2017年01月12日

チャーン氏の片思い

miro-m8.jpg


 骸骨書店員本田さんを買ったらドはまりしてしまった、ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわ。
腐った女子のグローバル化が激しいらしく、そこらへんに時代の流れを感じますよ。
あ、まんがの中のイメージ画はご存じない方のために解説しますと、fateという作品に出てくる王様です。
ギルガメッシュとゆーキャラでして、中二病全開の技を繰り出す王様。金ぴか赤目でミー太郎っぽいからいいかぁーということでうろ覚えで描いてみました。
いやー、ほんとにミー太郎はおもしろいようにチャーン氏のところには寄り付かないのですよ。
どんな形で手を差し出しても踵を返すんですが、その中でも最も苛烈だった一件がぶら下がったまましもべの手にUターンしてきたこれでした。
チャーン氏のショックたるや、光速で地球を3回半したあと大気圏の外に精神を飛ばすほどのへこみようでした。
かわいそうなチャーン氏でございます。
触れ合いたいのに寄ってきてもらえないので、彼の癒しはもっぱらちょろちゃん。

「ちょろーーー、お前はいいこだなあーー(´TωT`)
お前はおれのこと嫌いじゃないもんなあーーー(´TωT`) 」

といいながらちょろちゃんをハンドリングする姿は、ミー太郎への愛が報われない穴を埋めるかのよーでございます。
ミー太郎がチャーン氏の懐の中で( ˘ω˘)スヤァっと眠ってるときは、彼もとても幸せそうにしておりますが、めったにないことですねぇ。
一回ミー太郎マジックでチャーン氏がミー太郎を抱っこしたまま横になって寝ちゃったことがあって、その時はミー太郎も懐の中でおとなしくスヤスヤ眠っておりました。
冬場は特に、暖房をつけていても空気がひんやりするためか外に出てこなくなるのですよね。人肌がちょうどよくあたたかいようです。
チャーン氏はミー太郎をつぶさないようにするためか、寝返りをうつことを忘れて微動だにせず寝ていましたけども、危険なので回収しました。
そういう姿を見ていると、当初は飼育に反対だったチャーン氏がここまでこの子たちに愛情を注いでくれて感謝してもしたりませんですな。


いまんとこ、こんな風に平和なしもべ家の一幕でございましたとさ。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれまんが

2017年01月09日

ブラックホールシュラフ




 事の起こりは、しもべが仕事終わって帰宅後の土曜日に、新しく買ったNangaの寝袋で昼寝をしたことだった。
この寝袋は-4度〜-8度対応の山道具でいうと3シーズンシュラフといわれるものだ。厳冬期は-10度以下まで対応できるやつのほうがいいらしいけど、行く場所やら標高やらにもよるし、しもべはせいぜい低山でテント泊ぐらいしか考えてなかったのでこれにしたんらよ。しもべの行く場所なら冬も使えるだろうってね。
で、さすがに厚みがあってフッカフカで気持ちのいい代物だったけど、いかんせん室内で使うには暑い。
暑かったから上半身を思い切ってすっぽんぽんに脱いでしまった。
脱いでもちゃんと、肩口にしぼりがついてて冷たい空気が入ってこないようになってるから自分の体温だけでちっとも寒くなかったし、むしろまだまだ暑いぐらいだったのでズボンも脱いじゃおうかとおもったぐらいだった。
下に敷いたのはスリーピングマットだけだったのに、すんごく気持ちよく5時間も爆睡して起きたらチャーン氏がうらやましそうにしもべを見ていた。

そういうわけで、その日の晩はチャーン氏に使ってもらうことにしたのだった。
そっと枕元に今まで時間がないと読めないと言っていた漫画を10巻ぐらいまで置き、言われるままに電気を真っ暗に消してやり、そしてキャンプ用のランタンをちょうどいい位置に設置して、チャーン氏はたんすや山道具やデュビたちが暮らす普段は物置になっている和室でぬくぬくしながら自分の時間を過ごしたのである。

そして翌朝、ぐっすり眠っているチャーン氏を朝食に起こし、朝食をおいしく食べた後彼はまたそこに戻っていった。
そして漫画を読みふけり始めた。
今度はお茶も持ち込んで、ケータイ電話の充電器などの各種用品も持ち込んで、籠城する気満々の姿勢だ。
しもべはまたそっと、枕元にでん六のアソートおやつの小袋を置いてやった。

昼食の時間になったので、チャーン氏を起こして昼食をとる。
彼はトイレを済ませて「ねぇ、トイレに起きるのがすごくめんどくさいんだけどどうしたらいいんだろう?」という寝言を言いながら再び寝袋の中に吸い込まれていった。

夕飯の時間になったので、夕飯であると告げて二人で夕食を執る。
さすがに晩御飯はお酒も入っていたし、お風呂に入ったりもあったので寝袋に吸い込まれていくことはなかった。この日の晩はしもべが寝袋を使いたいなと思っていたのもあり、寝床を交換することに。
チャーン氏は漫画をベッドサイドに持ち込んで、寝る間際もまだ読んでいた。
蛇足だがしもべはやっぱり-4度対応は室内では暑すぎると思う。すごく暑い。全裸にならないと使い物にならないと思う程度に暑いんですけど。
デュビたちが弱るので窓は開けなかったけど、開けたいぐらい暑かったなあ。もういっそ、外にマット敷いて寝るかと思う程度に暑かったよ。
なぜチャーン氏は洋服を着て寝れたんだ?!たくわえた皮下脂肪の違いなのかな?!
納得いかねぇ。

今日は外にお買い物に出かけたりしていたのだが、買い物から戻ってきたらチャーン氏は再び寝袋に吸い込まれていったのでよほど気に入ったのだろう。

しもべの目がきらりと光った。この機を逃すな!


「ねえチャーン!

雪が解けたらさぁ〜〜、八ヶ岳の赤岳鉱泉ていうとこに、ステーキ食べにテント担いでいこうよっ!

晩御飯と朝ごはんは小屋でもらってさー

お風呂もあるよー?ゆーめいなんだよ〜〜ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ」



いままでチャーン氏は、何を言われてもテント泊は嫌だと言っていた。
テントは屋根がないんだそうな。屋根があるとこで寝たいもんというのだもの。
だから山小屋や、キャンプ場ならバンガローじゃないとだめかなあって思っていたけれど、こうして道具と触れ合っている間に彼に心境の変化が表れ始めたのをしもべは見逃さなかったのである。
彼はちょっと迷ったあとに、こう言ったのである。




「( ´゚д゚`)エー・・・・・・うーん、( ・∀・)イイヨ!」






よし。



言質取ったァ―ーーッ!!





 という、日記でございました。お粗末!
チャーン氏は未だに寝袋に吸い込まれたまま出てきませんが、楽しそうにしてるのでそのままにしとくことにいたします。


 というところで、今日はこの辺で。
みなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


タグ:山道具
posted by ポピ at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月04日

今年もよろしくお願いします

DSC_2638.jpg

 ぺろちゃん!どうしてそんな不穏なしっぽの上げ方してるの?!
それに新年一発目がお尻の写真とか失礼でしょう??きいてるのぺろちゃん??



DSC_2637.jpg

DSC_2639.jpg

おやおや、そんな姿でもちゃんとご挨拶するなんて偉い子だなあ!
やっぱりうちのぺろちゃんは最高だ!!そんな最高な子の最高なポテンシャルを引き出せるわたしもまた最高に違いないッ!!!!

 というわけであけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますな、ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。こんばんわー。


いやー年末から正月にかけてはとても忙しかったので、やっぱりなんとも更新はできませんでしたなあ。
申し訳ない!今日はのんびりと休みを満喫した日でございましたので、この正月のことでも振り返ってみましょうかね。

実は上のぺろちゃんのお写真は年末のものでございます。
ハンドリングするとだいたい懐に入っていくんですが、このときゃあ尻尾で天井の高さを調節するためにこんなふうにガッツリとしっぽをあげてたようでして、いつウンコ出るんだと冷や冷やしちまいましたわな。

DSC_2646.jpg

ほかにもこんなふうに。ポッケ入りぺろちゃんなどもございます。
ヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!


あ、元旦は毎年きているチャーン氏のお友達と初詣いってきました。

DSC_2656.jpg

飯山観音ていうところで、山の上なので露店とかはでてなくておなかを減らしてしまったため、近くにあったららぽーとに帰りに寄ったんですよ。

そこのエルブレスで福袋を購入。
チャーン氏と私の分。

まずはしもべのフェニックスというアウトドアメーカーの福袋1万円の中身ー

DSC_2662.jpg

うすぼんやり全身コーデですのう〜。冬の里山仕様みたいですね。
地味にうれしい全身コーデ、しかし厚手のレギンスはどうやって使いましょうかね・・・コンプレッションインナーの上に着けるかんじがいいのかね?あれ、歩いてる時あつくね??
予備のレギンスとして持ち歩いてればいいのかな・・・??


次、フォックスファイヤーつうアウトドアメーカーの1万円。メンズのM。

DSC_2659.jpg

もふもふの上着ほしーとチャーン氏にねだられて買いましたが、これはいい買い物だったと思いますぞ。
22リットルのザック入ってたんだけど、アタックザックに使えそう。そしてけっこう使いやすかったですよ。
帽子もマフラーも肌触りがいいのでしもべが使っちゃおうと思います(´∀`*)ウフフ


 おニューのアイテムもあることだし、ちょっくら使い試しにお山に行ってくるかあ〜〜
ということで、三日に景信山に行ってきましたよ!

CIMG0009.jpg
登山口近辺でございます。

とりあえず、写真でぬいぐるみがかぶってるミミあては使いやすくなかったのですが、なんとかして使いたいと思います。使ってみてわかった、ずれてくるんだよう。そして髪の毛が押し上げられてぶちゃっと変な形の頭になってんだよう。
頭の上もスカスカするしで、たぶん上から帽子で抑えるものなんだと思います。そうに違いないわ。
かわいいだけになんとかして使いたいでございますなあ。


CIMG0010.jpg

小仏城山と景信山の登山道の分岐。しもべはしってるんだぞ。こういう一見して穏やかそうなところがあとあとこわいってこと!

CIMG0012.jpg
ヤブ沢っていう沢が流れてるんですよさ。
沢沿いを歩いていきまする。

CIMG0014.jpg

光りすぎィ
冬はお日様がまぶしいよね?

CIMG0015.jpg

光スギィ!!!
しかし誰も歩いてないですな。あんなにバスはぎゅう詰めだったのにみんなどこにいっちゃったのかな?
高尾と小仏城山はえらいことになってそうだべさ。景信山選んで正解だったかな。
この日この登山道で会ったのはたったの3人だぁ。
このへんまでは全然ゆるやかでだらだらとした上りが続くだけの楽な感じだったんだけどね。
上を見ればまだまだ先はあるみたい。

CIMG0016.jpg

このへんもまだまだ序の口。

CIMG0020.jpg

急斜面デタ━━━゚(∀)゚━━━!!
やっぱなー。あんなだらだらが続くはずないんだあ。
ここをつづら折りにのぼっていくんですよ。つづら折りの登山道は急斜面と相場が決まっております。

CIMG0019.jpg

えれぇ斜度だべなー。転がり落ちないように気をつけなきゃー。
とはいえ、よく整備されてるので、何度もつづら折りを登り続けなきゃならないけどあんまり危険な感じはなく。
地味に精神力を削られる、つづら折り〜〜。

CIMG0021.jpg

ひいこらいいながら登ります。

すると、もうすぐ尾根にでるぞー!って場所に

CIMG0023.jpg

一部崩落してる場所発見。
あら、崩れなさそうだけど慎重に・・・!

抜けると尾根道に出たので、そこからはいっぱい人が歩いていました。
小仏城山から縦走してきた人やら、陣馬山方面から来た人やらでごった返していました。
やっぱりヤブ沢ルートはすいててよかったんや・・・しかし地味に足にきていて、お正月でなまった体だからいけないのかな?って思っていましたけども、どうやらペースが速かったみたいです。
あとあとヤマレコにログをアップしてみたら、コースタイムより速く歩いてたくさく、足に来るのも無理ないことかと思いました。
しもべはだいたいコース通りに歩くぐらいがちょうどよくて、この日はほんとは陣馬方面に歩きたかったんですよ。
だけどあんよいたいしやめよーって、ぼっちならではの気楽さで景信山で終わることにしたわけでございます。

CIMG0024.jpg

てっぺんに着いたらしいです。

CIMG0025.jpg

お茶屋さんです。そしてなめこ汁を購入〜〜。
お正月だからか、どこかの山岳会の人たちがおもちをついていましたよ。


CIMG0026.jpg

山頂は人がけっこういました。

しもべはお茶屋さんにガスの使用許可をとって、お昼ご飯を作ります。
今日はね、自家製大葉味噌の焼きおにぎりなんだ!年末からお正月にかけてこれがマイブーム。
山と食欲と私に乗っていたのを真似して作ってみたら、あらまあこれおいしいこと!

CIMG0027.jpg

フライパンのひっつかないシートを使って、フライパンでおにぎりを焼きます。
片面ぱりっとあたたまったら、上に味噌を塗ってね。
裏返してね、焼いてね?お味噌の焼けるにおいが最高なんだわ。
両面お味噌が焼けたら、大葉を乗せたノリで包んで

CIMG0031.jpg

大葉味噌の焼きおにぎり完成〜〜。
味噌味噌しいけど、疲れているから塩分がたまらないねー!

CIMG0032.jpg

食後はYAMAコーヒーを飲むがため、お湯を沸かします。

一息ついてみて、思ったんですよう。
このあとどうしよっかなってね。
とりあえずトイレいこうかなと思いましたが、トイレが汚すぎて敗退。あれはできねぇ。
そういうわけでじゃあ、小仏峠から下ってバス停でトイレ借りるかーってなりました。
そういうわけで急いでいかないと!急げッ!急げッ!
ちなみに来た道を戻るのはいけません、道がよくない。もうあんよ痛いからわかってる道のほうがいい!

さあ、小仏峠へ急げぇー!

CIMG0033.jpg

そして20分ぐらいで小仏峠へ着いたようです。お地蔵さんこんにちわ。今年もお世話になります。

CIMG0034.jpg

ああ、きれいだなーーー!
トイレいきてぇーーーー!!!

そういうわけで急ぎ足で下りまして、中途で「峠越えなんですよ!」と言いながらロードバイクを抱えたお方や、クロスバイクを抱っこで担ぎ上げるお兄さんなどを目撃。
正月はいろんな人がくるなあ〜〜!と思いつつ、ガツガツと下って無事トイレにたどり着いたのでございましたとさ。


そんなこんなで、今年も山行ったり旅いったりぺろちゃんたちを観察したり雑談したりとまったり更新していきますので、よろしくお願いいたします!



 というところで、今日はこの辺で。
みなさま、ごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年12月28日

2016年のおまとめ

 今年最後の更新となります〜〜(たぶん
みなさまご無沙汰しております。ぺろちょろめろひなミロカミュのしもべポピでございます。
こんばんわー( ゚ρ゚ )ノ

さて、2016年も終わりに近づいてまいりまして、今年一年をちょっくら振り返ってみようかと思ってこんなもんをしたためております。
なにがあったかなー今年一年!
写真とともになのでスクロール大変だったらごめんなさい!
ではでは、レッツ振り返りスタート!


2016/1月

omata.jpg

omata2.jpg

・ニホンヤモリーズ、脱皮不全続出につき小さくて湿度を高めた別邸にて療養させる。
主にちょろちゃんとかりめろ。
めろもちょろすけも前腔孔からでたフェロモンワックスをつけっぱなしでビラビラさせてたので取った記録がある模様。

DSC03759.jpg
そして1/27日。ひな1stクラッチ。もちのろんで無精卵。
これ以後、産み続けること7クラッチ。
ひなの体調が悪くならないように気を遣いながら脱皮不全のお世話をするニホンヤモリーズエンドレス看病ゾーンがはじまる。
早く春になれ。



2016/2月


ニホンヤモリーズには流動食を与えつつ、加湿した環境下で脱皮不全に備えつつの日々を過ごす。
このときいった山で、しもべはバリルートの尾根に入ってひどい目にあう。
ちょろすけとめろに発情がはじまる。発情してもいいけど餌食って。

DSC03769.jpg





2016/3月


DSC_1313.jpg
このとき忙しかったか、春先のやる気のなさで更新を怠ったかで記事が4個しかねぇ。
近況によるとひなとひなたぼっこしたり、ハエトリちゃんとたわむれたり、ぺろとミー太郎を合わせたらぺろがミー太郎を噛んだとかかいてある。
このときはぺろちゃんの発情にはまだ気が付いていない。
というか5月の終わりまで気が付いてない。




2016/4月


DSC_1418.jpg
金沢からはちゃさんが来て、お会いしたようだー。
来年はしもべ金沢に行くぞー!というかアレだ、立山に行って帰りに金沢か富山でお会いしたいっ!
という計画を無謀にも立てていたりする。

P4120110.jpg
妙義山にも行ったらしい。時間がたつのは早いなあー。


DSC_1549.jpg
4/16日に、カミュを公園からさらってきた。新しい友達としてしもべ宅でカミュは飼育されることになる。
このときは秋口にはリリースする予定でいたが・・・。
最初は体調を崩しがちだったけど、環境を整えたらものすごく元気になった。
食って出して寝る、脱皮する。を繰り返してモリモリでかくなっていくであろー。




2016/5月


DSC04013.jpg
ひなの産卵は1月にはじまってまだ続いていたようだ。
6回目の産卵があったとの記録がある。

DSC03995.jpg
トウレプに行ってミー太郎に回し車を与える。速攻で回し始めるミー太郎。
ぺろちゃんの回す姿を見てたんだろうと思われる。
ある日ぺろちゃんとミー太郎をチャーン氏のお膝の上でエンカウントさせると、発情のハの字もなかったミー太郎がブルブル尻尾を震わせてぺろちゃんに噛みつきに行った。
このときぺろちゃんはミー太郎を拒否。思えばここの段階でぺろちゃんは抱卵していたんだろう。
しもべは気が付かなかった。
下旬の28日、おかしいな?と気が付いた時にはもうかなりヤバい状況になっていた。
ぺろちゃんの卵が詰まっていたのである。





2016/6月



DSC04039.jpg

ぺろちゃんの卵が詰まっている、というのがわかったのが5月下旬。
そこからは卵を出すために病院通いが続く。といってもあまり長くはもたない。
たったの三日でふくよかだったしっぽがガリガリになるまでになったのでやべーってことで。

DSC04057.jpg

sannrannpero.jpg

紆余曲折あったが、なんとか詰まっていた卵が出て、強制給仕と強制給水を行ってとにかく自力で餌がとれるようになるまで支援を続ける。

DSC04078.jpg


産卵から6日かかったけど、自力で食べれるようになるまで復活。
ピンチだったけどなんとか生き延びてくれた。ありがとう。


DSC04147.jpg
チャーン氏とは伊豆に行ってIZOOでエンジョイしたりニホントカゲをたくさんみたりしていた。
一息ついたあとは、テント泊デビューのための山を探しに大菩薩嶺とかいったりもしてるようだ。

DSC_1916.jpg





2016/7月


DSC04361.jpg

実家の庭でカマキリの子供を拾って、かまちゃんと名付ける。
グラブパイのかけらからはじまり、二か月かけて成虫にするまでの記録がこのへんからはじまっている。
同時にテント泊装備をそろえ始めた。
そろったあたりでカミュが脱走し、三日間行方不明になる。
どこかでつぶれておせんべいになってしまったり、干からびてしまっていないか心配で死にそうな日々を過ごしていたが、なんとしもべの枕のカバーの中から出てくるというミラクルなことが起きる。

DSC_1962.jpg

カミュが見つかったので、近場のキャンプ場でボッチキャンプデビューをして上半期を振り返ったりした。


DSC_2020.jpg
ついでに山小屋泊デビューもした。
そしてミー太郎は前月ぺろちゃんにかみついたあとから、発情して別レオパみたいに荒ぶるレオパになっていた。





2016/8月


DSC04464.jpg
中旬になって、いきなりぺろちゃんが1個だけ卵を産む。
だいぶ体系も戻ってきたし、かなり元気もよかったので安心していたらぽーんと一個だけ卵を産んだ。

DSC04443.jpg

何で一個なんだ?と思いつつ二つ目がないか待っていたけど、12月末になっても2個目は出てこないので、たぶんなかったんだと思う。
お盆あたりにキャンプにいって、楽しかったけどしもべカーの調子が悪くなりレッカーを呼ぶ。





2016/9月


DSC_2167.jpg
かまちゃんが成虫になり、どうも雌みたいだということで実家の庭に放つことにした。


DSC04526.jpg
かりめろとひなが2歳になり、ミー太郎の発情もだいぶおさまってきて、そしてカミュの発情が始まるという悪循環。カミュは雄だった模様。

DSC_2235.jpg

秋口に放つようにと思っていたが、どうにも手放しがたい。





2016/10月



DSC_2236.jpg

DSC_2268.jpg

10月の連休あたりで、西穂高岳のテント場までテントを担ぎ上げてテント泊をするということを行う。
大変だったけど楽しかったなあ。また行きたいなあ。
カミュを放つ決心がつかぬまま秋も深まってきて、気温が低くて餌食いが悪かったため加温することとする。


DSC_2309.jpg





2016/11月


DSC_2371.jpg

カミュを太らせるために温室へ入れた。冬眠スイッチが入りかけていたのだろうが、通常運転に戻りかなり餌をよく食べている。

DSC04609.jpg

同時に、ニホンヤモリーズに脱皮不全の兆候がではじめてきたのでグラブパイヨーグルトなどの栄養補助食品を使って体調を整えてやることにする。

DSC04639.jpg

登った山でオーブが大量に映った写真が撮れる。しもべびびる、ぺろは威嚇する。
けっこうハイキングしまくっている様子、玄倉ユーシン渓谷はきれーだった!

DSC04591.jpg





2016/12月


DSC_2531.JPG
トウレプでみかどさんとお会いして、三条の湯に誘ってみたところ色よいお返事であったので下見しに行こうと本気でテント担いで三条の湯にいくつもりでいたが、嵐が来て断念。
とても残念。

DSC04672.jpg
新しく買ったNangaのシュラフはいつ使えるときが来るんだろ。


DSC04693.jpg

DSC04681.jpg

ヤモイモ母さんとダイアモンド富士を見に高尾でハイキング!
12月はいまのところ平和に、そしてとても穏やかに過ぎているように思える。


 来年もきっといろんなことがあるだろうけど、できれば穏やかに過ごしていけたらいいなあ。
とりあえず山はすごく準備してたくさん気を付けて歩きたいと思います。

まばら更新の当ブログを今年も見に来て下さり、叱咤激励や楽しい交流をもってくださいましてありがとうございました。
深く感謝しております!
おかげ様で今年も全力で楽しんだ一年とあいなりました。
どうか来年もよろしくお願いいたします。


それではみなさま、今年のところはこの辺で。
よいお年を!!




くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 22:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 生育記録

2016年12月24日

嵐で断念、三条の湯(´TωT`)

popi-m11.jpg

12/22日から23日に、しもべは三条の湯にテントを担いでいく予定でいました。
早朝3時半に起床。残っていたパッキングを行い、用意していた食材を詰めて、天気予報を注意深く見ていました。
春の嵐が来るらしい。気温は高く、そして不安定な天気になるだろうと言ってました。
前日、あきらめきれなかったしもべは丹沢に変えて丹沢で小屋泊でもするか。素泊まり自炊でいけばよいのでは?などと思っていたのですが、丹沢の風速を見ると標高1500M未満の塔の岳でも風速15M以上の風が吹いているそうな。おばちゃんがいくらおでぶさんといっても、飛びそうになるんでないのん。
むしろ台風の中歩けるかとそういう感じじゃないのん。
時間帯によっては20Mとか吹くらしい。
風が強くてもバカ尾根(大倉尾根)なら比較的歩けるんじゃないか?などと思いましたが、風が1M吹けば1度体感気温が下がることを考えると、いかに南風が吹いていたとしても山頂近辺は氷点下5度以下という計算に。
その風に延々晒されて歩き続けて、無事でいられるかと言われると無理だろうな。という判断を下し、塔の岳もやはり断念。
割鍋山はどうだとみると、まあ似たような条件。
ただ、三条の湯の方面は風がそう強くない模様。なら行けるか?と思いましたが、やっぱり無理そうだったんですよね。雨がこっちは結構降るという予報。
さて、どうしたもんか。どうしようもないな。
そういう経緯で午前8時まで粘った結果、断念とあいなりました。
悔しいので近日どっかでキャンプでもしてくるかなと思いました。
悲しすぎて漫画が描けるぐらいですよ。くっそ!なんでピンポイントで今日なんだ!!ってずっと一日中言ってましたけど、そんなこんなでもっていく予定だったゴハンなんかをその日のうちに食べてしまいました。




一食目、クスクス入りミートボール鍋。
クノールのカップスープの素あるじゃないですか。あれのトマトポタージュっていうのと、小分けトマトピューレとケチャップ少量を加えて、適当に切った野菜を加えて煮たものにおべんとようのミートボールをぶっこんで、クスクスを投入しました。
ボリュームも出ていい感じ。クスクスいい。山ご飯の練習をした感じですw

んで、2食目。




すき焼き、晩御飯の予定でした。
ちゃんと割り下を小さなボトルに詰め替えたんだぞー!いいお肉だって冷凍しておいたんだあ!
もそもそと食べて、少し鍋に余裕を持たせたら




こんな感じ。ボリューム満点。
ああ、山で食いたかった。
食材のボリュームがありすぎてちょっと考え直すきっかけにもなりました。
担いでいける余裕があるならいいけどね。三条の湯まで7キロほど歩かにゃならないので、重量があるのが地味に効いてくるはず。
冬場、一度雲取山いってくるかなって思いました。七つ石小屋のテンバか雲取山のテンバを目指して一泊、三条の湯で一泊。2泊とれたらそれはそれで最高だけど、60リットルのザックだと二泊分の荷物入らないかもなぁ。
そんな風にいろいろと考え直すきっかけになりましたとさ。
うーん、山ご飯にクスクス、軽くてボリューム出ていいなあ!


あとは、メスティンをテフロン加工するか本気で考えなきゃいけなさそうです。
テフロン加工したら最高に使いやすくなりそうですからねえ。うーん。どうすべぇー。


 というところで。今日はこの辺で。
みなさまごきげんよう( ´∀`)/~~



くりっくひあ〜〜!ご支援、応援を大募集でございます。

いつも応援してくださって、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ


posted by ポピ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 山日記