を何本かぶっさしたの。
すると彼らはうぞうぞ登って糸を張り始めたの。
でもしばらくするとまた餌の中にもどっていくわけ。
なにをやってるのかなー。明るくても暗くても関係なく、うぞうぞうぞうぞしてるわけ。
で、さっきどこからか「みしっ・・・・ミシッ・・・ミシッ・・・」と不気味な音がしてるわけですよ。
ちょろちゃんはあんな音たてないし、まさかぺろちゃんが?!
と電気つけてみてみると、別にぺろちゃんもちょろちゃんもうるさくしてないわけです。
ぺろちょろの間に置いてあったハニーワームから、その謎の音がきこえてんですよ。

KOEEEEEE!!!!

なにこれ。食い破ってやんよ俺のドリルで。
って掘り進めてるんすかハニーワームさん。
とおもったら、別にそんなことはなかったんだよ。うん。食い破られちゃあいないようなんだな。
ならどこから(;゚Д゚)

よくみると、どうも餌の中からミシミシ音がすんですよ。何がおきてるんでしょうね。

あ、よく聞くハニーワームの繭から本体をとりだすのが大変。という話ですが、しもべはそんなに大変じゃなかったですよ。
穴一か所開けちゃると、そこから出入りしたりしますから、その穴から強制的に出るように誘導しちゃれば簡単でしたど。
まあ餌の中を掘らなきゃいけないんだけどね。
しかし彼らはなんで縦横無尽に糸を張り始めたんじゃろうか。よくわからないので、よく観察しようと思います。
ちょろちゃんはオスぐらいしか食べれない気がするけど、うまいこと枝に登って羽化してくれりゃあ、そのままちょろケージへGOできていい感じな気がします。


 で、ちょろちゃんのコオロギがそろそろ尽きるんでハチクラでイエコさんをS100とSS100買ってきましてな。あとシルクのSSぐらいを20匹ぐらいかってきましてな。
シルク投入後はちょろちゃん、すごくチキンでしたけど狙って取ろうとしてました。
しもべが見てるのですごくやりづらそうにしてましたけどね。
やっぱりこの子はシルクをすこしあげると体調よくなるっぽいなあ。水分多いからかな?

イエコさんたちを飼育容器に投入しましたらね。このごろゼリーの木買ったので、昆虫ゼリーも一緒にいれたんですよ。
どこから購入したかによるんですが、コオロギたちはこのゼリーを食う子たちと食わない子たちがおりまして、いままではあんま食べない子が多かったんですが。
今回は投入直後から顕著な反応。
群れてゼリーにたかりはじめました。
( ゚Д゚)ウヒョー うれしいなー!
ゼリー大好評じゃん〜〜!
君ら活きがいいねー!おいしく育てよ〜〜〜!
あのゼリーにたかる様子が、またけっこう愛らしかったw
中くらいの子も、ちびたちもみんなで仲良くへりに集まってモグモグする姿は、チャーン氏曰く「グロイ」らしいですが、しもべとしましてはかわいかったでございますよ。



というところで、今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~

くりっくひあー!支援応援大募集〜〜
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ

にほんブログ村
posted by ポピ at 02:47| Comment(0) | 餌観察

2014年02月25日

エサ皿でのドラマ

 先週の土曜日にあった衝撃的な出来事。
チャーン氏の母上は美容師さん。チャーン氏は数か月に一度、実家にいって髪を切ってもらいます。
んで、このごろしもべもついていくようになって、おかーさんに土曜日は髪の毛洗ったりしてもらったんだお。
いいだろーきもちよかたんだよー!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

 もともと客商売でいろいろな方々と仲良くしていらっしゃるおかーさんではありますが、その日は先客万来で(自分たちを含め)、大量のおやつが持ち寄られておりました。
たくさんおやつをたべまして、たくさんごはんをもたせてもらいました。
そこにやってきた近所の年配の女性。しもべをみるなり「あいたかったのよー!あなたに会いにきたの〜〜!」としもべの名を呼びながらいうのです。
そして「これ、あなたにあげようとおもってもってきたの!どうかしら?使ってくれる?」といって、そう安くないルミネ的なでぱあとによく入ってるおバッグブランドのおバッグ様を差し出してくださいました・・・・。
かわいかったんですけども、しもべにとっては初対面のお方。

(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ? だれ?!このひと誰?!

吹き荒れる疑問符の嵐。
そして手渡されるおバッグ様。遠慮する間もなく、いただいてしまいました(|| ゚Д゚)

のちのち聞いてみると、実は間接的に自分はその方からお赤飯をいただいたことがあったみたいでして、職種的にお役にたてそうなのもあり、いろいろお返しする所存と相成りました。

そんな衝撃に包まれた土曜日を切り抜けた、ぺろちょろのしもべポピです。こんにちわ(ここまで前置き)

(ω・ )ゝ え?また長いって?普通のブログなら、これで一個の記事だって?

ドン( ゚д゚)マイ 本題はここからだよ。

しかも今日は写真一枚もないよ( ´>ω・)b~☆



 さて、ほんと長くてすいませんね。
本題でございます。

しもべはみたんですよ。

まずはちょろちゃんのエサ皿にて。

 発育不良で、ずーっと大きくなれなくてしもべから「おちびちゃん(´∀`*)ウフフ」と呼ばれていたコオロギがいました。
その子は買った当初から三か月。無加温でありながら生き延びて、共食いで食べられちゃうこともなく、でも餌は食べてるっぽくて、どうしても発育不良で大きくなれない子っぽかったんですよね。
周りがどんどん巨大化していって、その子の大きさだけがほとんど変わらないのを見て気にしていたんです。
ちょろちゃんがご飯をあまり食べなくなってしまい、あまり大きな餌だと怖くて食いつきが悪いかしら?と思い、とうとう封印していたそのおちびちゃんをエサ皿に出す日がきてしまいました。
とても小さいし、エサ皿にいれっぱなしにしておくと死んじゃうかもしれないとおもいましてね。
あと、共食いしないようにってエビのかけらをお皿にいれておいたんですよ。
それと、小さくちぎったコットンに水を一滴たらしてあげて、給水と最低限の栄養補給ができるようにとエサ皿に設置しまして、直前までガットローディングできるようにとその小さな環境に入ってもらいました。

昨晩もちょろちゃんはご飯をたべませんでした。
でもしもべがエサ皿をのぞきますと、不思議なものが落ちていました。

脱皮の殻(  Д ) ゚ ゚ 


この子成長しやがった・・・・!

エサ皿の中で、一日半生き延びたおちびちゃんは、一生懸命エビをかじってお水を飲んで、どうやら1段階成長したようなのです。
こころなしかワンサイズでかくなった気がします。
そしてどうやらエビを足掛かりにして脱皮したようなのです。
だから殻もエビについていました。
コオロギのいじらしい生きる力を見た気がしますよ。


 次はぺろちゃんのエサ皿のお話。

ちょろちゃんのためにストックしていたコオロギさんたちは巨大化しすぎて、もはやちょろちゃんには使えるサイズじゃなくなってしまいました。
というわけで、活餌としてぺろちゃんに食べてもらうことにしたのですが、便秘のぺろちゃんは現在あんまり餌がいらない様子。
しかし活餌のよいところは、放置しておいても腐らないところであります。
ですので、好きな時にかじればよいよ。ということで、1本だけ腕を残してあとは全部ちぎったイエコを5匹ほど、動く以外は冷凍と大差ありません、という状態にいたしましてね。
いろいろまぶしてエサ皿に入れました。

 一日経って確認しますと、数が減っています。
食べてくれたのは間違いないのですが、おや?と思ったのは、しなびたコオロギっぽい何かが落ちておるのです。
よく見なくても、まあコオロギなのであります。

たぶん、「動けないのに共食いした」んではないでしょうか・・・・・(|| ゚Д゚)

まあ、口は落としていませんでした。
だからやつらはツルツルすべるエサ皿の上で身をよじってクルクル回りながら、なんとか逃れようとしたりいろいろしていたのであります。
その延長上で仲間をおいしく召し上がったのではなかろうかと(|| ゚Д゚)


コオロギのいじらしい活きる力を垣間見てしまいました :(;゙゚'ω゚'):

そしてしもべはなんと残酷なことをしているのだろうと思いました。


活きるということは、命をいただくということだけどさ。
それを人がどうこうしていいのかよー。などと、我に返ると考えます。
生かすも殺すも管理する人次第。ぺろちゃんとちょろちゃんが健やかに育ってくれますように。
せめて食われる直前までは、コオロギさんたちも大事にしようと思うしもべなのでした〜〜〜。


というところで、本日は輪をかけての長文。長らくおつきあいありがとうございました。
みなさまごきげんよう(・∀・)/~~



あざといランキングバナーつくったので、よかったらクリックしてくださいまし。
いつもありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村

↑ちなみにあんだけちょろちゃん萌えだったチャーン氏。
このあざといバナーを見て「ちょろちゃんにチューしてあげてよ〜」と言いましたところ
「( ´゚д゚`)男の子にはちゅーしないよ〜」と返されました。
こんなにかわいいのになあ〜〜
posted by ポピ at 01:23| Comment(0) | 餌観察

2014年02月19日

コオロギ観察は楽しいな

ぺろちゃん、おかーさんね。一生懸命あなたのために7匹も活イエコを切り刻んだの。

彼らを捕獲するの、とても大変なのよ。知っているでしょう?

三倍速いのよ。赤かったらシャアって呼んでいるところだわ。

ちょろちゃんが食べれるサイズの子は残しておかなきゃいけないから、卵パックを振ってつかまえるんじゃないのよ。

ピンセットでピンポイント捕獲するの。大きな子をね。

それにね、捕獲したあとも、手足と触覚を取り除くのに1匹あたりだいたい3分かかるのよ。

7匹でだいたい21分だけど、だいたい30分てところだったかしらね?

さ、できたわよ。

おなかへってるでしょう?お昼にお水のんでいたものね。

さあ、たくさんたべてね!

あら?どうしたの?2匹でおなかいっぱいかしら?

おかしいわねえ。おなかへっていなかった?

でも、大丈夫よ。手足は全部なくなってるからね。あまり動けないのこの子たち。

エサ皿に入れておくから、好きな時にお食べなさいな。

一日ぐらいは生きているから、おなかが減った時に召し上がれ♪

うふふ。うふふふふふふ。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \






DSC01028.jpg
二日前に久しぶりにピンクマウスを食べたぺろちゃん。
翌日もこんなにおなかが膨れております。
あなたそのおなかどうしたの?!
と思わず激写したぺろちょろのしもべ、ポピです。こんばんわ( ´>ω・)b~☆




以下虫画像注意報

DSC01023.jpg

 地獄の選別前のヨーロッパイエコオロギさんたちの様子を激写いたしました。

かわいいなーこの子たちかわいいなー。
かわいいけれどかわいそうだけれど、飯になってくださいな。
と、若干病んだ眼で彼らを観察するしもべでございます。
どSもいいところですな。
こうして慈しんで育てて、いいサイズになってきたらぺろちゃんへ。
まだちょろちゃんでもいけそうならちょろちゃんへ。

人というのは、愛するあまり殺せる生き物なのだ。

おお、なんかいま(・∀・)イイコトイッタ!!気がする。

こう、イエコの棲みかの蓋を開けてですね。
ぼんやりと彼らを眺めるのがこのごろのお気に入りです。

一生懸命餌皿に上って、みかんの果肉に頭をつっこんでわしゃわしゃ食べてる姿。
エビの皿に先に入ってた1匹を「邪魔だ!どけよ!!!」とどついて追い出してるやつ。
ゆっくり食べるためにエビをくわえてどっかにもっていっちゃうやつ。そして持って行ったあと少し食べてあとは放置しちゃうやつ。
それに気が付いた子がまたかじったりしてるけど、本当においしい部分はもうなくなっちゃってるから、殻だけしかないことに気が付いて他に餌を探しにいくやつ。
ペットボトルの蓋にコットンを詰めて、そこに水を注いでいるんだけど、一日たつとカラカラになるから、先の長いスポイトで給水してやると、あっというまにそこで仲良く水を飲み始めてくれる。
反応が顕著で、しもべが上からのぞいていても全然物おじせずに餌を食べ続けております。
ういやつよのう〜〜〜。

だからごめんね。おいしく育ってくれてありがとう。
では、振り下ろそうか、このピンセットを・・・・!


そしてエサ皿へ。

 ちょろちゃんのエサ皿には、ちと育ち気味になってきたイエコを3匹入れておきました。
すると翌朝みたら、1匹共食いにより星になっておられました。
ちょろちゃんは現在餌食いが落ちております。
よく動くほうがいいかとおもい、1匹か2匹ケージに放っておいたりするんですが、ちょろちゃんがかじられるのはよくないのでやったりやらなかったりです。
んで、仕方ないので2匹入れたままにした餌皿に、ダスティングしたハニーワームを追加で2匹入れておいたんですね。
そしてどうかな?とのぞきますとですね。
ハニーワームが1匹かじられて星になっておられました。
コオロギを放置しとくのも、ちょっと考え物ですな・・・・。
大きくなってきたらだいぶ凶悪に。
ちょろちゃんは手足をちぎって機動力を限界まで落としたコオロギに反応しそうにありませんから、やむをえません。ハニーワームの死骸はしばらくそのままに。
そっちをかじれコオロギたち!
活きてるもう片方はそっとしておいてあげて!!!

そう言い置いて、しもべはちょろちゃんのケージの蓋を閉じました。
さて、明日の朝どうなっていることやらですね。

というところで、今日はこの辺で。
読んでくださってありがとうございました。
みなさまごきげんよう(・∀・)/~~
posted by ポピ at 21:22| Comment(0) | 餌観察

2014年02月12日

床材の使用感とイエコが本気だした件

 加温したらイエコの速度が三倍どころじゃなくなった件。
HAEEEEEEEE!!!!!!
加速度が増してしまいました。
だがしもべも奴らと付き合い始めて早4か月ほど?
成長していますので、ピンセットでつまめます。やつらの動きの軌道などお見通しだハッハッハ。

甘いな!貴様の動きはもう見切った!!

とかいってゴソゴソプラケに向けてピンセットを振り下ろす不気味な三十代のオバちゃん。
しもべはこのイエコをつかむためと、ちょろちゃんがおびえないようにという二重の意味を込めて、たっけえステンレスの黒いピンセット買いましたヨ。
おかげでつぶさずに済むんだぜー。

 さて、ちと話は変わるんですが。
ちょろちゃんのほうで使うために、ねくすとショップさんから購入したメンテナンスシートという床材の使用感について書いておこうとおもいます。

 ちょろちゃんは壁ちょろの宿命である、うんkダダ漏れ族です。
どこでもうんちするので結果床がうんkまみれになりますだ。
壁にもたまについてますが、そこまで壁ちょろする子じゃないのでやっぱ床が多いんです。
毎度毎度洗うのもふくのもめんどいなあということで、洗って繰り返し使えるこちらのメンテナンスシートを購入してみましたのです。
ぺろちゃんのケージと一緒にですね。

http://www.next-shop.co.jp/shop/item_detail?category_id=168502&item_id=1085096

えーと、こちらのメンテナンスシートは薄いまな板?みたいなかんじで、片面がざらざらしていて、もう片面がすべすべしております。
脱皮がはじまりそうだなーつうときにはザラザラ面にしといて(でもめんどいのでたいがいざらざら面ですが)、脱皮おわったなーとおもったら洗うときに裏返してすべすべ面に。
ザラザラ面のほうもさわるとざらっとするな、という程度で痛くはないです。
すべすべ面のほうも別段すべってしまうわけではないので、ふんばれるとおもいます。
余った分をぺろちゃんのほうに少し敷いていますが、ぺろちゃんも慣れたらさして抵抗なくメンテナンスシートの上を歩いたり、寝そべったりしております。
まあぺろちゃんはキッチンペーパーが大好きみたいなので、ぺろちゃんが眠る場所にはしもべが気を利かせてキッチンペーパーを敷いてしまうのですが、このごろは体を冷やしたいときなんかは好んでこのメンテナンスシートのほうで眠ったりしています。
ひんやりしているみたいですね。

利点としては
・床材を消費しないで使いまわすことができる。
・ヒョウモントカゲモドキの場合はほとんど床材が汚れないのでほんとにたまに洗うだけでよくなる。
・ザラザラ面がついているので脱皮の補助にもなる。
・爪でひっかいたり掘ったりしても絶対に破けない
・安い
・はさみで切れるので環境に合わせて切れる。
・床材の継ぎ目に餌が入り込んだりすることがない。
・誤食が起きない

デメリットとしては
・慣れない床材で慣れてくるまで生体にストレス
・薄いのでケージの厚みや熱伝導によってはパネヒとの間に緩衝剤が必要になる
・うんちのばしょが一定じゃない子には向かない(レオパの場合はうんちが大きいので回収したあと洗う頻度が高くなってしまうので、キッチンペーパーのほうがいいんじゃないかッつうきがします。)

ぐらいでしょうか。

こんな床材もあるようーということで、一情報として記しておきまする。

ちょろちゃんの床材としては、かなり優秀だとおもっています。
ニホンヤモリの糞は小さくてすぐ乾くので、適当に拭いておいて、1週間に一回メンテナンスシートを洗ってやれば充分なかんじです。

というところで、今日のところはこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~
posted by ポピ at 23:41| Comment(0) | 餌観察

2014年02月06日

喧嘩をやめて〜〜

 すいません二度も更新して。
フタホシコオロギを久しぶりに買ってきて思ったことをつらつら書きますすいませんほんとすいません。
世界中に謝るので書かせてくださいぺろちょろのしもべポピです。

 まず、10匹しか買ってきておらず、ちゃんと隠れ家も水も餌もあるのに


なんで貴様らは共食いを始めようとするんですかーーーーーー(#^ω^)


なんでお互いをド付き合ってるんですかーーーーー!!!!


ケースに入れてもう5回目ですよーひきはなすのはーーーー!!!!


いい加減にしなさーーーーーい!!!!


カーチャン怒りますよー!!!!


ぺろちょろの栄養だからねーーーそこそこ君らのことも愛してるんデスヨーーーー!!!!!

しかも今思えばー、ぺろちゃんに3匹用意したからもう君ら7匹しかおらんのですよーーーー!!!!

それで顔を合わせれば「おうなんじゃごらーやるんかー」「往々やったるでー、今くったるでーオラオラー」「なんじゃとー俺が食うんじゃー。横取りすんなやー」って三匹でお互いの顔とか足とかモグモグしあってるんですよー。

いい加減にしろーーーー (ノ`Д´)ノ彡┻━┻



(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ なんだこいつら。
しかもものすごく虚弱体質なんですけど。
死ぬのが早い。すっげえ速い。
イエコに慣れているから、イエコだとこれしきでは死なないことでもフタホシだとすぐナムる。
イエコ?足ちぎれて体液出てても別に死なないよ?5令ぐらい?Sサイズぐらいのイエコだったら、体液でてても体だいぶつぶれてても、頭と少しの胴体と足しか残ってなくても、1日は生きてるよ?
フタホシ?死ぬよ。速攻死ぬよ。1時間もあればお陀仏だよ?ちょっと頭の付け根とか強めに持っただけで、一瞬で弱ったよ。どうしちゃった?アレ、マジで召される5秒前?
まあぺろちゃんが追えそうだからいいかーよーしちょっとあるけー。ツンツン。あるけあるけー。ツンツン。
するとがんばって歩いてくれるんだけど、すぐ止まる。
そしてシーンとするのでまた歩いてもらう。繰り返したら1匹だけ食べてくれたんだけどね。
後の2匹かい?一応相当弱っていたけどまだ生きてたんで、エサ皿に入れてみたんだけどね。食べてもらえずに、召されました。Ω\ζ°)チーン
イエコとおんなじ感覚で扱いましたら、みなさんぺろちゃんの目の前にもっていく前に相当弱ってしまわれます。
ぺろちゃんもチキンなので動いているから興味をひかれて反応するのに、捕獲しにいかないんだよ。
すごく慎重に顔をそろそろーっと近づけて、ニオイをよく嗅いで、食べようとするんだけどさすがに生きてるから逃げられるんだ。
とうとうしもべがフタホシの頭をピンセットでもって、寄ってきたぺろちゃんに差し出した。すると逃げられないのでようやく食べた。

この餌への興味の低さ。
決めたぞ。飯抜きコースで・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
posted by ポピ at 23:33| Comment(0) | 餌観察